金魚妻【2巻ネタバレと感想】『芳香妻』彼女の香りは愛しい人の…!

自分の『香り』に翻弄された人妻がいた。

めくるめく人妻の禁断情事。

金魚妻2

1話ずつの解説と感想です♪

今回紹介するお話しは、

『金魚妻2』第2話『芳香』という作品です♪

サイト主が一番グッときた物語です。

『芳香妻』のあらすじ

このお話しはタイトルを見て、想像する通りヒロイン妻の『香り』がきっかけとなって

禁断の恋愛関係がスタートスタートしちゃうお話です

正直、サイト主のまるし―が今回のシリーズで一番心に残ったのがこの作品でした。

ヒロインの主婦が同じ世代という事もあって、彼女の視点で語られる心の声にすごく共感させられるんです。

職場の若い人気者の男の子に不思議な口説き文句でせまられたヒロイン。

歳が一回り以上も上なのに!

わかっている・・・

私が冷静にならなければ・・・

ヒロイン妻が必死で自分を自制しようとする心の言葉

でも、熟した体は若い男に奪われる事を喜んでいる…


『金魚妻2』全作のあらすじ紹介はこちらで♪

↓↓↓↓↓

 

『金魚妻2』の立ち読み♪

↓↓↓コチラ↓↓↓

>>>BookLive!
サイト内で『きんぎょ』と検索してください♪

 

『芳香妻』の登場人物

軒端 薫(のきばた かおる)

ヒロインの人妻、会社に勤めてる45歳の母。高校生くらいの娘と旦那がいる。

彼女自身が働いて収入もあるから美容にお金をかけていて、見た目は30代にしか見えないルックスだ。

「薫さんの匂いを嗅がせて下さい」

と言われ、ついつい若い男性社員と関係を持ってしまう。

ただ・・・

それは誰かの身代わりにしか過ぎなかった・・・

普通の幸せな家庭によくいる美魔女タイプの女性だけど性格は悪くない。


融(とおる)

薫と同じ会社に勤める男性社員。

24歳で明るくモテ線タイプのナイスガイだけど実は、親友のお母さんにずっと恋をしていて、その想いを貫いて今は遠距恋愛中。

薫とその恋人の匂いがよく似ていた事で薫に惹かれ、彼女の『香り』を嗅がせてくれと薫にせまり、結局は体の関係となる。

結果、彼は本当に一途だったのだろうか・・・?


空夏(あきな)

融が恋してる友達の母親。

恐らく、薫と同年代のシングルマザー。

小さい頃母親のいない融を母親代わりに面倒見ていた。

融は彼女の香りが大好き。

現在、彼女は乳がんを患って入院中である。

融はそんな彼女の治療費の足しにしてくれと、毎月いくらかの仕送りを続けている。

明るくて、性格がよさそうな優しい女性。

金魚妻【2巻ネタバレと感想】『芳香妻』彼女の香りは愛しい人の…!

会社の飲み会。

二次会へ向かうタクシーに乗り合わせた薫と融。

車内では普段から仲良くしてる2人のトークが続く、24歳の融は正直45歳になる人妻の薫に甘えている。

薫が二次会をパスすることを聞くと酔っていることもあってか、いつもより増して甘えがひどくなり、

「薫さん来ないんなら俺も帰る!」

と、駄々をこね出したのです。

融は性格も良く、人付き合いもいいので、社内では人気者の若手社員なんです。

実は薫もこの若者の能力と魅力には一目置いていたくらい!

そんな彼が今日は珍しく薫を離そうとしない。

タクシーの中で融が嘔吐した事と、親心・・・?が重なって、薫は融を家まで送り届けることになった・・・

送られ狼…?

