『亭主元気で犬がいい』のネタバレ|ふざけてるのに感動する!

スポンサーリンク




ふざけてるのに感動する!

徳弘正也 先生の

『亭主元気で犬がいい』

騙されたと思って読んでみてください(^^;

sx663060

電子コミックサイトの『まんが王国』の無料立ち読みシリーズを何気なく見ていたら、

どこかで見た絵柄があり、タップして拡大してみると、

なんとあの人気漫画家:徳弘正也 先生の作品だったのです♪

徳弘先生と言えば、サイト主のまるしーが若い頃から読んでいたコミックの作家さんだったのでなにげなく課金しました♪

ちなみにまるしーが徳弘先生の作品で読んでいたのは『シェイプアップ乱』『ジャングルの王者ターちゃん』といったコメディータッチの作品が多かったのですが、

今回読ませてもらったこの『亭主元気で犬がいい』はコメディタッチな面もありますがー色はありますが、

中身はかなりシリアスなファミリーヒューマンな内容でした。

「徳弘先生は、こんな作品も書かれるんだ!」

と…ベテラン漫画家の底力についつい感動しちゃいました(>_<)

そして・・・

結局、面白すぎてあっという間に1巻を読破です。

見どころとしては、徳弘先生ならではのコメディーを含みながらも読者をホロっとさせる感動ドラマなストーリーですね♪

 

『亭主元気で犬がいい』の立ち読みはコチラ♪
↓↓↓↓↓↓↓
>>>まんが王国
サイト内で『ていしゅげんきで』と検索して下さい♪

 

『亭主元気で犬がいい』ネタバレ 

 

登場人物

水田マリ(みずた マリ)

九頭龍マリ(くずりゅう マリ)<旧姓>

主人公の巨乳美女。頭は悪いが、空手で関東チャンピオンになったほどの腕前を持つ。

16歳の時に兄が猟奇的な強盗殺人を起こしたことで「殺人犯の妹」として差別を受けるようになり、

高校を中退して山奥の温泉の仲居となる。温泉を訪れた自称フリーカメラマンの青年(のちに地盤を継ぐ大物代議士の息子)と肉体関係をもつが、素性を知られたことから捨てられる。

お腹には青年との間の子供を宿していたため、その子の将来を悲観して自殺を考えていたところを連太郎に救われ、結婚する。

後に椿探偵事務所の探偵となる。

 

水田連太郎(みずた れんたろう)

マリの旦那さん。東京大学文学部教授。権力に阿ることのない無頼派で、40代半ばまで独身だった。ひょんなことからマリを助け、素性をわかった上でプロポーズして結婚。

その後、マリの兄が殺害した被害者遺族よって殺害されるが、

殺害された当時、近くにいた野良犬のお腹にいた子犬として生まれ変わる。

その後、マリに飼われるようになる。

 

椿純子(つばき じゅんこ)

椿探偵事務所の所長。太った中年の女性。世情に通じたシニカルな守銭奴であるが、根は善人。息子の正治には甘い。

 

椿正治(つばき せいじ)

純子の一人息子で警視庁の刑事。柔道のオリンピック銅メダリストというワイルドな肉体派だが、頭は良くない。変態でマザコン。

 

佐山源助(さやま げんすけ)

椿所長の助手で、普段は探偵事務所の一階にあるとんかつ屋「源さん」の店主。元は「般若の源」と呼ばれる極道だった。幼い子供がいる。

 

李(リー)

マリのアパートの隣人で台湾からの不法入国者。かなりのスケベでマリの部屋を覗き見しており、連太郎との関係も知っている。時折マリの友人として協力者になることもある。

 

あらすじ

主人公は凄惨な強盗殺人を引き起こした有名な殺人犯の兄を持つ、九頭龍マリという19歳の巨乳美女です。

空手が特異で元気印のマリ。

そんな彼女は、兄の事件後、犯罪者家族の汚名を背負って生きてきました。

世間からのバッシングを受けて、父は自殺。母親は行方不明となり、家族が次々とマリの前から姿を消していったのです。

天涯孤独な身の上となったマリですが、持ち前の明るさと頑張りで、誰に恥じること無く19歳のこの年まで生きてきましたが、

付き合っていた彼氏がマリの妊娠を知った途端、

「犯罪者の妹と結婚なんかできるか!」

と言って、さっさとマリの前から姿を消してしまい、お腹の子供と共に恋人から捨てられてしまいました。

{私は差別されても生きて行けるけど・・・この子は・・}

と…自分のおなかの子の行く末を案じて、橋の上から川に身を投げて自殺を図ろうとするマリ。

そんな時、スケベだが、温かくてやさしい40代のおっさん、水田連太郎と出会います。

その後、

人生の幕を自ら閉じようとしていたマリは、連太郎の大空よりも広い心と、海よりも深い愛情で身も心も救われてゆきます。

そして・・・

連太郎の親族が反対する中、二人は結婚することになる♪

結婚しても相変わらずのスケベでやさしい連太郎との生活が続いていたある日。

なんと・・・

何者かに連太郎が車で轢き殺されてしまうのです・・・

 

