ハレ婚のネタバレ 3巻!3人の妻たちそれぞれの事情

ハレ婚のネタバレ 3巻!


3人の妻たちそれぞれの事情

『ハレ婚。』

ハーレム婚のドタバタ
ラブストーリーが話題となっている

ハレ婚ネタバレ感想
ご紹介しています。

 

日本で唯一
一夫多妻』の制度
通称:ハレ婚が許された町で巻き起こる

不思議なドタバタ夫婦の生活を
描いた4角関係ラブストーリー。


1巻のネタバレはコチラ♪
↓↓↓↓↓

ハレ婚のネタバレや感想!一夫多妻のハーレム夫婦が面白ろ過ぎる


実家の借金を肩代わりしてくれた
龍之介のプロポーズを受けて
3番目のとなった主人公の小春。

 

子供のころから夢見ていた
新婚生活は茨の道となりました。

 

露骨に邪魔者扱いする
二人の先輩妻の存在と、

それとなにより
一番辛いのが夜のお仕事!

 

嫁が日替わりで夫を
迎え入れるという伊達家のルール。

ハレ婚ならでわの
決まりごとなんですが、
小春にとってはなんとか避けたい
お仕事でした。

しかし・・・ついに
小春の番が回ってきたのです。

 

妻となった以上、
体を重ねるのは承知の上の小春でしたが、

龍之介からの
マニアックな要求には答えられず

つい、夜の男性恐怖症であることを告白します。

 

なんとか龍之介に
理解してもらった小春はその日
何もしないで龍之介と一緒の
布団で寝ることだけで許してもらいました。

 

翌日、夜のお勤めが大好きな
1号婦人・ゆずは
隣の部屋で過ごす小春に
わざと聞こえるよう
あの声を聞かせるのです・・・

 

ついに始まった4人のハレ婚生活。
いざ始まってみると
3人の妻たちそれぞれの事情が
色々と分かってきたのです・・・

今回は、「ハレ婚」3巻ネタバレ感想をご紹介します。

 

ネタバレを読む前に「ハレ婚」の立ち読みをしてみる!

 『ハレ婚』の立ち読み♪

↓↓↓コチラ↓↓↓
>>>まんが王国
サイト内で『はれこん』と検索してください♪

ハレ婚 ネタバレ 3巻

小春が過ごす粗末な部屋の隣では
今まさに、龍之介とゆずが
夫婦生活の真っ最中です!

 

「派手にきかせてあげましょう♪」

 

男性との絡みが苦手な小春を
調教すべく、

ゆずは激しいセックスを
龍之介に望みました。

 

ゆずは小春と違い
夫婦の共同作業はどんな
ものでも大好物なのです。

 

「調教ってわけでもないんだけど」

 

龍之介はゆずの張り切り具合に
少し引き気味だったのですが、

 

その意気込みに負けて
激しくゆずを攻めまくりました。

 

しばらくすると
大きな声をあげてよがる
ゆずのあえぎ声が家じゅうに響き渡りました。

 

その声は当然隣の部屋で
雑誌を読んでいた小春にも丸聞こえです。

 

ゆずの大きな喘ぎ声を聞いて
たまらず家の外に出て行った小春は
建物の離れにあるボロ小屋へ避難したのです。

 

するとそこには先客がいたのです。

 

それは、
真っ暗な小屋の中に置いてある
ピアノを弾きながら
涙を流しているまどかの姿でした。

 

小春は見つからないように
その場から立ち去ろうとしましたが
まどかと眼が合ってしまうのです。

 

「このことは絶対に言わないで!」

と、
まどかがピアノを弾いていたことを
口止めさせられた小春。

その時は、龍之介に
言わないことを約束した
小春でしたが、

やっぱり、尋常じゃない
まどかの行動が気になって

小春は、
うっかりまどかがピアノを
弾きながら泣いていたことを
龍之介に話してしまうのです。

 

これは決して告げ口ではなく
まどかを心配しての行為だったのですが、

 

小春からまどかの
やったことを聞いた龍之介は

お仕置き」と称して
古小屋に置いてある
ピアノの上にまどかを縛り付けて
氷を使った拷問を始めました。

 

一体あのピアノはどういった意味があるのか?

3巻の後半

妻たちそれぞれが抱える
悩みや思いがいろいろと分かってきました。

ある日、

龍之介と小春は
ある話し合いをするのです。

 

仕事をしていない
ぷー太郎の龍之介が
もし働きだしたら、
夫であることを認めてもいい。

という話し合いで、
もう少し妻らしいことを
龍之介にするという取り決めです。

 

そして龍之介は
たった一日ですが労働するのです。

たとえ一日でも
働いたことには変わりないので
小春は妻らしいこととして、

龍之介と一緒に
お風呂へ入ることになるのです。

 

緊張で体がガチガチの小春。

 

何とか風呂場の電気は
消してもらい
龍之介と同じ浴槽に体を浸けました。

すると龍之介は・・・

初めて同じお風呂に入る
龍之介と小春。
はたして二人の関係は進展するのか?

 

『ハレ婚』の試し読みは♪

↓↓↓コチラ↓↓↓
>>>まんが王国
サイトTOPから『はれこん』と検索してくださいね♪

ハレ婚3巻  感想

龍之介の正体がわかりました!

彼は有名な作曲家さんだったのです。

 

だから大事にピアノを
保管していたわけです。

 

まどかはピアニストでもある
彼の演奏が大好きだったようで、

恐らく忘れられない
龍之介との思い出があるのでしょう。

 

まどかはピアノを触っていると
落ち着くのだと言っていました。

 

ゆずとは違って
まどかが持つ龍之介への愛情は
なんか重いものがあり、

ちょっとストーカー気質がありそうで怖い!

その逆に意外と完璧な嫁
だったのがゆずです。

 

一家の台所を預かっているのは
実はこの人だったのです。

 

3人の妻の中で最も年下のゆずが
一番しっかりしていたのです。

 

これはかっこいいです♪

特売品が多くあるから
ということで雨の日は
必ずスーパーへ買い物に出かける
経済観念は素晴らしいものがありますし

まだ若いのに
「旦那のハートは胃袋でつかめ」
なんていうシャレたセリフも言っちゃうゆず。

 

管理人からしたら
男が一番結婚してくつろげるのは
ゆずちゃんみたいなタイプだと思いますね。

 

明るくておおらかな性格。

料理上手で買い物上手

極めつけは床上手!

 

何拍子もそろった完ぺき妻とは
ゆずみたいな女性のことを言うのです。

龍之介は幸せ者です!

ハレ婚 の無料試し読み

今、紹介した

『ハレ婚』は、

『まんが王国』絶賛配信中のコミックです~♪

このお店は、電子コミックサイトでは老舗のコミックサイトで、

サイト管理人のまるしーがいつも利用してるお店の一つです♪

特に、会員登録なしで、たくさんのコミックが無料試し読みできるのはすごくありがたい!

他のコミックサイトでは読めないレアな作品も数多く扱っているし、

こういうサイトは押さえておいたほうがイイですよ~♪

 

『ハレ婚』の試し読み♪

↓↓↓コチラ↓↓↓
>>>まんが王国
サイト検索窓に『はれこん』と打ち込んで下さい♪

『ハレ婚』の関連記事はコチラ♪

ハレ婚のネタバレや感想!一夫多妻のハーレム夫婦が面白ろ過ぎる

スポンサーリンク