ミスミソウのネタバレと感想!最終回の結末に衝撃が走る!

スポンサーリンク




こんなにも救いのない

悲しくて切ない物語なのに、

もう一度読み返したくなるこの気持は何なんだろう・・・?

 

押切蓮介 先生 の描いた

『ミスミソウ』

平和ボケした日常の柔い心を

冷たい悪意が貫きます・・・

とにかく壮絶な作品でした^^;

 

久しぶりに漫画を読んでいて
こめかみが痛くなってしまった!

 

もう内容がエグすぎて
グロすぎて・・・!

でも・・・

最後まで一気に、

まるで何かに取り憑かれたような勢いで読み切った作品でした!

 

中学卒業まであと半年という時期に

父親の転勤で、
東京から過疎の進む地方の町に引っ越してきた少女。

 

今年で廃校という
中学に転校してきた彼女は、

同級生から
壮絶なイジメに合い、

挙句に住んでた
家ごと両親が焼き殺され、

妹は廃人にされるという、

イジメのハンチュウをはるかに超えた

おぞましい犯罪行為に巻き込まれる主人公とその家族の物語。

 

家族をむちゃくちゃにされた少女はその後

人間の皮を被った
復讐の鬼と化してゆくのですが、

全編に渡って暗く陰惨な雰囲気は、

見る者の心にいつまでも離れない

恐ろしい衝撃を刻み込みます!

 

この作品は
2次元の狂気です!

 

本作のキャッチコピーは
「精神破壊(メンチサイド)ホラー」

広告されていたみたいですが、

 

まさに、人が壊れていく
姿が臨場感たっぷりに描かれていた力作です!

 

その圧倒的なに思わず心を奪われてしまう・・・

 

年齢制限が必要なくらい
とても危険な漫画ですが、

 

読み物としての
圧倒的なパワーを感じる作品でもあります。

 

良い悪いを別にして、
一度は読んで見る価値のある
それほど衝撃的なコミックだと思いまよ(^^)

 

ただ・・・

残虐な殺害シーンなどが
ありますのでグロい系がダメな人はちょっと辛いかもしれまんせん^^;

 

でも・・・

頑張って読み進めると、
最終回の結末に衝撃が走ります!

 

『ミスミソウ』の試し読みはコチラです♪
↓↓↓↓↓

>>>まんが王国
サイト内で「ミスミソウ」と検索して下さい!

 

ミスミソウ あらすじ

主人公の
野咲 春花(のざき はるか)は

心優しい性格で、
なおかつ美人な中学三年生の女子です。

 

彼女は、中学卒業まであと
半年と迫った時期に父親の仕事の都合で、

ある過疎化が進んだ田舎町に引っ越してきたのです。

 

春花の家族は、

父・母・そして
小学3年生の妹・祥子の
4人家族です。

 

春花の両親はきわめて常識的で、
穏やかな仲の良い理想的な家族です。

 

ただ・・・

春花は今、この過疎の町に来て
大きな悩みを抱えています。

 

彼女が引っ越して転校した中学校は、

今年で廃校が決まっている
全校生徒わずか数十人という中学校だったのです。

 

思い出の詰まった
中学校をよそ者と一緒に卒業したくない!

 

そんなわけの分からない理屈で
春花は壮絶なイジメに合っているのです。

 

卒業まであとわずかなのに…

 

なるべく親や妹には心配をかけたくない。

 

心優しい春花は、
繰り返される毎日のイジメに耐え続けて、

決して親には
弱音を吐きませんでした。

 

イジメはエスカレートする

ある日、

学校で、頻繁に物を
失くしてくる春花を心配して、

父親は春花がイジメに合っているのでは?

