『天才子役、誘拐される』のネタバレ 2巻|さらに事件は興業化してゆく!

スポンサーリンク




さらに事件は興業化してゆく!

天才子役、誘拐される

単行本2巻ネタバレです~♪

 


近代まれに見るエンタメ化されたシズマの誘拐事件は、

メディアを巻き込むことでさらに巨大な誘拐ビジネスへと肥大してゆく!

そして・・・

犯人たちにかつてないほどの巨額な身代金をもたらすよう協力しているのが、

シズマの父親である・古代進太郎(こだいしんたろう)なのです。

 

本当はシズマの父親が犯人じゃないのか?

 

ついそんな疑念を浮かべてしまうほどクズで自己本位な進太郎だが、

世の中の混乱に乗じる形で、

さらに事件は大きく興業化してゆくのである…!

 


1巻のネタバレはコチラ♪
↓↓↓↓↓

『天才子役、誘拐される』のネタバレ|過激な犯罪エンタメがココに!


 

『天才子役、誘拐される』の立ち読みはコチラ♪

↓↓↓↓↓
>>>まんが王国
サイト内で『てんさいこやく』と検索してください♪

 

『天才子役、誘拐される』のネタバレ 2巻

9話:僕の為じゃない

身代金を届けるためにその大役を買って出た陽菜子のマラソンランナーのようなコスチュームが気に入らない犯人は、

可愛いフリフリのミニスカートを着ろだの、生パンツを見せろだの、

挙句の果てはノーパンでの行動を陽菜子に要求してきた。

これまでなんとか誘拐されているシズマのために犯人の無茶な要求にも答えてきた陽菜子でしたが、

さすがに度を越した犯人からの要求にブチギレしてしまう!

当初、陽菜子の生パンまでは、ギャラリーたちも面白がって冷やかしの声をあげていたが、

さすがに今をときめくアイドル女優のノーパンショーには同情の声が上がった。

しかし・・・

犯人の要求を拒否した先に待っていたのは、誘拐されているシズマへの ”オシオキ” でした!

絶体絶命のシズマ・・・

{僕の為じゃない!}

テレビに映し出されるバカ騒ぎのような報道を見ながら、

薄汚いオヤジの下で絶望感に打ちひしがれるシズマだった・・・

 

10話:鬼

”オシオキ” 撮影中という犯人からのコメントを最後に連絡が途絶える中、

今まで陽菜子を利用されて文句ばかりを言っていた芸能事務所・ホリディの社長が動き出しました。

さすがに11歳の少年が大人の男に凌辱されている映像を見たくもないし、

その映像を全国の子供たちにも見せたくもないと思ったのか、

自らが犯人と交渉して、1億円の身代金を即金で用意するから陽菜子のノーパンとシズマの ”オシオキ” をなしにさせました。

陽菜子が所属するホリデイの社長は、進太郎のような”鬼”ではなかったということだ。

とはいえ…

陽菜子の身代金を届ける仕事はまだ終わっていません。

再び身代金を届けるための行動がスタートしました。

そして・・・

次に陽菜子が犯人の指示のもと誘導されたのは渋谷の裏通りにある一軒の民家でした。

陽菜子はこの家にたった一人で入ってゆくよう犯人から指示されるのです・・・

 

11話:囚われの少年

陽菜子が身代金受け渡し場所の一軒家で暗号を書いたメモを見つけた時、

別の場所では、シズマがさらなる身代金の要求を目的とした本人の動画撮影にかりだされていた。

今の絶望的な立場と苦しみをカメラの前で訴えて、さらなる身代金を要求するシズマの演技は完ぺきだった。

犯人たちから送られてきたシズマ本人の動画は、

今まで、シズマの誘拐事件をどこか映画やドラマの世界の出来事のように、

リアリティーを感じていなかった視聴者や関係者に衝撃をあたえました。

ただ・・・

それと同時に、動く映像が公開されたことで、犯人がシズマを監禁している場所のヒントになる材料も手に入った。

これが今の時代にこそなせるネット分析技術の力なのだろう。

しかもそれを実行しているのは、テレビでシズマ誘拐のニュースを見たネットのSNS民たちなのだ。

彼らは囚われの少年シズマが動画上で話している部屋の背景や小物を分析して、

次々にシズマがいる場所の特定をし始めたのです。

 

12話:ギブアンドテイク

シズマが悲壮な演技で、世間の人々に身代金の増額を訴えた動画は大成功となった。

犯人グループが身代金受け取りの為に用意したクラウドファンディングの口座には、

シズマの動画が配信されて以降、一般の人々を始めとして、

有名芸能人やセレブな著名人まで様々な人たちから多額の身代金が振り込まれてきたのです。

その額は、たった1日ですでに3億円に届きそうな勢いで、

ますます犯人と、進太郎の思い描いた筋書き通りにことが回り始めたわけです・・・

 

一方、今回はなんとか切り抜けたが、

今度またいつキモい無精ひげの犯人に凌辱されていまう恐れがあるシズマは、

なんとか、それだけは避けたいがために、

事あるごとに無精ひげの男からシズマを守ってくれているスキンヘッドの犯人を、

シズマの天才的な演技力を駆使して手なづけようとするのですが、

果たして、シズマの提案したギブアンドテイクの提案は、スキンヘッドの男に受け入れられるのか・・・?

