監獄実験のネタバレと感想!いじめの復讐劇かと思いきや

監獄実験のネタバレと感想!いじめの復讐劇かと思いきや

 

作画:水瀬チホ
原作:貫徹の両先生で描いた

『監獄実験―プリズンラボ―』を読みました。

理不尽ないじめを受け続ける
男子高校生が巻き込まれてしまった

不思議な復讐ゲーム!

それはある一通の手紙から始まった。

 

それは、
誰でも好きな人間を
1ヶ月間に渡って監禁できる。

という危ない「監禁ゲーム」だった!

 

それも監禁中は
相手に何をしても良いという
とんでもないルール。

 

「そんなゲームなんてありえない」

 

半信半疑でゲームに参加した
いじめられっ子の男子高校生は、

全てが本当だったことに
驚きとともに沸々とした
復讐心が湧いてくるのです。

 

自分を今まで苦しめてきた
イジメの首謀者を
復讐相手に選んだ彼は、

このゲームの主催者が
意図したとおり、復讐に悩み、
困惑してゆく・・・

 

やがてその復讐は、
とんでもない方向へと形が
変わってゆくことになるのです。

 

単なる、
いじめの復讐劇かと思いきや・・・

 

ゾワゾワしながら続きが
気になるサスペンスな
サイコミステリー作品で、

今回は、そのネタバレ感想を書きたいと思います。

 

ネタバレを読む前に立ち読みをする↓

 ▼   ▼   ▼

⇒ 【まんが王国】スマホ専用の無料試し読み

まんが王国サイト内で「監獄実験」と検索して下さい!

 【ebookjapan】のPCも対応の無料試し読み

*コミックサイトの無料の立ち読みページは、ご覧になる時期によって無料のページ数が異なりますので、まずは各コミックサイトに進んでお確かめくださいませ!

タイトル あらすじ

主人公の
江山藍都(えやまあいと)は
毎日学校で理不尽ないじめを受ける
男子高校生です。

 

今日もいじめっ子から
トイレで殴る蹴るの暴行を受けています。

 

江山はいじめられてる自分が
醜く見えてしょうがありません。

いじめっ子に対する
恨みよりむしろ、
彼らに対して何にも言えない
自分に嫌気が差しているのです。

 

「自分なんて死ねばいいのに」

普段からそう思っています。

 

江山にいじめが始まったのは
高校に入学してすぐのことでした。

 

いじめのリーダー的存在
桐島彩(きりしまあや)との
出会いが全てでした。

 

入学してすぐあることで
桐島に目をつけられた江山は
それ以降ずっと
事あることにいじめられてきたのです。

 

理不尽ないじめの中で
過ごした1学期が終わり、

夏休み前の最後の登校日。

 

家に帰ってきた
江山は自分宛てに来た
一通の手紙を開封します。

『監禁ゲームへの招待状』

と書かれた案内状でした。

 

その内容とは、

誰でも好きな相手を、
1か月間監禁できるという
「監禁ゲーム」でした。

 

参加者は監禁する相手を
殺さなければ何をしても許され、

監禁された者は
監禁者の名前を当てるのがルールで、

一週間ごとにその回答権が
与えられ、名前が正解すると、
1000千万円の賞金がもらえる
という信じられない設定でした。

 

監禁ゲームのルールを
読んだ江山は、

「バカバカしい・・・」
「何の悪ふざけだよ・・」

と思って、
全く信用しませんでした。

その後、

彼がベットで少し
うたた寝をした際、夢の中に
江山に暴力を振るういじめの首謀者
桐島彩が現れたのです。

 

うなされて飛び起きた江山。

 

「もう・・・限界だ」
「こんな生活耐えられない・・」

絶望する江山の足元にあったのは
『監禁ゲーム』への招待状でした。

 

半信半疑で、
江山はその招待状に書かれた
登録サイトにアクセスして、
監禁する相手の欄を
桐島彩」と打ち込んだのです。

 

そこまでほんの5分くらいの作業でした。

 

すると、
サイト側から返信が届いたのです。

 

そこには、
明日の朝10時までに
所定の場所にお越しください
というメッセージが・・

 

