潜熱(漫画)ネタバレと感想! 痺れるくらい危険なヤクザとの恋

スポンサーリンク




その恋はかなりヤバいんだけど…

 痺れるくらい危険なヤクザとの恋!

 

野田彩子さんの描いた衝撃のラブストーリー

潜熱を読みました~♪

『潜熱』とは?

この潜熱という作品は、
月刊IKKIの公式サイト
イキパラにて公開されていた短編作品だったものが、

 

あまりの反響の良さで、連載になったという幻の作品なのです♪

 

ストーリーは、内気で世間知らずの女子大生が、ヤクザをしてしまう物語で、

 

中年オヤジと女子高生の恋を描いた大ヒット作『恋は雨上がりのように』などと同じカテゴリーの

 

おっさん系ロマンス作品です♪

 

おばさんロマンス作品の年下くんとの恋物語も人気がありますので、

最近はちょっと、
年の差ギャップ恋愛の人気がかなり高まっているようですね!

 

ただ・・・

本作の場合は、
相手がヤクザなだけに普通のギャップ恋愛ではなくて、

やってはいけない
「道ならぬ恋」ということになりそうです(>_<)

 

でも・・・

女は一度は憧れるもんなんです。

 

痺れるくらい危険なヤクザとの恋。

 

絶対に好きになってはいけない相手を愛してしまった女子大生の恋の行方は・・・?

 

『潜熱』の立ち読みはコチラ♪
↓↓↓↓↓
>>>まんが王国
サイト内で『せんねつ』と検索して下さい♪

 

潜熱 ネタバレ

主人公の岡崎瑠璃(おかざきるり)は、

大学1年の夏休みに生まれて初めてアルバイトをしました。

 

内気な彼女にとっては、大冒険となる、コンビニでのアルバイトです。

 

少しずつレジ打ちにもなれてきた頃、

「6ミリふたつ!」
と言って、煙草を買いに来た常連さんを接客することに、

 

「えっ・・?」

当然、初めてで何の銘柄かわからない瑠璃。

 

しかし、その時、
隣りにいた先輩スタッフが、フォローしてくれました。

 

あとで、煙草を吸わない瑠璃は、その煙草の銘柄は人気があって銘柄を言わない人が多いということを教えてもらいます。

 

今の常連さん・・・

{なんか・怖そうな人・・}

 

翌日、またその怖そうな男性客が来店しました。

 

するといきなり横から割り込んできた客を蹴り上げ、

「割り込むなよっ!」

と、ドスの利いた声で脅しつけ、

いつものように、
「6ミリふたつ!」
と、煙草を注文してきました。

 

目の前で起こった暴力シーンに緊張しながらも、さっと、煙草を差し出した瑠璃。

 

するとその男性客は、

「さっとでたね!えらいえらい♪」

と言って満足そうに笑って帰っていったのです。

 

その光景を横で見ていた先輩スタッフは苦々しい表情で、

彼はたぶんヤクザで、よくこの店で他のお客さんと揉め事を起こす「問題あり」の客だと説明します。

 

 

{ヤクザ・・・恐い人・・?}

 

高校まで、ずっと女子校で育った瑠璃はその日、初めて暴力を振るう人の姿を見たのです。

 

確かにビックリはした・・・

けど・・・

瑠璃にはそこまで恐ろしいという感情はあまりなく、

ただ・・・

少し彼の事が気になったのです。

 

そして、
翌日もそのヤクザは店に現れて…

 

その日の彼は電話をしながら店にやってきてレジの前に立ちました。

 

「どうも…ノセガワです。」

 

いつもの煙草を2つ出しながらヤクザの名前が「ノセガワ」だと知った瑠璃。

 

この日は、電話をしながらのレジ精算でした。

 

彼は、電話の相手と人懐っこい笑顔で話していて、よく見ると、彼が持つ携帯電話にはかわいいストラップも付いていたのです。

 

{笑顔…かわいいな。}

 

ヤクザだと聞かされている人なのにのことが気になってしょうがない瑠璃。

 

そんなことを思った翌日、
彼女はとうとう絶対にやってはいけない行動をとってしまうのです(>_<)

 

止められない衝動。

自分の心の中に未知なる熱い火が灯るのを抑えられない!

