やわ男とカタ子のネタバレ!喪女とオネエの自分磨きレッスン!

スポンサーリンク




モテない、サエない、自信ない…

そんなマイナス要素にまみれた女子のことを喪女” という。

 

ある日、典型的なこじらせ女子が美形のオネエと運命の出会いをしたら・・・?

 

喪女 VS オネエ化学反応喪女の固く分厚い殻(から)を破った!

 

長田亜弓 さんが描く!
喪女とオネエの自分磨きレッスン!

『やわ男とカタ子』

”カワイイ” を捨てたアラサー女子が、

“カワイイ”を取り戻したら、
こんなにも魅力的な女性に変身するのだ!

 

自分を諦めるな!

自分の魅力をほじくり出せ!

 

全国のこじらせ女子へ向けた恋愛バイブルがココにあり(>_<)

やわ男とカタ子の見どころ

2ちゃんねる用語として使われるようになった”喪女(もじょ)”という言葉。

 

一般的な『喪女』の定義としては、

1、男性との交際経験がない

2、告白されたことがない

3、純潔(処女)であること

4、男性から恋愛感情を持たれたことがない

 

などが挙げられています。

 

喪女の語源は、『モテない女性』『も女』と呼ばれ、『喪女』となっいったみたいです(>_<)

 

本作の主人公は、まさに上の4つの項目をフルに満たしたこじらせ女子が登場してくる物語で、

女性らしくカワイイ親友と、可愛くない自分を比べ続けたことで、

いつしか”喪女”になってしまった不幸なアラサー女子・藤子薫(ふじこかおる)26歳。

 

基本的にマジメで性格は明るい彼女だが、167㎝という高めの身長と、一重で切れ長な瞳をしたクールビューティーな顔が災いして、

 

男性から好かれる”カワイイ”を持ち合わせていなかった(>_<)

 

しかも、彼女のずっと一緒にいる親友・久美(くみ)ちゃんは、小柄で、ピンクが似合う、全てのカワイイを持っているような女子。

 

隣の久美ちゃんとの差を何年も見せつけられてきた薫は、いつしかこじらせ女子の見本みたいなモテないさんになっていたのだ(>_<)

 

自ら周りにを作り、みんなが引くくらいの自虐ネタを連発して、渇いた笑いを取り続ける薫だったが、

 

ある日、親友の久美と一緒に参加した合コンで、美形のオネエ・小柳睦夫(こやなぎむつお)に

「卑屈なかまってちゃん」だと罵倒されて泣いてしまう!

 

「私の気持ちなんてあなたに分からない」

そう言って店を飛び出した薫を追いかけて小柳が言った言葉は、

 

「アンタを泣かせた責任取ってあげる」

 

という、”喪女” をからの脱却を手助けするたのもしいセリフだった!

 

この運命の出会いによって、”喪女” 薫は、魅力的でカワイイ女子に成長してゆくわけです・・・

 

見どころは、イライラ、うじうじしてた”喪女”の薫が、

美形で口が悪いオネエの小柳のアドバイスによって少しづつ魅力的な女性に変身してゆく過程ですね(^^)

 

普通に恋愛をしてきた女性たちには、後ろ向きな薫の言動にイライラするかもしれないけど、

 

これが”喪女”と言われる女性たちのリアルな行動パターンなんです(^^;

 

若い頃から”プチ喪女”を患(わずら)ってたサイト主のまるしーにはよく分かる(>_<)

 

だから・・・

きっと全国のこじらせ女子たちには共感されるストーリーになってると思うんです(>_<)

 

なので・・・

逆に、元気でリア充な女子には読んでほしくない作品でもある(^^;

 

『やわ男とカタ子』の立ち読みはコチラ♪

↓↓↓↓↓
>>>BookLive!
サイト内で『やわおとこ』と検索してください♪

 

やわ男とカタ子 ネタバレ

運命の二人。

ヒロインの(かおる)は、友人に恵まれなかったのかもしれない(>_<)

 

167㎝という大柄な彼女には150㎝台の小柄でカワイイ久美(くみ)ちゃんという親友が酷すぎる(>_<)

 

だって・・・

事あるごとに自分が可愛い女性でないことを再認識させられてしまうから・・・

 

合コンでは、自分を”喪女” だと公表して、笑えない自虐ネタを連発し、自らモテないさんの道を突っ走る。

 

初対面で誰もそんなこと思ってないのに、自分から巨大な壁を築き上げているのだ(>_<)

 

そんな彼女の痛々しく、鬱陶(うっとおしい)しい振る舞いを合コン中にずっと見ていたオネエの小柳(こやなぎ)は、

 

合コンの1次会終了後に薫を行きつけのバーに誘った。

 

美形の小柳に誘われて戸惑いつつも、相変わらず薫はモテないさんの自虐トークを続ける。

 

すると・・・

「いい加減にその卑屈な自虐トークをヤメロ!」

とオネエ言葉で小柳に説教される。

 

「小柳さんってオカマだったの!?」

ビックリした薫が絶叫して小柳に問いかけると、

 

「オネエって言え!!!」

と、これまた小柳も大声で言い返す。

 

 

ここから、決してブスではないのに、自ら”喪女”の道を突き進む薫のこじらせ女子からの脱出レッスンが始まる(^^)

 

的を得た指摘で、薫を傷つけて泣かせた小柳は、その責任を取るように、

薫が本来もっている魅力的な部分を引き出してゆくのです。

 

いつまでたっても自分に自信が持てないと、なんだかんだ口が悪いが、

オネエ特有の懐深い愛情で、薫のためになる自分磨きレッスンをしてあげる小柳。

 

2人の師弟愛にも似た微妙な感情が、1巻の後半からは切ないラブストーリーのエッセンスとして入ってきます(^^)

 

運命の二人。

読んでると、

「薫と小柳が恋人同士になってくれ」

と思ってしまうのはまるしーだけだろうか・・・?

