恋愛不感症【ネタバレ11巻】元カレの告白に朱里と浅倉は?

「俺たちもう一度 やり直せないかな?」

浅倉が元カノとのケリをつけて安心していたら、今度は朱里の元カレが登場でまた修羅場が・・・!

しかも・・・

今回登場してきたその元カレは、朱里にとってかなり特別な人物なのである。

それは・・・?

別れてからもずっとその”言葉”で朱里の心を苦しませ続けた元カレだから・・・

なんと・・・

今回の浅倉課長は、ドロ臭くワイルドにキレます!

恋愛不感症ーホントはもっと感じたいー

11巻の解説と感想です♪

今回の浅倉課長は怖いです!

かつてこれほど激しい喜怒哀楽を前面に表現する浅倉がいただろうか?

朱里を好きになったことで彼という人間は確実に変わった。

そして・・・

浅倉と出会ってから朱里の『恋愛不感症』が過去のものとなった。

なのに・・・

元カノや元カレってなぜいつも健(すこ)やかなるカップルのもとへ波風を立てに現れるのか・・・

浅倉の悲しみが痛い!

11巻の見どころ

待ちに待った『恋愛不感症』の最新巻が配信スタートされました~♪

今回、11巻の見どころとして、まずは浅倉の生い立ちや家族との関係が明らかになったことです。

彼はどんな両親のもとで育てられ成長してきたのか?

そして・・・

今回発売されたこの11巻のメインテーマとなるのは、

元カレの登場と告白です

浅倉が元カノ・京子(きょうこ)とのケリをつけてやっとこさ朱里と浅倉が付き合うこととなったわけですが、

その後、少しづつお互いの心と体にできた隙間を埋め合ってようやく順風満帆な日常がやってきた!

「そろそろラブラブモードが発動するのか?」

と…思ってワクワクして待っていた矢先にこの緊急事態発生である。

ワケアリな元カレ

なんせ、今回登場してくる朱里の元カレ・大和(やまと)は、

朱里に『恋愛不感症』という言葉を突きつけた元カレだったのだ。

 

そう・・・

この言葉の呪縛が、その後に朱里が経験する不幸な恋愛の数々を作り出したわけだ。

そんないわくつきの元カレが、アグレッシブに朱里へ猛アタックを仕掛けてきた。

これに当然黙っていられないのは浅倉である。

 

彼は絶対に普段は見せないようなドロ臭い態度で朱里から大和をはねつける

しかも・・・

そのやり方というのが、ベテラン専業主婦のサイト主・まるしーにはたまらなく強引でキュンとくる行動だったのです。

あのいつも冷静でクールなイケメンの浅倉が、カッコ悪く感情をむき出しにして好きな女を奪われないようにあがく姿。

そんな浅倉に胸がキュッと熱くなってカッコいいとさえ思ってしまうんです・・・

なので・・・

今回の浅倉課長は見ものですよ~♪

 


10巻の解説と感想はコチラ♪
↓↓↓↓↓

 

『恋愛不感症』の立ち読みはココ♪
↓↓↓↓↓
>>>Renta!(レンタ)

 

恋愛不感症【ネタバレ11巻】元カレの告白に朱里と浅倉は?

31話:エレベーターでお仕置き!?

ある日、浅倉が行きつけにしている高級家具店に朱里のベットを買いに来た二人。

浅倉のマンションで一緒に暮らしている朱里にせめてベットとドレッサーくらいは買ってあげたいと朱里を連れてきた浅倉だったが、

当の本人・朱里は店に並ぶ高級な家具たちを前に気が引けてしまう。

とにかく値段が尋常じゃないほどお高いわけで・・・

そこで・・・

朱里が一会社員の課長がなぜここまで高級なお店で買い物できるのかを疑問に思って、率直に浅倉へ質問してみた。

すると・・・

浅倉があまり幸せとは言えない自分の生い立ちや家族との希薄(きはく)な関係性を語りだしたのだ・・・

夫婦の愛情がまったく感じられない冷たい両親の間で育った浅倉。

そんな彼だが、今は心から愛することができる女性・朱里がいる。

浅倉の過去を知ったことで二人の絆はまた一段と強いものになった♪

しかし・・・

そんなラブラブモードの二人がある人物の登場でヤキモキする展開に・・・

なんと・・・

その家具店で朱里が元カレ・橋田大和(はしだやまと)と再会するのです!

ただ・・・

普通に朱里が元カレと何年かぶりに再会しただけなら何の問題もなかったのですが、

朱里が変な気をまわして浅倉を自分の恋人だと元カレにハッキリ紹介しなかったことで、

浅倉の機嫌が一気に悪くなってしまうのです!

朱里と付き合うようになってから恐ろしいほどの独占欲を発揮するようになった浅倉は、

なんと・・・

朱里に家具店のエレベーターでお仕置きを始めて彼女を困惑させてしまうのだが・・・

 

32話:旅行は危険がいっぱい

会社の慰安旅行へ行くこととなった浅倉と朱里。

しかし・・・

その旅行は危険がいっぱいだった…

なんと…

その宿泊先の温泉旅館は、先日、朱里が家具店で再会した元カレ・大和の実家が経営する旅館だったからです。

しかも・・・

現在、大和は旅館の後継ぎとなるべく修行中の身で、朱里と浅倉の前に再び姿を現したのだ・・・

のっけから波乱含みの社員旅行がスタートしたわけですが、

この先に待っていたのは二人の仲を引き裂く波乱の展開でした

 

