シジュウカラ(漫画)ネタバレ!40女のトキメキとザワザワ!

スポンサーリンク




一度は捨てた漫画家の仕事。

しかし・・・

新しい時代が彼女をまた漫画家として求めだした時、

40歳となった彼女のもとへやってきたのは、新しいパソコンと美しい青年だった・・・

 


坂井恵理 
さんが描く
40女のトキメキとザワザワ!

『シジュウカラ』

キャリア20年の売れない漫画家が電子書籍で大復活!

愛してもいない夫との暮らしに希望はなかった(>_<)

しかし・・・

漫画家として復帰したアラフォーヒロインに訪れたのは、心をざわつかせる美青年との出会いだった・・・

シジュウカラの見どころ

人気作『鏡の前で会いましょう』『ヒヤマケンタロウの妊娠』を始めとするたくさんのヒット作を描いた坂井恵理 先生の最新連載作品です~♪

 

サイト主のまるしーは、『鏡の前で…』を読んで以降、坂井先生の大ファンなんです(^^)

だから、『シジュカラ』の連載が始まってメチャメチャ興奮しています♪

 

しかも・・・

今回は、40代の女性が主人公の物語で、世代的にもバッチリまるしーが共感できそうなお話だ(>_<)

坂井先生の描く漫画は、ファンタジックなのにどこかリアリティな印象があるエッジの効いた作品が多く、

最後には必ず読者をジーンとさせてくれる癒しが入ってるんです(^^)

 

ただ・・・

今回の『シジュウカラ』という作品は、『不倫』というキーワードがチラチラするストーリーで、

内容としては、夫と息子を持つ40歳を迎えたばかりの売れない漫画家・綿貫忍(わたぬきしのぶ)が、

アシスタントに雇った22歳の美青年に胸をときめかせるというお話なのですが、

まだ1話しか配信されていないので、この先、二人の関係がどうなっていくのかはまったく判りません^^;

 

このドロドロとした愛憎劇が展開されそうな設定を、どうやって坂井ワールドに落とし込んでゆくのか・・・?

 

とても楽しみです♪

 

見どころはやっぱり40歳の売れない主婦漫画家美青年アシスタントという設定ですね(>_<)

最近、40代の女性がヒロインとなっている作品がすごく多くなってきてる中で、

まだまだ女として現役の元気なアラフォー女子トキメキざわめき具合がすごく読んでて共感できるし、理解できる(^^)

 

また一人、目が離せないアラフォー・ヒロインが登場してきました~♪

この『シジュウカラ』は、1話を読んだ限り、面白そうなにおいがプンプンしてます(^^)

 

まんが王国の先行配信

この『シジュウカラ』は、

『まんが王国』だけで先行配信されいてる作品です♪

 

なので・・・

興味のある方は、こちらでまず立ち読みしてください~♪

 

『シジュウカラ』の立ち読みはコチラ♪

↓↓↓↓↓↓↓
>>>まんが王国
サイト内で『しじゅうから』と検索して下さい♪

ちなみにこの『まんが王国』は、

会員登録しなくても無料で立ち読みできるありがたいコミックサイトです(^^)

サイト主のまるしーヘビロテでお世話になってるんです~♪

 

シジュウカラのネタバレ

1話:私、始めました

主人公は、売れない漫画家として20年もの間、先輩漫画家さんのアシスタントとして働いている

綿貫 忍(わたぬきしのぶ)39歳。

彼女には、一回り年上の夫と、思春期の息子がいる。

 

この物語は、(しのぶ)の夫の父親が亡くなったことがきっかけで、

夫の実家へと引っ越しすることとなったところからスタートします^^;

引っ越しを機に漫画家のアシスタントを辞めて、漫画家という職業に見切りをつけた忍。

 

漫画家と言っても、20年の漫画家生活のほとんどがアシスタントとして働いていた彼女には、

漫画家を辞めるにあたってなんの支障もなかったのです^^;

 

