変えられない遺伝子のネタバレ!天罰が下った女のオムニバス!

傲慢な女が堕ちた地獄。

我が子に最後まで愛情を注げなかった母親。

自分勝手な行動で人生を棒に振った女。

 

それぞれ3人の女が背負った罪は、そのすべてが取り返しのつかない重すぎる罪だった・・・


天罰が下った女のオムニバス!

著者:河東ますみ

『変えられない遺伝子 ~その美しさは本物ですか?~

バカで傲慢な女たちの転落人生!

彼女たちは一体どこで道を踏み外してしまったのか?

地獄の底に堕ちてゆく3人の女たちが歩いた罪作りな日常は、

何一つ見習うべきところがない悲惨な人生だった・・・

 

変えられない遺伝子の見どころ?

本作は、話題作『自分勝手な女たち』の著者・河東ますみさんの最新作です♪

大体が女性の転落人生を描いた作品が多いこの著者なんですが、

今回もまた、ガッツリと3人の女性たちのとんでもない転落人生を3編のオムニバスストーリーで綴られています。

人やモノに限らず、醜いモノが大嫌いな傲慢女子に降りかかった天罰や、

我が子を愛したいけど愛せないで、最後は取り返しのつかない結末を迎えてしまった女性。

そして、最後のお話はチョット変わった角度から転落人生を突き進んでしまった女性の憐れな末路など・・・

やっぱり普通に考えておかしいよ!

と…いう考え方や言動を行う女たちが登場してくるわけですが、

大体、1エピソード30ページくらいの短いお話が3本なので、

ちょっと時間が空いたときなんかにスマホとかで読むにはちょうどイイ作品なんじゃないでしょうか。

ただ・・・

最初にお伝えしておきますが、物語の結末にハッピーエンドの話は一つもありません。

 

全部のお話がバッドエンドです!

しかしスッキリはします。

人の不幸な物語が大好きな人は、スカッと読み切れるストーリーだと思いますよ~♪

 

『変えられない遺伝子』の立ち読みはコチラ♪

↓↓↓↓↓
>>>BookLive!
サイト内で『かえられないいでんし』と検索ください♪

 

変えられない遺伝子のネタバレ

変えられない遺伝子の内容

この作品は、3人の非常識な女性たちが、傲慢自分勝手な考えに縛られ、

その挙げ句に信じられない転落人生を歩むことになった3作のオムニバスストーリー集です♪

 

*本編には下の3作品が収録されてます。

1話:変えられない遺伝子 (~その美しさは本物ですか?~)

2話:見えない愛(~クレヨンと黒いゴミ袋~)

3話:暴走自転車(~歩道を走る凶器~)

以上、3作のちょっと読んでみたくなるタイトルが並んでいます。

そして・・・

どの作品にも、かなり偏った考え方をもってる女性が登場してくるのです。

さらに・・・

ラストにはちゃっかり主人公の女性たちには、大きなブーメランが返ってきた天罰がくだる。

そんなお話が3作収録されています。

では!!

本作に掲載されている3作品のダイジェストネタバレを紹介してゆきますね~♪

↓↓↓↓↓↓↓↓

1話:変えられない遺伝子

この作品は、表題タイトルにもなっている物語です♪

凝り固まった考え方が(あだ)となり、最後は自分にその不幸が跳ね返ってくるという恐ろしい因果応報なお話です。

その美しいルックスで、中学時代からずっと周りにチヤホヤされてきたヒロインの沙絵(さえ)。

そんな彼女が中学時代の同窓会へ向かうシーンから物語は始まります。

大人に成長した彼女はやっぱり今でも美しく、

しかも・・・

最近は、一流大学出のエリート商社マン・サトルと結婚したばかりだ♪

リア充を地で行くキラキラ女子な沙絵は、意気揚々と同窓会の会場へと向かった。

すると・・・

彼女は、参加者の中に中学時代ブスだった美苗(みなえ)というクラスメイトがすごくキレイになっていることに驚かされる。

しかし・・・

よく聞いてみると、そのルックスは整形手術で作り上げたものだと知ると、

「おとなしくて地味だったのに整形する度胸はあるのね」

「私、努力もしないで整形する人ってする人って大嫌いなの!」

と、激しい言葉を使い、美苗 本人がいる前で遠慮なく彼女を罵倒し始めた。

周りの同級生たちは、

「本人が幸せならばいいんじゃないの?」

と、美苗をフォローしたが、頑として沙絵は自分の考えを変えることはなかった。

すると・・・

沙絵の言葉に傷ついた美苗は、そのまま同窓会の会場から姿を消してしまったのです・・・。

沙絵としては整形する人間をどうしても許せないタイプの人間だったのだ!

