中国孕ませ工場のネタバレ!女の生き地獄を描いたオムニバス!

スポンサーリンク




女を子供を産む道具として扱い、

慰(なぎさ)みモノとして所有し、

その産ませた子供を金のために商品として売り払う。

いつの時代も人間の皮をかぶった男という悪魔が女を消費している・・・

 

すべてこれは、貧困からくる悲しい現実なのだ!

空路 さんが描く女たちの生き地獄!

『中国孕(はら)ませ工場

まさに女の生き地獄を描いた衝撃のオムニバス集です!

男が犯してきた女への罪は何年の時が過ぎ去ろうと消えはしないだろう(>_<)

吐きたくなるほどの悲劇がいっぱい詰まった狂気のストーリに怒りがこみ上げる!

中国孕ませ工場とは?

ベテラン作家の空路さんが書き下ろした4作のオムニバスを収録したヒューマンストーリーです♪

内容としては、まぁ~女性が読むといても立ってもいられなくなるほど辛い物語のオンパレードです(^^;)

女に子供を産ますための工場だったり、落ちのびた領主の姉弟が奴隷にされて凌辱されたり、

貧困にあえぐ少女が自ら腎臓を売ったり、バカな国王に夫婦が弄ばれたり・・・

 

実際に起こった事件や事象がベースになってる話もあるのでとにかくリアルにショッキングです(>_<)

貧困から襲ってくるあらゆる不幸ごとが描きつづられた1作で、

特に、女性のサイト主であるまるしーが読んだところ、女としてのプライドをズタズタにされた気分になりました(>_<)

なんとも残酷な!そして頭が悪すぎる男たちの所業!

男がバカなのはいつの時代もどんな国でも変わらないんですよね(>_<)

同じ人類としてホント恥ずかしくなってくる。

この漫画に出てくる男たちのバカさ加減にはもうホトホト疲れ切ってしまう(-_-;)

たぶん読んだら気分が悪くなってしまうと思うけど、とにかく世の中の女性たちみんなに読んで欲しい作品だ!

男なんて所詮はこんなもの。

たとえどれだけ時が経とうが、男という細胞の中には、女を自分の家畜や性処理道具としか見えていない元素が含まれていると思う。

21世紀に入ってもこれだけ性犯罪が減少してゆかないのがいい証拠だ。

そんな状況の中、これからも女たちは逞(たくま)しく生きてゆかなければならないのです(>_<)

だから、時々はこういう作品を読んで、男という生き物を再確認しなければいけないわけで…!

読んでてホント辛かった内容だったけど、すべての作品が一応ハッピーエンドの形で終了しているので、それがちょっとだけ救いです(^^;)

ただ・・・

まるしーから見たら4作全てがハッピーエンドじゃなくて、バッドエンドですけどね・・・(>_<)

一応、ラストに悪い男たちがみな断罪されることになるんですが、それまでの地獄を考えたらまったくハーピーエンドとは思えない!

しかし・・・

私たちは嫌でもこの作品を読んでおくべきだと思います(>_<)

自分たちの未来のために…

『中国孕ませ工場』の立ち読みはコチラから♪

↓↓↓↓↓↓↓
>>>まんが王国
サイト内で『ちゅうごくはらませ』と検索して下さい♪

 

中国孕ませ工場のネタバレ

中国孕ませ工場の内容

この漫画は、いろんな時代のいろんな国で起こった女たちや子供たちの悲劇が描かれたお話のオムニバスです♪

次の4作品が収録されてます。

1.中国孕ませ工場

2.人買いの檻 リリアーヌとエディー

3.小さな命

4.死の育児法

全作品に渡って、女性の悲惨な人生や、子供たちの悲しすぎる末路が赤裸々に描かれたヒューマン作品集で、

どの作品もしっかりと描かれた内容ですが、あまりにも残酷で理不尽なシーンがいっぱいあるので、

女性の人が読むと、気分がわるくなってしまう方がいると思います(>_<)

しかも、描く絵に定評がある空路さんだけあって、より迫力ある作品に仕上がっているんです。

特に、今作のタイトルにもなっている『中国孕ませ工場』に関して言えば、ほんの数年前に実際の中国で起きた事件がベースになっているんです。

だから、その圧倒的にリアルで生々しい犯罪現場の状況がたまらないほど残酷で痛々しく悲惨な物語でさぶいぼが収まらない。

正直、その惨(むご)すぎる内容に吐き気を覚えるかもしれませんが、

他の漫画にはない強いメッセージが込められた良い作品だと思います(^^)

普段はサスペンスものや、不倫モノが好きなまるしーですが、

たまには女の魂を揺さぶってくるこんな作品を読むべきだな~と改めて感じた1作です(^^;)

それでは、全4作の内容を簡単に紹介させてもらいますね~♪

あくまでもダイジェストなので、まるしーの記事を読んで興味がわいた人は現物を読んでみてください~(^^)

人として生きる上で、大切なキーワードがたくさん詰まった漫画だと思いますよ!