というより、いくら続けても目が出ない漫画家としての自分にホトホト嫌気が差していて、

辞めるきっかけを探していたふしもあったわけです。

 

しかし・・・

そんな彼女のもとに、ある日突然かかってきた電話。

そのことがきっかけで、彼女の生活が一変する出来事が起こります^^;

 

『地獄のホットケーキ』

それは、夫の実家に引っ越して早々の出来事でした。

ある出版社の編集部に所属するスタッフ・荒木(あらき)という女性から「会いたい」と連絡を受けた忍。

早速、その荒木という編集担当者と忍が会ってみると、

 

なんと・・・

忍がペンネーム『ささき蜜柑(みかん)』という名前で過去にリリースした漫画が電子書籍バカ売れしているという話を聞くのです。

「ええっ!?」

荒木が電子コミック化されて売れまくっている言った作品は、

『地獄のホットケーキ』という”不倫”をテーマにした妻の復讐劇を描いた作品でした^^;

 

紙のコミックが発売されてもう何十年もたった今、奇跡的に電子コミックとして大ヒットをしたわけです。

しかも・・・

荒木は忍に、この勢いで新作を描いてみないかというオファーまでしてきた。

「や…やります!」

思わずその場の勢いで新作のオファーを受けた忍だったが・・・

 

後半の展開

後半の展開は、忍が新しい新作を描き始めるためにアシスタントを募集することになり、

そこに応募してきた22歳の青年・橘千秋(たちばなちあき)と初めて出会うエピソードが描かれています♪

 

近所に住んでいるからという理由で、面接にきてもらった千秋は、

とても漫画家を目指してるとは思えない明るい性格と、イケメンなルックスの持ち主でした^^;

 

しかも・・・

過去に漫画家のアシスタント経験もあり、すぐに戦力となる人物。

今の新しい技術を使った漫画の描き方を知らない忍には、

色々とパソコンの使い方まで教えてもらうこともできる渡りに船なイケメン青年だったのです。

 

忍は早速、千秋にアシスタントとして働いてもらうことに決め、その日のうちに自宅の作業部屋へと千秋を招待するのです。

夫が家にいるとは言え、若く美しい青年と部屋で二人きり・・・

 

そしてこの日・・・

ちょうど忍は、40歳の誕生日を迎えていたのです・・・

ココから、アラフォー女性・綿貫 忍 の恋と仕事と、愛と夢の物語が始まってゆく・・・

 

2話ネタバレ

40歳の誕生日に思ってみない人生の転機が訪れたヒロインの(しのぶ)。

昔描いたコミックが電子コミックで復活されたり、新作のオファーを受けたり^^;

 

そして・・・

若きイケメンアシスタント・橘千秋(たちばなちあき)との出会いがあったり・・・

 

しかも・・・

今回の2話では、一通りの仕事が一段落した千秋が、

その打ち上げで二人だけの飲み会を開くことに・・・

 

別に意識したわけではないんだけど、普段はしないオシャレをして、美容院で髪までカットした忍。

決して、若くイケメンの千秋に浮かれてるわけではない(>_<)

 

でも・・・

なんだか妙に気になってしまう千秋がとる忍へとの態度が!

 

特に、忍の自宅で一緒に仕事するために千秋がついたウソはかなり気になるところだ(>_<)

そして・・・

忍のことをいちいち魅力的な女性扱いする千秋の言葉の一つ一つが、

忘れかけていた一人の女性としての本能を忍に呼び起こさせる(>_<)

 

「こんなオバサンの…」

忍の夫が言った世間話のちょっとした表現に、

「”先生”です。」

「”おばさん”なんかじゃありません」

と、すぐさま挑むような目で忍の夫が発した言葉を訂正する千秋。

 

彼の本心は一体どこにあるのか?

 

最初からなにか意味ありげな行動を見せていた千秋がついに動き出した・・・?

 

3話 ネタバレ

それは…年の差を越えた恋心なのか?

