サクラ色の傷痕【ネタバレ2巻‐4話】果乃が酷いイジメにあってた!

とんでもない毒親からやっとのこと救い出されたはずのに!

早くも次なる試練が果乃たち姉妹を襲う。

まさか無事に暮らせるはずの果乃が、酷いイジメにあっていたなんて…(汗)

少女がたどる壮絶すぎる過酷な人生劇場!


果乃が酷いイジメにあってた!

サクラ色の傷痕

2巻‐4話のネタバレです。

やっと平穏な暮らしができると思っていた姉妹にさらなる試練が襲いかかります(汗)

「もうこれ以上幼い二人を苦しめないで!」

一体…いつになったこの不幸な姉妹に幸せが訪れるのだろう…?

2巻‐4話の見どころ

残酷な母親の常軌を逸した”養育放棄”と凄まじい”虐待”によって、

その幼き命を奪われかけた6歳の少女・果乃と、生後間もない妹の莉乃は、

飢えと孤独で瀕死の状態となっているところを、間一髪で児童相談所の職員に保護されました。

「これで幼い少女二人の命は救われた。」

読者の誰もが、救助に来た職員たちの姿に涙したことでしょう!

このまま不幸だった二人の人生が明るいものに変わっていく思ったのに・・・

と…ココまでが前回までの流れでした。

しかし…ここからこの姉妹にとんでもない未来が待っていたのです!

あの日、絶体絶命のピンチから、命からがら助け出された果乃と莉乃は、

運び込まれた病院で体力の回復を待って、その後、児童養護施設”で保護されることになりました。

今まで両親から一歩も外に出るなと言われて育ってきた果乃は、

初めて体験する”集団生活”に、かなり戸惑いを見せていましたが、

その後、施設の職員や同じ境遇の仲間たちから優しく接してもらえたことで、

少しつづ施設での生活に馴染みはじめてきた。

なのに…

そんな幸せな時期はほんのつかの間で、またまた果乃に過酷な試練が待っていたのです!

安全で危険がないはずの施設なのに一体なにが果乃たちを苦しめたのか?

命を救われ、果乃にとって安心して生活できる場所だと思われた養護施設は、

「徐々に恐怖に震える地獄の施設と形を変えていった!」

2巻‐4話の見どころは、新たに果乃を襲う悲劇の幕開けだ・・・

 


1巻のネタバレはコチラ
↓↓↓↓↓

 

『サクラ色の傷痕』の立ち読み♪

↓↓↓コチラ↓↓↓
>>>まんが王国
サイト内で『さくらいろの』と検索してください♪

 

サクラ色の傷痕【ネタバレ2巻-4話】果乃が酷いイジメにあってた!

果乃にひどいイジメを働いたのは、彼女と同じ年の少女・大沢桃子(おおさわももこ)という女の子でした!

施設の中で絶対的な支配力を持ち、先生たちにも絶大な信頼をされている桃子は、

果乃はが施設に入所してきた当初は優しく接しようとしていました。

だが…初めて多くの人と団体生活を送ることになった果乃の反応は、

桃子が声をかけても怖がって震えるばかりで、せっかくの新設を拒否した形になってしまったのです(汗)

そこは桃子もただの子供です。

自分に怯えている果乃の態度にムカついてしまうのです。

この時に先生がちゃんと果乃の状態を分かりやすく説明していれば後にあんな悲劇は起こらなかったのに…(汗)

その後…

桃子はある考え胸に根気よく果乃に心を開くまで何度も優しく話しかけて接し始めたのです。

すると…

その甲斐あってか、少しづつ桃子に心を開き始めた果乃。

やがて…

”友達”という素晴らしい存在を手に入れた果乃は、

常に怯えてばかりだった表情から、時々、笑顔まで見せるようになっていったのです。

こうして完全に果乃との信頼関係を築いた桃子は、

このあと、あっけなくその信頼と友情を裏切ったのです!

そう・・・

ある日を境にして桃子は果乃への対応が180度変化していったのです・・・

始まったイジメ…

果乃にとってその日は突然やってきました!

それは、ある日の給食の時間に起こった!

