美醜の大地のネタバレ14話!絢子と再会。ハナ…大いに乱れる!

ここまで乱れたハナは見たことない!

やっぱり絢子の存在は大きかった?

絢子と対峙してわかった彼女の恐ろしさとは?

地獄の復讐劇…


絢子と再会。ハナ…大いに乱れる!

美醜の大地

この14話で、ついにハナと絢子が再会した!

その時、絢子はあの時と同じように・・・

 

衝撃の再会はやっぱりひと波乱ありました!

一体なんなんでしょう…?

ハナと絢子の関係って…?

とにかくこの2人にはまだ読者に隠されてる何か深い因果関係があるはずだ!

14話の見どころは?

14話はちょっとショッっキングな展開になります!

ずっと絢子を目指して順番に復讐を終えてきたハナ。

やっとのことで最終目的の復讐相手・絢子までたどり着いた!

ただ・・・

いざその恋い焦がれるような復讐相手と退治した時、

 

復讐する側もされる側も大いにその心は乱れる!

 

2人の間には何か運命的な繋がりを感じる…

偵察のためにやってきた絢子清二郎が買い物をしてる現場。

あくまでもそっと偵察するはずだったのに…

思わぬ場所で鉢合わせになった2人はやっぱり普通じゃない事態になってしまう。

今回はハラハラドキドキが止まらない展開ですよ~♪


13話のネタバレはコチラ♪
↓↓↓↓↓

美醜の大地のネタバレ13話!それぞれの思惑が動き出す!


13話のラストシーンに描かれた

ハナが絢子の後ろ姿を睨みつけている迫力ある表情。

あのシーンの続きからこの14話は始まるんです♪

色んなことがあったハナの復讐劇もついにここまで来た!って感じで、クライマックスの面白い展開を読める幸せと、

{もうすぐ終わっちゃうのか~}

という寂しい気持ち(汗)

まるしーは複雑な心境でこの最新巻を熟読しました~!

 

『美醜の大地』の立ち読み♪

↓↓↓コチラ↓↓↓
>>>まんが王国
サイト内で『びしゅうの』と検索してください♪

美醜の大地 14話 ネタバレ

14話:再会

積年の恨みがたっぷりと込められたハナの絢子を睨みつける表情。

あの日、海岸で弟たちの遺骨を胸に抱き、絢子への復讐を誓った日からこの女を殺すために生きてきた!

まさに復讐の鬼と化した恐ろしい表情で自分たちの前を歩く絢子の背中を見つめているハナ。

今にも絢子に飛びかかってゆきそうなハナに気づいた深見は、

「大丈夫ですか?」

と、静かにハナへ声をかける。

その深見の声ではっ!と我に返ったハナ。

彼女は心の動揺を深見に見透かされないよう彼の視線から顔を背けた。

 

深見は、いつも冷静でいて有能なハナがここまで心を取り乱している姿を初めて見た。

そして・・・

なにか胸騒ぎを覚えた彼は、今日この場所へ二人で来た目的をもう一度ハナに言い聞かせた。

あくまでも偵察のため!

それが、今日、絢子と婚約者の白川が結婚式に着るための衣装。

そう・・・

盛大な式の日に使う衣装合わせにやって来た二人の後ろを歩いてる理由だ。

 

「そんな事は百も承知よ!」

と、深見に言い放つハナでしたが、

明らかに彼女は絢子との再会で、大いに心をかき乱されている。

 

自分でもよくその事が分かっているハナは一旦、乱れた気持ちをリセットするためにその場を離れ、フロアーの化粧室へと心を落ちつけに行く。

心配そうにハナの背中を見送る深見…

絢子と深見

ハナが化粧室で心を落ち着かせている間、

深見が一人で何気なく店の商品を物色している絢子に近づいてゆく・・・

 

「女性の衣装は華やかなものですね」

例の如く人懐っこい魅力的な笑顔で絢子に話しかける深見。

振り返ってちらっと彼を見た絢子の表情は何も変わらない。

表情一つ変えずに

「仰るとおりですわね…」

と、答えて、深見に対し何の興味も示さない絢子。

その後も会話の糸口を何とかつかもうと、言葉を繋ぐ深見。

しかし・・・

絢子は深見を退屈な話し相手とみなしてしまった。

「失礼!」

と言って、強引に深見との会話を終わらせた絢子。

その時だった!

深見を振り切った絢子はなんと、ハナがいる化粧室へとまっすぐに歩いて行ったのです!

{まずい!今あそこにはハナが!}

深見はすばやく臨戦態勢に入った…

どうしてそんなにきれいなの?

