ハレ婚のネタバレや感想!一夫多妻のハーレム夫婦が面白ろ過ぎる

ハレ婚のネタバレや感想!


一夫多妻のハーレム夫婦が面白ろ過ぎる

ka547360

著者:NON
『ハレ婚。』を読みました。

 

「ハレ婚」とはハーレム結婚の略語で、

国の大きな課題である地方の少子化・過疎化を食い止めるための手段として打ちされた政策により

一夫多妻制を導入したモデル地域がこの物語の舞台となります。

そんな街へ4年ぶりに帰省してきた男運の悪い女主人公の小春が、

自分を慕ってくれている男性と結婚することになるのですが、

なんと彼女は3人目の妻というポジションだったのです。

今の少子化問題を見ていたら実際できてもおかしくない架空の制度をベースに繰り広げられる大人の夫婦間ラブストーリーで、

物語の設定が実に面白く、個性的で、魅力的なキャラクターの登場人物が織りなす奇妙な一夫多妻制の夫婦生活に、

どんどん魅せられていく内容で、笑いながらも時には切なくさせる。

最後に3人目の嫁となった小春を始めとする二人の妻と旦那の龍之介を軸とした結婚後の4角関係は、

全く異次元な夫婦生活のなんやかんやが愉快で、夫婦間起きるトラブルの一つ一つが笑ってしまいます。

この「ハレ婚」は

目のつけどころが非常に良い、他にはない発想の漫画で、

読者のみんなを決して退屈させないパワーを持った作品だと思います♪

今回は、本作のネタバレや感想を書きたいと思います♪

 

ネタバレを読む前に「ハレ婚」の立ち読みをしてみる!

 『ハレ婚』の立ち読み♪

↓↓↓コチラ↓↓↓
>>>まんが王国
サイト内で『はれこん』と検索してください♪

ハレ婚 あらすじ

主人公・小春(こはる)は東京で一人暮らしをする22歳のOLです。

この、華の大東京に憧れて出てきてから付き合った男はみんな既婚者だったという

男を見る目がなく、ついていない女で、

しかもそのことで付いたあだ名が『既婚者ハンター』でした。

今回の男も既婚者だと分かってすぐにブチ切れて別れました!

「一体、何なの・・・!私の男運は・・・?」

もう東京でなんかやってられない!と帰ってきた愛しの故郷である北つばめ市

「もう恋なんてまっぴらだ!」

心機一転で一からやり直そうと帰ってきた故郷。

まぁ、とりあえず心のリハビリを兼ねて実家の喫茶店を手伝うつもりでしたが、

なんと店には多額の借金があり、父親は入院中。

母親に事情を聞くと、もうすぐ店はたたむ予定との事で、

4年ぶりに実家へ帰ってきて早々、小春は踏んだり蹴ったりの状況に追い込まれたのです。
そんな時、現れた謎の男・伊達龍之介(だてりゅうのすけ)。

以前から喫茶店の常連客で、小春に想いを寄せている彼は

大金を差し出して小春にプロポーズするのです。

突然のプロポーズに戸惑う小春でしたが、

そんなことよりもっと驚きの事実が発覚します。

なんと・・・龍之介には、もう既に、二人の妻がいたのです。

名前は「ゆず」と「まどか」です。ふたりとも若くて美人の奥さん。

「どういうことなの・・・?」

「ふざけてるの・・・?」

そう・・・小春はまだ知らなかったのです。

自分の故郷の婚姻制度が、

少子化・過疎化対策のため一夫多妻が許されている特区となっていることを!

通称「ハレ婚」ハーレム婚が許されていたのです。

その制度では1人の男性が4人までの女生と同時に結婚できるルールです。

お金は必要だけど、ハーレム婚なんてしたくない小春!

しかし、実家の喫茶店を潰さないためには借金返済が絶対です。

考え抜いた末、実家の喫茶店を守るために小春は龍之介の3人目の妻となるのですが・・・

ここから、一夫多妻のハーレム夫婦の面白ろ過ぎる結婚生活が始まってゆくわけです♪

 

