『上司は悪女を逃がさない』のネタバレ 4巻|最終回。そして二人の結末は?

スポンサーリンク




「もう…秋吉さんとは付き合えないです…」

大粒の涙を流しながら震える声で絞り出した瑠理の言葉。

一体ラブラブな二人に何が起こったか?


最終回。そして二人の結末は?

『上司は悪女を逃がさない』

この4巻でついに二人の恋がエンディングを迎えます♪

不器用な二人が山あり谷ありの中、時には傷つけあって導き出した未来とは・・・?


瑠理が秋吉に別れを切り出さないといけない理由は、悠二しか考えられない。

そう・・・

どうしても瑠璃を諦めきれない悠二は、なりふり構わず瑠璃を秋吉から奪いに来た!

ラストはドロドロの三角関係でギトギトの展開が待っていた・・・

 

順調だった瑠理と秋吉の関係に突如として割り込んできた悠二。

彼の出現で瑠理がとんでもない決断をすることに・・・!

その時、秋吉は・・・?

最終回!ラストページまでまったく安心できません。

最終回の見どころ

なんと…瑠璃秋吉のラブストーリーがこのい4巻で完結します。

結局、最後まで二人のイチャラブなシーンが十分に堪能できないまま最終回を迎えることになって少し残念です。

ただ・・・

単行本で4巻という長さの物語は、読者にある種の満たされない感覚を残すちょうどいいボリュームだと思います。

よく、何十巻に渡って同じようなひっついたり離れたりを繰り返している恋愛漫画がありますが、

あれはただ、ただズルズルとストーリーを長引かせてるだけで、今まで何冊ものコミックを読んできたサイト主のまるしーにとっては、

スゴク商業的な部分が見え隠れして急に興味が薄れてくるんです(汗)

そんな中、

この『上司は悪女を逃がさない』は、一通りの山場を乗り越えた後であっさりエンディングに持ってゆきました。

なので、読み終わりの後味が、「もう少し読みたかった」という未練が残るサイコーのタイミングで終了したと思います。

そこで・・・

今回、その最終回見どころは、瑠理の厄介な性格にイライラする展開と、

最後まで報われなかった悠二のジタバタした瑠理への恋模様かな~

結局、屈折した悠二の瑠璃に対する愛情が、とんでもない軋轢を生みだしてしまうんですよね~。

瑠理への想いをカミングアウトするタイミングが悪すぎて、救いようのない大自爆を繰り返してしまう悠二。

ゆえに・・・

遅すぎた愛の告白は、彼にとって悲しい結果しか用意されていなかった!

なりふり構わずに瑠璃を手に入れようとする悠二に、秋吉はどう対抗するのか?

そして・・・

今まで、悠二の事を弟にしか思っていなかった瑠璃は、悠二の真っすぐで本気な愛の告白をどう受け止めるのか?

瑠理の反応にイライラし通しだったまるしーです~

最終回!

てんやわんやです・・・


3巻のネタバレはコチラ♪
↓↓↓↓↓

『上司は悪女を逃がさない』のネタバレ 3巻|迷走した『好き』がついに出口へたどり着く!


『上司は悪女を逃がさない』の立ち読みはコチラ♪

↓↓↓↓↓
>>>まんが王国
サイト内で『じょうしはあくじょ』と検索してください♪

『上司は悪女を逃がさない』ネタバレ 4巻

秋吉との別れ…

一花の母親がギックリ腰になったことで、秋吉の家で瑠理が一緒に暮らすという話が一時お預けになってしまった(汗)

だけど・・・

そんな事情でむざむざと瑠理を悠二がいる家に住まわせるにもいかず、

結果・・・

秋吉が一花の店を手伝いながら家で居候することで悠二から瑠璃を守ろうと考えたのです。

ただ・・・

悠二の告白を聞いてからもまだ悠二のことを弟としか見ていない瑠理は、

ヤキモキする秋吉を横目に悠二に対するセキュリティーはユルユルだった。

そしてその瑠理の油断と鈍感が取り返しのつかない失敗を引き起こしてしまうのである。

それは・・・

一花の家族が秋吉の歓迎会を開いてくれた日に起こった出来事だった。

なんと・・・

酔って寝ぼけていた瑠理が秋吉と間違えて悠二と朝まで同じベットで寝ていたのだ!

これは完全に悠二が一方的に仕掛けたトラップだったのだが、

キレた秋吉は悠二を殴り飛ばし、瑠理はとんでもない失態を犯し放心状態となる修羅場となった。

一花の知らないところで、瑠理と秋吉と悠二はギトギトな三角関係の泥試合を演じていたのだ。

 

初体験の相手が秋吉ではなく、秋吉からずっと警戒しろと言われていた悠二・・・?