それとも・・・

 

千秋との甘いベットシーンの夢から目覚めた

若い頃に比べるとかなり性欲が減っていると思っていたのにあんなエッチな夢を見るなんて・・・

欲求不満なのか、それとも千秋に恋心を抱いている?

 

いやいや…

{きっとこれは恋ではない!}

そう自分に言い聞かせようとする忍だったが、どうものバランスが上手く取れない(>_<)

 

{一体、私どうしちゃったんだろう?}

千秋と出会ったことで、眠っていた自分の”女”本能をよ呼び起こしてしまったのか(^^;

 

そんな中、忍は学生時代に所属していた漫画研究会のメンバーたちと久しぶりに会うこととなった。

それぞれほどよくオバサンになった者たち4人での女子トークは、女として枯れた切ないトークと、旦那たちへの愚痴がほとんどだった^^;

これがリアルな40女たちのストレス発散トークなのだ(>_<)

 

しばらくして、旧友たちのとのバカ話も終わり、なにげなく歩いてた帰り道。

忍はふと、過去に通ったことがある景色に心がハッとする。

 

なんと・・・

忍の目の前に広がる景色は、過去に最悪な光景を目撃した光景だったのだ(>_<)

前方に建っているあの長屋の建物は、過去に夫が浮気していた女の住んでいた家だ!

 

しかも・・・

偶然その長屋から出てきた人物の姿に忍は衝撃を受ける・・・

 

4話ネタバレ

いよいよその日がやってきてしまった(>_<)

イケメンのアシスタントをデートに誘い、何年ぶりかで外出用の服をネットで買う!

しかも・・・

彼のためにわざわざお弁当作って、ウキウキ気分を必死で押し殺す(>_<)

 

そんでもって行った先は、仕事にかこつけての動物園♪

 

もう~は今や完全に千秋との関係で舞い上がっている・・・

そんなことは恥ずかしいくらいに自覚はしてるんだけど、

作品創作のためだと自分に無理やり言いきかせてごまかしてはいるけど・・・

浮気をしてた夫への当てつけだとか心にウソをついてるけど・・・

 

本当の気持ちは、ただ…突然やってきたトキメキの出会いにブレーキが効かなくなっているだけだ(>_<)

 

そして・・・

千秋と出会ってからずっとザワザワしてた忍の気持ちは、いよいよ現実のへと発展してゆくことに・・・

危ない!危ないぞ~^^;

 

5話ネタバレ

忍が千秋に問いかけた一言で、夢のような年の差ロマンスな空気は一気にどこかえ飛んでいった(>_<)

「橘くんは、夫が昔、不倫していた女性の息子なの?」

忍が発したこの言葉は、隠されていた千秋の本性を明らかにすることとなった(>_<)

「なーんだ!バレてたんですね」

そう言って悪びれる千秋は、忍の夫への復讐のために忍を誘惑してたことを告白する。

「他人の家庭を壊しておいて、自分だけ幸せに暮らしてるなんて許せない!」

千秋の憎しみの言葉は、忍の胸に強く突き刺さった・・・(>_<)

 

忍は千秋に騙されていた事も忘れ、逆に申し訳ない気持ちでいっぱいになった。

そして・・・

何の罪もない幼少時代の千秋から、間接的に父親を奪ってしまったことに深く責任を感じてしまったのだ(>_<)

その後、

「早く別のアシスタントを見つけてください」

と…投げ捨てるように言って忍の前から去っていった千秋だったが、

彼が忍の家にスマホを置き忘れて帰って行ったことで、その後に意外な展開が待っていたのです・・・

 

6話ネタバレ

自分をワナにハメようとしていた千秋だったが、彼の深く傷ついた涙を見て、思わず自分の胸の中に抱き寄せた

すると、千秋は子供の頃にページが擦り切れるほど読んでいたのは、

『ササキシノブ』のペンネームで雑誌に掲載されていた忍の漫画だったんだと告白する。

そう・・・

両親の不仲、そして忍の夫と母の浮気で傷ついていた千秋は、ずっと忍の漫画に助けられていたのだ。

それを忍に伝えると、千秋はゆっくりと自分の生い立ちを語り出した・・・(>_<)

