ママが僕を殺したのネタバレ!『ママと一緒に寝たい』編が辛い!

スポンサーリンク




ママが僕を殺したのネタバレ!『ママと一緒に寝たい』編が辛い!

 

児童虐待をテーマに扱った実話の事件がモデルになった話題のコミックで、

ママが僕を殺した ~実録・児童虐待死事件~

に収録されている、

ママと一緒に寝たい編のネタバレ感想をご紹介します♪

この作品は、2012年に埼玉県で発生した実際の5才男児虐待死事件がモデルになっているお話です。

犯人である両親からの調書をもとに描かれている漫画なので、

ほぼ実話だと言ってもおかしくないストーリーだと言うことです。

 

だからなおさら
主人公で、殺されてしまう男の子が悲しくて辛くて・・・


他の2作品のネタバレはコチラ♪
↓↓↓↓↓

ママが僕を殺したのネタバレ!お母さん、大好き【後編】が悲惨だ

ママが僕を殺したの実話がエグい!お母さん、大好き【前編】

ママが僕を殺したのネタバレと感想!『この子嫌い!』の果てに


 

本作の絵がそれほど
劇画タッチではなくて、
グロテスクなシーンも
そこまで多く描かれてないので、

 

実際のリアルな映像を
想像してしまうと恐ろしくなります。

 

とにかく、
厳罰でもって対処して欲しい
殺人者の親たちの話でした。

 

児童を殺害した
母親は傷害致死事件で起訴され、

 

その判決は、
検察が求刑した懲役10年
上回る11年とされるほど、
凶悪で救いのない事件だったようなのですが、

 

読んでみるとまだまだ
罰則が甘いという感じがしますし、
もう刑務所から出さないほうが良い
とさえ感じます。

 

読んでいて苦しくなるような
描写の連続ですが、

 

圧倒的な両親の悪に、
正直、目が奪われてしまいました!

 

作品としては衝撃的な読み物です。

 

今回はそのネタバレ感想を書きます。

 

『ママが僕を殺した』の立ち読みはコチラ♪
↓↓↓↓↓
>>>まんが王国
サイト内で『ままがぼくを』と検索してね♪

 

ママと一緒に寝たいのネタバレ

主人公の上田未来(うえだみらい)は5歳の男の子です。

母親の度重なる虐待が
原因で、当時彼は、
母親から離れて、福祉施設に
保護されて生活していたのです。

しかし・・・

ある日のこと、
神妙な顔をして、

未来の母親である
紀華(のりか)23歳が、

「ちゃんと子育てをしたい!」

と、言って児童相談所にやって来たのです。

 

 

相談された役所の人間は、
未来が、わずか生後6ヶ月
頃からこの母親に繰り返し、
虐待を受けている事を知りながら

 

未来を母親の元へ
返してしまうのです。

 

そして・・・

この日からわずか一ヶ月後、

 

未来はこの母親と、
同棲相手の男性によって
虐待死させられることになるのです。

 

未成熟な母親の本性を
見抜くヒントはたくさん
あったとされているこの事件は、

 

事なかれ主義の
日本が産んだ悲しみの
悲劇としてマスコミにも注目されました。

 

引取ったのは金のため

保護施設で暮らしていた
未来を引き取ったのは、

働かないで生活するためでした。

紀華には、
英二(えいじ)という
23歳で遊び人の恋人がいて、

 

彼と一日中遊んで暮らすために、

 

公的な手当(生活保護など)を
もらうことが目的で、

紀華は
愛してもいない我が子を
無理やり引き取ったのです。

まさに悪魔の所業と言ったところです。

まったく我が子を愛していない母親と、なんにも考えてないただのチンピラでしかない英二。

そんな二人がまだ手のかかる5歳児の未来をちゃんと育てられるわけがありません(>_<)

しかし・・・

二人にとって、未来はのなる木で、施設に戻すと補助金が貰えません。

なので、当初はなんとか子育ての真似ごとをしていた紀華でしたが、

そんなものは僅かな時間で、嫌気が差して、すぐに英二とともに、未来へ虐待を働くようになったのです。

 

