よく宗教勧誘に来る…のネタバレ!さらっとスゴイことが描かれてる!

スポンサーリンク




これはもはや暴露マンガだ!

二世信者として厳しく育てられた著者が自身の日常生活を余すことなく描きつくす!

 

それはまさに彼女が実際に体験した

禁止だらけの息苦しい毎日だった・・・

 

いしいさや さんが描く衝撃の実録漫画!

『よく宗教勧誘に来る人の家に生まれた子の話』

なんか凄い作品が世に出てしまいました~!

 

今までベールに包まれていた新興宗教へ入信した人たちのリアルな日常。

 

これを読むと、あの時、変わった行動をとって先生を困らせてたクラスメイトのことが理解できた^^;

よく宗教勧誘に来るの見どころ

この漫画は、キリスト教系の新興宗教である『エホバの証人』に入信した母親に、二世信者として育てられた著者が、

実際に過ごしてきた子供の頃のリアルな日常を余すこと無く描いたドキュメント漫画です!

 

絵柄がやわらかい感じなので、アットホームな内容に見えてしまいますが、

 

「さらっとスゴイことが描かれてる!」

 

実際に中身を読んでみるとビックリするような内容が綴られているんです(*_*)

 

学校の友達との交際禁止、漫画や一般娯楽も禁止、輸血も禁止。

学校で国家を歌うことも、給食の肉を食べることも、運動会の騎馬戦も禁止。

 

とにかく禁止だらけの窮屈な少女時代を過ごしてきた著者でヒロインのいしいさやさんの告白漫画。

 

彼女が過ごしてきたある時期までの信者生活はとても生きづらい毎日だったようで、

この漫画を読むとその様子がよくわかります(>_<)

 

普段はまったく知ることのないエホバ入信者たちが過ごしてる日常の生活状況や、入信者同士でどういった会話をし、一体どんな活動をしているのか?

 

そんな彼らの生活を覗き見できるのがこの漫画最大の見どころです♪

 

そして、読んでみるともの凄く興味深い内容だった(^^)

 

サイト主のまるしーは生まれてこのかた宗教とはまったく無縁の生活をしてきたので、

この漫画に描かれた新興宗教の入信者たちが送る日常生活の様子はまさにカルチャーショック!

 

作中に出てくる『世の子』・『サタン』・『姉弟・姉妹』・『注解』などという団体特有の使用言葉がそのリアルな日常生活をさらに生々しく映し出します。

 

彼らの考え方の良い悪いは別にして、私たちが知らない”世界”のことをたっぷり教えてくれる面白い作品でした~♪

 

『よく宗教勧誘に来る…』の立ち読みはコチラ♪

↓↓↓↓↓
>>>まんが王国
サイト内で『よくしゅうきょう』と検索してください♪

 

よく宗教勧誘に来る… ネタバレ

この漫画の内容は?

著者が実際に体験した子供の頃の入信者生活が日記風にまとめられたエッセイ作品で、そのエピソードごとにお話があります。

 

一つのドラマとしてストーリーがあるわけではなく、時系列も前後して語られているという内容です。

 

主人公の少女・さや が、新興宗教に入信した母親に厳しい躾(しつけ)を受けながら成長してゆく姿を追ったドキュメントなホームドラマ。

 

全部で11話のエピソードで綴られた内容は、全てがヒロイン・さやと母親、その信者たちとの特殊な関係を表すエピソードで、

あっと驚く生活習慣や決まりごとの内容に普通の読者は衝撃を受けるでしょう(>_<)

 

この漫画に対する他の入信者たちのコメントは、

「その通りだ!」といったこの漫画の内容を肯定する意見や、

「違う部分がある!」

という部分的に否定している意見もあり、反応は様々でした^^;

 

ただ・・・

本作で使われている”業界用語”的な言葉は本物のようで、限りなく真実に近い内容が描かれているんだな~と想像することが出来ます^^;

 

今回は、本作に描かれた全部のエピソードと、それぞれ内容のダイジェストを紹介してゆきたいと思います~♪

 

ギョエッ!ってビックリするお話が満載の面白い告白漫画ですよ~(^^)

 

よく宗教勧誘に来る人の家に生まれた子の話

その1:「私のお母さん」

小学生のヒロイン・さやが同級生のお家に遊びに行く話。

 

普通に笑顔をで行かせた母親が、返ってきた娘に言った言葉が衝撃的です!

 

母親が入信している新興宗教では、自分体以外の人たちのことを”世の子(世の人)”と言い、

入信者の仲間のことを年齢に関わらず男性を”兄妹”、女性を”姉妹”と読んでいるんです^^;

 

第1話からいきなり衝撃のエピソードが語られる!

