父娘になりました(仮)のネタバレと感想!中2女子と二人暮らし

独身のどうしようもない俺が、

中2女子と二人暮らしを始めるなんて・・・

著者:そうだすい

父娘になりました(仮)

疑似親子×LOVE未満なストーリー

一人でのんきに暮らす中年男が、突然、昔の恋人から全く血のつながりのない中学生の娘を押し付けられて、

右往左往する仮想父娘物語です~♪

タイトルの(仮)は「無関係」の意味で付けられているのでしょう!

主人公の中年男の心の中の語りで進んでゆくストーリーは最初から謎だらけ・・・

1巻だけでは、彼の職業すら分からない。

そして・・・

ストーリーは、強引で、しかもあり得ない非常識な始まり方をします。

だけど、なんか一度読むとやみつきになる魅力は持ってる漫画で、

とにかく全部が知りたくなってくる。

突然、中年独身男が中2女子と二人暮らしになったら?

いろんな妄想が掻き立てられるあぶないシュチュエーション!

恐らくこの設定だけで、ご飯何杯も食べちゃえる破壊力はあるかもしれません♪

仮で繋がった父娘の不思議な二人暮らし。

どんな展開になるのやら・・・

 

『父娘になりました(仮)』の立ち読み♪

↓↓↓コチラ↓↓↓
>>>BookLive!
サイト内で『おやこにな』と検索してください♪

 

父娘になりました あらすじ

主人公の
櫻木 真尋(さくらぎ まひろ)は誰に束縛されることなく気楽に一人で自由に生活している中年男です。

ハッキリとはまだ分からないが、多分仕事は小説家かなんか・・?

毎日、同じ時間に起きて適当に食事して机のパソコンに向かう。

変わらない日常を淡々と送ることが何よりも好きな男。

そんな男のもとに、何年も音信不通だった知人から連絡が入ります。

「久しぶりー」の挨拶もなくその男はいきなり自分の事情を話し出したのです。

男:「俺、ちょっとドジッちゃって・・」

真尋:「犯罪か?」

男:「バカヤローちがうよ」

男は、嘱託先の仕事で足を怪我したらしく、働けなくなったのでピンチヒッターを真尋に頼んできたのです。

仕事の内容は、真尋が住む近所にある中学校の用務員だという。

真尋:「中学生の相手はさすがに無理だわ!」

そう言って断る真尋に、

その男は、昔、借金を立て替えた恩があるだろう!

と言って、

その利子代として、今回の仕事を引き受けるよう強引に話を決めてしまったのです。

そして、仕事の説明とかしたいから後で、家まで来てくれ!

と言って一方的に電話を切ってしまいました。

「なんだよそれー」

突然の災難に携帯を見ながら固まってしまう真尋。

ついてない・・・

とその時、また電話がなりました。

出てみるとなんとこれまた何年も連絡を取ってない相手からの電話でした。

女:「あーよかったー番号変わってなかったー」

真尋:「あの・・どちらさまですか?」

女:「突然ゴメンナサイ・・勾子です」

勾子(こうこ)・・?

あーーーー!

なんで、昔の女が今更・・?

「近所に来てるのよー」

と言った彼女は数分後、真尋の部屋の玄関に立っていたのです。

後に一緒に暮らすことになる(仮)の娘を連れて・・・

父娘になりました(仮) ネタバレ

勾子:「やだ~真尋くん年とんんないねー」

「私のことはあんまり見ないでー」

「年齢分しっかり老け込んでるからー」

そう言って明るく話す勾子は、何十年も前に別れた真尋の恋人。

そして、突然の強引過ぎる自宅訪問に声も出ない真尋。

菓子折りを持って、訪ねてきた昔の恋人は傍らに娘を連れていました。

 

勾子:「娘のしょこですー!」

勾子の突然の訪問理由は、

なんと・・・

海外で働くことになった勾子に代わって、中学生の娘を預かって欲しいということだったのです。

 

勾子:「もちろん養育費は払うから」

あっけらかんと言い放つ勾子。

 