 

千秋の父親は優しくて子煩悩だったが、とても女にだらしない父親だった。

千秋がまだ幼稚園の頃から、しょっちゅう家を空け、他の女の家に泊まって母親を悩ませていた。

そんな父親に振り回され続けた千秋の母親だったのだ。

その後、夫婦ケンカをしては仲直りの繰り返しだったが、なんとかギリギリ夫婦関係は続いていたのだが、

母親が夜の店で働き出してからその状況は変わってゆく・・・

 

父親は自分の浮気や家を空けることを棚に上げて母親を責めたのです。

そして・・・

夫婦の争う回数が増えていった頃に現れたのが、忍の旦那だった・・・

日を追うごとに会う回数が多くなってきた母と忍の夫。

その後、母親の不倫は父親に発覚して、ついに千秋の両親は離婚という結末を迎えたのだ・・・

 

7話ネタバレ

お互いのわだかまりを乗り越えたことでフラットな関係性に変化した忍と千秋。

忍は、例え自分に責任があるわけではないが、間接的に辛い思いをさせてきた千秋に対して、

申し訳ない気持ちもありつつ

{彼と一緒にもっと仕事をしていたい!}

そんな気持ちが沸々(ふつふつ)と湧き上がってきていた。

仕事にはがぜん力が入る。

 

すると・・・

その頑張りは描きおろし作品の連載化という形で実を結ぶことに・・・

連載が決定したことで再び忍は千秋にアシスタントの仕事を依頼する。

 

そして・・・

再び千秋が忍の家に来て作業を手伝うことになったのです。

打ち解け合った二人の関係は、親子でも恋人でもない不思議な関係性だった。

 

お互いに隠し事が無くなったせいもあり、

言いたいことを言い合ったおかげで漫画家アシスタントという関係以上の仲の良さだった。

 

すると・・・

そんな忍と千秋の関係性になんらかの違和感を覚え始めた忍の夫。

 

千秋とのことや、漫画家の仕事についてちょくちょく口を挟むようになってきたのだ(>_<)

夫は特に二人の浮気を疑っているわけではないが、明らかに千秋に対してなんらかの引っかかりを持っている。

 

しかし・・・

忍はそんな夫の小言をいともたやすく切って捨てた。

彼女は今、千秋との仕事が楽しくてしょうがなかったのです。

 

今後、忍の夫が抱いた小さな引っ掛かりが、

今まで表に出ていなかった夫婦の暗い過去を呼び覚ますこととなるのか・・・?

 

8話ネタバレ

忍が再び漫画を描くようになってから、明らかに彼女の中で何かが変わった。

日ごとに表情も明るくなってイキイキとしている妻を複雑な思いで見守っていた夫だったが、

ここへ来て自分の懐から妻が飛び立ってしまいそうな不安が湧き上がってきたのか、

夫が忍の体を求める機会が多くなってきたのだ。

それは・・・ここ最近になって急に輝き出した妻への嫉妬からなのか、

「この女は自分の女だ!」と、まるで夫が自分自身に言い聞かせるような支配的意識なのか?

しかし・・・

夫への愛情なんてとうの昔に捨て去った忍にとっては、夫に抱かれている時間なんて地獄でしかなかった(>_<)

 

夫とのセックスが終わったあと、体にこびりついた汚れを洗い流すかのようにシャワーを浴びる忍。

イヤでイヤでしょうがない夫との行為とその生活のすべてだが、

今さら過去の浮気を理由にして思春期の息子から父親を引き裂くことなんてできない(>_<)

でも・・・

だからといって、自分を裏切り、千秋の家庭をも苦しめてきた夫と、

これからも何もなかったように生活していくことも耐えられない心境だ!

