昼のわたしと夜のわたしのネタバレと感想!正統派な不倫マンガ

スポンサーリンク




昼のわたしと夜のわたしのネタバレと感想!正統派な不倫マンガ

 

小沢真理 先生 の描いた

昼のわたしと夜のわたし』を読みました。

本作をはじめて読んだ時は、

昭和の作品?

と思うくらいありきたりな
正統派な不倫マンガ
印象を受けました。

 

それも、いろんな設定と
ストーリー展開が
古臭いというか、
なんか今時ではありません。

 

だからと言ってけなしている
わけではないのです!

 

アラフォーを越えて
アラフィフに近づいてきた
サイト管理人のような年代の主婦には、

昔見たドラマや漫画のような
においが漂っていて、

ヒロインの考えてることや
悩みなど、かなり共感できました。

 

セリフの文字数が多かったのは、
ヒロインの女性がラジをDJという
職業だからでしょうが、

 

本作、冒頭部分の文字数は
小説並みに多くて、
正直読むのに大変でした。

 

突拍子のない展開に
驚かされることなく、
女性にとって不倫の恋とは、
どういうものなのかを、

 

客観的に、写生したような
作品で、激しくもないが、
間違っていない・・・

 

妙にリアルで不思議な
味気なさのある作品です。

そして、
リアルなだけに
男の卑怯さがもろに
露出しているストーリーでもあります。

 

本日は、この漫画のネタバレ感想
ご紹介したいと思います。

 

*ネタバレを読む前に無料の試し読みをする

▼   ▼   ▼

⇒ まんが王国で立ち読みする

まんが王国サイト内で「昼のわたしと夜のわたし」と検索して下さい!

 ebookjapanでPCでも立ち読み

*コミックサイトの無料の立ち読みページは、ご覧になる時期によって無料のページ数が異なりますので、まずは各コミックサイトに進んでお確かめくださいませ!

昼のわたしと夜のわたし あらすじ

合わない靴でクツズレして歩くより、

自分にピッタリの

ガラスの靴を見つけるまで、

何度でもはきかえていいと思う、

それまでハダシでいるのもなかなかカッコイイものよ!

 

カッコイイ女性の代表

深夜ラジオのDJを務める
雁栖可恋(かりすかれん)は
今や世の女性達のカリスマです。

 

人生相談で応募してくる
女性リスナーに向かって
最後に贈るいつものメッセージ!

「そんな男わかれちゃえ!!」

という一言が聞きたくて、

明日への勇気がほしい
孤独な女子たちは、
こぞって可恋(カレン)の
番組にチャンネルを合わせるのです。

 

23歳のカスミカレンが
DJを担当するこの
番組は当初、音楽情報番組として
始まりましたが、

たまたま恋愛相談の
はがきを読み上げ、

「そんな男わかれちゃえー」

と言ったことがきっかけで、

 

その事が大いにリスナーうけして、
今では、この番組の
目玉コーナーになっているのです。

 

ただ・・・

たくさんの女子たちの
悩みを聞いて
元気なアドバイスを送るカレンですが、

 

本当の彼女は、
まだまだ、悩み多き
未成熟な23歳の若い女子なのです。

 

なにしろ
ラジオでは、男性の事で
悩みを抱える女性たちに
ズバズバとアドバイスをしていますが、

むしろ自分のほうが
人に話を聞いてもらいたい
と思っている程なのです。

 

そう・・・

彼女には、
決して人に知られては
いけない恋人がいるのです。

 

恋に迷う、
すべての女子たちの背中を
押してくれるカリスマDJが、
抱える恋の悩みと決断とは・・・?

 

『昼のわたしと夜のわたし』本編はこちら↓↓↓

まんが王国で本編を読む

まんが王国サイト内で「昼のわたしと夜のわたし」と検索して下さい!

昼のわたしと夜のわたし ネタバレ

歯切れの良い言葉で
世の女性たちを
恋の悩みから救ってゆく
カレンですが、

実は彼女・・・

『不倫』
しているんです。

 

DJブースで
勇ましい言葉を
悩める女性たちに贈った後は、

ラジオ局の裏手で待つ
不倫相手の男性が運転する
車に乗って夜の街に消えてゆくわけです。

 

 

それが彼女の秘密で、
そして最大の悩み・・・

 

悩みの原因である彼は、

岩倉忠興(いわくらただおき)
通称:ガンちゃん。

 

彼は妻と二人の子供がいる
妻帯者の男性です。

 

あとは家族いで子煩悩!