最近すごく表情豊かになった朱里は、他の男性社員からたくさん声をかけられ、

浅倉は浅倉で部下の女性社員からモテまくるという状況。

なので・・・なかなか二人がゆっくりと会話できるタイミングがありませんでした。

お互いがお互いにジェラシーを感じながら過ごす時間はとても苦痛だった・・・

だがそんな時、夕食時の宴会の合間に夜風で酔いを醒ます朱里を浅倉が発見。

そこで二人は旅行へ来てから初めてゆっくりした会話をすることになり、

旅行序盤からお互いにヤキモキしていた不安な気持ちを打ち明けあった二人。

これでモテすぎるお互いのわだかまりも溶けて、浅倉と朱里はもとのラブラブモードな状態へ復活♪

しかし・・・

そんな二人のことを遠目から観察する人物が・・・

 

33話:元カレの告白

それは、浅倉と朱里がほんの少しだけ離れた隙に起こった。

たまたま一人でいた朱里を大和が誘い出して、誰も目のつかない建設中のエリアへ・・・

そこで二人は付き合っていた当時の思い出話を始め、

やがて・・・

大和は朱里を誘い出した本当の目的を果たす。

「俺たちもう一度やり直せないかな?」

大和から朱里への告白だ。

 

朱里には浅倉課長という恋人といると知りながらあえて強引に告白する大和

 

朱里は大和の想いを知って絶句しました。

なんせ彼はワケアリな元カレで、

なんと・・・

付き合っていた当時、朱里が”恋愛不感症”だと初めて言った相手なのです。

 

朱里に恋愛のトラウマを植え付けた大和がなぜ今さら告白を・・・?

動揺する朱里。

しかも・・・

なにか言おうとして口を開こうとした朱里を強引に抱きしめる大和。

 

「やめてっ!大和」

咄嗟に朱里が自分を抱きしめている大和の腕を振りほどこうとした瞬間だった。

 

「何やってるんだお前ら」

朱里の帰りが遅いから心配になって探しにきた浅倉が最悪のタイミングで二人の前に現れてしまった!

浅倉の登場で朱里と大和が硬直する。

顔色が変わる朱里。

必死で今起こった大和とのアクシデントを説明しようとする朱里を強引に引き寄せた朝倉は、

大和が見ている目の前で激しく朱里の唇を奪い、大和へ二人のラブシーンを見せつけたのだ。

浅倉の強引なやり口に呆然と立ち尽くす大和。

ここから・・・

浅倉と大和の朱里を賭けた壮絶なバトルが展開されてゆく・・・

 

『恋愛不感症』の試し読み♪
↓↓↓コチラ↓↓↓
>>>Renta!(レンタ)

11巻の感想

胸が締め付けられるような緊迫シーンが展開された11巻の内容でした♪

恋愛マンガにはありがちな元カレ出現のエピソードが今回のメインテーマだったんですが、

現在、この11巻が終わった時点では、朱里の元カレ騒動は解決しておりません。

というか始まったばかりだ。

なので・・・

モヤモヤが胸にたくさん残ってしまうラストの状況で、この11巻は幕引きとなるのです。

だから…

続きが気になってしょうがない。

なんというか・・・

すべてがタイミングなんですけど、やっぱり朱里の無自覚と気の緩みが一番大きな問題ですかね~

最初に元カレに対して浅倉の事を堂々と彼氏だと言わないことこともダメダメだし、

あの旅館の場面で、簡単に大和についていっちゃうことも大問題だ!

彼女としての自覚があまりにも薄い!

そもそも社員旅行で旅館に泊まってるんだから、基本的に個人的な行動は慎まなければいけない立場で、

あの状況で浅倉が心配することが予想できたのにあの対応はマズ過ぎる!

元カレに抱きしめられている朱里を目撃した浅倉のショックと悲しみは相当なものだったろうな~

大変な想いを乗り越え、朱里の一途で純粋な求愛を受け入れる形で始まった二人の付き合いだった!

なのに・・・

その朱里から自分を裏切りような元カレとのラブシーンを見せられたのだ!

元カレに抱きしめられた朱里に気持ちが入っていようとなかろうと、

あの二人の光景自体が浅倉にとって拷問に等しい映像だった・・・

「まさかお前から・・・」

と…苦しい胸の内を吐露する浅倉の表情がすごく悲しそうで辛そうだったのが印象的でした。

あの…怒っているのではなく、どこか絶望している切ない表情。

たとえ元カレから強引にされた告白や抱きつきだったとしても、

ここまで浅倉を傷つけてしまった朱里には言い訳の余地はない。

さぁ…どうする朱里?

本当の”愛”を知らない浅倉に揺るぎない愛情を注いだのは朱里の方だ。

今その1ミリも変わることのない浅倉への想いをぶつけなければ、二人の関係は終わってしまうだろう・・・

それほど彼のショックは大きい。

いや~

まさか浅倉があそこまでジェラシーに燃え滾った行動に出るとは・・・まるで…青春だ!

非常に興奮した。

 

>>>『恋愛不感症』12巻の解説と感想はコチラ♪

 

無料試し読み

今、紹介した

『恋愛不感症ーホントはもっと感じたいーは、

今、電子書籍のレンタルサイトRenta!で取り扱い中の作品です~♪

テレビCMでもおなじみのRenta!さんは、

サイト主のまるしーもよく利用させてもらっているサイトさんで、

とにかく面倒な会員登録なしで、読みたいコミックをたくさん立ち読みできるのが大きな魅力です♪

そしてもし、本編を全部読みたい作品と出会ったならば、

無料会員登録してからチケットを購入でサクッと読めばいいんです。

コミック好きの人にはおススメの電子書籍サイトですよ~♪

 

『恋愛不感症』の試し読みはコチラ♪

↓↓↓コチラ↓↓↓
>>>Renta!(レンタ)

『恋愛不感症』の解説と感想はココで全部読めます♪