港区JK(漫画)ネタバレ 7話|抑えきれない想い!

二人のナイショが思わぬ悲劇を生んでしまった

マッキーミヤにずっと片思いを隠していたこと。

ミヤ(ひかる)先輩とのややこしい事情。

お互いに大切なことを報告しなかったおかげで心が追い詰められてしまったのです・・・

そして・・・

ミヤがどうしようもないピンチに追い込まれたその時、

マッキーの”大好き”ついに発動してしまったのだ・・・


抑えきれない想い!

港区JK

7ネタバレです~♪

ミヤの黒歴史を人質にしてクリスマスデートを迫る輝先輩。

モテすぎるイケメンは、まったく自分に振り向かいないミヤを実力行使で落としに来たわけだ。

バレたらまた底辺に逆戻り!

そんな恐怖と自分のプライドを天秤にかけるミヤは、輝先輩の言うとおりにすることで自分を守ろうとするが、

ここでついにマッキーの抑えきれない想いが爆発しちゃったのだ・・・

 

7話の見どころ

『まんが王国』7話配信を知って、またマイクロ版を課金してしまいました~

どうしても単行本の2巻が発売されるまで待てないサイト主のまるしーなのです。

なぜなら・・・

深く深くハマってしまったから!

特に6話の終わりでミヤが輝先輩からあんなエロい脅迫を受けたもんだから気になってしょうがないわけで・・・

しかも・・・

今回は、ミヤとマッキーにとって二人の関係が大きく前進するお話となります。

追い詰められたマッキーがついに抑えてた想いをミヤに伝えちゃうんです♪

そこで・・・

7話見どころは、ズバリ!マッキーがミヤにずっと抑えていた想いを告白するシーンです。

「行くなよ!」

輝先輩のもとへ向かおうとするミヤの腕をつかんで言ったマッキーのセリフ。

ココから不器用な2人のキュンキュンするやり取りが始まります。

お互いに両想いなのに恋愛経験の未熟さがここまで二人の関係をややこしくしているわけだが、

まず、動いたのがマッキーだった。

 


6話のネタバレはコチラ♪
↓↓↓↓↓

港区JK(漫画)ネタバレ 6話!ミヤの黒歴史があの男にバレた!


 

『港区JK』の立ち読みはコチラから♪
↓↓↓コチラ↓↓↓
>>>まんが王国
サイト内で『みなとく』と検索して下さい♪

 

港区JKのネタバレ 7話

「やってやる」

「ミヤちゃんの過去をバラされたくなかったら、オレとクリスマス過ごしてよ」

脅迫じみた方法でミヤをデートに誘う輝先輩だったが、

ミヤは離婚して別に暮らしている母親の経営するお花屋さんで、この年末はマッキーと共にアルバイトをしていました。

当然、クリスマスの当日もお店が閉店する20時までアルバイトが入っていたのだ。

すると・・・

「20時以降、10分でもいいから」

来るまでずっと待ってると、真剣なまなざしでミヤを見つめる輝先輩。

正直、黒歴史の過去をマッキー以外の人間に受け入れてもらえるのは初めてだったし、

とても心が揺れたミヤだったが、

輝先輩は、ミヤが一番いままで敵視して闘ってきたハイスペック男子の代表的な存在だ。

ミヤとしてはそんな彼にこのまま流されたくないし、思い通りにされたくもなかったのです。

ただ・・・

クリスマスデートに行かなければ、輝先輩によってミヤはまた底辺の人間に突き落とされてしまうかもしれない。

そう思うと震えが来た。

やがて…

ミヤは決意した。

「やってやる」

マッキーとのバイト中に思わずそう声に出したミヤだった・・・

 

抑えきれない想い!

