過去からの使者のネタバレ立ち読み!過去の自分を謝罪しろ!

「謝罪しろ!」

さもなくばお前に災いが降りかかる

 

物語は、主人公に届いたこのメールから始まった。

 

少年時代にやっていた心無い行動のツケが、順調満帆な生活を送っていた人気作家に回ってきた!

 

その小説家は、誰よりも自信家で、傲慢なうえに冷徹な男だった。

 

そんな男を過去からやって来た復讐の使者たちが追い詰めてゆく・・・

 


  北村永吾
さんの最新シリーズ!
衝撃の謝罪要求サスペンスが発売!

過去からの使者 ~悪因悪果~

少年時代の罪が大人になった今になって追及され始めた。

 

小学生時代からのクラスメイトが不可解な自殺をしたことから始まってゆく恐怖サスペンス!

 

「謝罪してくれ!」

ある日、主人公の小説家に要求してきたのは昔のクラスメイトだった・・・

過去からの使者の見どころ

『怪人X』では、猟奇的な殺人犯の男をみごとに描きあげた北村永吾さんの最新作です~♪

 

今回の作品も、生々しい人間のエゴ恨みつらみが盛大に盛り込まれたヒューマンサスペンスなストーリーになっております~^^;

 

読み進むほどにページをめくる指先のチカラが強くなってくる内容で、

読み終わった後も、物語の続きが気になって仕方ない気持ちにさせられてしまいます(>_<)

 

全体のあらすじとを紹介すると…

 

今をトキメク人気小説家・速水康雄のパソコンメールに送られてきたメッセージ。

そこには、

『謝罪しろ』

『さもなくば お前に災いがふりかかる』

というメッセージと、URLの誘導リンクが記載されていました。

 

誰から送られたのかわからないこの怪しいメールが、

この物語の大きなキモとなって、様々な過去の人間関係が浮き彫りになってゆきます。

 

決して善良な人間ではない主人公・速水と、彼に恨みを持った人間たちとの壮絶なバトルは、

どちらが正義で悪なのかは別の次元で激しく白熱してゆきます。

 

人間の恨みつらみはここまで人の人生を変えてしまう(>_<)

 

そんな恐ろしくも、なにかもの悲しさが溢れるヒューマンサスペンスな内容なのです(^^;

 

今のところ、『松本清張作品』のような世界観で物語が進んでますので、

そんなサスペンスドラマが好きな方にはおススメのコミックだと思いますよ~(^^)

 

まんが王国の先行配信

『過去からの使者 』は今、

『まんが王国』だけで先行配信されいてる作品です♪

 

なので・・・

興味のある方は、コチラでまず立ち読みしてください~♪

 

『過去からの使者 』の立ち読みはコチラ♪

↓↓↓↓↓
>>>まんが王国
サイト内で『かこからのししゃ』と検索して下さい♪

 

ちなみにこの『まんが王国』は、

会員登録しなくても無料で立ち読みできるありがたいコミックサイトです(^^)

 

サイト主のまるしーヘビロテでお世話になってるんです~♪

 

過去からの使者のネタバレ

1話:覚醒

病院のベットで患者の一人が、長い眠りから目を覚ましたシーンから物語がスタートします。

 

そこから、シーンが変わって、本作の主人公・速水康雄(はやみやすお)の登場です。

 

彼は最近『懺悔』というタイトルの小説で賞を受賞した人気作家だ。

彼は妻とまだ小さな息子がいる妻帯者でもある。

 

しかしその一方で、出版社の編集者・上地という女性と不倫をしている。

決して清廉潔白な小説家でも、夫でもない少し悪い男性なのです。

 

ただ・・・

小説家としての評価は高く、テレビのコメンテーターなどもしている文化人の一人である。

 

だから今のところ速水という男は、順風満帆な人生を送っているリア充な中年男といえるだろう。

 

しかし・・・

そんな彼のもとにある日、不可解な迷惑メールが彼の使っているパソコンメールに送信されてきた。

 

その内容とは?

