美醜の大地のネタバレ 34話|絢子が語る地獄の生い立ち!

スポンサーリンク




「私の中の一番古い母の記憶は・・・」

ついに自らの言葉で自分の生い立ちを語り始めた絢子。

なぜ…絢子は笑わないのか?

なぜ…絢子の体には無数の傷があるのか?

なぜ…絢子はこんなにも気高く儚げなのか?

絢子の口から出てくる地獄のような生い立ちに婚約者・清二郎は何を思う・・・


絢子が語る地獄の生い立ち!

美醜の大地

34『まんが王国』で配信スタートです~♪

想像通りに凄まじい生い立ちを生き抜いてきた絢子。

修羅の家に生まれ育った彼女の記憶は、今なおその傷痕と共に彼女を苦しめ続ける・・・

そして・・・

今考えると、絢子が学生時代にハナをイジメぬいた行動や、

ハナのことを美しいと言った言葉の意味が判るような気がする・・・

34話の見どころ

33話では、絢子の祖父の恐るべきモンスターぶりが判明して、

なんとなく絢子のまとっている不幸オーラの正体がわかってきた内容でした。

そこで・・・

今回、34話見どころは、いよいよ謎のベールに包まれていた絢子の母親が彼女の記憶の中で動き出すところです。

そして・・・

絢子の口から次々に語られ始めた母親との驚愕な思い出と、

高嶋津家で平然と行われていた鬼畜な光景は、そのあまりの凄まじさに絶句してしまいます。

美しく、利発で素直な少女時代の絢子が見た地獄の光景は、彼女から全ての光と希望を奪ってしまったのです。

やはり、今はほとんど死骸となっている高嶋津家の祖父がネックだったのだ!

あの男が高嶋津家に歪な家族構成と、消えない怨念を植え付けさせた・・・


前回33話のおさらいはコチラ♪
↓↓↓↓↓

美醜の大地のネタバレ 33話|あなたには知る権利がある!


まんが王国の先行配信

『美醜の大地』34は、

『まんが王国』先行配信されている作品です~♪

と、いうわけで、

もし、最速で34を最速で読みたい人はコチラからどうぞ~♪

『美醜の大地』の試し読みは♪

↓↓↓コチラ↓↓↓
>>>まんが王国
サイト内で『びしゅうの』と検索して下さい♪

美醜の大地 34話 ネタバレ

34話:記憶の中の母親

絢子が覚えている記憶の中の母親は、いつもきれいな着物を着て、

色とりどりの美しい花に囲まれながら涙を流していた。

母は優しい人だった。

美しくて儚(はかな)げで、弱い人間だった・・・

絢子は時おり遠くを見て泣いている母親にどうして泣くのかと問いかけてみたことがある。

その時、母親は何も言わず優しく微笑んで絢子のことを力いっぱい抱きしめた。

そんな母親だった。

そして・・・

高嶋津家の中で母は孤独だった。

その一つの原因は、夫・保親(やすちか)が母親と絢子を空気のように扱い、いないものとして振舞っていたからです。

なぜそんなことをするのか?

それは、父親に妻が凌辱されているから!

そう・・・

絢子の母親は、高嶋津家に嫁いできたその日に、高嶋津家の総帥である祖父の手籠めにされていたのです。

それから祖父はたびたび母親のもとへやってきては、息子の妻である女の体を弄んだ・・・

母にも保親にとっても耐えられない屈辱だった!