>>>中国孕ませ工場

2015年に中国で実際に起きた犯罪事件のお話です。

もう~とにかくタイトルと絵だけを見てもその悍(おぞ)ましいストーリーが想像できる作品です。

中国は四川省の貧しい農村で生まれ育った14歳の少女が、ある日突然なぞの男たちに誘拐され、

女をさらい子供を孕(はら)ませる工場に納品されるところから物語が始まります。

そこでは、鉄格子に囲われた不衛生な牢獄のようなスペースに何百人もの女たちがとらわれていた。

毎日何人もの女たちが凌辱され、強制妊娠を強いられているのである。

その残酷な行為は、つい最近になって初潮を迎えたばかりのヒロインにも否応なく実行される。

飢えと悪辣な環境のなか、一人、また一人と女たちが命を失ってゆく・・・

まともな食事さえ与えてもらえない女たちが生んだ子供のほとんどは栄養失調状態で、

それでも、あらゆる手段を使って、その産まれたばかりの赤ん坊たちを男たちが金に換えてゆく。

そこはまさに女たちにとって生き地獄の世界だった・・・

ヒロインの少女は信頼できる仲間と協力して、命がけの脱出劇を演じ、この悲惨な牢獄から脱出しようと試みるが・・・

 

とにかくその圧倒的なリアリティに驚愕してしまう作品。

異国とはいえ、まかさこんなことが現実の社会で行われているとは?

どこまでも女性をモノ扱いして、金のために女を虐げる男たちに殺意さえ覚える残酷な内容でした(>_<)

まさにカルチャーショックです!

まるしーはこの作品が一番、衝撃を受けたし、女性としてショックでした(>_<)

最初の作品でもうメンタルをズブズブに砕かれた気持ちになった恐ろしい作品です。

こんなこと絶対に許せない!


>>>人買いの檻 リリアーヌとエディー

このお話は、架空の国が舞台となる物語です。

とある国で王様から一つの町を治めていた一族が、ライバルの地位にあった人間の陰謀で裏切り者の汚名を着せられた。

領主であった父は、島流しに合い、残された母親と姉弟は悪い人間に騙されて人買いの集団のもとへ送られてしまった。

そこで、美しい姉は人買い集団の統領(とうりょう)から慰み者とされ、弟は奴隷として過酷な労働を強いられた。

毎日のように統領から凌辱される地獄のような日々を過ごす中、姉は弟にこっそりと食べ物を与え、自分の身を削りながら弟の命を守っていた。

そんな生活が1年も続いたころ、奴隷仲間たちから弟が

”お前の姉さんは統領の色(いろ)だ”と聞かされる。

ショックを受けた弟は、その日以降、姉から渡されるモノの一切を拒否した。

何を言おうとまったく聞く耳を持たない弟の態度に、姉は絶望した。

そんな弟の態度を見て、奴隷仲間の一人は弟に言った。

「お前の姉さんが領主からもらっているのは、お前のものばかりだ」

初めて、姉の愛情に気づいた弟はその時、命がけの決断をするが・・・

 

人買いの恐ろしい現実と、美しい姉弟愛を描いた物語で、異国ではよくこんなことがあったんだろうな~と想像するストーリーでした。

結局、最後に悪い人間たちが断罪されてハッピーエンドで終わるんだけど、姉が凌辱された事実は決して消えないんですよね~(>_<)

思うに、この物語もそうとう悲惨で悲しいお話でした(>_<)


>>>小さな命

このお話も、舞台をA国、B国と名付けて国名を明らかにしていないが、

どこかアジアで貧富の差が激しい2国間の話だと思う。

簡単に紹介すると、富めるA国で入院する腎臓移植を受けたい重病の少女が、

貧しいB国の少女から惨(むご)たらしい経過を経て腎臓を提供してもらう話です。

父親に先立たれ、母親が昼間はゴミの山からプラスチックを拾って金に換え、夜は売春婦として金を稼いでいる家族が主人公だ。

家族には3人の子供たちがいて、末っ子の弟は生まれつき足が悪くてうまく歩けない。

そんな弟と母親を助けるために、自分で腎臓を売ることを決意する次女の物語。

最後、この次女にはすごく悲しい結末が待っていて、ストーリーとしてはハッピーエンドなんだけど、

なんかまったく救いのない悲しいお話でした。

とにかく次女のヒロインがいい子すぎて泣けてくる(T_T)

これほど貧しいという環境がもどかしいと思ったことがない。

この話を読んで、まるしーはリアルに涙を流してしまいました(>_<)


>>>死の育児法

西暦1200年代初頭、神聖ローマ帝国で起きたある悲しい出来事が描かれているストーリーです。

たぶんこの国ではおとぎ話のようなポジションで語り継がれているお話なのでしょう(^^;)

母から全く愛情を注がれず先立たれた国王が始めたある実験の話。

その実験の中身とは、

ランダムに夫婦を選び出し、これからその夫婦たちの間に生まれてくる子供には一切の愛情を注がせてはならない!

