ギルティ 【ネタバレ17巻】突き刺したフォークが始まり!

スポンサーリンク




誰のせいでもない!

すべて自分がまた種だ!

片目を瞑(つむ)り続けて、自ら壊した人生の歯車は、今、ゆっくりと音を立てて軋(きし)みながら砕けちる・・・


突き刺したフォークが始まり!

『ギルティ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~

17巻が配信スタートです~♪

秋山への想いを断ち切り、夫・一真との関係にもケリを付け始めた爽をさらに追い詰める瑠衣。

大切なモノや人を全て失った爽は、心を失った我が母に思いをはせる・・・


16巻のネタバレはコチラ♪
↓↓↓↓↓

ギルティ 【ネタバレ16巻】すれ違う想いと感情のゆくえ!


17巻の見どころ

一度は、ぐらついた元カレ・秋山への想いをスパッと割り切った(さやか)。

ただ・・・

そこまでは良かったんだけど夫・一真との話し合いの中でまだ夫と瑠衣の関係が続いていると確信した爽は、

暴れだしそうな怒りをなんとか抑えて離婚届を叩きつけた!

これで完全に爽と一真の夫婦関係はジ・エンドとなるんだろう・・・

一真とのやり取りではなんとか女としてのプライドを守りきった爽だったが、

その後の行動がまずかった(汗)

 

17巻の見どころは、秋山と一真への対応で持っていた気力を使い果たした爽が、

瑠依にちょっとした心の隙間をつかれて取り返しのつかない大失敗を犯す展開です。

 

爽の悲しみや絶望的な気持ちは十分すぎるほど理解できるんだけど、

「ここまで頑張ったんだから、なんとか踏ん張れよ!」

と…思わず叫びたくなるイラつく内容でした~

離婚を考えている妻として、これほどの大失敗はないし、

女としても最悪な顛末だ…

とにかく今回は、いろんな登場人物にイライラした回でした。

ただ・・・

ここまで瑠衣が爽を憎む理由っていったいどんな事なんだろう・・・?

 

瑠衣が抱えている病気となにか関係があるんだろうか?

 

もう…ほぼ、爽はノックアウト状態なだけにこれから奈落の底へと落ちてゆきそうなと、違う意味で人生を終えようとしている瑠衣

どちらの未来も地獄しか待っていないような寂しい展開に、心がギンギンに冷えてくる心境です。

なんらかの救いが欲しい・・・

 

『ギルティ』の立ち読み♪

↓↓↓コチラ↓↓↓
>>>まんが王国
サイト内で『ぎるてぃ』と検索してくださいね♪

 

ギルティ 【ネタバレ17巻】

次の一手

学生時代に秋山と、ある約束をしたシーンから17巻は始まります。

爽の夢の中には、ガンで父親を亡くした秋山がイタリアへ武者修行に行くと爽に告げた時の秋山がいた。

 

10年前の約束、守れなくてごめん。

 

こんなメールを秋山に送ったあとだからか、爽は10年前に秋山と交わした約束の夢を見ていたのだ。

しかし・・・

秋山に心が揺れそうになった彼女は、彼の奥さんと子供に偶然出会ったことで友人としての関係を続けると決めた。

時の流れはどうしようもなく、爽が暴走することで、苦しめる人をたくさん作ってしまう(汗)

そんな時だった・・・

…ピコン!

夫・一真から、昨日の夜、電話をした返信がLINEで返ってきた。

 

さーちゃん 電話出られなくてごめんね仕事が立て込んでたんだ

 

爽は、一度ちゃんと一真と話したい意向をLINEで伝え、その日の夜に行きつけのレストランでおち合うことを決めた。

何かを決断したように大きなため息をついて仕事へ向かう爽の姿を、

 

建物の陰から見守る瑠依がいた。

 

彼女は、爽の後輩・中村唯(なかむらゆい)に連絡を取り、

 

「明日当たり動けるかな?」

「手駒(てごま)はちゃんと使えてる?」

といった意味深な会話をしていた。

恐らく、爽に対して次の一手を打つための打ち合わせだろう・・・

「私と離婚してください」

爽が会社に着くと、(ゆい)がさっそく爽に話しかけてきた。

 

「明日の夜って空いてますか?」

 

彼女の要件は、スタッフの送別会を居酒屋で開く話だった。

これが瑠依の仕掛けたへの入り口となるのだが、爽はその会に出席を決めた。

その後、仕事を終えた爽は一真と話し合うために待ち合わせのレストランへ向かう。

数日ぶりに爽と会った一真の第一声は、

「痩せたね…さーちゃん…」

という彼女を心配する言葉だった。

「つわりがひどくて…」

と…爽が冗談で言った言葉に驚く一真。

 

