良い祖母と孫の話のネタバレと感想!逃れられない罪悪感とその罪

お婆ちゃんから貰った溢れるほどの愛情。

拒み続けた自分。

逃れられない罪悪感とその罪を感じながら…

深いヒューマンドラマ


逃れられない罪悪感とその罪

著者:加藤片

良い祖母と孫の話

 

感動でも悲しみでもなく

ただただジーンとしてしまうんです。

 

父子家庭の家で暮らす主人公の女子高生が、

祖父が死んで、たった一人となった祖母と一緒に暮らすことになった。

幼い頃から大好きだった祖母だったのに・・・

 

だけど思春期を迎えた今、
溢れんばかりに注がれる祖母からの愛情が重くて、

どうしても素直に祖母からの愛を受け止めることが出来ない。

そして・・・

ついに彼女は祖母を傷つける行動をとってしまう・・・

 

もう逃れられない罪悪感その罪。

 

思春期には誰もが持つ家族への苛立ちや

拒絶感をすごく繊細なタッチで描いた秀作です♪

 

「あの頃は私もそうだったな~」

と、大人になった自分が読むとしみじみ感動できる内容となっていました。

 

ちなみにサイト管理人の まるしーはベテラン主婦さんです!

ただ・・・

主人公と同世代の人たちが読んだらもっと価値があると思う内容だな~

なので・・・

どちらかと言うと大人より若い世代の人に読んで欲しいと思った作品ですね♪

特に高校生の人たちには是非とも読んで欲しいな~

そして・・・

普段は話さない田舎のおじいちゃんやおばあちゃんとどんな言葉でもいいから

自分が今、何が楽しくて何に悩んでいるのかをゆっくり話してあげて欲しい!

とまぁ~そんな事を感じさせてくれる素敵な漫画でした~♪

 

それでは、本作のネタバレ感想を書きたいと思います~

 

『良い祖母と孫の話』の立ち読み♪

↓↓↓コチラ↓↓↓
>>>まんが王国
サイト内で『よいそぼ』と検索してください♪

良い祖母と孫の話 あらすじ

主人公のしょう子
高校一年生のどこにでもいる女子高生です。

彼女には母親がいなくて、今はお父さんと二人暮らしをしています。

 

そんな二人のもとにおじいさんが亡くなって

一人っきりになったおばあちゃんがやって来ることになったのです。

そして、

一緒に暮らすことになった祖母は甲斐甲斐しく父と孫娘の面倒を見てくれるんですが、

思春期まっさかりの
しょう子はそんな祖母の愛情が鬱陶しくてなりません。

 

しかし・・・

そんな気持ちを表に出さず、表面的には良い孫娘を演じていた しょう子。

でも少しづつそのイライラは募ってくる…

そして・・・

ついに祖母からの愛情を踏みにじった。

その罪悪感にさいなまれながら過ごす毎日。

 

やがて、
しょう子が持つ祖母への不満が、祖母の知るところとなり、

そこから二人の関係が微妙にくずれていくんです。

 

始めて自分の存在が、愛する孫娘にとって迷惑だったと知った祖母は、

ゆっくりと壊れてゆくのです・・・

壊れた祖母の姿を見て後悔の念にさいなまれるしょう子。

誰もが思春期に持つ心の葛藤や苛立ちを描いた実にハートフルな感動作品が幕を開けた…

良い祖母と孫の話 ネタバレ

毎日祖母が作ってくれる弁当がたまらなく嫌だった しょう子。

実際は食べていませんでした。

朝は登校前にコンビニで既製品の菓子パンと紅茶を買って学校に行ってたのです。。

それが彼女の昼食というわけです。

毎朝しょう子のために祖母が作ったお弁当の中身は

学校のトイレに流されていたんです。

 

そのお弁当にはしょう子たちの健康を考えて近くのスーパーではなく

祖母自らが遠くの野菜直売所まで行って買ってきてくれた新鮮な野菜がたくさん入っていたのです。

 

そんな祖母の愛情がたくさん詰まったお弁当を罰あたりにも毎日トイレに流しているしょう子。

ただ・・・

しょう子は別におばあさんを困らそうと思っているわけではないのです。

祖母の存在自体が今はダメなのです…

しょう子は大好きだった祖母との関係がうまく築けないでいた。

 