そして、ついに瑠璃の危険な恋心が動き出す・・・

 

動き出す衝動

その日は突然やって来ました。

ある大雨の夜、

バイトを終えた瑠璃は、店から帰る直前、

煙草を買いに来たノセガワを見かけます。

 

ちょうどその時、傘を忘れた瑠璃は店で販売しているビニール傘を買おうか迷っていたところでした。

 

この時、素直に傘を買って帰っていればあんな辛い恋はしなくてすんだのですが、

 

彼女は、手に持った傘を売り場に戻して、

店を出てゆく、ノセガワに声をかけました。

 

「こ・こんばんはっ」

 

その1分後、
彼女は、ノセガワが乗る運転手付きの車の中にいました。

 

ノセガワは後部座席、瑠璃は助手席に座っています。

 

内気な瑠璃がなぜこんな大胆な行動をとったのかは、自分でもわからないのです。

 

{ヤクザの車に乗ってしまった!}

 

緊張で落ち着かない瑠璃。

車の中では、言葉少なな会話が始まります。

まずはお互いの自己紹介。

 

ノセガワは
逆瀬川という名字だと言うことを知ります。

 

なにげない会話の中、車内で面白半分に煙草を勧められた瑠璃。

 

その日、車内でのやり取りは他愛もないやり取りで終わり、

やがて、車は目的地である瑠璃の家に到着しました。

 

別れ際、
お礼を言った瑠璃は、もう一度彼を引き止めて、

「わ・わたし、あの・・」

 

「逆瀬川さんと話してみたくて・・」

 

「うれしかったです…」

 

ほとんど告白するようなセリフを逆瀬川に投げかけてしまった彼女。

なんとも言えない男と女の甘い空気がその場を包みこむ・・・

 

危険な接点

逆瀬川に車で家まで送ってもらった翌日。

携帯電話がないことに気づく瑠璃。

「えーーっ!どうしよう!」

 

落ち込む瑠璃の前で、家の電話が鳴ります。

 

なんとその電話は、瑠璃の携帯からかけられたもの!

慌てて出てみると
相手はあの逆瀬川だった・・・

 

昨日、車の中に瑠璃が忘れてしまったのです。

 

その日の午後、

彼女は、逆瀬川の事務所に携帯電話を取りに行くのですが、

彼の事務所とそこにいる人相の悪い人たちを見て、完全に逆瀬川はヤクザの親分だと知ってしまう瑠璃。

 

彼女は改めて今置かれた自分の状況に恐怖を感じるのです。

 

{わたし…どうなっちゃうんだろう?}

 

しかし・・・

目の前にいる逆瀬川はいつもと変わらず優しい口調で、

 

「ごめんね、今朝まで携帯のこと気づかなくて」

「困ったでしょ?」

 

と、瑠璃を優しく気遣ってくれたのです。

世間知らずで、男性経験が乏しい彼女は、大人の男性の何とも言えない無骨なその優しさに、

思わず心を奪われてしまう・・・

 

別れ際、瑠璃が自分に興味を持っていると悟った逆瀬川は、携帯の番号を書いたメモを彼女に渡しました。

 

すると・・・

そのメモを受け取った瞬間書かれてある番号に電話をした瑠璃・・・

 

着信完了!

 

この日、二人の全く違う人生が繋がってしまったのです。

 

そして・・・

それは、瑠璃にとって、絶対に繋げてはいけない相手とのつながりだったのです。

 

瑠璃と逆瀬川にできた一つの接点は、やがてからとなり、

断ち切り難いとなってゆくわけです・・・

 

ここから先の危険でスリリングな瑠璃の恋は本編現物でお楽しみください~♪

 

潜熱』の試し読みはコチラ♪
↓↓↓↓↓
>>>まんが王国
サイト内で『せんねつ』と検索して下さい♪

潜熱の感想

本作は、雰囲気のあるヤクザの組長と、内気な女子大生との危険な恋のお話ですが、

行間たっぷりの
セリフまわしが、なんかエロティックな情緒があって興奮するんです♪

 

正直、この作家さんはうまいです!