 

『謝罪しろ』

『さもなくば お前に災いがふりかかる』

というメッセージがつづられており、

コメントのすぐ下に、URLのリンクコードが張り付けられていた。

 

始めはただの迷惑メールだと思っていた速水だったが、

 

定期的に飲み会をしている幼馴染たちにもその迷惑メールが届いていたことを知ったことで、さらに不審感が増幅する。

 

そんな時、昨夜一緒に飲んだ友人・村松にとんでもないことが・・・

 

2話:死者が来る

それは、友人・畑中からの連絡でわかった。

 

なんと・・・

昨夜一緒に飲んでいた村松が自殺したという知らせだったのです。

 

突然の訃報に驚きを隠せない速水だったが、

彼は自殺した村松の死に悲しむこともなく、彼の通夜をわずか数分で切り上げて、

すぐに友人のことなどは忘れて日常生活に戻っていった。

 

しかし・・・

村松の死から、なぜか速水の身辺ではイヤな事件やトラブルが続発する。

 

精神がおかしくなった読者のクレーマーや、

一定の距離をおいて速水をストーキングする不審な男。

 

そして・・・

彼の自宅に宅配便でネズミの死骸を送ってくる謎の人物。

 

そういった災難が立て続けに発生しているさなか、

自称・作家志望という男が、速水を逆恨みしたあげく、実際にアイスピックを片手に襲い掛かってきたのだ・・・

 

3話:潰された人生

速水を間一髪で救ってくれたのは、少し前から彼をストーキングしていた不気味な男だった。

 

速水はその男が自分のファンだと勘違いしてお礼を言おうとしたところ、

そのストーカー男は、

「謝罪してくれよ 速水」

 

と、意味ありげな表情で速水に声をかけた。

 

「あんた何者だ」

突然の要求に驚いた速水は相手の正体を問い返した。

 

すると男は、

「安田だよ!」

「春柴小学校…5年2組の時に同級生だった…安田公平だよ」

 

と、自分を覚えていないことに不服そうな表情を浮かべて安田が答えた。

 

速水は、全く覚えていなかった。

 

ただ・・・

いきなり「謝罪しろ」と言われた速水は、安田の事を思い出すよりも、

彼の失礼な物言いに腹を立ててしまい、暴漢から助けてくれたお礼も言わずにその場を立ち去ってしまったのだ(>_<)

 

 

後日、友人の畑中から詳しく安田のことを聞いた速水は、

あの日、「謝罪しろ!」と自分に言ってきた安田が、小学校時代に自分が ”ヒラメ” というあだ名を付けたクラスメイトだったことを思い出したのだ。

 

安田はそのことを謝罪しろと言ってきたのである・・・

 

4話:着火

小学校時代、速水に”ヒラメ”というあだ名を付けられた安田の人生はその時から大きく変わってしまった(>_<)

 

もちろん良くない方向にだ…。

 

小学校時代に付けられたあだ名は、中学生になっても引き継がれ、

やがては社会人になっても安田は”ヒラメ”というあだ名に苦しめられてきたのだ。

 

彼は、”ヒラメ”というあだ名と、その顔のせいで、今では仕事をなくし、家族までも失ってしまった。

 

冷静に考えると、全て自業自得な結果であって、速水には何の罪もないはずだが、

 

安田は執拗に速水からの謝罪を要求してきたのである。

 

しかし・・・

何度も安田が速水に謝罪を求めても空しい結果に終わった。

 

単なる負け犬の ”言いがかり” として、速水はいっさい安田に謝罪する気なんてなかった(>_<)

 

 

そんなある日、安田はテレビに出演してコメントしてる速水のコメントを聞いたことで怒りの沸点に達する。

 

速水は自分に言ってたことと全く逆の優等生的な発言をこれみよがしにテレビで披露していたのだ。

 

この発言が安田の持っていた怒りの導火線に着火させた。

 

そして・・・

安田は、最後の手段として、文化人としても名を売る速水の一番イタイ弱点をついてきた・・・

 

5話:炎上

安田は、速水と編集者・上地との不倫現場を写真に撮ってそれをネタに脅してきたのだ。

 

ただ・・・

安田が速水に要求してきたのはあくまでも誠意のある ”謝罪” だった!