 

実はバイ

オネエキャラ炸裂で薫の意識改革をレッスンする小柳ですが、

実はバイセクシャルだったんです!

 

小柳を好きな女性から、たまたまその情報を聞いた薫は、一気に小柳への気持ちに傾いてゆく・・・

 

そりゃ~自分をここまで可愛い女にしてくれた大恩人でもあるし、

 

なにより一番最初に自分でも分かっていない薫の”カワイイ”を見つけてくれた人間でもある。

 

そんな彼がバイだった!

 

ということは、自分の魅力いかんによっては、小柳と恋人同士になることだってできる(>_<)

 

ただ・・・

小柳の方は…?

 

今のところ薫にそこまで異性としての魅力を感じてはいないわけで…(>_<)

現時点では、あくまでも自分か救ってやるべき”喪女”の一人というだけだ。

 

しかも・・・

彼は自らのこじれた人間性に昔の自分を重ねている部分もある。

 

小柳は、”喪女”の薫を救うことで、昔の自分をも救おうとしているのだ(>_<)

 

バイなので複雑・・・

 

久美ちゃん

この物語の中ですごく重要なキーマンが薫の親友・久美ちゃんだ。

 

小柄で、控えめで、可愛らしく、とてもピンクが良く似合う。

 

女の子の可愛さを全て兼ね備えている彼女。

 

今のところ、薫をダシに使って自分が輝こうとか、

”喪女”の薫をバカにしてる行動はとっていないが、

 

この久美の存在自体が薫にとって、女としての劣等感を植え付けられた発信源となっている(>_<)

 

久美ちゃんは性格も良くて、薫のことを本当に心配してる。

 

ただ・・・

それは単なる勝ち組の余裕ともとれるわけで・・・

 

今後、薫が女性としての魅力をつけて、薫 版 ”カワイイ” を身に着けた時、

 

2人の関係性は別のものに変わってしまうのか?

 

女同士の友情はあり得ないと思っているまるしーには、楽しみなこの二人の関係性なんです(^^)

 

後半の展開

いろんなことがあって、少しづつ女性の魅力を身に着けていった薫。

 

1巻のラストでは、今の恋愛師匠・小柳と知り合った時の合コンメンバーと再び合コンすることになり、

 

なんと・・・

そのうちの一人が薫にモーションをかけてくる!

 

小柳がバイだと知って、心の中がワサワサし出した矢先の他メンバーからの告白に、

モテないさん卒業まじかの薫は・・・

 

てな感じで後半に盛り上がりが待っています~♪

 

『やわ男とカタ子』の試し読みはコチラ♪

↓↓↓↓↓
>>>BookLive!
サイト内で『やわおとこ』と検索してください♪

やわ男とカタ子の感想

美形オネエこじらせ女子のパターンは最近では定番になりつつありますね(^^)

 

しかもそんな二人の関係が後々しびれる恋愛に発展してゆくとか・・・(>_<)

 

まさにこの漫画はその王道を行くラブコメストーリーなんです♪

 

とりたててビックリするような展開もないですし、

オネエが ”喪女” と言われるこじらせ女子を魅力的な女性に変えてゆくという、今では特に珍しくない内容なんですが、

 

ちょっと主人公の薫が、それほどルックスが悪いわけでもないのに自虐に走りがちな面があり、

イライラするポイントはあるというものの、絵がキレイで、時々ジーンとくる素敵な言葉が出てきたりします(^^)

 

あとは・・・

女の子らしくて性格も良い薫の親友・久美ちゃんの存在。

 

彼女がこのままイイ子だったらまったく面白くないが、

 

もし・・・

あのハイスペックな久美ちゃんにドス黒い闇の部分があれば、この作品は超絶に面白くなるはずなんです・・・(^^;

 

次の2巻で久美ちゃんが変貌するのをひそかに期待しているまるしーです~(^^)

 

王道的なオネエと冴えない女子のラブコメストーリーですが、

しっかりと”喪女”と言われてる女子の心の闇なんかを描いているので、

ポップなラブコメとは言え、落ち着いて読み進められる大人なストーリーです♪

 

しかも・・・

読む人によってはきっと心に刺さる言葉がたくさん出てくるはずなんで、

チョット自分に自信が持てないこじらせ女子さんにはおススメの作品ですね(^^)

 

実際、まるしー「はっ!!」とさせられた小柳さんの言葉がいくつかありましたし・・・(>_<)

 

感動して涙が止まらない!

 

という種類の内容ではありませんが、

ちょっとメンタルが落ちてきたなーっていう時には読んで損はない作品だと思いますよ~♪

無料試し読み

今、紹介した

『やわ男とカタ子』

電子コミックサイトの
ブックライブ(BookLive!)

絶賛配信中漫画なんです~♪

 

このコミックサイトは

サイト主のまるしーもよく利用するお店で、

何と言っても面倒な

会員登録なし

いろんな漫画が立ち読みできちゃうのが最大の魅力です♪

 

たくさん立ち読みをして、気に入ったコミックが見つかったら、

その時に初めて無料の会員登録をして買っちゃえばいいんです♪

 

最新のコミックから名作までいろんな作品が無料で立ち読みできるので、

漫画好きならヘビロテで利用すべき♪

 

『やわ男とカタ子』の試し読みはコチラ♪

↓↓↓↓↓
>>>BookLive!
サイトTOPから『やわおとこ』と検索してください♪

スポンサーリンク