 

絵はちょっと癖のある特徴的な雰囲気で、もしかしたら好き嫌いがあるかものしれませんが、

 

内容はすごく面白かった~♪

 

ヤクザ女子大生という組み合わせも「ゾクッ」とするワクワク感があります(^^)

 

今のところ、逆瀬川というヤクザが本性を表してないぶん、

大人の男の包容力とミステリアスな魅力だけが全面に出ている状況で、

 

いわばヤクザの一番カッコイイ部分だけを瑠璃ちゃんは見ている状態。

 

こういう人種のおじさまって、表面的には優しくて魅力的なんですよね♪。

 

そして、いつしか深みにはまって地獄を見る(^_^;)

 

まぁ・・・
今のところ地獄に向かっているかどうかはまだわかりませんが、

 

決して素晴らしいハッピーエンドの結末を迎えるとは思えないのも正直な感想です^^;

 

この先、瑠璃ちゃんは切なくてしょっぱい大人の恋愛を経験することになるのでしょうか?

 

ただ・・・

瑠璃ちゃんが逆瀬川のどこに惹かれたのかが未だにもう一つよくわからない・・・?

 

それって、
サイト主のまるし―にはない感覚だからかな~?

 

でも・・・

昔、友人にアウトローな男性ばかりに興味を持つ女性の知り合いがいたので、瑠璃ちゃんみたいな女子がたくさんいることは知っているのです。

 

何なんでしょうかねー?

この分かってて危険に近づいてしまう女の衝動って?

 

まさに ”潜熱”

心の奥底に眠っている熱い危険な恋心といったところですね!

 

ここから先に瑠璃ちゃんが経験する危険すぎる恋の行方がとても気になります^^;

 

>>>『潜熱』1巻後半のネタバレ

 

2巻の発売決定

連載していた雑誌が廃刊になって、連載がストップしていた『潜熱』の新しい単行本が発売されます~(^^)

 

第2巻の発売日は、2018年5月18日です。

 

瑠璃と逆瀬川の恋の続きがまた読めるなんて・・・

 

とにかく嬉しいニュースでした♪

雑誌『ヒバナ』からマンガアプリの『マンガワン』へお引越ししていたんですね~(>_<)

 

瑠璃の純愛がこのあとどう展開されてゆくのか?

とにかく見逃せないです♪

潜熱の無料試し読み

今、紹介した

『潜熱』

『まんが王国』
『ebookjapan』などの

大手電子コミックサイトで
配信中の漫画です~♪

 

上で紹介した二つのサイトは

サイト管理人のまるしー
いつも利用してるサイトでもあるんです♪

 

特に、スマホユーザーをターゲットにした

『まんが王国』さんならら

面倒な会員登録なしで、

たくさんのコミックが
試し読みできちゃうお店でかなりお得です♪

 

実際のところまるし―は、
かなりヘビロテでお世話になってるんです(^^)

 

知らなかった人は
もったいないからすぐに
利用した方がいいと思いますよ~

 
なんたって店員さんの目を
気にせず立ち読みし放題なんですから~♪

 

『潜熱』の試し読みはコチラ
↓↓↓↓↓
>>>まんが王国
サイト検索窓に『せんねつ』と打ち込んで下さい♪

『潜熱』の関連記事

潜熱(漫画)ネタバレ 3巻!危険すぎる恋の結末とは?

2018.10.13

潜熱(漫画)ネタバレ 2巻!覚悟した瑠璃のぎこちないキス!

2018.05.19

潜熱(漫画)ネタバレ!1巻の後半ではさらに危険な香りが…

2017.07.31

スポンサーリンク