 

とうとう追い詰められた速水だったが、

彼はあることを思いつき、安田に電話で連絡を取り、誠心誠意の気持ちを込めて謝罪する旨を彼に伝えた。

 

しかし・・・

それは、速水が安田に仕掛けた巧妙な罠だったのだ・・・

 

1巻のクライマックスでは、ラストに安田が炎上する。

 

そして、そんな速水に仕掛けられた復讐劇を陰で演出している人物の姿がいることを最後に付け加えておきます^^;

 

その人物の詳しい情報は、本編でまだ描かれていませんが、

 

1巻の本編では少しだけ描かれています。

 

そのヒントは、このネタバレ記事の1話で目を覚ました人物。

ということです(^^;

 

詳しくは本編でどうぞ~♪

 

『過去からの使者 』の試し読みはコチラ♪

↓↓↓↓↓
>>>まんが王国
サイトTOPから『かこからのししゃ』と検索してくださいね♪

過去からの使者の感想

この作家さんの作品に登場する主人公は善人が少ないです(^^;

 

だからサイト主のまるしーは惹かれてしまうのでしょう♪

 

明るくて心の優しい主人公が登場する作品って、なんか読んでても共感できなくて面白くないんです(>_<)

 

本作の速水くらい性格が歪んでるほうが、キャラクター的にはやっぱり面白い!

 

どっちかっていうと、悪が栄えている現状ってワクワクしてしまうタイプで、

 

しかもそれが世の中の常識って感じがしてしまう^^;

 

今、世間で問題になっている、相撲協会や、アメフト・レスリングのパワハラ問題なんて、みんな悪が栄えている構図だし、

 

日本の政治だって、世界のパワーバランスなんかも、一番悪いやつが一人勝ちしているような現状です。

 

”正義は勝つ” なんて言葉は負け犬たちの遠吠えにしか過ぎないのでしょうね(>_<)

 

悲しいけどそれが今の現状だ。

 

ただ・・・

切ないのがこの現状を子供にどう教えればいいかってことだ(>_<)

 

こんな真実をできれば子供には伝えたくないし、

人を踏み倒し、真実を捻じ曲げる人間が、人の上に立っている事実なんて教えたくはない!

 

大人としてのジレンマが湧き上がってくるこんな世の中で、そんなことは全く無視したかのごとく、

キレイで美しい心を持った主人公たちが、最後にはハッピーエンドを迎えるストーリーのコミックが売れてゆく・・・

 

決して悪いことだとは思わないけど、中には、世の中の現実を等身大で伝えるコミックだって必要だ(>_<)

 

世の中バランスが大事!

 

『努力は必ず報われる』

その言葉を肯定する漫画も、それを否定する漫画も両方同じくらいのバランスで発売される世の中が良いと思うな~(^^;

 

そういった意味で、本作のようなちょっとダーティーな物語は、非常に大切な作品だと思います♪

無料試し読み

今、紹介した

『過去からの使者 ~悪因悪果~

現在、『まんが王国』けで
先行配信されている作品なんです~♪

 

そして・・・

スマホユーザーを主なターゲットにしてる『まんが王国』なら、

会員登録なしで何冊も気軽に立ち読みできちゃいます~♪

 

なので・・・

ハッキリ言ってめちゃめちゃお得です!

 

 

『過去からの使者 』の試し読みはコチラ♪

↓↓↓↓↓
>>>まんが王国
サイト検索窓に『かこからのししゃ』と打ち込んで下さい♪

【北村永吾の作品一覧】

『怪人X~狙われし住民~』のネタバレ|善人の皮をかぶった悪の支配者!

スポンサーリンク