と話を聞いて春花を心配してくれるのですが、

「もうすぐ卒業だから!」

と、答えてなにも言わず、
家ではニッコリ笑って過ごしていたのです。

 

それに、彼女には唯一、
自分の味方になってくれる
同級生の男子

相場晄(あいばみつる)
という友人いました。

 

彼は何かと転校生の
春花に優しくしてくれていたのです。

彼女にとって彼は、
精神的なよりどころとして貴重な存在でした。

 

相場くんはクラスの生徒から
白い目で見られてもずっと春花を助けようとしてくれていたのです。

そんな中、

毎日繰り返される
つらい日々・・・

 

それでも、
なんとかイジメに耐え抜いて
卒業まで頑張ろうと思っていた春花でしたが、

腐りきった田舎の
同級生たちのイジメは収まる気配がなく、

 

卒業の日が近づくに連れ
春花に対するイジメはだんだんと
エスカレートし始め、

 

そのイジメは彼女が学校に登校できなるほどに、

精神的にも肉体的にも追い詰めてゆき、

やがては彼女の親をも巻き込んゆく事態となっていったのです。

 

そして・・・

つにその狂った悪魔たちは
春花の大切なものにまで牙を向けてきたのです・・

 

ミスミソウ ネタバレ

三角草(ミスミソウ)

厳しい冬を耐え抜いた後
雪を割るようにして小さい花が咲く

 

彼女は、この花のように
必死で春が来るのを待って、

ひたすら耐え続けていたのに・・・

 

卒業まであと僅かと迫った時期に春花は、

小黒妙子(おぐろたえこ)を
リーダーとするイジメ軍団に

画鋲で体を突かれた挙句、
から突き落とされるという
命をも奪われかねないイジメを受けます。

 

この件がきっかけで、
とうとう両親にも完全に
イジメられている事が分かってしまい。

 

頑張って耐えてきた春花は
とうとう学校を休むことになります。

 

常軌を逸した娘への
イジメに怒りを隠せない春花の父親は、

すぐに学校へ抗議に向かいました。

 

しかし・・・

父親の抗議に対応した
春花の担任教師の態度はひどいものでした。

 

春花のクラスを受け持つ
担任教師・南 京子は何を言っても

知らぬ存ぜぬで全くイジメの事実を認めようとはしなかったのです。

 

春花の父は無責任な
担任教師 先生の態度に呆れ返り、

このままではらちがあかないと
教室を後にしますが、

 

校舎の廊下で、
春花の同級生である
久賀 秀利(くが ひでとし)
から画鋲付きの上履きで

後ろから飛び蹴りされてしまうのです。

{この学校は狂ってる!}

 

荒れ果てた中学校の現実を
まざまざと見せつけられた春花の父は、

すぐに春花に学校への登校をやめさせました。

 

これは親としては当然の処置で

当たり前の緊急避難行為です。

 

翌日から、
春花は学校に登校しませんでした。

 

新たな犠牲者

春花が学校に来なくなった事で
イジメはなくなるのかと思いきや、
次の犠牲者はすぐに生まれてきます。

 

腐ったこの学級には
常にイジメられっ子は
存在し続けるんです。

 

春花が不在の今、イジメの対象になったのは、

春花が転校する前までイジメを受けていた

佐山流美(さやまるみ)という生徒でした。

 

そして・・・

いじめグループのリーダー
妙子流美に、

「イジメられたくなかったら春花をまた登校させろ!」

と、悪魔の事件を与えるのです。

 

すると・・・

妙子らのイジメから逃れるために

流美は不登校で学校を休んでいる春花の家に向います。

 

流美は春花に会うと、

今の自分の辛い立場を訴えて、
自分を助けると思って学校に来てほしいと春花にお願いするのです。

 

春花は何も答えません。

そして翌日・・・

教室に春花の姿はありませんでした・・・

 

すると・・・

春花を登校させられなかったという事で、

流美はひどいイジメに合ってしまうのです・・・

 

逆恨み・・絶望

凄まじいイジメによって、
追い詰められてゆく精神状態の中

なんと、流美はイジメのリーダー
妙子にではなく、

頼んでも学校に
来てくれなかった春花を恨むようになるのです。

 

やがてその恨みは大きく膨らみ、

妙子を恐ろしい行動へと導いていくのです・・・

 

そして、

それは恐ろしい結果として現れてしまう。

 