翌日、
指定場所の公園へ向かった
江山の前に現れたのは、

黒いスーツに
黒いサングラスをかけた茶髪の若い男性でした。

 

強面と思いきや、中身は
ちょっととぼけた感じの
軽そうな男性だったのです。

 

彼の名前は
原川(はらかわ)といい
1ヶ月間、江山の担当をするということで、

彼が運転してきた車に乗って
『監禁ゲームの』会場に向かいました。

 

到着した監禁場所には、
実際に、手を後ろ手に
拘束された桐島彩が、
気を失った状態で横たわっていたのです。

 

{き・・桐島・・本当に・・}

始まってしまった監禁ゲーム!

江山の復讐劇の行方は・・?

そして、このゲームに隠された
主催者の本当の目的とは・・?

 

監獄実験 ネタバレ

初めて、逆の立場で、
相対している江山と桐島彩。

 

今、自分の前にひれ伏して
縛られているのは彩だと
言う事実に呆然と立ち尽くしてしまうった江山。

 

なれない立場に戸惑っていると、

気絶していた彩が
意識を取り戻しました。

 

そして・・・

仮面をかぶり、変声機で声を
変えているにも関わらず
彩を前にうまく立ち回れない江山。

拘束された彩が、

「こんなことしてただで済むと思ってるわけ?」

と、江山に向かって脅しをかけてきたのです。

 

慌てて体制を立て直す彼は、
精一杯虚勢を張って、

「まだ自分の立場が分かっていないようだな?」

と彩に脅しをかけ帰して一旦監禁部屋から退出します。

 

部屋から出てきて、
大きなため息をついた江山。

 

どうやら彩は今回の
『監禁ゲーム』について、
全く何も知らされていないようなのです。

 

なので、
自分の状況が分からず、
江山に対してすごく強気に出てくるのです。

 

その迫力に押され気味の江山は
対応を考えるため、部屋を離れたのです。

 

外に出て仮面を取った
江山は汗びっしょりの状態。

 

そんな、江山の姿を見て、
彼の担当者・原川が
声をかけてきました。

 

「どうしたの?江山くん大丈夫?」

すると江山は、

江山:「桐島ってこのゲームのこと知らないですよね?」

「説明しないといけないんですか?」

と原川に尋ねました。

 

原川:「そうそう説明してあげて」

そう言って、ルールの説明アプリが
入ったタブレットとタッチペンを渡されたのです。

 

原川:「汗びっしょりだけど大丈夫?」

「かなりビビってるんじゃないの?」

 

江山:「あそこでは僕が上です。」

「それを今から思い知らせてやりますよ!」

 

そう言うと彼は再び彩の待つ
監禁ルームに入ってゆきました。

 

ゲームの参加者たち

原川から渡されたタブレットで、
ゲームの内容を初めて知った彩は、

「ふざけんな!早く家に返せよ!」

と江山に怒りをぶつけます。
すると江山は絢の髪の毛を掴み上げ、

 

江山:「出たけりゃ俺の名前を当てろよ!」

と挑発するのです。

絢:「簡単なことよ!」

「どうせあいつらの中の一人でしょ!」

と自分がいじめていた
5人の名前を言いだしたのです。

 

その中には当然、江山の
名前も上がりました。

自分の名前が上がって
思わず絢の髪の毛を掴む手に力が入った江山。

 

動揺を打ち消すかのように、
彩を脅そうとする彼は、

挨拶代わりに彼女の
小指を折ろうとしますが、
その力の入れ具合や雰囲気で、

{こいつはそんなこと出来ない!}

と彩に見抜かれてしまうのです。

 

江山の脅しに全く動じない
彩は、逆に、

「絶対お前の名前なんてすぐに当ててやる」

「ここを開放されたら生きて行けると思うなよ」

と江山を脅してきたのです。

 

その彩の迫力に圧倒されて、
なにも言えず部屋を出てきてしまった江山。

 

一週間後には、
名前を当てられて、
ゲームが終わってしまうかもしれない!

