祕十村のネタバレとあらすじ!wiki風人物紹介や感想も

スポンサーリンク




祕十村(ひじゅうむら)

そこは絶対に近づいてはいけない聖なる村だった?

 

漫画:宗方馨
原案:白輝蓮 さんのタッグで始まった話題の新連載!

祕十村(ひじゅうむら)

なんなんだろうこの世界観!

読むほどに痛快アクション的なバトルワールドへ引き込まれてゆく!

o2100017174961

『ひじゅうむら』
オドロオドロしいタイトルの漫画ですが、

まさにホラーで呪い系のミステリー作品でした(^^)

 

祕十村(ひじゅうむら)

それは呪われた森の中に存在する謎の廃村。

呪いを引きつける体質の拓哉は、村に迷い込んだ友人たちを救い出すことが出来るのか・・・?

 

禁忌の箱「コトリバコ」を取り扱ったグロ系のバトルホラー漫画です♪

 

その世界観には好き嫌いがあると思いますが、

ホラーと呪い系がお好きな方にはオススメのコミックです!

 

今回は、『祕十村』のあらすじネタバレ感想

そしてwiki風の人物紹介などをご紹介したいと思ってます~♪

 

 

『祕十村』はここで立ち読みできます♪

↓↓↓↓↓
>>>まんが王国
サイト内で「ひじゅうむら」と検索してください♪

 

祕十村のあらすじ

友人主催の結婚パーティーに参加する目的で、地元の町に帰ってきた拓哉未希

しかし二人でやって来たパーティ会場には誰もいなかった・・・

なんと・・・

参加者全員が行方不明の状態。

驚いた2人は呆れた表情のままパーティー会場を後にして、

乗ってきた車で家路に帰ろうとしている時だった…

行方不明の友人から着信が・・・!

電話の相手はパーティの幹事でもある親友のシゲからだった。

 

「もしもし・・・お前、今どこにいるんだよ?」

呆れながら拓哉が問いかけた。

しかし・・・

電波の具合が悪くシゲの声がとぎれとぎれにしか聞こえない(>ω<)

「・・・助け・・・れ・・」

「俺た・・・け物・・」

「沢地区の・・祕十村・・・閉じこ・・・て・・」

「祕十村・・ていう・・・」

そう・・・

シゲが一方的にしゃべった形で電話は切れた。

黒沢地区・助けてくれ・祕十村・・・など

電話でシゲから聞いた言葉をつなぎ合わせて、警察に捜索願いを申し出る拓哉と美希。

しかし・・・

警察では受付はしてくれたものの、残念ながらすぐには捜索をしてもらえない様子でした。

それに、拓哉たち自身も捜査への参加が認められなかった(>ω<)

まったく頼りにならない警察。

そこで、どうしてもシゲたちのことが気がかりな拓哉は、

その日の夜、単身でシゲ達が迷い込んだと思われる『祕十村』に向かった・・・

 

祕十村のwiki風人物紹介

拓哉(たくや)

主人公で不思議な力を持つ人物。
8歳の時に発症し怪奇現象に対する対処法がわからず隣町に住むイタコのおばあさんに助けて貰う。

「この世の呪詛(じゅそ)を引き付ける体質だ」

と…言われて身に着けておけば身代わりになってうち祓ってくれる巻護符(まきごふ)を貰う。

それ以来、
怪奇現象は無くなるが、代わりに引き寄せる呪詛を感じとれるようになってしまう。

巻護符は無くなる度に貰いに行っている。


未希(みき)

拓哉の幼馴染でありフィアンセ。

拓哉が定職につかず山登りしてる道楽者だと父親に反対されている。

彼女は覇の子達に連れ去られてしまう。


松原彩音(松原あやね)

イタコさん。
拓哉を助けたイタコさんの若い女性の弟子。

拓哉が彩音ちゃんと呼ぶ度に「松原です」と訂正するクール女子だがものすごく頼りになる存在。


一条重晴(いちじょうしげはる)

