ママが僕を殺したのネタバレ!お母さん、大好き【後編】が悲惨だ

スポンサーリンク




そして母は我が子を殺した!

30分間もの暴行を加え続けた末に・・・

あの凄惨な事件の完結編です!

 

藤田素子 さん書き下ろしの実録の虐待漫画、

  ママが僕を殺した ~実録・児童虐待死事件~

に、収録されてる  

『お母さん、大好き』

後編ネタバレを書いてゆきます~!

この作品は、

2012年に広島県で実際に起きた
『小5女児虐待死事件』
元ネタとなったストーリーですが、

この後編で、
ヒロインの柚香ちゃんは帰らぬ人となってしまいます。

 

わずか11歳にして母親
撲殺された少女の悲惨すぎる人生…

 

途中、読んでてもう悲しくてしょうがなかった(>_<)


前編のネタバレはこちらで読めます!

↓↓↓↓↓

ママが僕を殺したの実話がエグい!お母さん、大好き【前編】

2017.03.23

この漫画を読んでから、

児童相談所という機関の役割がどれほど大切なものなのか

改めて知る事が出来ました。

 

そして・・・

どういった心理のもと、我が子への

虐待が行われ、 やがて

取り返しのつかない悲惨な結果へと

突き進んでゆく事のかという事にしても…

 

今回の事件で犯罪者となった

母親のマキは完全に彼女が育った劣悪な家庭環境が

あのような暴挙を起こさせた原因となっているんだと

サイト管理人のまるし―は判断しました^^;

 

子供のころに親から与えられた愛情は、
そのまま自分の子供へと注がれてゆくものだと思います。

 

しかし・・・

マキには親から注がれた愛情なんて1ミリもなかった(>_<)

 

実話をベースに描かれたこの漫画をじっくりと読んでみると、

 

大好きな母親に虐待された上に殺された柚香ちゃんも、

なんとか世間から認められるような立派な母親になろうとして

なれなかったマキも・・・

 

二人ともが被害者だった人生なんだと思う(>_<)

 

「子供なんてほっときゃちゃーんと育つのに!」

そう言ってタバコを吹かしていた

祖母が諸悪の根源だったんです。

 

嗚咽するほど悲しくて泣いちゃうような内容だけど、

個人的には、

一本の名作日本映画を観たくらい、

心にズシンと響いた重い作品でした!

 

『ママが…』の立ち読みはコチラ♪
↓↓↓↓↓
>>>まんが王国
サイト内で『ままがぼくを』と検索してね♪

 

お母さん大好き 後編のネタバレ

いったん施設から引き取って
柚香(ゆずか)の面倒をみていたマキは,

再び・・・

「もううんざりだ!」

言い放って娘を捨てました・・・

 

この時点で2回も我が子を捨てたマキです。

 

2度目に柚香が捨てられた時、

「施設に返さないで~」

と柚香は児童相談所の職員に手を引かれながら

泣きじゃくって保護されていったのです。

一体どっちが悪者なのかわからない感じです(*_*)

 

あれだけ酷い虐待を受けてきたのに・・・

 

このシーンでは、

なんか悲しい現実を見たような気がする・・・

 

暴力は振るわれなくても、
まったく自分に関心のない施設の職員との暮らしよりも、

たとえ、虐待を受け、疎ましがられても

血が繋がった母親のもとで暮らしたいと願う悲しい人間の性(さが)なのでしょうか?

 

それを考えるとつくづく悲しくなってくる(>_<)

3度目の正直

なんと・・・

近所の通報により再び
柚香が児童相談所に保護されてから、

数日後のある日、

性懲りもなく又もや柚香を引き取りたいと言い出したマキ。

 

しかし・・・

これまでの経緯を知る児童相談所は、

そんなに甘くはありませんでした。

「今度はちゃんとするから」

と、言う母親のマキに対し

毅然とした態度で
NOを突きつけたのです!