今さらながら自分の認識の甘さとバカさ加減に落ち込み苦しむ瑠理。

だが・・・

後悔したところで瑠理のしでかした過ちが白紙になることはない。

やがて、悩みぬいた末に瑠璃が出した結論は、最悪のモノとなった。

それは・・・

秋吉との別れ…

最終回

瑠理と秋吉のラブストーリーを描いたこの物語の最終回は、一体どんな結末を迎えたのか?

「もう…秋吉さんとは付き合えないです…」

そう言って涙ながらに秋吉へ別れを切り出す瑠理。

瑠理と悠二が同じベットで寝ていたあの衝撃の映像はまだ秋吉の頭に強く残っている。

ただ・・・

秋吉にとって何よりも辛いのは不条理な責めを感じて瑠理が辛い思いをすることだった。

大切な瑠璃にこれ以上悲しい顔をさせるわけにはいかない。

だから・・・

秋吉は断腸の思いで瑠理から出た別れの言葉を受け止めた。

さて・・・

一方、姑息な手段で秋吉と瑠璃の仲を引き裂こうとした悠二だが、

当然のごとく秋吉を遠ざけたところで瑠理の気持ちが悠二に向くわけもなく、

あのベットでの一件以来、悠二が瑠理に近づくと体がビクッと拒否反応を示すようになった。

最悪の状態だ!

その後もどんなに言葉を尽くそうとも、瑠理に悠二の言葉は届かなかった。

そんな中・・・

瑠理の頭に浮かんでくるのは秋吉との幸せだった日々の数々だった・・・

いけないことだと思いつつ、瑠理はもう一度、秋吉に抱きしめられたい!と強く願う。

だが・・・

秋吉の忠告も聞かず悠二に処女を奪われ、そのうえ一方的に別れを切り出した自分が今さら何を言ってるのか!

そう自分を諫める。

しかし・・・

それでも秋吉への未練を断ち切れない瑠理は、自分を貶めた悠二からの一言で自分の気持ちに素直になろうと決断する。

さぁ♪

ここから感動のエンディングへと入ってゆきます~

 

『上司は悪女を逃がさない』の試し読みはコチラ♪

↓↓↓↓↓
>>>まんが王国
サイト内で『じょうしはあくじょ』と検索してくださいね♪

4巻の感想

結局最後までイライラとモヤモヤの繰り返しだった…

正直、最後まで読んでみると瑠理というヒロインのうっとおしい性格だけが目立った作品だったように思う。

とにかくあのマイナス思考で鈍感すぎる性格がうっとおしくてしょうがない!

生い立ちに問題があったにせよ、あそこまでセキュリティ意識が低すぎるのは罪だ!

性悪女・右田との一件もそうだったけど、肝心なところで腰砕けになったり、

強く出なくていいところでハッキリ言いきったり、

瑠理がやってることにイチイチ腹が立ってくるんです。

なので・・・

この作品のヒロインなんだけど、瑠理のことが大嫌いです!

では、なぜ最後まで読んできたのか・・・?

それは、秋吉志信がとてもイイ男だからです♪

彼は一貫してブレずに瑠璃を愛し続けてきたし、社会的能力も高くおまけにイケメンだ!

特に右田とのやり取りでは最高の立ち回りを見せてくれました!

こういう男は信用できる。

そして・・・

誰にでも優しくないところが良い♪

たった一つ気に入らないのは瑠理みたいな邪魔くさい女に惚れちゃったことかな…

これは完全に妬みだけど。

細かい部分は説明しないとして、みなさんが気になっている物語の結末はユルユルなハッピーエンドです♪

なので・・・

バッドエンドを心配していた読者の方は安心して4巻を買ってください~♪

ただ・・・

最後のまとめ方は個人的になんだかバタバタッと終わった感じがしました。

できればもっと二人のイチャイチャが見たかったな・・・

無料試し読み

今、紹介した

『上司は悪女を逃がさない』は、

『まんが王国』絶賛配信中のコミックです~♪

このお店は、電子コミックサイトでは老舗のコミックサイトで、

サイト管理人のまるしーがいつも利用してるお店の一つです♪

特に、会員登録なしで、たくさんのコミックが無料試し読みできるのはすごくありがたい!

他のコミックサイトでは読めないレアな作品も数多く扱っているし、

こういうサイトは押さえておいたほうがイイですよ~♪

 

『上司は悪女を逃がさない』の試し読みはコチラ♪

↓↓↓↓↓
>>>まんが王国
サイト検索窓に『じょうしはあくじょ』と打ち込んでください♪

『上司は悪女を逃がさない』の記事はコチラ♪

『上司は悪女を逃がさない』のネタバレ 3巻|迷走した『好き』がついに出口へたどり着く!

上司は悪女を逃がさない 2巻 ネタバレ!恋の魔法と恋のワナ!

上司は悪女を逃がさないのネタバレ!性悪女とその驚きの正体!

スポンサーリンク