拓哉の幼馴染。

2人の結婚パーティーを自宅で用意していた主催者。

拓哉の危機には幼い頃からずっと、

恐怖に臆する事なく助けに来てくれる心強い味方。

桜の恋人でもある。


湊 舞(みなとまい)

拓哉の幼馴染。神社の娘。
舞もまた不思議な力の持ち主でもある。

拓哉と未希には今回も、そしてまた幼い頃にも2人の言動によって助けられた過去がある。


近藤政樹(こんどうまさき)

拓哉の幼馴染。神殿にある化け物の事が書いてある書物を解読中。


石川祐輔(いしかわゆうすけ)

拓哉の幼馴染。

神殿にある化け物の事が書いてある書物を解読中。

桜に想いを寄せてる。

祕十村に来ることになったきっかけを作った人物でもある。


中島 桜(なかじまさくら)

拓哉の幼馴染。シゲの恋人


高橋菜穂(たかはしなほ)

拓哉の幼馴染。


木村健太(きむらけんた)

拓哉の幼馴染。


木村梨乃(きむらりの)

健太の妻。覇の子達に連れ去られて惜しくも殺されてしまう。


木村太一(きむらたいち)

健太の息子。覇の子達に連れ去られ彼もまた無残に殺される。


7人の覇(は)の子(呪いのハコを体内に宿す子供)

呪詛(じゅそ)の弱い順に

彪(あきら)

舞に倒される。


斑(まだら)


來(らい)


茜(あかね)


業(ごう)


龍(りゅう)

リーダー格。相手を呪い殺す事が出来る恐ろしい力を持つ。


詠(よみ)

普段は表に出ない。得体の知れない存在。


 

祕十村のネタバレ

シゲ達を『祕十村』から救出すべく登山の装備を整え出発しようとした拓哉でしたが、

いざ外に出てみると、的はずれな登山装備に身を包んだ美希が拓哉のことを待ち構えていたのです。

「絶対1人で行っちゃうと思ってた!」

「だから着替えて待ってたのよ!」

してやったりの顔で美希が言い放った!

しかし・・・

危険だから拓哉は美希を連れて行きたくなかったのですが、

 

仕方なく祕十村へは二人で向かうことに・・・

倒れた標識や、廃車なんかが転がる山道を車で走行し、

しばらくして黒沢地区の入り口らしき地点に到着した二人。

この先に祕十村が・・・

「歓迎」という看板が倒れている草だらけの山道を黙々と進む拓哉と美希。

やがて前方に開けた平原が見えてきました。

開けた平地の辺りで、美希が声を上げて友人たちの名前を叫んだ。

その時、

二人を見る何者かの鋭い目が光る。

そして一瞬、彼らを包む空気の流れが変わったと思ったら、

拓哉と美希の間に目に見えない結界が引かれていたのです。

突然、分断されてしまった拓哉と美希。

1メートルも離れていない美希の声がなぜか聞こえてこない!

慌てて拓哉は張り巡らされた結界の中に腕を入れて美希を引き戻そうとしますが、

結界に強い力で腕が固定されてしまい、まったく身動きがとれません!

仕方なく結界の中に足を踏み入れて美希の元へやって来た拓哉。

美希と合流した後、ふと後ろを振り返ってみると彼が来た場所に1本の柱ができていました。

どうやらその木柱が結界の境目だったようです。

 

拓哉はなんとかこの結界から脱出しようとしますが、

いとも簡単に彼の体は跳ね返されてしまうんです。

 

仕方なく先へ進むことにした拓哉と美希でしたが、

歩くほどにその山道には凄まじく強い霊気が漂っていたのです。

そんな山道をしばらく歩き続けると前方には人の死体が横たわっていました。

それを見て悲鳴をあげる美希。

すると・・・

驚いている二人に向かって得体の知れない恐ろしい化け物が襲い掛かってきた!