その証拠に、しょう子は祖母に対して

「弁当はいらない!」とは言いません。

「よく食べるようになったわねぇ~」

と嬉しそうに空の弁当箱を見て言ってくる祖母に、

「おいしかったよ~!」

と、ウソをついているくらいです。

そうです。

彼女は祖母の前で何とか良いを演じようとしているのです。

ただ・・・

しょう子の中には抑えきれない感情も潜んでいた。

{どうしてこんなに祖母にいらつくのだろう?}

祖母を見ているとどうしてもイライラしてくるんです。

お弁当は確かに栄養のある食材で作られているけれど、どれも しょう子にとっては

嫌いなモノばかり。

そして、なんかいつも気を使ってオドオドしてる気弱なおばあちゃん。

{あ~息が詰まる・・・・}

{私だって我慢してるんだよ!}

祖母との暮らしに大きなストレスを抱えるようになったしょう子。

 

そんなある日、
しょう子がお弁当を食べるお箸を家に忘れてしまった。

それに気づきた祖母は、しょう子の学校へお箸を届に行くのですが、

教室でクラスメイトと

紅茶を飲んで菓子パンにかぶりついているしょう子の姿を

目撃してしまうのです。

そして・・・

運悪く祖母に自分が目撃されたことに気付いたしょう子。

しょう子が家に帰るとなんとも言えない空気が二人の間に流れる。

そして次の休日。

祖母がしょう子に声をかけてきました。

「おはよう・・・」

「おばあちゃん買い物に行くから・・・」

「テーブルにお昼ごはん置いておくからね」

と、しょう子に声をかけて出かけて行ったのです。

 

しばらくして、しょう子が台所に行ってみると彼女のお昼ごはんが用意されていました。

なんとそれは、

いつもしょう子が学校で食べていた菓子パン紅茶だった・・・

しょう子はそのメニューを見て立ち尽くした。

そして・・・

崩れ去るように床にヘタリこむと嗚咽(おえつ)しながら号泣しました。

そこから、
しょう子とおばあちゃんはの関係が変わるんですが・・・

ここからは現物を読んでお楽しみくださいね♪

 

『良い祖母と孫の話』の試し読みは♪

↓↓↓コチラ↓↓↓
>>>まんが王国
サイトTOPから『よいそぼ』と検索してくださいね♪

良い祖母と孫の話の感想

「電脳マヴォ」というウェブ雑誌で発表された本作は、

連載直後からかなり大きな話題となった作品なんです。

こんな素敵な漫画がちゃんと人気になってる事が嬉しい♪

 

祖母と孫娘の関係を描いた物語の珍しさと、
内容の面白さで、一気に人気が出たみたいなんです。

おばあちゃんと女子高生との切なくも感動的な結末を迎える。

そんなちょっと切ないけどハートフルな内容が、たくさんの読者に涙させたのです。

 

実際、まるしーはおばあちゃんと一緒に暮らしたことがないので

祖母と暮らす日常が一体どういうものなのかは分かりませんが、

本作を読むことで、たまにお泊まりさせてもらった亡き祖母を思い出し、

しみじみと切なくなってジーンとしちゃいました。

私にとっては神様みたいな祖母だったのです。

出来ることならもう一度あいたいなぁ~。

人それぞれ事情はあると思いますが、祖母との関係で悩んだ経験がある人ってどれだけいるんだろう?

現代の核家族化が進んだ日本で、普通の家族が3世代で住める家を持ってるなんてケースは少ないと思うし、

まるしー にとっても、祖母と祖父はいつも遠くの存在でした。

ただ・・

本作の主人公・しょう子の家はまた違った特殊なケースだった。

父子家庭のパターンってやっぱり珍しい!

この作品は、ホント思春期のイライラするどうしようもない感情をうまく描写した内容でした。

特に、おばあちゃんの姿を自分に重ねて嫌悪感を抱かせるもっていき方なんかは秀逸で、

繊細で重い内容の話をたった1巻という短さで、

起承転結を見事に描ききったすばらしい作品だと思います♪

個人的には優しかった祖母の面影を一瞬でも思い出させてもらえて大変価値のある1冊でした~

良い祖母と孫の話無料試し読み

今、紹介した

『良い祖母と孫の話』は、

『まんが王国』絶賛配信中のコミックです~♪

このお店は、電子コミックサイトでは老舗のコミックサイトで、

サイト管理人のまるしーがいつも利用してるお店の一つです♪

特に、会員登録なしで、たくさんのコミックが無料試し読みできるのはすごくありがたい!

他のコミックサイトでは読めないレアな作品も数多く扱っているし、

こういうサイトは押さえておいたほうがイイですよ~♪

 

『良い祖母と孫の話』の試し読み♪

↓↓↓コチラ↓↓↓
>>>まんが王国
サイト検索窓に『よいそぼ』と打ち込んで下さい♪

スポンサーリンク