 

ある意味で人生の岐路に立たされた形の忍だった。

そんな中・・・

そんな苦しい思いを押し込めていた忍でしたが、その苦しい胸の内をつい千秋に打ち明けてしまう(>_<)

そして・・・

自分に信頼を寄せてくれている千秋に対し、夫がある妻の立場では言ってはいけない言葉を口走ってしまう・・・

「ほんの少しだけ、私の手をにぎって欲しい…」

千秋はそっと忍の両手を握った…

 

9話ネタバレ

「泣いていいですよ」

全てを理解してくれてたような千秋の温かい言葉がスイッチとなって、

溢れる思いが大粒の涙となって忍の目からとめどなくこぼれ落ちる。

しかし・・・

その時、普段は仕事から帰ってくるはずのない夫が、二人の目の前に立っていたのです。

 

アシスタントの若い男と手を握りあって泣いている妻の姿に逆上した夫は、

「ゴホッ!」

「…にやってんだお前ら!!」

と…咳ばらいを一つして、二人に詰め寄ってきたのだ。

忍と千秋は、

漫画を描くためだとか、千秋が昔読んでいた漫画が忍の作品だったことに感動して・・・

 

などと、咄嗟(とっさ)に考えうる言い訳を並べてその場を収めようとしました。

なんとかその場は切り抜けることができたものの、

しかしながら、あのショッキングな妻と千秋の光景を見た夫からはまったく疑念は消えていない(>_<)

 

そして、その時が来た。

夕食が終わり、息子が自分の部屋に行ったタイミングで、夫が漫画を描いている忍の仕事部屋にやってきたのだ。

「さっきの、ちゃんと説明しろよ!」

夫の言葉が忍の背中に突き刺さる。

 

ここから、夫婦で初めての修羅場を迎えることとなるのです(>_<)

忍は、千秋が夫の浮気相手の子供だということだけを省いて、

夫が以前に浮気をしていたことや、そのことでどんなに自分が深く傷ついたかを手短に告白したのだ。

すると、夫は、

「じゅ…10年以上前のことを今さら・・・」

「あんなもん、遊びで…もう終わったことじゃないか」

と…まるではるか昔に起こったちょっとしたイタズラのように言い訳したのだ(>_<)

ショックだった!

その言葉を聞いた千秋は・・・

 

10話ネタバレ

忍が積年の恨みごとを夫にぶちまけてからというもの、

夫婦の冷めた関係をギリギリの状態で支えていた微妙なバランスが一気に崩れ始めた(>_<)

もう同じ空間で夫と生活することが耐えられない忍は、家の中で独立したスペースを着々と構築し始める。

 

仕事の作業部屋にロフト型のベットがついた机と新しい本棚を買った忍。

そして・・・

忍からの告白が相当そっくだったのか、夫は家の中で別居状態を作ってゆく忍に何も言えないでいた(>_<)

やがて・・・

どんどんと忍の心からは夫への関心が薄れてゆく・・・

 

そんな中、忍は千秋の幼馴染・星宙(せいらん)から、千秋の知られざるショッキングな過去の話を聞かされることに…。

しかも・・・

そのことがきっかけで忍と千秋の関係もギクシャクとしたものになって・・・

 

11話ネタバレ

星宙(せいらん)から高校時代に千秋が体を売るバイトをしていたと聞かされたは、

ついそのバイトのことで千秋を責めるようなことを言ってしまった。

ものすごく殺伐とした空気の中、年内最後の仕事を終えて千秋は帰ってゆきました。

その後、

年が明けて、千秋と連絡をとれないまま忍は、今や何の感情も抱いていない夫・洋平(ようへい)と、

忍の実家へ正月の挨拶に出かけます。

 

その頃、千秋は荒れていました。

やめていたタバコをまた吸い始め、なんと星宙に誘われてすんなりラブホテルへ入ります。

ただ・・・

忍に昔のバイトが見つかったことで落ち込んでいる千秋には、一緒にいる星宙のことなど全く眼中にありませんでした(>_<)

すると・・・

星宙は千秋の気持ちをかき乱すようなセリフを彼にぶつけ、

下着姿のまま千秋に「私を抱いて」と言って覆いかぶさった・・・

 