 

その2:「わたしの1週間」

ヒロイン・さやが過ごす日常生活が描かれたエピソードで、

入信者が日頃どんな生活をし、どんな活動をしているのかが描かれています♪

 

小学生ながら、母親や”姉妹”たちに小難しい”エホバ”の心理を説かれる さや。

 

あとは、”奉仕(ほうし)”と呼ばれる布教活動の実態をリアルに描いてます。

 

その光景は決して虐待とかではないんだけれど・・・(>_<)

 

そして・・・

入信者同士でおしゃべりしてる世間話の内容がスゴイ!

 

その3:「ツバメは楽園に行けない」

母親と一緒に布教活動をしてるときに起こった色んなエピソードの話。

 

クラスメイトが暮らす家にも母親とさやが”奉仕”に訪れるんですが、その時のさやの心情が切ない(>_<)

 

これはちょっと可愛そうだった!

 

その4:「サンタさんはいない」

エホバでの教えでは誕生日のお祝いをしてはいけないルールがあるらしく、

もともとそれはもともとは”異教”のお祝いだからという理由で、

さやの母親はその範囲をクリスマスまで広げていた。

 

親戚同士が集まって誕生日のお祝いやクリスマス会などに参加したさやと母親の行動がなかなかシュールなエピソードでした(^^)

 

その5:「お母さんの鞭(ムチ)」

さやと母親の間で成立する”罰(バツ)”のお話。

 

この親子の間には、さやが母親に聞き分けのない事を言ったりすると、ある罰則があります^^;

 

ソレが何かというと”鞭打ちの刑”です。

母親が信じる”聖書”に書かれた否応なく親に対して従順であることを義務付けられたその子供たちが受ける鞭(むち)の実態は?

 

さや以外の子たちも普通に鞭打ちされているその日常風景がかなりのカオスです^^;

 

その6:「いっぱいあるよ」

学校で肩身のせまい思いをしてるさやの日常が描かれているエピソード。

 

特にイジメられているわけではないけども、何かと学校のルールに従わないさやはクラスでもかなり浮いた存在。

さやとしては学校で波風立てずに生活したいのだが・・・

 

この回は、さやの息苦しい学校生活が浮き彫りになってる切ないお話だった(>_<)

 

その7:「性のめざめ」

エホバの教えもあって、への目覚めが早かったさやが、娯楽の少ない日常で覚えた性の遊び

 

教団が作成した教育用の本を読んださやが、小学生の若さで始めた性への冒険とは?

 

気軽に友達に聞けない状態は、こういう結果を招くのかな~^^;

 

その8:「好きな人ができたけど」

さやの淡い初恋エピソード。

友だちがいないさやは、高校生になった頃、毎日休み時間は図書室で過ごしていた。

 

そんな時、大人しくて読書好きの男子生徒に話しかけられて・・・

 

なんと・・・

さやが男子生徒から告白されるんです!

 

しかし・・・

人生で初めて告白されたさやの答えは辛い内容だった・・・

 

まぁ~

ソレはしょうがないのだけれど…

 

その9:「大好きなおじいちゃん」

さやが大好きだったおじいちゃんが亡くなるエピソード。

 

信者じゃないおじいさんとの交流が何よりも居心地が良かったさや

 

だけど・・・

そんなおじいちゃんがガンでなくなってしまい、おじいちゃんの葬式でまたちょっとしたトラブルが・・・

 

宗教 VS 冠婚葬祭。

 

いつものやり取りが繰り返される。

 

その10:「お母さんの入院」

さやが中学生の頃、母親が倒れて入院した時のエピソードが描かれています。

 

エホバの教えで、輸血を禁じられた母が、病名はわからないが輸血を必要とする手術が必要になった!

 

その時にさやの父親がとったある行動と、その結果。

 

ここで初めて申し上げますが、さやの父、つまり母親の夫はエホバの信者ではありません^^;

 

つまり”世の人”です。

エホバ信者には”あるある”な医療エピソードだろうと思います^^;

 

その11:「楽園にいけなくても」

さやが母親と決別するエピソード。

この話は、ずっと母親の考えのもと生きてきたさやが、初めて母に自分の考えを告白する内容で、

今までの生活全てが苦しかったことを涙ながらに母親へ訴えるさや。

 

すると・・・母親は?

