賞金首(漫画)のネタバレと感想!大金と命を賭けた闇のゲーム

大金と命を賭けた
スリリングな闇のゲームが存在する!

原作:大黒暦
作画:CobraThunderbolt さん
の描いた

『賞金首』を読みました~♪

この漫画は、
「賞金首ゲーム」という
闇のアプリゲームに参加する者たちを描いた作品で、

 

もともと
「エブリスタ」という小説サイトで連載されてた作品なんです!

 

この小説が大当たりして
漫画化されただけに、

さすがに脚本は面白いですよ~♪

 

小説とは少しだけ、内容は異なるみたいですが、

 

全体的には小説通りの構成で、
まだ結末まで読んでませんが

 

話題になった小説版の
スリリングな「闇ゲーム」
バトル模様は漫画でも充分楽しめそうなんでです♪

 

自分にかかる「賞金首」の金額は?

 

狩られる前に狩ってしまえ!

 

大金と命を賭けた闇のゲームに
無敵の兄妹が暴れまくる!

 

また一冊
面白そうなコミックが発売されました。

 

今回はその
ネタバレ感想を書いてゆきます♪

 

賞金首』の立ち読み♪

↓↓↓コチラ↓↓↓
>>>まんが王国
サイト内で『しょうきん』と検索してください♪

賞金首 あらすじ

電子コミックサイトで
紹介されてるあらすじはこんな感じ!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

あなたの首には賞金がかけられました。

賞金を獲得する方法は捕獲【規定の道具で捕縛する】、勝負【相手に負けを認めさせる】、殺害【相手を殺害する。ただし賞金は半分】

――白田川蓮香は、親の残した借金を返すために兄と一緒にアプリをDLしたが、目の前で兄が何者か捕獲される。

蓮香は友人たちと兄を救うための賞金を稼ぐが、謎のギルドが立ちはだかり――

エブリスタ発、大人気コミックス!

もう少し詳しく説明すると、

主人公の兄妹が、

親の残した借金返済のために
『賞金首』というバーチャルな闇のゲームに参加するという物語で、

完全に仮想フアンタジー系の漫画なんですけど、

人の殺し合いバトルを描いた作品なので、

 

アクション・戦争漫画の
カテゴリーとしてこの記事を投稿することにしました♪

 

ヒロインの白田川蓮香たちが参加する「賞金首」ゲームのルールはこんな感じ

↓↓↓↓↓↓↓

◆捕縛規定の道具で捕縛すること
◆勝負相手に負けを認めさせること
◆殺害相手を殺害すること。(獲得賞金は半分に減額される)

備考:捕縛、勝負、殺害を繰り返すことで自分自身の賞金額が上がってゆく。

 

【プレーヤーが捕獲された時はどうなるのか?】

初めて捕獲された場合は、一週間後、自動的に手錠が開いて開放される。

2回目に捕縛された場合、
自分にかけられた賞金と同じ額の
保釈金を払わなければ2週間後に処刑されてしまう。

 

冗談みたいなルールですが、

一回目と2回目では
天と地ほど違う処遇が待ってるというわけです。

 

「処刑」という現実味のない
言葉が記載されたルールのもとで現実世界で行われるアプリゲームですが、

 

どうしても大金が必要な
白田川兄妹や好奇心旺盛で人生一発逆転を狙う若者たちの間で、

そのゲームの参加人数は日を追うごとに増えていくのです。

 

そんな中、
危険な狩りを続けながらも
白田川兄妹はこの「賞金ゲーム」
ある妙案を思いついて実行するんですが・・・

 

これがまたヤバイことになってしまうのです。

蓮香の兄・京介の方が・・・

賞金首 ネタバレ

「賞金首」ゲームに参加して
コツコツと他のプレヤーを捕縛し、

 

少しづつ賞金を積み上げてきた白田川兄妹ですが、

 

ある日、
兄の京介がふと頭に浮かんだ

「俺たちの金額って・・?」

という疑問を抱いて

早速、蓮香が自分たちにかけられた
賞金額を調べてみると・・・

 

蓮香は600万円で、
京介に至っては1000万円の賞金がかけられていたのです。

 

なにげに彼ら二人は
大物のプレイヤーというわけです!