しかし・・・

保親は自分の妻が父親から手籠めにされていることを知っても父に何も言えなかった。

彼がしたことといえば、妻を罵倒して、その後ずっと妻と娘を無視することだった。

そんなある日、

絢子は自分の目の前で祖父から凌辱されている母親の姿を目撃する。

その時、母親を犯しながら嬉しそうに祖父は、絢子が自分の子供だという事を教える。

この時、絢子はなぜ母親がいつも泣いていたのか、父がなぜ自分や母に話しかけてくれないかの理由を悟った。

まさに地獄の光景でした。

自分の幼い娘の目の前で凌辱される姿をさらしてしまった母は、その数時間後、

自らカミソリをその白く細い首に走らせて自殺した・・・

後半の展開

後半の展開は、母親が自殺したあと、継母に壮絶な虐待を受けて育つ絢子の日常が描かれています。

母親が自殺してすぐに保親は新しい妻を娶った。

父から母親だと聞かされた女の目は、まるで汚らしいモノでも見るような目で絢子を睨みつけていた。

父親に継母を紹介された翌日から絢子に対して継母の虐待が始まった。

そして・・・

その日を境に絢子はまったく感情というモノを失った。

だが・・・

どれだけ酷い虐待を働いても涙を見せない絢子に対して、継母もどんどんと意地になっていった。

しまいに継母は絢子が唯一大事にしていた自殺した母親の遺品を絢子の目の前で火をつけ、全てを焼き尽くしてしまったのです。

その瞬間、今まで継母から何をされても表情一つ変えなかった絢子の目に一筋の涙が・・・

 

『美醜の大地』の試し読みは♪

↓↓↓コチラ↓↓↓
>>>まんが王国
サイトTOPから『びしゅうの』と検索してくださいね♪

34話の感想

絢子の母親がちょっと想像していた母親像とは違いました。

絢子は精神的におかしくなった母親から虐待されていたのかと思っていましたが、

虐待していたのは継母だったんですね。

実の母親は、すごく優しくてキレイな母親だったんですね。

しかも・・・

商売に失敗した家の犠牲になって、人妻で一人息子までいるのに高嶋津家に嫁いでいたなんて・・・

それだけでもかなり不幸で辛い人生です。

そこへ来てあの鬼畜モンスターのジジイですよ!

嫁いできたその日に息子の嫁さんを犯すなんて、ホント一昔前の昼ドラの展開だ~

こういう女性の悲劇的なストーリーは、女として屈辱的な感情を覚えますね。

女は慰みモノ。

頼りの夫は、あれだけ求愛してきたのに無視をする。

なぜ、父親に抗議することさえしないのか?

完全に壊れている!

ただ・・・

想像を絶するようなセレブの家系にはこんな事は珍しくないんだろうな~

なんたって徳川将軍時代の『大奥』なんて女性を子供製造機と捉えている象徴ですからね。

冷静に考えて見ると、女性なら腹が立って見れない物語だけど、

実際に『大奥』を題材にしたドラマや映画は、すごく女性から人気があるんですよね~

女性の悲劇的な運命や、純愛とか、琴線に触れる部分が多いんだろうな~

ちなみにサイト主のまるしー『大奥』関連の作品は大好きなんです♪

あの激しい女の愛憎劇は、たまらなく面白いしワクワクします♪

なので・・・

本作のラスボス・絢子が歩んできた地獄の生い立ちは身震いするほど楽しい展開です・・・

 

>>>『美醜の大地』35話のネタバレはコチラ♪

 

無料試し読み

今、紹介した、

美醜の大地34

『まんが王国』絶賛配信中のコミックです~♪

このお店は、電子コミックサイトでは老舗のコミックサイトで、

サイト管理人のまるしーがいつも利用してるお店の一つです♪

特に、会員登録なしで、たくさんのコミックが無料試し読みできるのはすごくありがたい!

他のコミックサイトでは読めないレアな作品も数多く扱っているし、

こういうサイトは押さえておいたほうがイイですよ~♪

 

『美醜の大地』の試し読み♪

↓↓↓コチラ↓↓↓
>>>まんが王国
サイト検索窓に『びしゅうの』と打ち込んで下さい♪

『美醜の大地』の関連記事

これまでのお話はこちらで読めます~

↓↓↓↓↓↓

美醜の大地のネタバレ|1話から結末までをココで!

スポンサーリンク