パーフェクトヒューマン(漫画)ネタバレ!彼は一人ではなかった

スポンサーリンク




あらゆる分野で超人的な才能を見せるヒーローが存在する!

何をやらせてもパーフェクトな男。

しかし、彼には秘密があった・・・

そう・・・

彼は一人ではなかったのです!

 

サイト管理人まるしーが今、イチオシの作家!

高橋一仁 さんの最新作が登場~!

『パーフェクトヒューマン』

とにかくその謎めいたストーリーにワクワクが止まらない♪

様々な人間の欲望が渦巻く極上のサスペンスが降臨しました~(^^)

高橋先生といえば、

処女作の「オーダーメイド」でその溢れる才能を世に知らしめた大好きな作家さんです(^^)


オーダーメイドの記事はこちら
↓↓↓↓↓
『オーダーメイド』のネタバレ


なので、次回作にはかなり期待しておりましたが、

やっぱりやってくれました♪

今作もすごくパンチの効いた内容で、読むと夢中になってくるミステリアスなサスペンス漫画なんです!

全てに完璧な男。
『パーフェクトヒューマン』
しかし点その男にはとんでもない謎が隠されていた。

そう・・

どんな分野においても天才的な能力を発揮する

主人公・世良優人(せらゆうと)。

しかしそ、その類まれなる才能には誰も知らない秘密があった。

それはなんと点

彼は一人ではなかったのです…

まだ始まったばかりですが、ワクワクする展開にもう心は完全にロックオンされてしまいました~♪

今回はその第1巻ネタバレと感想をたっぷりお伝えできればと思います(^^)

 

パーフェクトヒューマンは現在『まんが王国で』で先行配信されている作品です♪

 

この漫画の立ち読みはコチラ♪
↓↓↓↓↓
>>>まんが王国
サイト内で『パーフェクトヒューマンと検索ください♪

 

パーフェクトヒューマン あらすじ

コミックサイトで紹介されているあらすじはコチラ♪

↓↓↓↓↓↓↓

世良優人、18歳。帝都大学主席合格の頭脳にして、天才プロボクサー。

容姿も性格も完璧で、世間から注目を集める彼の恐ろしい秘密――

それは5人の同じ顔の男が一人の人間を演じているという事実だった。

世を欺き欲望のままに生きる彼らの真の目的とは―――。

 

それぞれの分野で天才的な能力を持つ同じ顔をしたイケメンの男たち5人が、

世良優人(せらゆうと)という一人の大スターの人生を共存してるんです。

なので、彼はどんな分野においても完璧な能力を発揮する「パーフェクトヒューマン」というわけで、

そんな彼を巡って様々な憶測が流れたり、犯罪が起こったり、とにかくあらゆる欲望が渦巻くので…

世間を騙し続ける彼らの真の目的とは一体なんなのか‥?

やっぱり高橋先生は天才だな~

もう完全にまるしーはハマってしまいました~^^;

 

 

パーフェクトヒューマン ネタバレ

何をやらしても完璧な現役大学生
世良優人(せらゆうと)は、

18歳でプロボクシングのデビュー戦を闘う。

相手は同じくプロデビュー戦で注目を浴びていた深海龍牙

下馬評では完全に深海龍牙のKO勝ちが予想されていましたが、試合が終わってみれば優人のたった一発のパンチで勝敗は決しました。

もう話しにならないくらい実力の差があったのです・・・

そして・・・

その日から時の人となった優人。

彼は連日マスコミに追いかけられることになった・・・

 

遠藤一華

テレビで優人のニュースを見た遠藤一華は、

以前、公園で暴漢から自分助けてくれた人物ではないかと、試合会場まで足を運んで確かめに行く。

そして、目の前で試合をしてる優人の姿を見て、痴漢から助けてくれたのは優人に間違いないと確信する。

試合後、優人のヒーローインタビューの最中に、一華はお礼の言葉をかけにゆくんです。

「あの時はありがとうございました~」

しかし・・・

声をかけてきた彼女に対して、優人は何を思ったのかホテルに誘い込みこっぴどくレイプしちゃうんです!

「えーーーっ!」

もう・・・

一華は何がなんだか分からなくなる。

自分を暴漢から助けてくれた優人がそれよりもっと酷い強姦魔だったなんて‥

どうしても自分がやられたことを許せなかった彼女は、翌日になると、

優人が通う大学に行って、彼を探し出すと他の生徒達がたくさんいる前で、

「この人は昨日、私に暴行しました~!」

と、大きな声でみんなに向かって訴えかける。

しかし・・・

優人には試合後に、大学の仲間たちと祝勝会を開いていたという完全なアリバイがあり、

一華は逆に優人のストーカー扱いを受けてしまうことに・・・

 