『ハレ婚』の立ち読み♪

↓↓↓コチラ↓↓↓
>>>まんが王国
サイト内で『はれこん』と検索してください♪

ハレ婚 ネタバレ

実家の喫茶店を潰さないために、

借金返済と引き替えに龍之介の3人目の妻となった小春。

数日前にあったばかりの男性との結婚で、愛情も何もあったもんじゃないですが、

実は、両親が営んでいた喫茶店の常連客だった龍之介は以前から小春のことを想い続けていたのです。

「昔からの知り合い?」

でも、小春にとって龍之介は初対面の男性で、

何も覚えていなかったのです。

ですから龍之介への感情は0に等しい小春でした。

それでも、3000万円もあった実家の借金を、

自分たちが暮らす家を処分してまで返済してくれた龍之介には感謝の気持ちで一杯です。

ただ・・・結婚となるとまだやりきれない思いが残る小春。

しかし・・・4人での新生活スタートの日はもうすぐそこまで迫ってきていました。

数日後には結婚式が開かれました。

三人の花嫁に一人の新郎という形で、

出席した参列者たちは薄笑いを受けべて面白い見世物を見るように小春たちを眺めているのです。

小春:「だから嫌だったのよ・・・!」

今後の生活が不安になる小春でした。

式には、

突然の結婚に納得していない小春の父親は出席していません。

小春の母親だけが出席しました。

その他、二人の新妻の家族は出席していたのですが、

龍之介の親族は誰も出席していなかったのです。

家族が誰もいないのか?出席してくれないのかは不明です。

やがて、前代未聞の新婦三人・新郎一人の結婚式は無事終わり、

小春たち四人の夫婦は、

市から借り受けた新しい新居での生活をスタートさせることになるのです。

新しい家は、大きいけれど、とてもオンボロで、

妻・3番目の小春は新参者扱いで、一番小さくて汚い部屋をあてがわれるのです。

その事に対して文句ブーブーの小春に、

先輩・妻の二人から色々と伊達家のルールを聞かされるのです。

今まで聞いたことがない一夫多妻家庭の独特なルールに大きく動揺した小春は・・・?

とにかく始まった龍之介・ゆず・まどか・小春の4人による夫婦生活。

この先、小春は龍之介を愛することができるのか?

そして4人で送る夫婦生活の実態とは?

 

『ハレ婚』の試し読みは♪

↓↓↓コチラ↓↓↓
>>>まんが王国
サイトTOPから『はれこん』と検索してくださいね♪

ka547360

ハレ婚  感想

もし、日本に一夫多妻制度が導入されたら?

この漫画は、少子化や過疎化が進む地方都市で、

試験的に導入された一夫多妻制度を基本テーマに置いたラブストーリーで、

設定の一夫多妻という狙いがすごく当たりだと思いました。

おそらく日本ではいくら少子化が進もうと受け入れられる制度ではないと思いますが、

だからこそ、この架空の制度によってできた特殊な夫婦関係のドタバタストーリーは夢があって楽しいです。

個人的には、一人で三人の奥さんを相手にしなければならない旦那さんは恐ろしいほど大変だと思いますし、

絶対に耐えられません。

よほどのお金持ちで、お手伝いさんが何人もいるような家だったら問題ないのかもしれませんが、

普通の家庭で、奥さんが3人とかはありえない話です。

想像しただけでも恐ろしい・・・!

日常生活の問題も色々あるとは想いますが、

やはり気持ちの部分が大きいでしょうね。

夫からの愛情は3分の1で、奥さんからは夫へは100%!

本作でも、日替わりで龍之介が、各奥さんの部屋で床につきます。

その時、他の二人は悶々とした夜を過ごしていました。

やっぱり普通に考えたらそうなると思います。

自分との夜を比べたり、他の二人と龍之介の行為を想像したり、

一つ屋根の下に生活している以上、しょうがない感情です。

妬みや嫉みが充満して息苦しくなる空間がいつも一夫多妻家族には広がっていそうです。

なので・・・他人のそういう生活を覗き見するのは楽しくて仕方ありません♪

ただ・・・本作の「ハレ婚」はそこまでドロドロはしておりません。

3人の妻はそれぞれ愛すべきキャラクターで、性格のよい女性ばかりです。

なので・・・それぞれ一人だけに龍之介の存在を与えてあげたくなっちゃいます。

まず、小春が龍之介を愛するようになることが一番最初のテーマですが、

その後から、それぞれの愛憎劇が見れるようになってきそうです!

やっぱり男と女はドロドロが一番興奮して面白いのです♪

 

>>>『ハレ婚』3巻のネタバレはコチラ♪

 

ハレ婚 無料試し読み、

今、紹介した

『ハレ婚』は、

『まんが王国』絶賛配信中のコミックです~♪

このお店は、電子コミックサイトでは老舗のコミックサイトで、

サイト管理人のまるしーがいつも利用してるお店の一つです♪

特に、会員登録なしで、たくさんのコミックが無料試し読みできるのはすごくありがたい!

他のコミックサイトでは読めないレアな作品も数多く扱っているし、

こういうサイトは押さえておいたほうがイイですよ~♪

 

『ハレ婚』の試し読み♪

↓↓↓コチラ↓↓↓
>>>まんが王国
サイト検索窓に『はれこん』と打ち込んで下さい♪

『ハレ婚』の関連記事はコチラ♪

ハレ婚のネタバレ 3巻!3人の妻たちそれぞれの事情

スポンサーリンク