【ぜんぶ忘れ、た。】 結末のネタバレ!感動の前に怒りが来る?

スポンサーリンク




確かに良質のラブストーリーだ!

でも・・・

感動する前に私には怒りが来てしまった切なすぎる物語でもある。


感動の前に怒りが来る?

sx313260

著者:野崎ふみこ
『ぜんぶ忘れ、た。』

正直言ってやり口が汚い!

でも…やっぱり心が締めつけられて思わず泣いてしまう。

悲しい結末だというがほとんど分かってたので、

ずっと読むのをちょっと敬遠していた作品だったんですが、

電子コミックサイトのランキングで上位に来ていたので我慢できずに読んじゃいました~

 

余命1年ガンと宣告された元カレがある日、家にやって来て…

「死ぬまで一緒にいさせてくれ!」

っといなんとも残酷な言葉を発するわけです。

 

こられる方にとっては酷すぎる罰ゲームのような恋愛ストーリーなんですが、

一度読んだらもう最後、

一気に結末まで一心不乱に読んじゃいました。

そして…

感動の涙の前に、どうしても怒りがこみ上げてくる感覚に陥る!

どうしても彼が許せない!

あんな状況で卑怯すぎるよ~

ほっとける訳ないじゃない。

読んでて心を掻きまわされてしまったサイト管理人のまるしーです。

それはどうしてか…?

まぁ・・・

その答えは、この漫画を読んだ感想までゆっくり見てってください~

 

『ぜんぶ忘れ、た。』の立ち読み♪

↓↓↓コチラ↓↓↓
>>>まんが王国
サイト内で『ぜんぶわすれ』と検索してください♪

『ぜんぶ忘れ、た。』あらすじ

ヒロイン・立石月子(34歳)は、

大手出版社の校正局に務めるバリバリのキャリアウーマンです。

彼女は独身で彼氏なし。

今は母と従姉弟の夏彦との3人で母が経営する美容院の2階で暮らしています。

刺激は薄いが平凡で平和な毎日を過ごしていました。

しかし・・・

そんなある日、月子の前に突然12年前に別れた大学時代の元カレが現れる!

自分をフって他の同級生・ヒカルと結婚したはずの元カレ、 

垣内 空(かきうちそら)

{今更なんで・・・?}

 

あれだけ酷い事をしたくせに家に上がり込んでヘラヘラ笑ってる…

{なんだって言うのよ!}

(そら)を見て、怒りと驚きがない混ぜになった月子は思わず家を飛び出してしまった!

もうとっくの昔に忘れたはずだった元恋人の存在。

 

しかし・・・

体は月子の身体は敏感に反応していました。

そう・・・

彼女は空のことがまだ忘れられていなかったのです…

あれは人生で最大の恋だった。

月子は大学時代の12年前、彼に言われた別れの言葉を再び思い出す…

「別れてくれないか・・月子」

 

「俺…卒業したら結婚する!」

青天の霹靂だった…

突然別れを切り出してっそのまま去っていった元恋人・・・

しばらく外で頭を冷やし、少し冷静を取り戻した月子は家に戻って、にどうしてまた自分に会いに来たのかを尋ねます。

すると…

妻と離婚したからどうしても月子に会いたかったのだと答えた。

すると…

その言葉を聞いて月子は又もや逆上します。

「私は会いたくなんかない!」

「さっさと消えてよ!」

興奮した月子はコップに入った水を空にぶっかけて、

再びまた家を出て行ってしまった・・・

 

当てもなく夜の街を彷徨った月子は、

いつしかとの思い出がいっぱい詰まった大学のキャンパスに足を向けていた。

夜の光に輝く懐かしい校舎を見てたたずんでいると、

そこへ当時の恩師が目の前に現れます。

思いもよらぬ教授との再会で昔話に花を咲かせて話しこんでいると、

 

その恩師から元恋人のガンに侵されていること、

さらにその余命が1年しかないという衝撃的な事実を聞かされるのです・・・

ここから切なくも卑怯な感動ラブストーリーの幕が切って落とされる。

『ぜんぶ忘れ、た。』 ネタバレ

なんと・・・

は自分がガンに侵され、

余命1年と知って、妻と離婚し、何もかも捨てて月子の前に現れたというわけです。

 

{なんて迷惑で自分勝手な!}

 

だけど・・・

その事情を知った月子はさんざん悩んだ末に空を受け入れる事に・・・

{最悪の惚れた弱み…}

そして…

日を追うごとに大きくなってゆく空への想い。

でも…彼は一年後には死んでしまう…

なんて残酷な再会。

結末へ向かって…

12年ぶりの再会を果たし、

昔の甘い時間を再び共有することになった月子と空は

今は先のことを一切考えないで二人の時間を大切にしよう・・・

と・・・

今、空が生きているこの瞬間を大事に過ごそうと辛い現実を無視して楽しい事だけを考えて暮らす。

そう心がけて二人は残り少ない幸せな日々を過ごしていました。

 

しかし・・・

そんな矢先に、空と別れたはずの元妻・ヒカルが2人の前に現れて邪魔をしてくるんです(^^ゞ

これもあるあるの展開なんですが、

しかも、

出されていたはずの離婚届が提出されていなかった!

なのでこのままでは不倫状態の月子と空。

 

その事実を聞かされた空はヒカルに改めて離婚してくれと頼みますが、

ヒカルは空の頼みをはねのけて、

月子に対して妻の立場から訴える事もできる。と脅してきたのです!