 

実際の彼女は、

{これじゃいけない!このままじゃいけない!}

 

と思いながら恋愛している
23歳の普通の女子なのです。

 

家まで送り届けてもらった彼に、

「子供の誕生日なんだ」

 

と言われて家にも上がってもらえない
不倫の付き合い。

 

たまらなく寂しい恋愛。

 

だけど・・・

子供の誕生日なのに
わざわざ会いに来てくれたと
いつのまにかすり変えられる
自分の中の想い。

 

年季の入った中年男の
適度に泣きを入れつつ
しっかりツボをついてくる
恋愛テクニックに、

23歳で若輩者の
カレンは太刀打ち出来ないのです。

 

こまった顔をして
カレンに翻弄されてる
ふりをしながら楽しんでいるのは
ガンちゃんの方だ。

 

好きな人と会えず、
長い長い夜がまた今夜も始まる。

 

 

花も実もある青春時代を
あんなおじさんに捧げてて
いいワケがない!

「なにがカリスマDJだよ!」

「私に背中を誰か押しておくれ!」

 

そんな事を考えながら
過ごすカレンでしたが、

ある日の番組放送日、

カレンがいつもの恋愛相談
を受けていたら

全く自分と同じ
不倫をしている女性からの
相談があったのです。

 

女性の年齢・相手男性の年齢、

そして子供の年齢と人数。

交際期間や、付き合った
きっかけなど・・・

 

まるで自分と同じ
人生を歩んできたのかと
思わせるくらいカレンと
そっくりな状況の相談者だったのです。

 

相談者は、自分の状況を
詳しく説明した後、

「私は彼と別れるべきですよね!」

とカレンに聞いてきました。

 

しかし・・・

全く、今の自分と同じ
立場の相談者にカレンが
言った言葉は以外なものでした。

それは・・・?

こ子から先のお話は
本編でお楽しみください~♪

 

*『昼のわたしと夜のわたし』本編はこちら↓↓↓

まんが王国で本編を読む

まんが王国サイト内で「昼のわたしと夜のわたし」と検索して下さい!

PC対応のebookjapanで読む

昼のわたしと夜のわたしの感想

この記事の冒頭でも
書きましたが、
この漫画の設定や
ストーリーが結構な昔風なんです。

ヒロインの考え方や、
回りの言動や関係者の
行動とか会話の内容とかが、

昭和のにおいプンプン
させているんです。

 

なので、アラフィフに
近づきつつある
サイト管理人には
相性バッチリの作品カラーでした。

 

この作品に出てくる
不倫男のガンちゃんは
本当に昔よくいた不倫男性の典型で、
もっとも狡猾で卑怯な男。

 

全ての決断を
女に委ねるタイプ。

「僕に決定権はないから!」

「君が別れたいと言うなら・・」

 

なんて、
相手の事を気遣う素振りを
見せてるだけで結局自分では
何も決断しない。

 

自分にとって、
辛い判断から、
逃げて逃げて逃げまくる男。

 

本作を読んでガンちゃんと
よく似た昔の男を
思い出してしまいました。

 

それは今、思い出しても胸が
悪くなるような恋愛でした。

 

カレンには一日でも早く
ガンちゃんなんかと
別れてほしかった。

 

彼と付き合っていても
辛いことしかないはず・・・

 

それは、彼女もよく分かっていることでしょう!

 

この後、
ガンちゃんの
奥さんの身内からカレンは
攻撃されることになりますから、

ほんと、他人の物に手を出したら
ろくな事になんない!

 

何度も言うけど不倫なんて
辛いことしかないんです!

 

それだけに、
他人の愛憎劇は面白いです♪

この作品は、
正統派で常識的な不倫漫画でした。

 

電子コミックで試し読み

今回ご紹介した

『昼のわたしと夜のわたし』

『まんが王国』『ebookjapan』などの

大手電子コミックサイトで読むことが出来きるんです。

 

個人的に外出中は
スマホやタブレットなんかで読む事が多くて、

ちょっとした隙間の時間で
手軽に楽しめる電子コミックにはかなりお世話になっています♪

 

家では大きい画面の
パソコンでも読むことが出来ますし、

TPOに合わせて色々な読み方を選べる便利さで、

たくさんのコミックを
置いておくスペースのない
自分にとっては置き場所の
必要ない電子コミックは大助かりなのです。

 

それに、
一度買ったコミックは、
PCやスマホなどの端末に
全部保存されてますので
いつでも好きな時に読み返すことが出来ます♪

 

しかも、ほとんど全ての
電子コミックサイトでは、

無料で読める
【試し読みページ】が用意されていますので、

 

リアル店舗のように
本屋店員さんからの目を
気にすることなく自由に
立ち読みできるのです♪

 

もしまだあなたが
電子コミックを利用したことがない!

という方ならば、

一度、この機会に利用されてみてはいかがでしょうか?

 

「昼のわたしと夜のわたし」の無料試し読みはこちらから!

▼    ▼    ▼

まんが王国サイト内で「昼のわたしと夜のわたし」と検索して下さい!

 

PCでも対応してるのはこちら

▼    ▼    ▼

*コミックサイトの無料の立ち読みページは、ご覧になる時期によって無料のページ数が異なりますので、まずは各コミックサイトに進んでお確かめくださいませ!

スポンサーリンク