DIVER(漫画)の ネタバレ 最終回!最強カルト教団の結末は?

スポンサーリンク




何の保証もなく悪の犯罪組織に潜入し、

根本から一網打尽にしてしまう凄腕DIVER(ダイバー)。

 

彼らは同じ警察官から敬意と畏怖を込めて
『D』と呼ばれている…!

 

大沢俊太郎 の本格社会派コミック

『DIVER―組対潜入班―2巻を読み終わりました~♪

2巻で最終回…?

1巻でそのドラマチックでタイムリーな題材とストーリーに引き込まれ、

あっという間にこの漫画のファンになったサイト管理人のけいぞうでしたが、

 

なんと・・・

この作品はこの2巻で最終回を迎えるんです(*_*)

 

「え~~~っ!?」

て感じですよホント!

これからドンドン面白くなっていきそうだったのに…

 

めちゃめちゃ残念(-_-;)

設定も、ストーリーも凄く面白かっただけにもう少し違う話も見たかった!

 

1巻では主に「オレオレ詐欺」で荒稼ぎする『頭脳派詐欺集団』の壊滅を描いたお話でしたが、

 

1巻のネタバレはこちら
↓↓↓↓↓

DIVER-組対潜入班-のネタバレ!息詰まる騙し合いがしびれる!

2017.05.29

2巻では1巻の後半で登場してきたカルト教団『御再臨の印』への潜入がメインとなります。

 

刑事ものにはやっぱり悪徳宗教団体の存在はかかせないですよね^^;

 

今回、黒沢は、同僚『D』の佐根村(さねむら)と二人でこの危ない教団へ潜入するんですが、

信者への洗脳を得意とする教祖との対決はかなり見ごたえがありました(^^)

 

途中、相棒の佐根村が洗脳されかかったりとかして、

ハラハラ・ドキドキの展開がクライマックスまで続くんです・・・

さぁ~

組織に潜入した黒沢と佐根村は果たして犯罪の証拠を掴む事が出来たのか?

最強カルト教団との壮絶なバトルとその結末は・・・?

 

『一寸先は地獄』の超キケンなその任務は、

無添加パンを作りながら健康を考える平和過ぎる『講習会』から始まった・・・

 

DIVERの立ち読みするなら
↓↓↓↓↓
>>>BookLive!

前回までのあらすじ

第3国に信者を送り込んで軍事訓練を受けさせているというかなりあぶないカルト教団

『御再臨の印』に、

公安警察の人間が潜入したが連絡が途絶えた。

 

そこで、黒沢たちは公安からその捜査員の救出を依頼されたのだ。

 

翌日、潜入のため教団が主するセミナーに参加した黒沢と佐根村は、

彼らが仕掛ける教団絵への勧誘活動に驚愕する・・・

 

DIVER 2巻ネタバレ

無添加パンの食べ比べから始まった教団の講習は、

信者となる者を選別するためのものだった。

いち早くその事に気づいた黒沢たちはうまく立ち回って、信者候補としてそのメンバーに残るが、

その後の講習で、催吐剤(さいとざい)を飲まされて嘔吐を繰り返えすことに…

 

みんなが苦しむ中、目の前に現れたのは、

神秘的な演出の元でのように登場した教祖でした。

 

何度も嘔吐を繰り返し、意識が朦朧としてる中、

教祖は参加者たちに、今抱えてる悩みを一人づつ優しく聞いていくのです。

 

「さぁ…悩みを吐き出して!」

苦しみの中、神様を見たかのように錯覚する参加者は次々と悩みを打ち明けていくのです…

 

潜入成功

その後、教祖の問いかけは黒沢や佐根村にも順番が回って来ました。

二人ともそれらしい悩みを打ち明けて何とかやり過ごし、

見事カルト教団への入信が認められたのです。

ひとまず教団への潜入は成功した!