「行くなよ」

脅されて輝先輩とのクリスマスデートに向かおうとするミヤの腕を力強くつかんで引き留めるマッキー。

「なんで?」

突然マッキーから引き留められて思わず問い返すミヤ。

すると・・・

マッキーは、どうしてそんな大事なことを自分にあらかじめ相談しなかったのかとミヤを詰問した。

一瞬困った表情を浮かべたミヤは、

最近のマッキーは、ゴリエとなにかコソコソしていて言い出しずらかったと答え、

さらにミヤは自分がマッキーからどこか避けられている感覚だったとも言った。

今度はそんなミヤの答えに口ごもってしまうマッキーがいる。

なぜならミヤの言ったことは、正解でもあり、間違ってもいるからだ。

彼は、日ごとに大きくなってゆくミヤへの気持ちが抑えきれなくなっていることを感じて、

最近では、ミヤの顔もまともに見れなくなっていたのだ!

だから・・・

ミヤが自分の事を友達として見ている以上、マッキーはなかなか自分から一歩踏み出す勇気が持てなかったのです。

しかし・・・

今回、ミヤと輝先輩との一件を聞いたことで、その抑えきれない想いが一気に爆発したのです。

 

そしてここから、切なくも胸にキュンとくるマッキーの告白が始まるわけです・・・

その真に迫るマッキーの告白シーンはぜひ、本編現物でお楽しみください~♪

 

『港区JK』の立ち読みはコチラから♪

↓↓↓コチラ↓↓↓
>>>まんが王国
サイト内で『みなとく』と検索して下さい♪

7話の感想

マッキーがミヤに告白するタイミングは確かにああいう状況にならないと無理だったんだろうな~

我慢してひた隠してきたミヤへの感情がついに溢れ出たあの

「ミヤの”好き”は僕の欲しい”好き”じゃない」

という妙にジーンとくるセリフに現れてたのです。

あのシーンはさすがに分かっててもキュンときたなー。

ゲームのように恋愛をおもちゃにしている輝先輩と、

親友を異性として好きになってしまった純真なマッキー。

その二人の狭間でミヤはなにを感じ、どう反応するのか?

正直、マッキーの心の中にゴリエの存在なんて最初からいないのだろう。

男女の友情って、時に恋愛の邪魔をしますよね~

今回のミヤとマッキーは、それの典型的なパターンだな。

 

マッキーは、ミヤと知り合った当初からずっとミヤのことだけが大好きだったんだ。

きっと・・・

ミヤもそうなんだと思う。

あの日、死を覚悟して校舎の屋上へとやってきた二人。

そこからお互いに励ましあって死に物狂いでここまで這い上がってきたんだ。

ミヤだって本当は誰のことが好きで大切なのか、すでに心と体は気づいているはずなんです。

そこで・・・

そんなミヤの心のスイッチを押すかのようにマッキーがミヤを強く抱きしめる。

果たして、

ミヤは自分の本当の気持ちに気づくことができるのか?

そして・・・

ミヤはやっぱり輝先輩とのクリスマスデートに行ってしまうのか?

盛り上がりは最高潮を迎えております~♪

 

>>>『港区JK』8話のネタバレはコチラ♪

 

無料試し読み

今、紹介した

『港区JKは、

『まんが王国』絶賛配信中のコミックです~♪

このお店は、電子コミックサイトでは老舗のコミックサイトで、

サイト管理人のまるしーがいつも利用してるお店の一つです♪

特に、会員登録なしで、たくさんのコミックが無料試し読みできるのはすごくありがたい!

他のコミックサイトでは読めないレアな作品も数多く扱っているし、

こういうサイトは押さえておいたほうがイイですよ~♪

 

『港区JK』の立ち読みはコチラから♪

↓↓↓コチラ↓↓↓
>>>まんが王国
サイト内で『みなとく』と検索して下さい♪

『港区JK』のネタバレ記事はコチラで読めます♪

港区JK(漫画)ネタバレ 8話|男と女の友情は成立しない!

港区JK(漫画)ネタバレ 6話!ミヤの黒歴史があの男にバレた!

港区JK(漫画)ネタバレ!成り上がり女子の屈折ラブがキュン!

スポンサーリンク