同窓会が進む中、沙絵は、木根(きね)という男子生徒が今日の同窓会に来ていないことを何気ない同級生との会話の中で知る。

木根という男子生徒は、醜い顔をしたかつてのクラスメイトで、

中学時代の沙絵は彼から告白されてこっぴどい振り方をしていたのだ。

 

そして、そのことを後悔していた。

そう・・・

振っただけなら良かったのだが、そのあと校内で噂が広まり、周りから木根がイジメを受けるようになってしまったのだ。

 

結局、彼はその後、両親が二人とも亡くなったことがきっかけで別の学校に転校していったので、

その後の彼の消息は誰もわからないままだった。

 

なので、木根という男子生徒の存在は、沙絵にとって唯一の罪悪感を抱いた存在だった・・・

 

この物語のラストには、この木根という男が、沙絵にとんでもない復讐劇を演じることになります。

まさに因果応報という・・・

 

【感想】

整形をテーマにした復讐劇が、この物語の見どころとなっております。

サイト主のまるしーから見ると、決して間違ってはいない沙絵の考え方なんですが、

自分が整形が嫌いだからと言ってその考え方を周りの人間に無理やり押し付けるのは良いことではない。

それは傲慢というものです。

なので・・・

彼女には天罰がくだった!

沙絵は、気持ち悪くてしょうがなかった顔に将来成長してゆくであろう我が子をどんな気持ちで育ててゆくのだろうか…?

 


2話:見えない愛

6歳の我が子を黒いゴミ袋に入れて川に捨てた女の物語。

主人公の桐子(きりこ)は、親に虐待を受けて育ったシングルマザーの女性です。

そんな彼女が成長し、18歳になったころ、1度目の結婚をして優也(ゆうや)という男の子をこの世に送り出しました。

ただ・・・

お互いにまだ10代だった夫婦は、すぐに離婚して、一人息子の優也は旦那側の親戚に引き取られることになったのです。

 

それから約6年の月日が流れ、何度目かの再婚を果たした桐子は、

なにを思ったか、優也を引き取って育ててくれている元旦那の親戚の家にいって息子を半ば強制的に奪い返してしまったのです!

しかし・・・

母親の存在などまったく知らない優也は、桐子に怯えるばかりで全くなついてくれない。

そんな中、親から虐待されて育った桐子は、自分もそんな親と同じように優也を虐待するようになるのだが・・・

 

【感想】

虐待は連鎖する!

その言葉通りのストーリーが展開されてゆく悲惨な物語でした。

どんな物語を読んでも子供の虐待に関するストーリーは胸が痛い。

桐子みたいな母親の精神構造は、一体どういう形になっているのだろう。

愛したいけど愛せない!

それは彼女もまた虐待の被害者だから。

子供にとって、母親という存在がどれほど大切なモノなのかを痛感させられたストーリーでした。

最後は本当に悲痛なラストでした。

 


3話:暴走自転車

危険な自転車走行を繰り返して、その挙句に地獄を見た女の結末とは?

このお話は、危険な自転車の暴走運転行為で、自分の人生を棒に振ったバカな母親の物語です。

主人公は、幼稚園に通う息子を持つシングルマザーなのですが、

この母親がストーリーテラーとなって、非常識極まりない桐原(きりはら)という母親のエピソードを綴ってゆきます。

この桐原という母親には、主人公の息子と同じ幼稚園に通う娘が一人います。

なにがそんなに彼女をかきたてるのか?いつも桐原は自転車で危険な運転を繰り返しているんです。

 

一度、主人公の息子が、桐原の運転する自転車に轢かれそうになり、注意をしたことがあるのですが、

主人公の忠告は全く聞き入れられず、その後も桐原は、危険な暴走運転を繰り返していました。

 

そんなある日、主人公が予想していた通りに、桐原が自転車でとんでもない大事故を起こしてしまったのです・・・

 

【感想】

大人なら少し考えれば判るはずなのに・・・

ただ・・・

こんな大人、現実社会においても周りにたくさん存在しています。

まるしーが車を運転している時によく感じる事なんですが、

今まで無事で生きてこられたな~とビックリするような自転車の運転をしている人っていませんか?