真尋:「冗談じゃない!犬・猫預かるんじゃないんだぞ!」

 

勾子:「ああ~もう飛行機の時間が迫ってるの・・」

「もう中2だからなんでも一人で出来るから心配ないわ」

そう言って無責任に笑う勾子。

 

勾子:「それじゃね、しょこ」

ずっと下を向いていたしょこと呼ばれる少女は、

しょこ:「友達って、おばさんじゃなかったの?」

と、初めて口をきいた。

勾子:「ワガママ言わないで!もう時間がないの」

「それじゃあ真尋くんよろしくね!」

台風のように去っていった勾子。

真尋:「おい待て、俺は預かるなんて一言も!」

勾子の居なくなった後で虚しい叫び。

 

なんて日だ

 

何十年も会ってない二人の知人から突然今日とんでもない要求をされてしまった!

取り残された二人。

すると、しょこはポーチから封筒を出して真尋に渡しました。

真尋:「なんだこれ?」

しょこ:「養育費の前金です。もらってください」

覚めた目つきで話すしょこ。

 

真尋:「俺はまだ預かるなんて言ってない」

とは言うものの、どうしたものかと戸惑う真尋は、とりあえず部屋に入るようしょこの肩に手をかけました。

すると・・・

真尋の手を乱暴にはねのけ、

「触るなっ!」

「私はあんたとここに住むだなんて一度も言ってない!」

 

と怒って、家を飛び出していったのです。

{えーーーーーーーっ}

ものすごい逆ギレですけどー!

真尋が一方的に、振られたような感じ。

なんか恥ずかしー

 

ここから二人の疑似父娘生活が始まってゆくわけなんですが、

とりあえず、家を飛び出していったしょこは荷物も置いたままでどこへ行ってしまったのか・・?

気になる続きは本編でお楽しみ下さい♪

 

『父娘になりました(仮)』の試し読みは♪

↓↓↓コチラ↓↓↓
>>>BookLive!
サイトTOPから『おやこにな』と検索してくださいね♪

父娘になりましたの感想

とりあえず1話ではいろんなことが謎だらけです。

真尋の職業、年齢、栗田という歳の離れた知人。

しょこの謎めいた態度。
(たぶん継父にイタズラされてたはず)

情報が少なすぎる中で、どんどん進む物語。

なんだろう、この仲間外れ感は・・・

 

いきなり別の土地に移り住んで、ご近所さんの身内トラブルに巻き込まれたような感覚。

あんたは誰?
なんでそうなるの・・・?
それ何のこと・・・?

て感じで、今はじれったいことでイッパイ!

とりあえず、1話のラストで、

しょこを見つけた真尋は、あるシュチュエーションで、

「この子の保護者だが・・」

と父娘宣言してしまうのです。

 

そこからの展開が気になってソッコー2話を購入。

後日、2話の解説と感想を書く予定ですが

2話を読んで、すこ~しだけしょこと勾子の関係性がわかってきました。

 

かなり複雑な環境で育ってきたしょこちゃん。

真尋のぶっきらぼうな優しさで心を開いてくれたらいいのですが

「父娘になりました(仮)」はかなり気になる作品です♪

無料試し読み

今、紹介した

『父娘になりました(仮)』は、

電子コミックサイトのブックライブ(BookLive!)絶賛配信中漫画なんです~♪

このコミックサイトはサイト主のまるしーもよく利用するお店で、

何と言っても面倒な会員登録なしで、いろんな漫画が立ち読みできちゃうのが最大の魅力です♪

たくさん試し読みをして気に入ったコミックが見つかったら、

その時に初めて無料の会員登録をして買っちゃえばいいんです♪

最新のコミックから名作までいろんな作品が無料試し読みできるので、

漫画好きならヘビロテで利用すべきだと思います♪

 

『父娘になりました(仮)』の試し読み♪

↓↓↓コチラ↓↓↓
>>>BookLive!
サイト検索窓に『おやこにな』と打ち込んでください♪