ある日、春花がたまたま家を空けた日の夜。

 

流美の手によって、
春花の両親は焼き殺されてしまうのです。

 

妹の祥子は、
間一髪のところで、
同級生の相場 晄 が燃え盛る炎の中、
彼女を助け出してくれたのです。

 

しかし・・・
その姿は見るも無残なものでした。

 

祥子は生死を彷徨うほどの大火傷を負い、

病院へ運ばれてからも意識が戻りませんでした。

狂ったように泣きくずれる春花。

 

大切な両親を奪われ、
妹を再起不能にされた
春花の精神はついに崩壊しました。

 

ここから
自分を苦しめ、
家族を殺した相手たちへの容赦ない

春花の復讐劇が始まる・・・

 

その復讐の内容はどこまでも残忍で冷酷!

春花は、人の心を捨て去った
感情のない恐ろしい殺人マシーンと化してゆくのです

ただ、ひたすら悲しく残酷な復讐劇は、

現物を読んで直接その衝撃を味わってください!

 

『ミスミソウ』の試し読みはココで出来ます♪

↓↓↓↓↓
 >>>まんが王国
サイト内で「ミスミソウ」と検索です♪

 

ミスミソウの感想

それはイジメの限度を超えた明らかに犯罪行為でした。

傷害事件であり殺人事件のオンパレード。

 

非現実的な事件が続発している
凄まじいイジメ漫画です^^;

 

これはもう
「少女の復讐劇」というレベルの話ではありません。

 

なんたって、

中学生たちが、
イジメの延長からほとんど全員
殺し殺される物語なんです!

 

殺人シーンの描写は
もうほとんど
サイコ・ホラー状態で、

 

そして・・・

ただ、ひたすら春花が悲しい!

どうしてこうもイジメられなきゃいけないのか?

彼女の苦しく辛い日々がずっと続くんです。

ずっと読んでるのが辛かった漫画です(T_T)

 

彼女が一番はじめに
精神崩壊してしまい、

イジメられてた同級生を惨殺してしまうシーンは、

不謹慎ですが、
ぞくぞくするほど気持ちいいと思った。

 

ただ・・・

その反面、

彼女の人生が終わった瞬間でもあったんですよね(-.-)

 

春花やその家族達が
受ける仕打ちを見せ続けられてきた読者からすれば、

 

やっとフラストレーション
を発散出来るシーンだったんですけど、

 

だけど・・・

こんなに辛い復讐劇はない(T_T)

 

だって、誰も生き返っては来ないし、

二度とあの幸せだった家族の生活は戻ってこない・・・

 

圧倒的に春花は人生を目メチャクチャにされてしまった・・・

とにかくこんなにも悲しくて、

救われない悲しい漫画を読んだのは始めてで、

その狂気の凄まじさも!

ただ・・・

個人的には、
もっともっと圧倒的
暴力で、イジメに関わった全ての生徒を

春花の手で葬って欲しかったですが・・・

 

分かってはいますが、
基本的に復讐では、
なにも生まれず、誰も救われません。

 

苦い後味が残るだけ。

 

でも・・・

復讐しないと前に進めない人だってたくさんいるはず…

 

この漫画を読んでしばらくは、
ずっとラストシーンが頭の中でリフレインするほど衝撃的な内容でした^^;

 

最終回と結末

この作品の最終回には賛否両論あります。

どちらかと言えば否が多めかも・・・

 

春花は命がけの復讐を終えたあと、

ある悲しい結末を迎えるのです。

 

人によっては
この物語の最終回は救いがない!