 

その時、京介は、
自分の賞金額で親が残した借金の
返済ができることに気づくのです。

 

そうです。
各プレーヤーのアカウントは独立しているので、

 

妹の蓮香に自分を
捕まえさせれば、
1000万円の賞金は蓮香に入るわけです。

 

ただ・・・

それと同時に、
京介は、一回目の捕縛権利を失う事にもなる話。

 

考えた挙句、
京介は1000万円を選択しました。

 

そして・・・

蓮香は京介を「捕縛」することになりました。

 

蓮香と京介は
ビジネスホテルで、捕縛期間の一週間を過ごします。

 

その後、
一週間が経過して、
京介にかけられた手錠が外れ、ゲームに復帰した二人。

 

蓮香と京介が
潜伏していたホテルから出ると、

早速何人かのプレーヤーに付け狙われることに・・・

敵との攻防戦の末、
京介は、蓮香を庇う形で、
相手プレイヤー達に捕まってしまうのです。

 

敵に捕まる前に京介は

「機羅と時雨に助けを求めろ!」

という指示を蓮香に与えたあと敵に捕まってしまいます。

 

京介が捕縛され、
悲しみと恐怖に暮れる蓮香は

兄の言いつけ通り、
機羅時雨に連絡をするが・・・

 

とまぁ
簡単なネタバレはこんな感じです。

詳しくは現物でお楽しみください♪

 

賞金首』の試し読みは♪

↓↓↓コチラ↓↓↓
>>>まんが王国
サイトTOPから『しょうきん』と検索してくださいね♪

賞金首の感想

さすが、
「エブリスタ」で大人気になった小説です!

 

思わず引き込まれる展開で
夢中になって読んでしまいました。

 

これはたしかに面白い♪

 

ゲームの設定も、
アプリを使って進めていく方法も、
時代に沿った設定で、

いま現実に闇で
存在していても不思議ではないくらいの
よくできたルール設定です。

 

特に2回目の捕縛設定が
なかなかスリリングで最高!

 

保釈金支払うか、処刑されるか・・・?

 

絶対表に出せないやばいルールだ!

 

最近はアプリゲームでも
参加型のもの増えてきてるので、

 

近いうち
この「賞金首」みたいな
ゲームも出てこないとも限りませんね!

 

まぁ・・・

すぐに問題になるでしょうけど

 

しかし・・・

捕縛期間が開けて
晴れて借金返済と言う日に

 

運悪く捕縛されてしまった
京介はほんとついてない!

 

それがもしかしたら仕組まれた罠なのか・・?

 

そこら辺はまだよく分かりませんが、

 

とりあえず京介は、
一回、蓮香に捕縛されてますので

次は、賞金額の1000万円を支払わなければ
処刑されちゃうんですよ!

 

そこがこのゲームの最も恐ろしいところで、

これがマジなんです。

 

実際に1巻では京介を救うために蓮香とその仲間の機羅と時雨が、

 

敵と激しいバトルを繰り広げるんですが、

 

後半にはとんでもない
化物プレイヤーが出現したり、

味方かわからない謎の強者が登場したりと

 

面白そうな「賞金首」ゲームの
下地がだいぶ出来上がって来てました。

 

年甲斐もなく
ガッツリこの「闇ゲーム」にハマったサイト管理人のけいぞうです。

また・・

課金しなくては・・・

まんが王国さん・・・

 

賞金首の無料試し読み

今、紹介した

『賞金首』は、

『まんが王国』絶賛配信中のコミックです~♪

このお店は、電子コミックサイトでは老舗のコミックサイトで、

サイト管理人のまるしーがいつも利用してるお店の一つです♪

特に、会員登録なしで、たくさんのコミックが無料試し読みできるのはすごくありがたい!

他のコミックサイトでは読めないレアな作品も数多く扱っているし、

こういうサイトは押さえておいたほうがイイですよ~♪

 

『賞金首』の試し読み♪

↓↓↓コチラ↓↓↓
>>>まんが王国
サイト検索窓に『しょうきん』と打ち込んで下さい♪

賞金首の関連記事

賞金首 (漫画)の ネタバレ!誰が味方で誰が敵なのか?

スポンサーリンク