果乃が飲んでる味噌汁の中に消しゴムが入っていたのです(汗)

その日から、桃子をリーダーとした果乃への児童とは思えない程に巧妙で残虐なイジメが始まったのだ。

例えば・・・

オママゴトと称して果乃にドロ団子を無理やり食べさせたり、

6歳になってもまだオムツをしている果乃の事を、

みんなであざけ笑いながら、おしりに直接ドロ団子をなすりつけたりしてイジメました。

その時の果乃は、ただ…なすすべもなくやられっぱなしの状態です。

そう…

まだうまく自分の思いを言葉にできない果乃は、職員の先生に助けを求めることもできないのです(汗)

それに、施設の職員たちは、優等生の桃子には絶大な信頼を預けていて、

たとえ、果乃がSOS発信を出したとしても、聞いてもらえる可能性はゼロに近かった。

その後も桃子たちからの壮絶なイジメは続き、果乃をいたぶる内容はどんどんエスカレートしてゆき、

ついに矛先は、妹の莉乃にまで及んでくるのです。

一体、桃子たちは、まだ幼い妹・莉乃にどんな嫌がらせを働いたのか・・・?

 

『サクラ色の傷痕』の試し読みは♪

↓↓↓コチラ↓↓↓
>>>まんが王国
サイトTOPから『さくらいろの』と検索してくださいね♪

2巻‐4話の感想

実の母親からひどい虐待を受けたその後に、そのまま放置されて殺されかけた果乃ちゃんと莉乃ちゃん。

危機一髪のところで、児童養護施設に引き取られて、やっと人並みの生活ができるのかとホットしてた矢先だ。

「2巻に入ると、果乃が酷いイジメにあってた!」

サイト主のまるしーは、この後の展開として、施設から出た後の母親との生活を心配していたんですが、

「改めて自分の考えが甘かったことに気づきました。」

世の中そんなに甘くない!

という事なんでしょうか?

施設では、果乃ちゃんと莉乃ちゃんにこれでもかってくらいに過酷な現実が待っていたんです!

「まさか、そんなことになるなんて!?」

新しく登場した大沢桃子は、かなり残虐なのボスキャラです(汗)

これまで母親としか接触していなかった世間知らずで人見知りな果乃に、

とてもじゃないが太刀打ちできる相手ではない。

もう~それはやりたい放題で桃子にイジメられちゃってる状態なのだ!

果乃がこの施設に来るまで、ずっと桃子たちにイジメられてたのっこちゃんが、

ビクビクしながら慰めてくれても、それは気休めにもなりぁしない。

果乃がイジメられてる事実が分かっていても、

「わたし、なにもしてあげられないけど・・」

「頑張って・・!」

と、訳の分からない声をかけてさっさと逃げていく始末なのだ。

「なんだそりゃっ!?」

て…感じ(汗)

しかし…桃子のキャラを考えると、のっこちゃんのビビり方もしょうがないのかもしれない。

ただ…今は4話のラストシーンで、莉乃ちゃんに起こった不穏なことが凄く気になる!

「一体、莉乃ちゃんに何が起こったのか?」

2巻に進み、いよいよ物語は次のステージに入ったようです。

『サクラ色の傷痕』は、予想に反してかなり悲惨で残酷な様相を見せつつあります。

「正直ものすごく引き込まれる!」

まぁ~今はとにかく果乃ちゃんと莉乃ちゃんに、安心して暮らせる時間と環境を与えてあげたい。

だけど・・・

4話のラストシーンを見た限りではまだまだ無理そうだけど・・・

 

>>>『サクラ色の傷痕』2巻‐5話のネタバレはコチラ♪

 

無料試し読み

今、紹介した

『サクラ色の傷跡』は、

『まんが王国』で絶賛配信中のコミックです~♪

このお店は、電子コミックサイトでは老舗のコミックサイトで、

サイト管理人のまるしーがいつも利用してるお店の一つです♪

特に、会員登録なしで、たくさんのコミックが無料試し読みできるのはすごくありがたい!

他のコミックサイトでは読めないレアな作品も数多く扱っているし、

こういうサイトは押さえておいたほうがイイですよ~♪

 

『サクラ色の傷跡』の試し読み♪

↓↓↓コチラ↓↓↓
>>>まんが王国
サイト検索窓に『さくらいろの』と打ち込んで下さい♪

『サクラ色の傷痕』のネタバレ記事はココで読めます♪