「えっ!?」

 

しかし、すぐに冗談だと伝え、

 

「私と離婚してください」

と、ストレートに言って、持ってきた離婚届を一真に手渡した。

 

「さーちゃん 待ってよこんなの…」

と、なんとか考え直してもらおうと一真が爽をなだめようとした瞬間

 

「いるんでしょ 子供」

と、爽がうつむき加減で一真につぶやいた。

 

{爽は 全部知っている…}

全てを悟った一真は、爽に何も言い返すとができなかった。

しかし・・・

爽はそのあとの会話で、一真がまだ瑠依と会っている事を確信するセリフを聞いてしまう。

 

ドクン…ドクン

…ドクン

彼女の心臓が飛び出しそうなくらい激しく高鳴る!

すると・・・

爽は、込み上げてくる感情を押さえつけるために目の前にあるフォークを手に取り、

自分の左手に突き刺した!

手のひらから鮮血が手首に流れ落ちる…

そして・・・

「それ 書いておいてください」

と、離婚を促す捨てゼリフを吐いて爽は一人で店を後にした。

結局…爽は、一真の前で、涙を見せるでもなく、怒りを表すこともなく終始冷静だった・・・

泥酔

秋山との関係を断ち、夫との別れを決断した爽は、

翌日に開かれたスタッフの送別会で今までにないほど泥酔してしまう(汗)

ただ・・・

この泥酔には理由があった…

そう・・・

瑠依が仕掛けた罠だったからだ!

前後不覚になるほど酔っぱらった爽は、彼女を慕うバイト大学生・寺嶋(てらしま)に支えられて居酒屋を出る。

ココからが問題だ!

このあと、爽は取り返しのつかない過ちを犯してしまうんです(汗)

 

詳しい内容は、ぜひ、本編現物でお楽しみくださいね~♪

 

『ギルティ』の試し読みは♪

↓↓↓コチラ↓↓↓
>>>まんが王国
サイトTOPから『ぎるてぃ』と検索してくださいね♪

17巻の感想

瑠依がココまで爽に執着している本当の理由が分からないから何とも言えないけど、

ある程度まで踏ん張って生きてる爽に同情と共感を覚えつつも、

「やるなら最後まで頑張れよ!」

という苛立たしさも同時に沸き起こる!

恐らく(ゆい)が瑠依から手渡されたモノは睡眠薬の一種だろう・・・

して・・・

瑠依が言ってた ”手駒” とは、爽の忠犬ハチ公・寺嶋くんだった(汗)

しかし・・・

ここまで瑠依は爽の会社関係の人間のに侵食していたんだ!

仕事も生い立ちもまだはっきりと分かっていない瑠依という女の存在。

彼女をここまで狂気に駆り立てる出来事っていったい何だったのか?

 

恐らく瑠依に残された命の時間はもうそんなに長くはない気がする。

 

なので・・・

今さら一真を爽から奪い取ったところで、近いうちに一真と永遠の別れをすることになるはずだ。

彼女にとってはその方が辛そうなんですが・・・

しかし、瑠依は徹底して爽を地獄に落とそうと容赦ない攻撃を続けているんです。

正直言って一真の薄っぺらい人間性が浮き彫りになった今、爽にとっても、瑠依にとっても彼は不要な存在だ!

あんなクズ男…愛する価値なんて1ミリもない(汗)

ココから先は女同士のプライドを掛けた闘いになるだろう!

秋山も一真も寺嶋も…

結局、男なんてなんの役にも立たないしバカで無能なのだ。

絶望的に思える瑠依のにかかった爽が、その屈辱に耐えて復活する日を期待したい!

ここからが本当の勝負だ!

立ち上がれ爽~!

くたばれ~一真!

 

砕け散れ~寺嶋~!

>>>『ギルティ』18巻のネタバレはコチラ♪

 

無料試し読み

今、紹介した

『ギルティ~鳴かぬ蛍が身を焦が』は、

『まんが王国』絶賛配信中のコミックです~♪

このお店は、電子コミックサイトでは老舗のコミックサイトで、

サイト管理人のまるしーがいつも利用してるお店の一つです♪

特に、会員登録なしで、たくさんのコミックが無料試し読みできるのはすごくありがたい!

他のコミックサイトでは読めないレアな作品も数多く扱っているし、

こういうサイトは押さえておいたほうがイイですよ~♪

 

『ギルティ』の試し読み♪

↓↓↓コチラ↓↓↓
>>>まんが王国
サイト検索窓に『ぎるてぃ』と打ち込んで下さい♪

『ギルティ』全ての記事はコチラで読めます♪

ギルティ(漫画)ネタバレ| 1話から最終回まで!

スポンサーリンク