この回の話はスゴく重くて深かった。

 

ただ・・・

母親がさやの幸せを考えて行動していたこともわかったグッとくるエピソードでもある。

 

ちゃんと母親にも子への愛があったのがせめてもの救いだ^^;

 

その12:「自由になれたら」

最終回のエピソードです(^^)

エホバの教えから解き放たれたさやは、信者時代には考えてなかった大学進学という道を進む。

 

大学生活で今まで経験できなかった普通の人たちの日常を過ごすさや

 

{わたしは自由になったんだ}

 

宗教の抑圧から開放されたさやは色んなことを経験してゆくのだが・・・

 

エホバの信者から一般人になったさやを待っていたものとは・・・?

 

ラストページでさやが語った言葉がすごく印象的だった――。

 

「あとがき」

あとがきは著者自身がこの漫画を描き始めるきっかけとなったエピソードなどが綴られています。

 


 

以上、12話のエピソードと、プラス『あとがき』からなる赤裸々なリアルドキュメント漫画でした♪

 

一応、1巻で完結する物語なんですが、内容的に言って、もしかするとシーズン2があるかもしれません(^^)

 

まだまだ知りたいことはたくさんある世界の話なので、著者には今度はまた違った角度から新興宗教のリアルな内側を描いて欲しいな~♪

 

『よく宗教勧誘に来る』の試し読みはコチラ♪

↓↓↓↓↓
>>>まんが王国
サイトTOPから『よくしゅうきょう』と検索してください♪

よく宗教勧誘に来るの感想

なんか気負うことなく素直な気持ちで、著者が実際に体験した新興宗教に入信してた頃の生活を描いた感じで、

作ったようなウソっぽさが読んだ感じでありませんでした♪

 

まさにリアルなその世界のお話。と言った感じですごく興味深く読ませてもらいました(^^)

 

正しい、正しくないは別にして、この漫画に描かれてあるような生活をしている信者の人たちが、

実際にたくさんいることが一つのカルチャーショックでした!

 

今や、インターネットの時代で、簡単にいろんな情報が手に入る世界です。

 

そんな中、特殊な教えのもとで、世の中の人達とはまったく違う価値観をもって生活している人たち。

 

一体、彼らをそこまで本気にさせるものとは一体どんな教えなんだろう?

 

果たしてそれは教えなのか…?

 

アノ人たちは何に共感して、どんな言葉に心を動かされたのか?

 

自分の運命だとか、世界の崩壊だとか普段からまったく考えたことのないまるしーには不思議に思うことがたくさんあった。

だから、主人公がラスト12話で語った言葉ってすごく感慨深いモノがあるんです。

 

果たして私たちが今生活しているこの世の中のルールは本当に間違っていないのか?

 

新興宗教の教えを守りながら生活している信者たちの生活と、われわれ普通の人々の生活。

 

人として生活してゆく上で一体どっちの暮らしが人間として当たり前なのか?

 

この漫画を通して色んなことを考えるきっかけになりました^^;

 

そう・・・

まるしー夫婦の食卓では、この『よく宗教活動…』に描かれてあった内容を巡って、夫婦でいろんなことを話し合いました^^;

 

そしてその時思ったんです。

 

あれが正しい、これが間違っている。という一つの答えを出すんじゃなくて、

なんの固定観念も持たないで、思ったことを話し合えるってことがいちばん大事なんだろうな~って(^^)

 

やっぱり、一元論者(いちげんろんしゃ)ってのが一番怖いですね(>_<)

 

人の思ってることや、してることを最初から色眼鏡で見るのはやっぱりよくない。

 

ちゃんと一旦は自分の中に入れてみるべきだと思う!

 

そして・・・

一旦、まるしーが入れてみたエホバの教えは・・・?

 

やっぱり理解できない^^;

これもまたしょうがない…

無料試し読み

今、紹介した

『よく宗教勧誘に来る人の家に生まれた子の話』

『まんが王国』
『ebookjapan』などの

大手電子コミックサイトで
配信中の漫画です~♪

上で紹介した二つのサイトは

サイト管理人のまるしー
いつも利用してるコミックサイトなんです~♪

特に、スマホユーザーをターゲットにした

『まんが王国』さんなら

会員登録なしで、

たくさんのコミックが
試し読みできちゃうお店なんですごく得で、

実際のところまるし―は、
かなりのヘビロテでお世話になってるんです~♪

 

『よく宗教勧誘に来る…』の試し読みはコチラから♪

↓↓↓↓↓
>>>まんが王国
サイト検索窓に『よくしゅうきょう』と打ち込んで下さい♪

『よく宗教勧誘に来る…』に関連した作品はコチラ♪

カルト宗教信じてました(漫画)ネタバレ!洗脳から抜けだした女性の体験記がエモい!

2018.08.19

スポンサーリンク