12話 ネタバレ

再び連載が決まった忍は、また千秋にアススタントを頼もうとするが、

何度LINEでメールを送っても既読がつかないし、直電にも出てくれない(>_<)

あんな別れ方をした後なので、不安と後悔でどうしようもなくなった忍は、夜遅い時間にもかかわらずやまない雨の中、夫に

「買い物に出る」

と…ウソまでついて千秋の家を直接訪問することにしたが、

忍を迎えたのは、13年前に忍と不倫してた千秋の母親だった。

衝撃の初対面となったわけだが、千秋の母親は忍を見てもまったく反応する様子がなく、

忍が漫画家だと知ると、息子が才能もないのに漫画家を目指しているという愚痴をこぼし、少し拍子抜けした気分になった。

今まで遠巻きにしか見てこなかった千秋の母親は、実際に会ってみると年相応のオバサンだったことにどこか満足した気持ちになる忍。

結局・・・

千秋とは会えずにトボトボと家に引き返していた忍だったが、

その途中で再び千秋に直電を鳴らしていると、何度目かのコールで彼が電話に出たのです。

「先生…」

弱々しい千秋の声。

一体彼に何があったのか・・・?

 

13話 ネタバレ

ラブホテルがすぐ近くにある歩道脇で、降りしきる雨の中、しゃがみ込んでうずくまっていた千秋を自分の家に連れて帰ってきた忍。

驚く夫をしり目に、彼を自分のベットで寝かせた忍だったが、

強引に自分が寝ているベットで一緒に寝ろと言う夫としかたなく床に就いた。

すると…

千秋と妻との間に流れる何らかの雰囲気を感じ取った夫は、妻への支配欲から忍の体に手を伸ばしてきたのだ。

忍が抵抗すると、夫は千秋や息子にも音が聞こえるぞ、と脅して強引に忍を抱こうとしてきた。

仕方なく忍は夫の性欲を解消するために自分の口を使って夫を満足させる手段を取った(>_<)

久しぶりに夫へ奉仕する行為は、忍にとって、とにかく気持ち悪くて不愉快な時間だった(>_<)

翌朝、となりの部屋で昨夜の忍と夫がしていたことを気配で感じとっていた千秋は、

忍に裏切られた気持ちになって、わざと忍を挑発するような態度に出てきたのです(>_<)

「あんたも俺とヤリたいと思ってるんだろ?」

「昨日…ダンナと隣の部屋で何やってた?」

{聞かれていた!}

千秋の言葉に恥ずかしさと情けなさで顔が真っ赤に火照る忍。

そんな忍の様子を見て、ますます千秋はホストのような態度で忍を誘惑し始めた。

「いいよ…お金くれるんならしてあげる」

目つきが変わった千秋は、忍の頬に右手を優しく添えて、

今まで年上の女性に体を売ってきたその片鱗を醸し出してきたのだ。

するとそんな千秋の態度に忍は…?

 

14話 ネタバレ

「本当は嫌だったんじゃないの?」

無理に悪ぶって忍を挑発するような態度から一転。

たちまち過去のトラウマ告白モードに入った千秋でした・・・(>_<)

的を得た忍の指摘が千秋の胸に突き刺さり、年上の女性から金で買われていた辛い思い出が頭の中によみがえる(>_<)

すると・・・

自分でも気づかないうちに涙があふれ出していた千秋だった。

「千秋くん?」

突然とめどなく涙を流し始めた千秋にビックリした忍が、彼を現実の世界に引き戻す。

「はっ!」と我に返った千秋は自分の目から流れる涙に驚き、

一瞬の間をおいて、

「僕・・・」

「嫌だったんですかね・・・」

と…うつむきながら呟いた。

 

千秋の辛い過去の傷を知った忍は、

自分も夫とベットを共にすることが辛くてしょうがないと本心を告白した。

なんと・・・

忍の言葉を聞いた千秋は、いきなり忍の手を取って・・・

 

