花を咲かそう(漫画)のネタバレ!ゼニの花を咲かす娘に感動する!

自堕落な生活を送る父親を尻目に

りっぱなゼニの花を咲かす娘に感動する!

実力の確かな人気作家
庭りか 先生が描いた


ゼニの花を咲かす娘に感動する!

『花を咲かそう』

というスポ根モノみたいにスカッとする

感動的な作品を見つけましたよ~♪

 

少女の痛快なサクセスストーリー

短いお話ですが、グッとくる感動作品なんです♪

 

出ていった母親に
もう一度帰ってきてもらうため、
駄目になった父親の商売を懸命に手伝うヒロインの少女。

 

彼女の真摯な頑張りに商売の神様も味方する…

 

庭りか 先生お得意のヒューマンドラマはまだまだ健在!

 

冒頭から読者を引きつけて離さない展開は流石です。

花を咲かそうの あらすじ

父親の経営するお好み焼き屋がうまくいかず、主人公・あさひの母親は家出をしてしまった。

 

やる気なく酒を飲み働かない父親。まだ小さい弟のゆうひは貧困と母親恋しさに泣き叫ぶ・・・!

「だったら、私がお金を稼ぐ! お金さえあれば、お母さんは帰ってくる!」

絶対ゼニの花を咲かせてやる!

少女・あさひの細腕繁盛記がはじまった――! 痛快! 少女のサクセスストーリー!

 

『花を咲かそう』の立ち読み♪

↓↓↓コチラ↓↓↓
>>>まんが王国
サイト内で『はなをさかそう』と検索してください♪

花を咲かそう ネタバレ

ヒロインの少女・松永あさひの母親が、

働かない夫に愛想をつかせて家を出ていったところから物語が始まります。

 

母親が出て行ったことで、
幼い弟のゆうひは毎日、母親を求めて泣いています。

一番頼りになるはずの父親もまったく当てにならず、

 

今やお好み焼き屋の商売も廃業寸前。

 

自分が悪いことを棚に上げて、
毎日酒浸りの日々を送っている父親。

 

店の家賃滞納が半年を超えた時、
物件を管理する不動産屋の人間が立ち退きの要求にきました。

 

「ここを出ていったらお母ちゃんが帰ってこれない!」

 

あさひは、たまった家賃を支払うために
今や開店休業状態のお好み焼き屋を再開させるのです…

ゼニの花は咲かせられない

学校から帰って、夕方から
店の営業を始めた あさひのお好み焼きは

「おいしい」

すぐに評判となりました。

 

ただ・・・

借金を返しながら
夕方から少しだけの営業では、たまった家賃のほんの僅かしか支払えません。

 

「昼間にお父さんが店を開けてくれたら…」

 

あさひは父に協力を願い出るのですが、

もうほとんど廃人の父は酒浸りとなって働ける状態ではありません。

 

そんな時、例の不動産屋がまた店にやってくるのです!

 

するとあさひは店を管理する不動産屋に所有者の名前を聞き出し、

直接、地主にもう少し家賃を待ってもらえるよう交渉しに行くのです。

 

あさひを迎えた性格のきつそうな地主婦人は、

彼女に情け容赦なく、

「お前みたいな子供にゼニの花は咲かせられない!」

と言ってあさひを追い返してしまうのです!

 

いよいよ窮地に立たされたあさひですが・・・

新メニューの開発

地主との交渉が決裂してからも

なんとか商売を繁盛させようと一人奮闘する あさひでしたが、

働けど働けどお金は追いつかず、

満足に食べることさえ出来ない始末。

 

そして・・・

ある時、食材の値上がりと共に仕入れ資金がショートしてしまうのです。

 

窮地に立たされた あさひは

悩んだ末に日頃キャベツを仕入れていた八百屋さんから

クズ野菜を安い値段で売ってもらい
その食材を使って新メニュー発案するんです!

 

すると・・・

このメニューが当たりました

 

1枚100円で売る
お好み焼きを小さくした
その『100円焼き』は若い人地元の人たちを中心にちょっとしたブームになったんです。

 

ただ・・・

仕入れはただ同然とは言え、
夕方からの営業で、100円単価の商品では

いくらあさひが頑張ってこの『100円焼き』を売っても焼け石に水の状態。

何日かあと、
無情にも あさひたちに最後通告へやって来た不動産屋。

 

追い詰められた あさひの運命は・・・?

 

『花を咲かそう』の試し読みは♪

↓↓↓コチラ↓↓↓
>>>まんが王国
サイトTOPから『はなをさかそう』と検索してくださいね♪

花を咲かそう 感想

お世辞にも上手いとは言えない絵なんですが

ストーリーが面白いです!

 

雰囲気がちょっと昭和のにおいですが、

読んでて気持ちが高揚してくるストーリー展開で、

ヒロイン・あさひと地主の伊原さんの言葉が心にしみます。

 

物語によく使われる『ゼニの花』という言葉は、

一見すると下品な言葉にも聞こえがちですが、

本作の中ではもっとも重要で、意味のある言葉になります。

 

『ゼニの花』を咲かすとは、
真面目に商売する人間にしか咲かすことが出来ない幸せの花なのです。

 

その花を咲かす資質を あさひは持っている!

 

クズ野菜の仕入れに関する地主とのやり取りは

商売をしている人間すべてが勉強になるシーンでした。

 

まるしーも思わずあさひの考え方を聞いて感動しましたし、尊敬しました!

 

商売に大人も子供も関係ない!

 

大事なのは商売に対する真摯な向き合い方です。

 

あさひ のこれからを応援したい~

 

>>>『花を咲かそう』2話のネタバレはコチラ♪

 

ここで無料試し読み

今、紹介した

花を咲かそうは、

『まんが王国』で絶賛配信中のコミックです~♪

このお店は、電子コミックサイトでは老舗のコミックサイトで、

サイト管理人のまるしーがいつも利用してるお店の一つです♪

特に、会員登録なしで、たくさんのコミックが無料試し読みできるのはすごくありがたい!

他のコミックサイトでは読めないレアな作品も数多く扱っているし、

こういうサイトは押さえておいたほうがイイですよ~♪

 

『花を咲かそう』の試し読み♪

↓↓↓コチラ↓↓↓
>>>まんが王国
サイト検索窓に『はなをさかそう』と打ち込んで下さい♪

花を咲かそうの関連記事