死刑囚の最期のネタバレ!『壊れた人形』と言われた殺人犯の過去

スポンサーリンク




中世ヨーロッパの拷問で女性を惨殺した男の悲しすぎる過去とは?

 

母親を金属バットで殴り殺した16歳の少年は、

少年院から出所したそのわずか2年後に今度は二人の女性を殺害した・・・

 

烟巻和美 / 丸山勇樹 / 入倉ひろし さんらによる、

凶悪犯罪者の内面に鋭く切り込んだ問題作!

 

『死刑囚の最期~葬られた心編~

ネタバレでと感想です~♪

この漫画は、
凶悪な犯罪者として記憶される3人の死刑囚の恐るべき素顔を描いた作品で、

 

主に、犯行後、警察に捕まり、
勾留されてから死刑判決を受けて
執行されるまでをリアルに描いた衝撃の力作です。

 

目を覆いたくなるような惨たらしい犯罪を起こした犯人は、

どんな環境で育ってきたのか?

そして、

彼らは死を目の前にして何を語ったのか・・・?

 

原作者があらゆる資料を参考に、
留置場における彼らの素顔をあぶり出しています。

 

テレビで見たあの犯罪者はこんな男だったのか?

と、改めて事件の真相を知る機会となる作品です。

 

そして、今回は、二人目に当たる、『山口・母親殺害事件 大阪・姉妹殺人事件』の犯人『山地悠紀夫』について描かれた作品。

 

題名が『壊れた人形』ネタバレを紹介します~

 

『壊れた人形』と人々から表現された裏には、

一体どんな過去があったのか・・・?

 

この漫画では死刑囚・山地悠紀夫の生い立ちから死刑執行までを

リアルなタッチで赤裸々に描かれていました・・・

読み終わりは、ちょっと後味の悪い気持ちになるかもしれません(^_^;)

 

「死刑囚の最期」はここで立ち読みできます!

↓↓↓↓↓↓↓
>>>まんが王国

「死刑囚の最期」と検索ください!

 

事件の概要

2000年7月末、山口県山口市で母親(50歳)の頭を金属バットで殴って殺害したとして、

当時16歳の少年だった山地悠紀夫(やまじゆきお)が逮捕された。

 

その後少年院を出所した彼は、

わずかその2年後の2005年11月17日に見ず知らずの大阪市内に住む19歳と27歳の姉妹を

ナイフでめった刺しにして殺し、再び逮捕され・・・

 2007年5月31日、死刑判決が確定した。

 

死刑囚の最期(壊れた人形)の ネタバレ

物語は、凶悪殺人犯・山地悠紀夫が、

二人の姉妹を殺害した容疑で取り調べを受けているシーンから始まります。

 

にやついた顔で、自分が行った殺害方法は

中世ヨーロッパの拷問を真似てみたんだ!

と、嬉しそうに説明する山地。

 

{こいつは人間じゃない・・}

取り調べを担当した刑事は思わずつぶやきました。

 

まったく見ず知らずの姉妹を、

惨たらしい方法で殺害した山地ですが、

 

その動機は、

「むしゃくしゃしてたから」

「誰でもよかった・・」

という、もう救いようのないものだったんです。

 

山地は、逮捕後もまったく反省の態度を見せる事もなく、

 

残虐な犯行を平気な顔をして語る山地の姿を見て、

マスコミは彼を『壊れた人形』と形容したのです。

 

山地の生い立ち

山口市内で生まれた彼は、

小中学校時代 いじめられっ子でした。

 

人とのコミュニケーション能力が欠如していたのです。

 

その上、家庭も荒れていました。

酒乱で働かず、借金ばかり作る父親に、

山地への愛情が薄い浪費癖のある母親。

 

世間一般で言うダメな両親の家で育った山地。

 

父親が生きてるときはその暴力に震え、

その父が死んでからは母親の生活力のなさに悩まされた。

 