と批判的な意見を言う声があるようですが、

 

サイト主のまるしー
が思うにこの最終回に何の問題もない。

もっと言えば、
この最後のシーンのにたどり着くために

ずっと話を積み上げられてきたと思うくらいの結末だと思ってます。

 

悲しいかなあの衝撃の
結末に向かって春花の人生は始まったのです。

 

良い悪いを別にして、
この作品をつまみにすれば何時間も話せる。

という、濃い味のするすごい漫画でした♪

 

この後味の悪さがとにかく後を引く・・・

読み手を選ぶ優等生じゃない
強烈な個性の作品だと思いますし、

 

読み終えた後、数日間は心を乱される奇作でした。

好きとか嫌いとかではなく、

取り憑かれたようなすごい漫画だった・・・

 

ミスミソウ 映画化決定

ミスミソウの映画化が決定したようです♪

ちょっと作品の内容を考えたら

「大丈夫か?」

とは思いますが、

ドラマではなく映画なんで大丈夫なのかな!

 

既にもう撮影は完了してるみたいなので、

今は、2018年の公開を目指してせっせと編集作業の真っ最中だという事です(^^)

 

そして・・・

注目のキャストは?

・・・

後日発表とのことです^^;

とりあえず、

7月17日に配信されたシネマトゥデイ の記事を紹介しときますね♪

↓↓↓↓↓↓

「ハイスコアガール」「でろでろ」などで知られる

人気漫画家・押切蓮介の代表作「ミスミソウ 完全版」(双葉社)の実写映画化が正式発表された。

『ライチ☆光クラブ』などの内藤瑛亮監督がメガホンを取り、撮影はすでに完了。2018年の公開を目指し、完成に向けた作業が行われている。

 

主人公・野咲春花(のざき・はるか)は、父親の転勤のため、2か月後の卒業式で廃校を迎える田舎の中学校に転校してくる。

 

“部外者”である彼女を待っていたのは、

クラスのリーダー的存在・小黒妙子(おぐろ・たえこ)を筆頭とする、十数人の卒業生による壮絶なイジメ。

 

それに気付いた春花の両親は、娘を卒業まで登校させないことを決めるが、彼女に代わって、新たなイジメの標的となった佐山流美(さやま・るみ)は春花への恨みをつのらせていき、やがて取り返しのつかない悲劇を生む……。  

 

あまりに残酷で絶望的な物語が展開する一方で、

どうしても先を読まずにはいられない中毒性を持つ本作。押切ファンの間でも1、2を争う人気を獲得しており、インターネット上でトラウマ漫画が語られる際には、必ず名前が上がるほど。

 

押切作品では初の実写化ということもあり、実写版も話題を呼びそうだ。  

メガホンを取る内藤監督は、実在の事件をモチーフに、妊娠した担任教師を流産させようとする女子中学生たちを描いたデビュー作『先生を流産させる会』をはじめ、思春期の中にある少年少女を主人公としたサスペンスに定評のある人物。

雪に覆われた過疎の町で繰り広げられる凄惨な復讐劇となる本作にとって、

これ以上ない人選と言える。注目のキャスト情報などは後日発表される。

 

*シネマトゥデイの記事を引用しています。

引用元:
https://www.cinematoday.jp/news/N0092863

 

ミスミソウの無料試し読み

『ミスミソウ』

『まんが王国』『ebookjapan』など

電子コミックサイトで読むのがおススメです♪

 

上の二つのサイトは

サイト管理人のまるしーが、

よく利用してるお店なんです♪

 

特に、スマホ読者に人気の

『まんが王国』なら

面倒な
会員登録なしで、

 

色々な漫画が立ち読みできちゃうのですごくありがたいんです(^^)

 

正直、まるし―は、

かなりヘビロテで、

『まんが王国』

試し読みを利用しているんです~♪

 

もし、

「初耳だ~」
いう人がいたら

もったいないから早く利用した方がいいですよ~♪

 

ただ・・・

数限りなく漫画が
無料で読めてしまいますので、

時間を決めてちゃんと読書しましょうね!

 

まるし―みたいなダメな大人にならないように^^;

 

『ミスミソウ』はここで試し読みしました♪

↓↓↓↓↓
>>>まんが王国
サイト内で「ミスミソウ」と検索してくださいね♪

 

*PCの方はこちらで試し読みできますよ~♪

↓↓↓↓↓
eBookJapan(イーブックジャパン)

スポンサーリンク