 

{桐島を壊すなんて簡単だと思ってたのに!}

予想外の苦戦に悩む江山。

 

そんな時、会場の廊下で、
他のゲーム参加者、
三崎由乃(みさきよしの)と
バッタリ出会うのです。

 

成り行きで二人は、
会場のレストランで
一緒に食事することになりました。

 

お互いが自己紹介した後、
監禁している相手の話をするのですが、

江山は学校の先生を
監禁している。と言って
嘘をつくのです。

 

しかし・・・
三崎は江山の嘘に
気付いている様子で、彼に
油断できない坊やだという印象を持ちます。

 

三崎と話したことで、
少し気を取り直した江山は、

 

彩と対決するための
残虐なもう一人の自分を作ろうと考えるのです。

 

そして・・・
再び彩のいる監禁ルームに向かいました。

 

すると、
下を向いていた彩が
第一声で言った言葉が、

「調子にのるなよ江山!」

だったのです!

 

「バレている・・・!?」

突然の彩の攻撃に、
固まってしまった江山は・・・?

このお話の続きは
是非、本編でお楽しみください♪

 

⇒ 【まんが王国】スマホ専用の無料試し読み

まんが王国サイト内で「監獄実験」と検索して下さい!

【ebookjapan】のPCも対応の無料試し読み

監獄実験の感想

スタンフォード監獄実験を
ベースに、どんな目的で
このゲームを主催したのか?

参加者はどういう基準で
選ばれたのか?

1巻を読んだだけでは、
今のところ分かりません。

 

とりあえず、
ヘタレでいじめられっ子の江山が、

いじめられていた相手に
復讐をしようと
ビビりながら頑張ってる状況でしたが、

 

途中から、
段々と雲行きが変わってきました。

 

『監禁ゲームの参加者』と
いう立場。

このゲームでは
監禁相手をパートナーと呼びます。

 

江山は、
他の参加者と交流したり、
ゲームのルールブックを
読み込むうちに、

この「監禁ゲーム」は
監禁相手とのゲームではなくて、

 

参加者同士で競い合うゲーム
だという事を知るのです。

 

今後の展開次第では、
始めの印象と全く違った
物語になっていきそうです。

 

いじめの復讐劇から、
ある実験の意図をもった
主催者と江山たち参加者との闘い?

まだ、見えない
ゲーム主催者の正体とは・・?

ゲームが進むに連れ、
段々と江山が覚醒してゆきます。

 

そして・・・
1巻の最後では、
江山が担当者の原川に
とんでもないことを報告します。

 

その報告が真実なら
江山のゲームは終了と
いうことになるのですが・・・

しかし・・
物語は始まったばかりなのです。

一体この先どうなるのでしょうか?

とにかく続きが気になります!

 

監獄実験の話無料試し読み

今回ご紹介した
『監獄実験』

『まんが王国』『ebookjapan』などの

大手電子コミックサイトで読むことが出来きるんです。

 

個人的に外出中は
スマホやタブレットなんかで読む事が多くて、

ちょっとした隙間の時間で
手軽に楽しめる電子コミックにはかなりお世話になっています♪

 

家では大きい画面の
パソコンでも読むことが出来ますし、

TPOに合わせて色々な読み方を選べる便利さで、

たくさんのコミックを
置いておくスペースのない
自分にとっては置き場所の
必要ない電子コミックは大助かりなのです。

 

それに、
一度買ったコミックは、
PCやスマホなどの端末に
全部保存されてますので
いつでも好きな時に読み返すことが出来ます♪

 

しかも、ほとんど全ての
電子コミックサイトでは、

無料で読める【試し読みページ】が用意されていますので、

 

リアル店舗のように
本屋店員さんからの目を
気にすることなく自由に
立ち読みできるのです(^^)

 

もしまだあなたが
電子コミックを利用したことがない!

という方ならば、

一度、この機会に利用されてみてはいかがでしょうか?

「監獄実験」の試し読みはこちらから!

▼    ▼    ▼

まんが王国サイト内で「監獄実験」と検索して下さい!

*コミックサイトの無料の立ち読みページは、ご覧になる時期によって無料のページ数が異なりますので、まずは各コミックサイトに進んでお確かめくださいませ!
関連記事

スポンサーリンク