 

しかし…

それと同時に黒沢と佐根村に取り付けていたGPS信号が途絶えた。

 

これで彼ら二人が頼るべき援軍は無くなったのです。

ここから黒沢と佐根村の最も危険で難しい潜入捜査が始まったわけです。

 

洗脳

『御再臨の印』へ入信した2人は

最初に『身清め』の修業をさせられます。

『身清め』とは、

一糸まとわぬ姿で1週間、他の入信者と生活することです。

(この修行で、身につけるモノ全てをはぎ取られた二人はGPS発信機も捨てざるおえなかったわけです^^;)

 

その期間を経て、晴れてみんなは『真徒(しんと)』となるのです。

 

清め、が終わった『真徒』に対して今度は教団の『洗脳』が始まります。

 

教祖を『神格化』してゆく常軌を逸した指導が始まってゆくのです・・・

 

最強カルト教団の結末は?

ここから『DIVER』最終回へ向けて物語はクライマックスへと突入します。

 

教団に囚われて行方不明となっている公安の捜査員を探すために

危険を犯しながら施設内を調査する黒沢。

 

一方そんな中、

一緒に潜入した佐根村は過酷な環境の中、精神が弱ってしまい、

少しづつ教団の洗脳にハマりつつあったのです。

 

そんな佐根村を見て任務遂行が困難だと判断した黒沢は、

佐根村を捜査からリタイアさせようとするのですが・・・

 

大量の武器を隠し持ち、信者を外国で軍事訓練させるキケンなカルト教団。

彼らとの壮絶な闘いの結末は果たして・・・

 

『DIVER』の立ち読みはここ
↓↓↓↓↓↓
>>>BookLive!

 

DIVER 最終回の感想

カルト教団への潜入から壊滅まで、

たっぷりと読み応えのあった内容でした♪

 

最終回を読んでみてやっぱり2巻で完結は勿体ない(^_^;)

 

もっとこの作品で取り扱って欲しい事件はたくさんあるんですがね~

 

まぁ・・・何を言っても終わっちゃったモノはどうしようもないですが、

かなりドキドキさせてもらった漫画でした♪

 

私たち一般人がたぶん死ぬまで係わる事はないだろう

潜入捜査官(ダイバー)という特殊な任務の警察官。

 

毎回身分を隠し、相手にバレたら『死』という結末が待っている。

まさに生死をかけた命懸けの仕事なんですが、

ちょっとけいぞうが気になったのは、そんな彼らの貰ってる給料の額です(^_^;)

 

ここまで危険な仕事をして得られる報酬って一体どのくらいの金額なんでしょう?

 

色々ネット調べてみたんですがやっぱり情報はありませんでした。

 

ただ言えるのは、

潜入捜査員とて、公務員なのでそこまで高給ではないということ!

 

恐らく仕事内容に対してかなり安いんでしょうね!

黒沢みたいに潜入を本心から楽しめるような人間でない限り、

ずっと続けていくのは精神的にも肉体的にも難しい職業なんだろうな~。

 

しかし…

この漫画ホントに2巻で完結なんだろうか・・・?

どうもまだこれからも続いてゆきそうな終わり方なんですよね~^^;

 

無料試し読み

今、紹介した

『DIVER―組対潜入班―』

電子コミックサイトの
『BookLive!』で読むことが出来きます♪

 

ここはサイト管理人の
けいぞうもよく利用するコミックサイトで、

 

何と言っても面倒な会員登録なしでも

いろんな漫画が立ち読みできちゃうのが最大の魅力です♪

 

たくさん立ち読みをして、
気に入ったコミックが見つかったら、

 

その時、初めて無料の会員登録をして買っちゃえばいいわけです(^^)

 

ホントたくさんの無料試し読みが用意されてるからかなり便利!

 

なおかつ、紙のコミックより電子コミックは値段もお安いす♪


『DIVER』の立ち読みはこちら
↓↓↓↓↓
>>>BookLive!

 

『DIVER』の記事一覧
↓↓↓↓↓

DIVER-組対潜入班-のネタバレ!息詰まる騙し合いがしびれる!

2017.05.29

スポンサーリンク