ギルティ(漫画)23巻のネタバレ|ついに両目を開けた夫婦!

爽と一真に訪れた夫婦最大の危機!

夫婦にとって、その最後の時まで夫・一真を守る。

これは、22話で、爽が瑠衣に宣言したセリフだ!


ついに両目を開けた夫婦!

『ギルティ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~

23巻のネタバレです♪

爽はその言葉通りに、一真のもとへ寄り添ったけど・・・

悲しいかな、夫婦二人の瞳は、今どちらとも開いた状態である。

それは・・・

片目を閉じて夫婦生活を送ってきた二人には見てはいけないお互いの姿だった・・・

そう・・・

『ギルティ』ファンなら分かるだろう!

ついに爽と一真は、お互いのことを両目を開けて見ることとなった!

しかし・・・

開けたら最後!

今まで目をつむって見てこなかった衝撃の事実が溢れ出してくる・・・

閉じていた片眼で夫婦のタブーを目の当たりにした時、

やはり2人を待っているのは”別離(わかれ)”ということになってしまうのか・・・?


22巻のネタバレはコチラ♪
↓↓↓↓↓


23巻の見どころ

一真の義理の弟だった寺嶋(てらしま)の怒りはごもっともなんだけど、

ただ・・・

一真にとっては、関係ないっちゃ~関係ない寺嶋からの恨みなんですよね~

前回、一真に屈折した恨みを抱いている義理の弟・寺嶋睦月(てらしまむつき)から、

一真の別れた元嫁・弥生(やよい)が、幼い我が子・駿(しゅん)を遺して自殺したことを知らされた。

そのことを聞いた瞬間、目の前にある弥生の墓の前で崩れ落ちた一真。

冷酷な寺嶋の言葉で、一真にスキャンダルを公表されるか、自ら死を選ぶかを突き付けられる一真。

そんな緊迫の状況の中、二人のもとに爽が現れたわけだ・・・

 

今回23話見どころは、ついに両目を開けてお互いを見つめ合った爽と一真が出した結論だ!

最後の最後…お互いにドン底にいる状態で、隠し事だらけの夫婦は初めて心を繋ぐことができた。

そして・・・

一真は、その繋げたばかりの赤い糸を、愛(いと)おしむかのように強く引き裂いた・・・

 

いよいよこれからが本当のクライマックスの始まりだと思う!

23話のラストには、もう一人の重要人物となる秋山も登場してきますよ~♪

なので・・・

見どころだらけの23話となっております~♪

 

『ギルティ』の立ち読み♪

↓↓↓コチラ↓↓↓
>>>まんが王国
サイト内で『ぎるてぃ』と検索してください♪

 

ギルティ(漫画)23巻のネタバレ

惨(むご)い結末!

「お久しぶりです荻野(おぎの)さん」

ナイフ片手に一真を断罪する寺嶋が、トツゼン現れた爽にそう挨拶をした。

「さーちゃん…なんで…?」

ビックリした表情で一真は妻・爽の姿を見て声をかけた。

爽が瑠衣に教えられてやってきたのは、一真の元嫁・弥生(やよい)が眠るお墓の前だったのだ!

そして・・・

爽は、寺嶋に一真が元嫁・弥生にしてきた酷い仕打ちの数々を聞かされることになる。

さらに・・・

寺嶋から弥生が自分の父親に書いた直筆の手紙を音読して読まされた爽。

その手紙には、弥生が大学時代からずっと一真のことが好きで、

偶然にも自分の父親が働く会社に入社した一真との見合いを切望する文章が綴られていた。

そう・・・

弥生は単なる一真の見合い相手ではなかったのだ(汗)

彼女は、学生時代からずっと一真に片思いをしてきた女性だったのだ・・・

 

だけど・・・

生まれて初めて、父に願い事をして見合い結婚した一真に捨てられ、

その後、弥生は家族との縁を切り、たった一人で幼い息子・駿(しゅん)を育てていた。

 

しかし・・・

離婚して数年後に一真が爽と再婚したことを知って、弥生は精神がおかしくなり、

その後…幼い駿をたった一人遺して自殺してしまったのだ・・・

惨(むご)い結末!