ヒカルにとってはもう破れかぶれの戦法です。

 

思いもよらない展開に巻き込まれてしまった月子。

ただ・・・

もう月子が再び燃え上がらせた空への想いは止まらなかった。

月子は覚悟を決めた!

彼女は堂々とヒカルに会い、

「勝手にすればいい!・・」

「でも貴方に空は絶対に渡さない!」

と、そう宣言してしまったのです。

ヒカルに訴えられても仕方がない状況で見せた月がとった宣戦布告の態度。

さすがのヒカルもこの月子の覚悟には驚くしかなかった。

 

そして…

空と二人っきりになった時、月子は空に打ち明けます。

「あなたの子供がほしい…」

それは彼女にとって切実なる願いだった…

 

「俺はその子に親としての責任を果たせない」

月子の願いを空は自分が死んでしまうという事を理由に断る。

 

「私がその責任を果たすわ・・」

「あなたの分もうんとうんと愛して育てる・・・」

そう月子が心の底から訴えた。

二人の覚悟もここで決まった・・・

 

月日は流れ、やがて月子は妊娠する。

月子のお腹の子供の成長とともに空のガンも成長してゆき・・・

変えることはできない結末

さぁ~いよいよクライマックス

つにガンの闘病のために入院することになった空。

 

いよいよ彼の余命もあと僅かとなったある日。

病院のベットで大きくなった月子のお腹を見つめながら空がつぶやきます。

 

「俺を待っててくれてありがとうな・・12年も・・」

すると、しみじみと月子が

「この1年が濃すぎて…もう…」

「全部忘れた・・♡」

と・・・にっこり笑って答えるんです…

女ってホント馬鹿だなぁ…

ここから怒濤の結末が待ってるんですが…

その壮絶な中味は現物で味わってくださいね♪

 

『ぜんぶ忘れ、た。』の試し読みは♪

↓↓↓コチラ↓↓↓
>>>まんが王国
サイトTOPから『ぜんぶわすれた』と検索してくださいね♪

sx313260

『ぜんぶ忘れ、た。』 の感想

この作品を読んで、思ったことは、

読み物としては、ちゃんと起承転結がしっかりしていて、

登場人物それぞれの考え方や行動になんの矛盾もなく、素晴らしい作品だったと思います。

 

ただ・・・

とにかく空のことが許せない気持ちでいっぱいになる。

 

もう彼の身勝手な行動に怒りがこみ上げてきてしょうがない!

 

まるし―は月子とヒカルが可哀想すぎてたまらなかった。

なので、感動よりも前に怒りの方がこみ上げて来ちゃったんです・・・

ただ・・・

こんなことを言ってても、

もし、自分がガンになって余命1年の宣告を受けた空と同じ行動をするのかもしれませんが、

今現現時点で健康な自分には空の選択が残酷でしょうがありまん。

一言でいえば

「何をいまさら・・・!」

「どのツラ下げて」

・・・て感じだ!

 

まだ、学生時代に月子と別れた原因が納得のいくどうしようもない理由だったのなら分かりますが、

原因がただの、浮気で、しかもヒカルが仕掛けた出来ちゃったの罠に引っかかった末の

一方的で自己満足的な別れ方だ!

こうなると空は救いがたい最低男です!

 

まるしー目線で見たら全く魅力なしのクズ男なので、

空の言動にいちいち腹を立てて読んでたんですけど、なんせ月子が健気で良い子なんです。

彼女の幸せな顔が見たい!

その一心で読み切った作品だった…

本作のレビュー欄なんかを見てみると結構まるし―と同じ感想を抱いてた読者がいっぱいいました。

ただ…

そんな中でも、ヒロイン月子の行動に

「信じられないっ!」

…と感じた方もたくさんおられるようですが、

まるしーは月子の気持ちは痛いほど解ってしまいました。

それは・・・

月子が34歳まで独身だったというのはやっぱり空の事が忘れられなかったことが原因だったと思うから。

 

そんな忘れられない人が、余命1年のガンに侵され、目の前に現れたら・・・

 

と、考えると放っとけないのは当たり前のことだ。

愛した人の子供がほしいと考えるのも女として当然の感情だし…

 

ただ・・・

見ていてホント辛くて可哀想だったな~

元妻のヒカルも同じように空を愛していたんだろうからやっぱり可哀想だ。

なので・・・

やっぱり空の行動がすべて悪いと思う!

だって、あんなことされたら、ヒカルとしてはあんな態度を取るしかないでしょう!

この漫画は、作品としては文句の付け所がない名作だと思いますが、

 

まるし―にとっては感動ではなく、空という男の自分勝手さが際立った残酷愛憎劇で、

 

悪いけど、男だけが子種も残して、気持ちよく人生終えました物語に感じた。

これはちょっと乱暴な意見かもしれませんが、率直な気持ちなんです。

 

でも・・・

作品としては夢中で読んで興奮しまくったすばらしい物語でした~♪

読んで損はないと思う。

無料試し読み

今、紹介した

『ぜんぶ忘れ、た。』は、

『まんが王国』絶賛配信中のコミックです~♪

このお店は、電子コミックサイトでは老舗のコミックサイトで、

サイト管理人のまるしーがいつも利用してるお店の一つです♪

特に、会員登録なしで、たくさんのコミックが無料試し読みできるのはすごくありがたい!

他のコミックサイトでは読めないレアな作品も数多く扱っているし、

こういうサイトは押さえておいたほうがイイですよ~♪

 

『ぜんぶ忘れ、た。』の試し読み♪

↓↓↓コチラ↓↓↓
>>>まんが王国
サイト検索窓に『ぜんぶわすれた』と打ち込んで下さい♪

スポンサーリンク