とい人道的にありえない実験だった。

母親は、子供に語り掛けることも、笑いかけることさえ禁じられてしまったのだ。

子供には、食事を与えることと最低限の身の世話しかしてはならない。

実にバカげた実験だった。

生まれてから母親に一切の愛情をもらえなかった子供は一体どうなってしまうのか?

衝撃の結末が心を震わせます!

ものすごく腹立たしいストーリーだけど、改めて分かったことが1つありました(-_-;)

子供ってやっぱり親の愛情が必要なんだということ。

そして・・・

この物語も最後はハッピーエンドであるかの如く終わっているけど、

ヒロインの赤ちゃんが受けた仕打ちを考えるとまったく納得できない心境だ。

こんなバカげた実験をしようとした国王は、たとえ自分の勘違いが招いた狂気だったとしても、

自分の命をもって償うべきだ!

この国王も絶対に許せない(>_<)


と…まぁ悲惨すぎる女の運命がつづられた4作品のオムニバスなヒューマンサスペンスです。

とにかく重くて脂っこい内容なので、この作品からにじみ出る不幸オーラに取り込まれないよう、

自分をしっかり持って、最後まで完読しましょう(^^;)

学ぶべき要素がたくさん散りばめられたヒューマンコミックだと思います♪

 

『中国孕ませ工場』の試し読みはコチラから♪

↓↓↓↓↓
>>>まんが王国
サイト内で『ちゅうごくはらませ』と検索してください♪

中国孕ませ工場の感想

収録されている4作品全部を読み終わったときの率直な感想は…

「とにかく疲れた!」

もう~情けないわ、腹が立つわ、涙が溢れてくるわで、激しく揺さぶられる感情をコントロールのが大変でした(>_<)

特に『中国孕ませ工場』の話なんてほんの数年前の中国で起きた事件なんです。

いまだにあんな酷い事件が起こってるなんて・・・(>_<)

実際あの現場を想像しただけで身震いが止まらなかった。

特に、中国という国は、この手の犯罪集団が後を絶ちませんから、迂闊に中国の農村地域に観光なんて行けません(>_<)

ちょっと日本とは次元がちがう治安の悪さだ!

しかし・・・

なんで男ってあそこまで短絡的でな考え間抜けな行動ができるんだろう?

やってる行動や犯罪がバカすぎて、同じ人類として情けない気持ちになってくる。

古来、女はいつも男の始めたくだらない戦争の犠牲になってきた。

男はいつも奪い、女はいつも与えてきた。

それは今の時代もまったく変わってないんだろう・・・

こんな漫画を読むとつくづくそう思ってしまう。

いつになったら男は、女が自分と同じ人間なんだと理解することができるんだろう?

ホントに男ってバカで能無しだ!

腹が立ってしょうがない!

だけど・・・

一番腹が立つのはそんなバカな男に一喜一憂して胸をキュンキュンときめかせていた若き日の自分自身だ(>_<)

あああ~腹が立つ。

無料試し読み

今、紹介した

『中国孕ませ工場』

『まんが王国』
『ebookjapan』などの

大手電子コミックサイトで
配信中の漫画です~♪

上で紹介した二つのサイトは

サイト管理人のまるしー
いつも利用してるコミックサイトなんです~♪

特に、スマホユーザーをターゲットにした

『まんが王国』さんなら

会員登録なしで、

たくさんのコミックが
試し読みできちゃうお店なんですごく得で、

実際のところまるし―は、
かなりのヘビロテでお世話になってるんです~♪

『中国孕ませ工場』の試し読みはコチラから♪

↓↓↓↓↓
>>>まんが王国
サイト検索窓に『ちゅうごくはらませ』と打ち込んで下さい♪

『中国孕ませ工場』の関連記事

中国孕ませ工場のネタバレ!『人買いの檻』に見た屈辱の運命!

2018.03.10

中国孕ませ工場のネタバレ!実話だからこその恐ろしい現実

2017.12.20

空路さんの他作品

残飯少女のネタバレ!壮絶な虐待がテーマの5作品オムニバス!

2018.06.28

スポンサーリンク