この物語に出てくるバカな母親はまさにそんな感じなんです。

「わかるだろう普通!」

て感じの暴走運転をずっと繰り返してるんです。

幼い子供の母親なのに・・・

 

まぁ~ただ、最後にはものすごく大きなしっぺ返しが彼女の身に降りかかってきますが

まさに、

「後悔先に立たず」

というわけですね♪

ラストの展開は、不幸な出来事で胸は痛むんですが、あのバカな母親に関してはスカッとした結末でした。

 


 

以上、3作の因果応報的な女たちの転落人生をダイジェストに紹介させてもらいました~♪

さて…

みなさんは、なにか気になるお話はありましたか?

どの作品も、ちょっとした空き時間に電子コミックで読むのに最適なストーリーです~♪

 

『変えられない遺伝子』の試し読みはコチラ♪

↓↓↓↓↓
>>>BookLive!
サイト内で『かえられないいでんし』と検索ください♪

変えられない遺伝子の感想

救いようのないバカな女たちの大共演でした~♪

ただ・・・

2話・3話の女たちはホントにどうしようもないクソ女であり母親でしたけど、

1話目の『変えられない遺伝子』に登場した沙絵に関しては、少しだけ同情する余地のあるお話でした~

確かに、沙絵は自分の一方的な考えを他人に押しつける性格と、見栄っ張りな人間性が見え隠れしてますが、

美人に育った女性にありがちなキャラクターとしてそこまでありえない人物でもありませんでした。

実際、まるしーの周りにも何人かいた人物像です。

彼女は結局、木根の逆恨みの対象となってしまったわけですよね。

まるしーだって中学時代に木根君のような男子から告白されていても困っていただろうと思う。

 

こう言うと、どの面(つら)下げてってことになるんだけど、まるしーが言える立場の人間かどうかは別にして、

 

木根君のあのキャラはやっぱりキツイとしか言いようがない。

 

美人で評判だった沙絵に告白できてしまうトコロが、のちの木根君という人間を生んだ源(みなもと)なんですよね。

 

普通はあの木根君のポテンシャルで、人気者の沙絵に告白しようなん思わないはずなんです。

 

まるしーだって好きな人気男子生徒はいましたけど、まさか自分が・・・

という認識があったから、告白なんて考えたこともなかったです。

ただ・・・

それができてしまうのが木根君であって、あそこまで手の込んだ復讐劇を演じきれる存在なんですよね~

 

人間、「過ぎる」を知らないとろくなことがありません。

 

自分を知って、他人を知りましょう!

 

そうすれば他人との軋轢は最低限におさえられます。

そう・・・

まるしーはかなり大人になりました♪

無料試し読み

今、紹介した

変えられない遺伝子~その美しさは本物ですか?~は、

電子コミックサイトのブックライブ(BookLive!)絶賛配信中漫画なんです~♪

 

このコミックサイトはサイト主のまるしーもよく利用するお店で、

何と言っても面倒な会員登録なしで、いろんな漫画が試し読みできちゃうのが最大の魅力です♪

 

たくさん立ち読みをして気に入ったコミックが見つかったら、

その時に初めて無料の会員登録をして買っちゃえばいいんです♪

最新のコミックから名作までいろんな作品が無料試し読みできるので、

漫画好きならヘビロテで利用すべきだと思います♪

 


『変えられない遺伝子』の試し読みはコチラ♪

↓↓↓↓↓
>>>BookLive!
サイト検索窓に『かえられないいでんし』と打ち込んでください♪

河東ますみさんの他作品

自分勝手な女たち【ネタバレ】 3人のバカ女が狂宴だ!

スポンサーリンク