華恋がたりの感想とネタバレ|【番外編】綾子と彰吾の物語

番外編!
綾子と彰吾の物語がココに・・・

同じ年、同じ日に生まれた二人の少女。

綾子と忍の凄まじい人生を描いた作品にはもう一つの物語があった。

 

華恋がたり

2巻に掲載された【番外編】『満月の夜に眠る』 をのネタバレです~♪

ずっと反発し合ってきた二人の感動ラブストーリーがココに…(>_<)

『番外編』の見どころ

大正時代に生きた二人の少女の物語には、ロマンチックな『番外編』がありました(^^)

本作のヒロインを務める一人・綾子と、最後まで彼女を
見守り続けて最後は結ばれた北浦彰吾とのステキなラブストーリーです♪

華恋がたり最終回では、綾子は彰吾と、忍は順之助とめでたく結ばれることになりましたが、

そのずっとずっと前、初めて綾子と彰吾が出会った日の出来事が描かれているお話です。

番外編の見どころとして、華恋がたりの本編では、最初から反発しあっていた綾子彰吾の二人が、

なぜ、そんな関係になったのかがこの【番外編】を読めばわかります(^^;

今回は、その綾子と彰吾の物語をじっくり紹介したいと思います~♪

 


本編のネタバレはコチラ♪
↓↓↓

華恋がたり 2巻のネタバレと感想|最終回に見た二人の結末は

華恋がたりのネタバレと感想|凄まじい逆転劇からの結末は?


 

『華恋がたり』の立ち読みはコチラ♪

↓↓↓↓↓
>>>まんが王国
サイト内で『はなこい』と検索してください♪

 

『華恋がたり』ネタバレ(番外編)

時は、明治の末期、伯爵家に生まれて何不自由なく育てられた綾子は女学校で楽しい毎日を過ごしていました。

勉強に、スポーツに充実した日々を送る中、今日も一人、同級生を見送りました。

結婚が決まって嫁いでゆく少女たち・・・。

 

資産家のご令嬢である綾子たち華族の娘に自由な恋愛なんてありません(>_<)

特権階級を持つ家は、お互い同じ地位同士の家で、政略結婚の道具に使われるのです。

それがこの時代の常識です。

あくまでも、女は家系を守るための駒の一つにすぎない・・・

築き上げてきたその地位と財力をより強固なものにするために!

しかし・・・

綾子は、そんな境遇の中でも、常々自分は自分の意志で結婚する相手を選びたいと思っていました。

 

綾子と彰吾の出会い

綾子の愛読書野菊の墓は、15歳の少年と2歳年上の従姉との淡い恋を描いた物語です。

ピュアな恋愛を夢見ている綾子。

しかし、そんな彼女の幼い恋に対する憧れをバカにして笑う声が・・・

「そんな本を読んでるようじゃまだまだガキだな」

綾子が振り返ると、リビングのソファーで横柄に寝そべる一人の美しい青年がいました。

彼の名前は、北浦彰吾きたうらしょうご)

優秀な彼は、綾子の父親に認められて白川家が営む貿易商の幹部候補生として迎えられたのです。

綾子の父親の前では従順な彰吾でしたが、綾子と二人きりの時は、彼女にタメ口で話し、

何も知らない世間知らずのお嬢様として面白がってからかっていたのです。

 

彰吾の気持ち

彰吾は、綾子のお世話役にも抜擢されました。

『お世話役』とは?彼女が通う女学校に車で送り迎えするのが主な仕事です。

まぁ・・・
簡単に言えばボディーガードです♪

車内の会話で、自分の事をおもちゃみたいに扱う彰吾に腹を立てる綾子。

それから以降、なにかと綾子は、彰吾に反発するようになるのです。

綾子の父親は、娘の事を大事にはしているのですが、

それはあくまでも商品としてでした。

彼女は財閥同士を繋ぐ大事な駒の一つなのです。

 

一方、彰吾は苦労して育ってきた青年でしたが、

綾子を知ることで、彼女たちの不自由な人生に同情を覚えるようになります。

そして・・・

綾子の真っ白で汚れのない美しい心に触れるたび、

彰吾はどんどん彼女の魅力に惹かれてゆくのです。

しかし・・・

そんな気持ちとは裏腹に、言葉では、いつも綾子をバカにしてからかう彰吾でした。

綾子も、自分をからかって喜んでいる彰吾のことが次第に、気になりだしてくるのです。

そんな時、ある事件が二人の心をグッと近づけることになるのです。

その出来事とは・・・?

ここから先は、『番外編』の本編でお楽しみ下さい~♪

 

『華恋がたり』の試し読みはコチラ♪

↓↓↓↓↓
>>>まんが王国
サイト内で『はなこい』と検索してください♪

華恋がたり『番外編』 感想

本作満月の夜に眠る恋は、『華恋がたり』2巻に、『番外編』として収録されている作品なんです(^^)

綾子の女学校時代のお話で、まだ婚約者の芳忠と出会う前の出来事を綴ったストーリーです♪

純情で何も知らないお嬢様の綾子が、世間ずれした彰吾にからかわれて腹を立ててる様子がすごい可愛いかったです(^^;

この時代の女性。特にお嬢様の奥ゆかしさと気品は、確かに美しいものがあります。

幼い頃、父親に捨てられ、母親に先立たれた彰吾にとっては、

まったく生きてきた世界の違うまぶしいくらいキラキラ輝いているお嬢様。

 

なので、可愛すぎてイジメたくなる心境がわかるような・・・

 

本編『華恋がたり』での、綾子の行動とか考え方はあまり共感できなくて好きじゃなかったのですが、

この『番外編』の綾子はとても魅力的で可愛い少女に思えました(^^)

まぁ・・
結局、綾子の心も人間性もずっと変わっていなかったのです。

可愛くて、世間知らずで、純粋で、意地っ張り。

『ノブリス・オブリージュ』

粋な言葉を覚え、心にしみる切ない恋物語でした~♪

無料試し読み

今、紹介した

『華恋がたり』番外編『満月の夜に眠る恋』は、

『まんが王国』
『ebookjapan』などの

大手電子コミックサイトで
配信中の漫画です~♪

上で紹介した二つのサイトは

サイト管理人のまるしー
いつも利用してるコミックサイトなんです~♪

特に、スマホユーザーをターゲットにした

『まんが王国』さんなら

会員登録なしで、

たくさんのコミックが
試し読みできちゃうお店なんですごく得で、

実際のところまるし―は、
かなりのヘビロテでお世話になってるんです~♪

 

『華恋がたり』の試し読みはコチラから♪

↓↓↓↓↓
>>>まんが王国
サイト検索窓に『はなこい』と打ち込んで下さい♪

華恋がたりの関連記事

華恋がたりの感想とネタバレ|【番外編】綾子と彰吾の物語

華恋がたり 2巻のネタバレと感想|最終回に見た二人の結末は

華恋がたりのネタバレと感想|凄まじい逆転劇からの結末は?

スポンサーリンク