弥生と駿の悲惨な人生を知って言葉も出ない爽と一真だった・・・

ついに両目を開けた夫婦!

後半の展開は、一真の義弟・寺嶋の復讐をなんとかやめさせようと説得する爽が、

彼の長年のあいだ一真を恨み続けてきた辛い心を慰めようとしますが、

ギリギリのところで寺嶋は、二人をその場に残して去ってゆきます。

そう・・・

翌日には、週刊誌に一真のスキャンダルな記事を出すというセリフとともに・・・

 

雑誌が発売されれば、一真は当然今の会社にいられないだろうし、再就職もままならないはずだ(汗)

一真が自殺をしなくても、実質上で社会人としての彼は死を迎えることとなってしまう。

これが・・・

寺嶋の一真に対する復讐劇の締めくくりとなるのだ。

 

追い詰められた一真は、爽を強く抱きしめ、結婚してから初めて爽に対して、

自分が今まで心に抱えていた両親へのトラウマを告白した。

その時・・・

ついに両目を開けた夫婦の姿がそこにあった!

お互いに結婚してからずっと閉じていた片方の心の目をしっかりと見開いていて向き合っていたのです。

するとそこには、

結婚生活で互いに見せたことのない素の二人の姿があった。

そして・・・

「愛してる…」

そう言って爽を優しく抱きしめた一真は、

「だから…俺と別れてください…」

と…大粒の涙を流しながら苦しそうに囁いた・・・

 

『ギルティ』の試し読みは♪

↓↓↓コチラ↓↓↓
>>>まんが王国
サイトTOPから『ぎるてぃ』と検索してくださいね♪

23巻の感想

正直、サイト主のまるしーとしては、寺嶋がやってることはお門違いの復讐劇にしか思えない(汗)

元妻の弥生は、育ちのいいストーカーみたいだし、

そもそも親に押し付けられて結婚した態度があからさまだった一真に捨てられたからと言って、

親と縁切りまでして守った我が子を置いて自殺してしまう母親って・・・。

 

その時点で、まるしーは、弥生のことを許せない(怒)

さらに・・・

一真としては完全にとばっちりだと思ってしまう。

 

確かに一真もまったく好きでもない弥生と結婚したことは悪いと思うけど、

お互いに一真も弥生もりっぱなオトナなわけだし、世間でよくある一つの離婚劇に過ぎない(汗)

 

それに・・・

この復讐劇が間違っている部分は、寺嶋が一真を陥れるために爽を利用したことだ。

 

この時点で、寺嶋に対する擁護の気持ちは一切なくなる。

ただの逆恨みにしか思えない。

 

夫婦には夫婦にしか分からない問題があるし、弥生に関しては、ただただ人として、

そして母として弱くて無責任な人間だったのだ(汗)

とにかく、一真の問題では爽が一番の被害者であり犠牲者なのです。

 

信頼していた部下から裏切られ、仕事までっも奪われた爽。

挙句の果てに迷惑をかけるからと、今、一真から離婚されようとしている。

 

23話のラストでは、傷ついた爽の前に秋山が現れたけど、

いったい彼は爽にどんな話をしに来たのだろう・・・?

なんか・・・

秋山もこの頃は、すごく鬱陶しい男に見えて仕方がないまるしーなのです・・・

 

>>>『ギルティ』24巻のネタバレはコチラ♪

 

無料試し読み

今、紹介した

『ギルティ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~』は、

『まんが王国』絶賛配信中のコミックです~♪

このお店は、電子コミックサイトでは老舗のコミックサイトで、

サイト管理人のまるしーがいつも利用してるお店の一つです♪

特に、会員登録なしで、たくさんのコミックが無料試し読みできるのはすごくありがたい!

他のコミックサイトでは読めないレアな作品も数多く扱っているし、

こういうサイトは押さえておいたほうがイイですよ~♪

 

『ギルティ』の試し読み♪

↓↓↓コチラ↓↓↓
>>>まんが王国
サイト検索窓に『ぎるてぃ』と打ち込んで下さい♪

『ギルティ』全ての記事はコチラで読めます♪