15話 ネタバレ

「先生…僕と逃げましょう!」

今にも忍の手を引っ張って、家から連れだそうとする千秋を必死で止める忍だったが、

正直、心の中はすごく揺れていました。

{本心はこのまま千秋と遠い場所へ行きたい!}

だけど・・・

一瞬の気持ちで、一家の主婦が家族を捨て去る決断などできるはずもなく、

「一週間待って!」

とっさに忍から出た言葉。

忍は原稿を仕上げるための期間を理由に千秋の衝動を抑えようとしました。

すると・・・

再び千秋がアシスタントとして忍の仕事を手伝い、原稿が描き上がれば一緒に家を出るという約束をしたのです。

駆け落ちの予約だ!

翌日から千秋と原稿を仕上げる一週間が始まり、

毎日何事もなく主婦と漫画家としての仕事を続けながら迷い続ける忍でした。

どうする・・・?

成人していない息子の心配。

夫への嫌悪。

そして・・・

そもそも千秋は忍に恋をしているわけではない。

二人で駆け落ちして想像できる未来ってどんな未来…?

 

揺れ動く忍は離婚経験者の友人にいろいろと話を聞いたりして、離婚後の情報を集めようとしますが、

ただ・・・

忍がこれからやろうとしていることは普通の離婚とは違うのでイマイチ参考にならず、

迷っているうちにやがて原稿も仕上がってしまいました。

さて・・・

忍の決断は・・・?

 

『シジュウカラ』の試し読みはコチラ♪

↓↓↓↓↓
>>>まんが王国
サイトTOPから『しじゅうから』と検索してくださいね♪

シジュウカラの感想

坂井恵理 先生の新連載がスタートしたとわかってすぐに読んだ『シジュウカラ』でしたが、

1話を読んだだけで、継続課金決定な作品になりました~(^^)

まずもって主人公のキャラ設定がなかなか面白いんです♪

 

20年も漫画家をしてたけど、そのほとんどの期間をアシスタントとして過ごした売れない漫画家で、

年齢はもう40歳。

結婚もして思春期になる息子もいる。

旦那も適当に浮気してて、普通につまらない日々が続いていた。

 

そんな矢先に舞い込んできた思わぬビッグニュースだった・・・

自分でも忘れていたような過去の作品が、電子コミック化の影響で信じられない大ヒット

 

人の世というものは、生きてりゃ考えられない不思議な出来事が起こるわけで・・・

新作のオファーを受けて舞い上がってる上に、募集したアシスタントイケメンの年下男子

 

つまらない人生が180度変わった今のには忘れてたトキメキと希望でイッパイだ(^^)

おそらく忍はこれから千秋とイケナイ関係になってゆくのだろう・・・

 

それが体の関係にまで発展するのか?それとも、ただ胸をときめかすだけで何も進まないのかは判りませんが、

とにかく坂井 先生の独特な切り口に期待が広がってゆく(^^)

 

また最新話が出るのが楽しみな作品が一つ増えました~♪

 

ココからは、新作が配信されるごとにネタバレ記事を更新しゆきます~♪

無料試し読み

今、紹介した

『シジュウカラ』

現在、『まんが王国』けで
先行配信されている作品なんです~♪

そして・・・

スマホユーザーを主なターゲットにしてる『まんが王国』ならは、

面倒な会員登録なし

何冊も気軽に立ち読みできちゃうんですよ~♪

なので・・・

ハッキリ言ってめちゃめちゃお得です!

正直、1回使っちゃうともうやめられないほどに♪

 

『シジュウカラ』の試し読みはコチラ♪

↓↓↓↓↓
>>>まんが王国
サイト検索窓に『しじゅうから』と打ち込んで下さい♪

『シジュウカラ』の関連記事

シジュウカラ(漫画)ネタバレ 3巻|微熱中年が積年の毒を吐く!

2019.08.07

シジュウカラ(漫画)ネタバレ 2巻|千秋の正体に衝撃を受ける!

2019.07.05

スポンサーリンク