優人の正体

ここで世良家の風景が描かれる。

優人が家の地下室へ降りてゆくと、そこにはなんと4人の優人が思い思いのカッコをして時を過ごしていました。

全く同じ顔をしたイケメン男が全部で5人。

これが世良優人という人間の正体だった…

「頭脳」「運動」「芸術」全ての分野においてトップに立つ男は、

その時々に入れ替わって、世良優人というとてつもない『パーフェクトヒューマン』を演じてきたわけです。

この種明かしが終わると、物語はゾクゾクする展開に入ってゆくんです~♪

 

5人の優人

世良優人は現在、都内の帝都大学の法学部に通う学生ですが、

その他、美形の天才プロボクサーとしての顔も持ち、今では芸能界でも大注目されてる人物となっている。

そんな『パーフェクトヒューマン』な彼を構成する役目を担うのは”5人”の優人たちだ。

その5人の優人たちには、それぞれにニックネームがあって、

アカ・アオ・シロ・クロ・モモ(なんかヒーロー戦隊みたいな呼び方)

と、いうお互い暗号名の様なニックネームで呼びあっていた。

 

そして、彼らそれぞれ一人ひとりの特徴は、

◆アカ

5人の『世良優人』たちの中でリーダー的な存在。

冷徹な性格で常に冷静な判断ができるしっかり者のキャラクター。


◆アオ

優秀な頭脳の持ち主で、知力部門を担当する役目を受け持っている。

性格は穏やかでおとなしいタイプ。


◆シロ

遠藤一華を暴漢から助けたのはこの男だ。

常識的な考えをもつメンバー内でもフラットな考えを持つ人物。

左利き。本来はあまり5人の優人計画に乗り気ではない。


◆クロ

運動能力に優れたキャラクター。

プロボクサーなのは彼で、性格的にはかなり暴力的。

遠藤一華をレイプしたのはこの男です。

そして右利き。


◆モモ

芸術性に優れた人物で、音楽やタレント活動を担当している。

いつもヘアバンドをしてるのが特徴で、中性的な性格。

しかし、同時に残酷な一面を持ち合わせている。


とまぁこんな5人で運営されているのが、

世良優人という『パーフェクトヒューマン』だ。

 

物語の中では、特異稀なる彼の才能に引き寄せられて、様々な種類の人間が優人に近づいてきて‥

あらゆる欲望が渦巻いた謎が謎を呼ぶミステリーサスペンスの世界が展開される。

次第に暴かれてゆく優人の真実・・・

そして彼を作り上げた優人の謎に満ちた父親の存在。

 

一体『世良優人』とはなんの目的のために作られた偶像(アイドル)なのか?

いよいよ物語は深い確信に迫っていくわけです♪

さぁ~面白くなってきましたよ~♪(^o^)/

 

『パーフェクトヒューマンの試し読みはコチラ♪

↓↓↓↓↓
>>>まんが王国
サイト内で『パーフェクトヒューマンと検索ください♪

 

パーフェクトヒューマンの感想

高橋先生の処女作
『オーダーメイド』もかなり着眼点が鋭く面白い作品でしたが、

今回も目の付けどころが凄くクールな作品で、ホント才能がある先生だな~

5人の男たちを使ってずば抜けた一人の男を作り上げる!

こんな凄いアイデアはどっから浮かんでくるんでしょう?

正直メチャメチャおもしろい設定です♪

1巻では、ある程度優人の正体を明かしつつ、まだ見えてない伏線もたくさん用意されてます^^;

そして、最大の謎は、

彼の父親がなぜ、『世良優人』という存在を作り上げたかですね!

なおかつ5人の優人の中には、シロのようにこの計画に乗り気でないメンバーもいるわけで・・・

そんな人間関係も、これから色々こじれたりして面白くなってきそうですね~♪

まるしーはこういう上質のサスペンス作品に出会うことができた時、

改めて漫画読んでてよかったな~ってしみじみ思ってしまうんです(*^^*)

今はとにかく2巻が楽しみだ~(^^)

 

無料試し読み

今回ご紹介した
『パーフェクトヒューマン』

『まんが王国』
『ebookjapan』などの

大手電子コミックサイトで
配信中の漫画です~♪

 

上で紹介した二つのサイトは

サイト管理人のまるしー
いつも利用してるサイトなんです♪

 

特に、スマホユーザーをターゲットにした

『まんが王国』さんは

面倒な会員登録なしで、

たくさんのコミックが
試し読みできちゃう便利なお店なんです♪

 

実際のところまるし―は、
ヘビロテでお世話になってるサイトです(^^)

 

知らなかった人は
もったいないからすぐに
利用した方がいいと思いますよ~

 
なんたって店員さんの目を
気にせず立ち読みし放題なんですから~♪

 

『パーフェクトヒューマン』の試し読みコチラ♪

↓↓↓↓↓
>>まんが王国
サイト内で『パーフェクトヒューマン』と検索して下さいね♪

 

『パーフェクトヒューマン』の関連記事

パーフェクトヒューマンのネタバレ2巻!栄光の裏に潜む危険な罠

2017.10.18

パーフェクトヒューマン(漫画)ネタバレ!彼は一人ではなかった

2017.04.02

スポンサーリンク