山地は、中学を卒業すると新聞配達のアルバイトで家計を支えるも

母の浪費癖は直らず、

電気・ガス・水道というライフラインが止められてしまう事もしょっちゅうだった。

 

ある時、

初めて山地が付き合った彼女との関係で、

母親ともめた事が原因で、一回目の殺人を起こす。

 

16歳の彼は金属バットで実の母親を殴り殺してしまうのです。

 

正直、凶悪殺人犯・山地の生い立ちは最悪だったんでしょう。

 

だからと言って彼のやったことは1ミリたりとも許されるもんじゃない!

 

というか、そんな境遇の若者は世の中にいくらでも存在する。

 

死刑宣告・・・

地方裁判所での『死刑判決』を受け入れた山地は

自分から控訴を取り下げて死刑囚となります。

 

獄中での山地は大人しく、

ずっと本を読んで過ごしてるような囚人だったそうで、

 

いじめられっ子だった彼本来の性格が、

他人との競争や関わりがない塀の中にいる事で、

素顔の山地で時を過ごしていたのかもしれない。

 

ただ彼もまた他の凶悪犯罪者と同じように

最後まで、被害者やその遺族関係者に謝罪することはなかった。

 

何一つ反省の言葉を残すことなく死刑台に上がって行ったのです・・

 

『死刑囚の最期』の立ち読みはここで

↓↓↓↓↓↓↓↓
>>>まんが王国

「死刑囚の最期」で検索ください。

 

『壊れた人形』の感想

最後まで謝罪の言葉を発することなく死んでいった山地。

そんな山地に殺されたご遺族の無念は相当なものだったでしょう。

 

公判で見せるふてぶてしい山地の態度がメディアで伝えられると、

 

なんと、その後、

法廷に2万2000人を超える人たちから

山地に対して死刑を求める嘆願書が提出されたようで、

当時は、ものすごく影響力のある事件だったのです。

 

確かに、この漫画を読むと、
山地の生い立ちや過去は大変不幸だったかもしれないけど、

 

殺された被害者や、遺族には全く関係ないこと、

 

どんなに不幸な理由や理屈を並べても
彼がなんの罪もない見ず知らずの若い命を奪った事実だけは絶対忘れてはいけない!

 

情状酌量なんてもってのほかだと思います。

 

山地が控訴を取り下げて、
死刑が確定した日に、

彼が担当弁護に宛てて送られた手紙の内容が紹介されてましたが、

 

それは、ただただ腹立たしい言葉が並んでいるだけの手紙で

遺族の悲しみを考えると気分が悪くなるほどムカついた事件と犯罪者でした・・・

 

無料試し読み

この『壊れた人形』が収録された

『死刑囚の最期~葬られた心編~』

『まんが王国』
『ebookjapan』などの

大手電子コミックサイトで
配信中の漫画です~♪

 

上で紹介した二つのサイトは

サイト管理人のけいぞう
いつも利用してるサイトなんです♪

 

特に、スマホユーザーをターゲットにした

『まんが王国』さんは

面倒な会員登録なしで、

たくさんのコミックが
試し読みできちゃう便利なお店なんです♪

 

実際のところけいぞうーは、
ヘビロテでお世話になってるサイトです(^^)

 

知らなかった人は
もったいないからすぐに
利用した方がいいと思いますよ~

 
なんたって店員さんの目を
気にせず立ち読みし放題なんですから~♪

 

『死刑囚の最期』の試し読みはコチラ♪

↓↓↓↓↓
>>>まんが王国
サイト内で『しけいしゅうのさいご」と検索ください♪

 

*PCの方はこちらがオススメ♪
↓↓↓↓↓
>>>eBookJapan(イーブックジャパン)

【死刑囚の最期の関連記事】

死刑囚の最期のネタバレ!連続幼女誘拐殺人犯の恐るべき言葉

2017.05.11

スポンサーリンク