考えなれない虐待の内容

まるでペットやおもちゃのごとく未来への虐待で楽しむ紀華と英二。

 

二人はまだ小さい未来に
スクワットを2千回
やらせたり、

金属棒で叩いたり、
拳による暴行は日常的に行われ、

 

もっとも酷い虐待は
熱湯を体にかけたり
寝かさないように夜通し
立たせていたりしていたことでした。

 

わずかまだ5歳の
男の子に成人男子でも
耐えられない拷問のような仕打ちを、

 

未来が息を引き取る
一ヶ月もの間続けていたのです。

 

考えられない様な
惨たらしい虐待の末
無残にも亡くなった未来。

 

その後、

傷害致死の疑いで、
警察に逮捕された紀華と英二。

裁判で二人が証言した内容は身の毛もよだつような言葉の数々でした・・・

 

衝撃のクライマックスは本編現物でご確認下さい!

 

『ママが僕を殺した』の試し読みはコチラ♪
↓↓↓↓↓
>>>まんが王国
サイト内で『ままがぼくを』と検索してください♪

ママと一緒に寝たいの感想

この作品のモデルになった事件は実際に埼玉県で起きた虐待死事件です。

この母親の犯人は虐待の理由を、

「自分に懐かないから殴った」

と、証言していたらしいです。

親でも母でもない幼稚な理由に呆れ返ります。

専門家の間では、この虐待死事件は充分に防げた事件だと言われていて、

ここに至るまで、何度もこの母親は、子供に虐待を働いていたので、

なのになぜ、施設や、役所の人間はまだ5歳の純真無垢な少年を救ってやれなかったのか?

と、いうことが事件後問題になったそうです。

サイト管理人もこの作品を読んでから、実際の事件を調べまてみました。

その時の裁判記録や犯人の母親たちの証言を読んでいると、

 

「この二人は本当に人間なんだろうか?」

 

と、思ってしまうほど、人としての心を持っていないのです。

こんな人間として根っからの犯罪者たる親たちから子供たちを守る方法はなかったのか・・・?

行政ルールの至らない点が浮き彫りになった悲しい事件でした。

しかし・・・

未来ちゃんの事件以降なんら新しい児童虐待から子供を守る制度が出来たわけではなく、

今なお、虐待を働く親から子供を救出する方法は無いに等しいのです。

 

一体、何人の子供たちが犠牲になれば、虐待する親たちから簡単な手続きで子供を引き離すルールが出来るのでしょうか?

 

罰則を厳しきしたくらいでは恐らくこの手の虐待が減ることはなさそうです。

国は確固たる強い意思のもと、虐待を働く親たちから大切な未来ある子供たちを救うべきです。

否応なしに暴力親から子供を取り上げる権利を持って欲しい。

それが、不条理に虐待を受けて亡くなってゆく小さなを救うための第1歩となるはず!

それはもう待ったなしのところまで来ているような気がする・・・

無料試し読み

今、紹介した

『ママが僕を殺した』

『まんが王国』
『ebookjapan』などの

大手電子コミックサイトで
配信中の漫画です~♪

 

上で紹介した二つのサイトは

サイト管理人のまるしー
いつも利用してるサイトでもあるんです♪

 

特に、スマホユーザーをターゲットにした

『まんが王国』さんならら

面倒な会員登録なしで、

たくさんのコミックが
試し読みできちゃうお店でかなりお得です♪

 

実際のところまるし―は、
かなりヘビロテでお世話になってるんです。

 

知らなかった人は
もったいないからすぐに
利用した方がいいと思いますよ~

なんたって店員さんの目を
気にせず立ち読みし放題なんですから~♪

 

『ママが僕を殺した』の立ち読みはコチラ♪
↓↓↓↓↓
>>>まんが王国
サイト検索窓に『ままがぼくを』と打ち込んで下さい♪

 

ママが僕を殺したの関連記事

ママが僕を殺したのネタバレ!お母さん、大好き【後編】が悲惨だ

ママが僕を殺したの実話がエグい!お母さん、大好き【前編】

ママが僕を殺したのネタバレと感想!『この子嫌い!』の果てに

スポンサーリンク