 

「目玉くれ~~」

そう叫びながら目玉のない妖怪が美希に飛びかかってきたんです。

なんとかその化け物を突き飛ばして美希を助けた拓哉でしたが、

その後も次々と色んな化け物が襲ってきて、

とうとう二人はたくさんの化け物に囲まれてしまった…

あまりの恐怖に腰を抜かして立つこともできない美希。

 

そこへ、巨大な鋭いカマを持った化け物が二人をめがけて突進してきました。

絶体絶命のピンチに追い込まれた拓哉と美希。

{やられるっ!}

拓哉が諦めかけたその瞬間、なぜだかその化け物は誰かにぶっ倒された。

 

拓哉と美希を救ったのは、昔からの友達の(まい)だった・・・

 

『祕十村』の立ち読みはコチラ♪
↓↓↓↓↓
>>>まんが王国
サイト内で「ひじゅうむら」と検索してください♪

o2100017174961

 

祕十村のネタバレと感想

読み始めた当初は、複雑な呪い系漫画かなと思って読んでいましたが、

どうやら、妖怪とのバトルがメインの戦闘ホラー漫画という感じでしたね(^^)

 

『コトリバコ』を体に宿した覇の子と呼ばれる呪われた子供たちと、

主人公・拓哉たちとの命をかけた激しいバトルを繰り広げるストーリーで、

謎の「死」とか「幽霊」関係のミステリアスな物語ではなく、

拓哉たちメンバーと、覇の子たちが様な技を繰り出して闘うバトルアクションがメインとなります(^^)

なので、戦闘系ホラーがお好きな方にはお勧めの作品ですね♪

 

さて、

そこで、サイト管理人のまるしーが『祕十村』を読んだ感想ですが、

 

呪詛(じゅそ)を引き付ける体質を持った拓哉という主人公の立ち位置がまだよくわからない^^;

 

今のところただ、霊感が強い青年といった印象しかなく、彼にはどんな能力があるのかは不明なのです。

あと…幼馴染だと思われるの存在もよくわかりません!

幼少期の生活状況から見て、神社の娘さんっぽいのはわかるんですが、

顔にお札(ふだ)みたいなものを貼り付けたカオスな格好をして、

でも、メチャメチャ強い!

なんてったって覇の子の一人を倒してしまうんですから!

説明的な文章がほとんどなくストーリーが進んでいくので、

うっかりすると拓哉たちがどういう人間で、どんな恐ろしい危険に巻き込まれているのかがわからなくなるので、

流し読みとかしないで、じっくりと時間を賭けて読み進めたほうが良い漫画です(^^)

 

1巻ではまだまだ、詳しいことはわかっていませんが、

次巻では、主人公・拓哉の事や、他のメンバーたちの事もおいおいと分かってくると思いますね(^^)

とにかく今は2巻の発売が待ち遠しい限りだ~♪

 

無料試し読み

今、紹介した

『祕十村』

『まんが王国』
『ebookjapan』などの

大手電子コミックサイトで
絶賛配信中の漫画です~♪

 

上で紹介した二つのサイトは

サイト管理人のまるしー
いつも利用してるサイトでもあって…

 

特に、スマホユーザーをターゲットにした

『まんが王国』さんなら

面倒な会員登録なしで、

たくさんのコミックが
試し読みできちゃうお店なんでかなりお得です♪

 

実際のところまるし―は、
かなりヘビロテでお世話になってるんです(^^)

 

知らなかった人は
もったいないからすぐに
利用した方がいいと思いますよ~

 
なんたって店員さんの目を
気にせず立ち読みし放題なんですから~♪

 

『祕十村』の試し読みはこちらから

↓↓↓↓↓
>>>まんが王国
サイト内から『ひじゅうむら』と検索してください♪

 

*PCの方ならこちらがオススメ♪
↓↓↓↓↓
>>>イーブックジャパン(eBookJapan)

スポンサーリンク