一方、何も知らずにまだ化粧室で心を落ちつけているハナ。

なんとか冷静さを取り戻し、

化粧代から振り向いて外へ出ようとした瞬間だった…

ハナが振り向いたと同時に、絢子が化粧室に入って来たのです。

 

二人は数年ぶりに再会した!

先に、驚愕の表情を浮かべたのはハナ。

しかし・・・

整形したハナの事は何知らないはずの絢子が、ハナを見て衝撃的な言葉を口にしたんです。

絢子はある種のトリップ状態になって、

「どうしてそんなにきれいなの?」

と、ハナの顔じっと見つめながら話しかけた。

 

その言葉を聞いてハナは昔の記憶をフラッシュバックさせた!

ここから二人はとんでもない騒動を巻き起こしてしまう・・・

一方、小樽では

札幌の街でハナと絢子が数年ぶりに再会を果たしていた時。

北海道・小樽では、恐怖に震えたサチと綿貫が初対面していた。

 

敏恵に脅されてハナへの復讐を協力させられたサチ。

 

実は、それから彼女の回りでは大変な事態が巻き起こっていたのです。

たった一人、小樽駅の待合室で綿貫を待っていたサチ

 

彼女の傍らには大切な息子の姿がない!

身体を震わせ、涙ながらに綿貫へ語った敏恵の狂った行動とは?

 

二つの復讐劇が複雑に絡み合って、今クライマックスを迎えようとしている!

 

『美醜の大地』の試し読みは♪

↓↓↓コチラ↓↓↓
>>>まんが王国
サイトTOPから『びしゅうの』と検索してくださいね♪

美醜の大地 14話の感想

とにかく絢子の壊れっぷりがすごい!

一体ハナと絢子はどんな関係なんだろう?

特に絢子がハナに持つ感情はひどいコンプレックスのようなもの!

「どうしてそんなにうつくしいの?」

女学生時代に絢子がハナに言った言葉。

今回、整形して、誰だか分からないはずのハナを見てまた同じことを言ってた!

彼女が、執念深くハナをイジメ抜いた本当の理由。

 

やっぱり心根の美しさの事を言ってるのかな~?

自分が持っている邪悪な心と比べ、澄み切った美しい心を持っていたハナ。

どれだけのお金を積んでも手に入れる事が出来ない

”人の美しい心”

絢子はそれが欲しかったんだろうか?

でも手に入れる事なんてできないと分かってるからハナに対し、激しく嫉妬した。

そしてその感情がエスカレートして抑えられなくなる。

 

結局、ハナをイジメることで心のバランスを保っていたというわけか?

ただ・・・

ここへきて、また絢子の正体が分からなくなってきた^^;

今までの話から、資産家の家に生まれ、常に抑圧された人生を送って来た事はわかった。

明らかに、人間として何か欠落しているモノがある。

しかし・・・

今はその正体が何なのかは分からないんです(汗)

でもこうして、ハナと絢子が対峙したシーンを見てみると絢子の大物感が際(きわ)だってました。

なんか、ハナと比べて役者が違うっていう印象を受けたのはまるし―だけなのかな~?

やっぱり、絢子は魅力的なキャラクターだ!

『美醜の大地』を読み始めてからずっと待っていた、ハナと絢子の直接対決。

その闘いには深見という存在も後から加わって来たけど、やっぱりメインはハナと絢子だ。

 

サチと敏恵にはどうか二人の直接を邪魔しないでいただきたい!

とにかく、何も考えないでただ、激しい憎悪の感情だけで行動してる敏恵の存在が今はすごく気がかりだな~

 

>>>『美醜の大地』15話のネタバレはコチラ♪

 

無料試し読み

今、紹介した、

美醜の大地14話は、

『まんが王国』絶賛配信中のコミックです~♪

このお店は、電子コミックサイトでは老舗のコミックサイトで、

サイト管理人のまるしーがいつも利用してるお店の一つです♪

特に、会員登録なしで、たくさんのコミックが無料試し読みできるのはすごくありがたい!

他のコミックサイトでは読めないレアな作品も数多く扱っているし、

こういうサイトは押さえておいたほうがイイですよ~♪

 

『美醜の大地』の試し読み♪

↓↓↓コチラ↓↓↓
>>>まんが王国
サイト検索窓に『びしゅうの』と打ち込んで下さい♪

美醜の大地』のネタバレはコチラで全部読めます♪

↓↓↓↓↓↓

美醜の大地のネタバレ|1話から結末までをココで!

スポンサーリンク