 

そこから、

マキが柚香を取り戻すまでの長く険しい日々が始まります。

 

児童相談所とて再び、
柚香をむざむざと改心していない母親のもとへ

引きわたす訳にはいきません。

 

児童相談所は徹底してマキに心を入れ替えさせたのです。

柚香とマキは常に児童相談所の職員が見守る中、

会話したり、触れ合ったりさせられていました。

「なんで自分の子供なのに・・・」

と、理不尽だと思いながらも、

なんとかもう一度、
柚香の母親として暮らしたいと思ったマキは、

夜の仕事を昼間のパートに変え、

柚香が通う小学校の行事にも積極的に参加したりして、

我が子を愛する母親としての役割を果たそうと努力し続けたのです。

 

そして・・・

複数回にも及ぶ一時帰宅の末、

施設側はマキを柚香の母親として再び認めることになりました。

それは、柚香が施設に保護されてから

ちょうど1年後のことでした…

 

見るも無残な結末へ

ここから先は、
文章にするだけでも辛い状態が続きます。

児童相談所から再び柚香を引き取ったマキは

親子の新しい旅お立ち。と称して、

今まで住んでた場所から引っ越し、

小さなアパートで母子二人っきりの生活を始めるのですが、

児童相談所へ柚香に会いに行っていた時と違い、

 

朝も昼も夜も子供と一緒に過ごす生活にすぐ根を上げてしまう。

マキは次第に柚香に対する口のきき方が変わってきました。

 

そして・・・

一度狂った歯車は二度と正常に回る事もなく・・・

柚香と再び一緒に暮らし始めてわずか半年後、

あの信じられない悲惨な事件が勃発したのです・・・

 

『ママが…』の試し読みはコチラ♪
↓↓↓↓↓
>>>まんが王国
サイト内で『ままがぼくを』と検索してください♪

 

お母さん、大好きの後編 感想

この漫画を読むと、
一度保護した子供を
親に引き渡す際の判断が

ものすごく難しいのがわかりますね^^;

今回のケースでは、
児童相談所からお墨付きを受けた母親が、

わずか半年で、
子供を虐待死させる結果になったんです(>_<)

 

ただ・・・

児童相談所側も1年という時間をかけて

親と子供の状態を注意深く見守ってきた経緯があります。

 

実際はどうか分かりませんが、
少なくともこの漫画ではそのように描かれていました。

そこで、
読んでいて思いましたが、

今回のマキのように、
ずっと児童相談所に対して不満を抱きながら

その内心を隠したまま、良い母親の演技をされていたら、

たとえ何年間様子を見ようとも、
本当に虐待癖が治ったかなんて分かりませんよね(^^ゞ

 

ただ・・・

こういった判断でいつも被害を受けるのが、

一番弱い立場の子供たちです!

特にこの事件で被害者となった、
柚香ちゃんの殺され方が、

悲惨すぎて言葉にならないほど酷いものでした!

なんたって、
まだ、11歳の小さな子供が

実の母親から金属の
ゴルフクラブ

何発も頭の原型が無くなるほど
殴られた上に撲殺されてしまうんです。  

 

漫画とはいえ、
少しの間この光景が頭から離れませんでした(>_<)

 

とにかく心に突き刺さる痛ましい事件で、

読み終えるまでホント辛かった作品でした。

とにかく、柚香ちゃんのご冥福をお祈りいたします。  

 

無料試し読み

今、紹介した

『ママが僕を殺した』

収録されている

『お母さん、大好き』編は、

『まんが王国』
『ebookjapan』などの

大手電子コミックサイトで
配信中の漫画です~♪

 

上で紹介した二つのサイトは

サイト管理人のまるしー
いつも利用してるサイトでもあるんです♪

 

特に、スマホユーザーをターゲットにした

『まんが王国』さんならら

面倒な会員登録なしで、

たくさんのコミックが
試し読みできちゃうお店でかなりお得です♪

 

実際のところまるし―は、
かなりヘビロテでお世話になってるんです(^^)

 

知らなかった人は
もったいないからすぐに
利用した方がいいと思いますよ~

 
なんたって店員さんの目を
気にせず立ち読みし放題なんですから~♪

 

『ママが…』の立ち読みはコチラ♪
↓↓↓↓↓
>>>まんが王国
サイト検索窓に『ままがぼくを』と打ち込んで下さい♪

 

ママが僕を殺したの関連記事

ママが僕を殺したの実話がエグい!お母さん、大好き【前編】

2017.03.23

ママが僕を殺したのネタバレ!『ママと一緒に寝たい』編が辛い!

2017.03.22

ママが僕を殺したのネタバレと感想!『この子嫌い!』の果てに

2017.03.11

スポンサーリンク