2階建てのボロアパートに酔った融を送り届けた薫は一声かけてすぐに部屋を出ようとしました。

すると、強引な泣き落としで融は薫を部屋に引きとめた。

料金未払いで、電気を止められた真冬のアパートは寒い。

「さっき電気代払いましたからもうすぐ電気付きます!」

「それまでそばにいてください!」

そう言って、カセットコンロで作った温かいコーヒーを出してきた融。

{部屋に電気が通るまで…}

{こんなおばちゃんに襲いかかる訳ないもんね…}

そう自分に言い聞かせて、薫は融のわがままに少しだけ付き合う事にした。

「え~薫さん45歳なの~?」

「ウソだ~30歳にしか見えない!」

ホストのりな軽い会話が少し続いた後、

話題は融の彼女の話になり意外にも彼が、実は薫と同じ世代のシングルマザーと遠距離恋愛している事が分かる

しかもその相手は親友の母親で、今は乳がんを患って入院中だと言う。

彼の質素に見える暮らしぶりはその彼女の治療費を負担していたからだ。

一気に融への見る目が変わった薫。

そして…

この後、融は薫に変なお願いをする…

おばさんの香り

薫と同じ世代で、しかも友人の母親を恋人に持つ融は、空夏(あきな)というその恋人の匂いが大好きだと言う。

彼はたくさんのフレーバーを調合して彼女の匂いを作ろうとしていた。

でもなかなか完璧なモノができない。

今日初めて聞いたが、この独特な『おばさんの香り』は以前から薫にも漂っていたらしい…

神妙な面持ちで融は薫に言った。

「薫さんの匂いを嗅がせて下さい」

さらに真剣な表情となる融。

「えっ?」

と、戸惑う薫…

このあと、2人の体が絡み合うまでの薫の心の声が実に正直で生なましいんです

45歳という年齢の女が、若い男のアタックに押し崩されながらも、ちゃんと俯瞰(ふかん)で見て自分をコントロールしようとする。

大人の女が一線を越えるその瞬間、彼女たちは最高の輝きと香りを放つのです…

 

『金魚妻2』の試し読みは♪

↓↓↓コチラ↓↓↓

>>>BookLive!
サイトTOPから『きんぎょ』と検索してくださいね♪

芳香妻の感想

女性の『香り』にまつわる素敵な愛の物語でした~

ちょっとヒロインの薫や空夏が年齢のわりに可愛すぎた感はありましたけど、

きたないおばちゃんに描かれてるよりは全然よかった。

今でこそ45歳という年齢だけで おばちゃん扱いされる事はなくなりましたけど、

少し前の時代ならもう女性として見られる事もなくなってくる、女としては悲しい年代に差し掛かる年頃だったんです。

『オバタリアン』とか言われてましたからね~

一応、美容には気を使いたいんだけど、子供の進学や食費にもお金がかかり家のローンも年々ステップアップで高くなる時期だ。

いい感じに衰えてきた自分の肌ケアのために少ない家の資金を回す事なんて到底できるわけがない。

だから、

この年代の女ってセレブか庶民かで美しさが真っ二つに分かれる世代だ!

幸いにも、外で働いている本作のヒロインは本人にある程度の収入があるので自分の美容に回す資金がそこそこあるみたい♪

彼女のボディーメンテナンスは万全のようだった。

今回は『おばさんの香り』がキーワードみたいだったけど、女としてはどんな年代になっても男を引きつけるような

魅惑の『香り』をいつまでも漂わしていたいもんです。

薫だってちゃんと女としてのメンテナンスを怠らなかったから、24歳という年上好きの若者に襲いかかられたわけですから。

この『芳香妻』という作品は、同じ年代のまるし―としては、かなり疼いた作品でした。

この漫画の余韻だけで白飯が食える!

 

>>>『金魚妻』2巻の3話『園芸妻』の解説と感想はコチラ♪

 

無料試し読み

『芳香妻』が収録された

『金魚妻2』は、

電子コミックサイトのブックライブ(BookLive!)絶賛配信中漫画なんです~♪

このコミックサイトはサイト主のまるしーもよく利用するお店で、

何と言っても面倒な会員登録なしで、いろんな漫画が立ち読みできちゃうのが最大の魅力です♪

たくさん試し読みをして気に入ったコミックが見つかったら、

その時に初めて無料の会員登録をして買っちゃえばいいんです♪

最新のコミックから名作までいろんな作品が無料試し読みできるので、

漫画好きならヘビロテで利用すべきだと思います♪

 

『金魚妻』の試し読み♪

↓↓↓コチラ↓↓↓
>>>BookLive!
サイト検索窓に『きんぎょ』と打ち込んでください♪

『金魚妻』の解説と感想はココで全部読めます♪