『亭主元気で犬がいい』の試し読みはコチラ♪
↓↓↓↓↓
>>>まんが王国
サイトTOPから『ていしゅげんきで』と検索してくださいね♪

sx663060

『亭主元気で犬がいい』の感想

ネットで『亭主元気で犬がいい』と検索すると、

「亭主元気で犬がいい 最終回」や「亭主元気で犬がいい 最終回 ネタバレ」というキーワードが出てくるんですが、

最終回のネタバレを読みたい気持ちをぐっとこらえてこのブログを書いております(^_^;)

最終回は気になりますが、やっぱり1巻ずつゆっくり読んでいきたい面白い作品だと思うのです。

物語自体はすでに完結しているお話なので、ネットで調べようと思えばなんとでもなるのでしょうが、

安易に結末だけを知りたいと思う気持ちにならないほど良い作品なのです。

まだ1巻しか読んでいないのに徳弘ワールドにどっぷりとハマっているまるしーでございます♪

とにかく主人公のマリと連太郎の関係性が泣けてくるほど愛情いっぱいで、胸が苦しくなるんです!

マリの兄が殺した被害者の遺族に殺害されてしまった連太郎。

そんなまさかの展開に、絶望的な気分になりました。

しかし・・・

なんと、連太郎は犬に生まれ変わって復活!

もうホント笑うしかありません!

もちろん嬉し涙です(^^)

そして、1巻の終わりにはやっと連太郎がマリとの意思疎通に成功します。

やったー!

というところで1巻は幕引きとなります!

 

次の休みの日に電子コミックで、本作を全巻購入する予定なので、

今は色々な想像のもと、この記事を執筆中なんです。

まるしーは徳弘先生の『シェイプアップ乱』という作品の大ファンで、

今でもPP袋に単行本を一冊づつラッピングして大事にコレクションしている宝物なのです。

ただ・・・

この『シェイプアップ乱』という作品は、確かに大人気漫画だったんですが、

世間的な印象は下品なギャグ漫画という位置づけだったように思うのです(>_<)

確かに下ネタギャグはたくさん散りばめられてはいましたが、全編を通じたメッセージとしては、

『正義を貫く強さと絶対にぶれないやさしさ』

という熱いメッセージ性がある作品だったと思います。

 

今回、『亭主元気で犬がいい』を読んだ時、また同じようなメッセージ性を強く感じました♪

題材が変わり、時代が流れても徳弘先生が発する読者へのメッセージは変わっていなかったんですね~♪

何よりもその事が嬉しかった。

どんな境遇でも負けないで明るく生きようとするマリと、

例え死んでも、犬に生まれ変わってマリを見守り続ける連太郎、

素敵な二人の物語をこれからあと7巻分も楽しめると思うと嬉しくてしょうがありません♪

さて・・・

この記事を読んでくれたユーザーのみなさん。

もしこの『亭主元気で犬がいい』を読んで感動した方は、ぜひ、『シェイプアップ乱』も読んでみてください♪

2作品とも大きなコンセプトは同じだと判っていただけると思います♪

どちらも『ふざけてるのに感動する!』作品なんです(^^)

無料試し読み

今、紹介した

『亭主元気で犬がいい』

『まんが王国』で絶賛配信中のコミックです~♪

このお店は、電子コミックサイトでは老舗のコミックサイトで、

サイト管理人のまるしーがいつも利用してるお店なんですよ~♪

 

特に、スマホユーザーをターゲットにした

『まんが王国』さんなら

会員登録なしで、

たくさんのコミックが試し読みできちゃうスゴくありがたいお店なんで、

実際のところまるし―は、かなりのヘビロテでお世話になってるんです~♪

 

『亭主元気で犬がいい』の試し読みはコチラ♪

↓↓↓↓↓
>>>まんが王国
サイト検索窓に『ていしゅげんきで』と打ち込んで下さい♪

スポンサーリンク