 

13話:シズマ効果

 シズマスキンヘッドの男に捨て身で仕掛けたお色気作戦不発に終わってしまう。

可愛い少年には興味がなかったのか、シズマの魂胆が見え見えだったかは定かでないですが、

とのかうシズマはスキンヘッドの男を手なずけることに失敗したのです。

だけど・・・

そのあとシズマは本心からスキンヘッドの男に自分の今の苦しい状況の改善を正直に訴えたところ、

意外にもスキンヘッドの男は、シズマが望む半分までの要求をのんでくれたのです。

ラブホテルの一室でそんなシズマと犯人たちの心理戦が行われていた頃、

犯人が身代金を受け取るために用意したクラウドファンディングの口座には、

動画で見せたシズマ効果によって、10億円もの支援金が集まっていたのです!

当初からシズマの誘拐事件を金儲けするためのプロパガンダとして利用してきた進太郎は、

今、まさに世の中の国民の意思を動かしているのは俺だという支配者の気分で、

次の新たな展開を考えながらその胸を弾ませていた・・・

 やはりこの男は根っからの悪党なのだろうか?

彼の頭の中には息子であるシズマの命を心配する気持ちがひとかけらもないように思える・・・。

 

14話:2人目の人道的ランナー

テレビに流れるシズマ誘拐の報道を憎らし気な表情で見つめている佐倉雷人(さくららいと)の姿があった。

彼は、数年前にシズマが主演した『名探偵コロン』というTVドラマで、

そのライバル役となるポポロという高校生探偵役をした元アイドル俳優である。

だが、

その後、強姦・強盗事件を起こして、現在はまともな芸能活動をしていない。

だから・・・

誘拐されても大々的にテレビで報道され、国民のみんなから心配されているシズマが羨ましくてしょうがないのです。

暗い部屋の中、TV画面に向かって毒ずく雷人。

しかし・・・

そんなある日、雷人に所属事務所の社長から連絡が入った。

なんと・・・

社長は雷人に、彼がシズマの身代金を運ぶ、2人目の人道的ランナーとして指名されたというのだ・・・

すると・・・

再び芸能界の表舞台へと返り咲くべく、二つ返事で人道的ランナーを引き受ける雷人だった・・・

 

15話:魔王

この章では、シズマ誘拐の一方を聞いて倒れてしまったシズマの母・(しおり)と、

家のお手伝いさんである広田さんとの会話がメインで描かれています。

栞の入院する病室へ見舞いに来た広田さんと栞の会話の中で、

このシズマと栞の親子関係がよくわかるエピソードが回想シーンとして描かれています。

特殊な環境の中、どうしても過保護に育ててしまったシズマを、

なんとか普通の男の子にするために栞が託したのは、シズマの父親である進太郎だった。

しかし・・・

後に気づいたのは、自分の夫であり、シズマの父親は”魔王”だったということ・・・

栞は自分が犯した過ちを取り戻すべく、自らの不思議な能力を使ってシズマを助けようとするが・・・

 

16話:助けてあげる

シズマの貞操を狙っている犯人の一人が、デリヘル嬢としばしのお楽しみ時間を過ごしている。

無精ひげの男だ。

彼はシズマを凌辱できないそのストレスを風俗で発散していたのだ。

だが・・・

この行為が後に犯人たちを捜索している警察に大きな証拠を与えることとなることをこの男はまだ知らない。

デリヘル嬢と遊んで、スッキリした無精ひげの男は、

シズマを軟禁しているラブホテルの一室へ戻ると、

さいわいもう一人の犯人であるタコ坊主はシャワー中だった。

この機会をチャンスと見た無精ひげは、シズマにある提案を持ち掛けます。

無精ひげはシズマに向かって、タコ坊主は全ての仕事が終わったあと、

シズマも無精ひげも殺すよう命令されていると打ち明けるのです。

もし、自分の言うことを聞けばシズマのことを『助けてあげる』と交換条件を持ち掛けるのです。

なぜ、タコ坊主は自分に優しいのか?

それは、あとでシズマを殺してしまうので、その罪悪感から優しくしている。

無精ひげが言うことには妙な説得力があった。

追い詰められたシズマは、泣く泣く無精ひげの男の交換条件を受け入れることに決めた。

やがて・・・

男の唇がゆっくりとシズマの唇に近づいてゆく・・・

 

17話:新宿ラン、スタート

「君を救う為なら僕のこの命」

「喜んで差し出します」

芝居がかったセリフで人道的ランナーとしてのスタートラインにたった雷人

もうほとんど彼は、映画の主役にでもなった気分で晴れの舞台に立っている感じだ。

シズマを心配している気配など微塵もない!

やがて・・・

雷人がシズマを救う一億円の身代金を運ぶための新宿ランがスタートが近づく・・・!

すると・・・

2人目のランナーの出現で聴衆は大盛り上がりです!

雷人が所属する事務所の社長も、雷人を芸能界の表舞台に復帰させるため、

犯人たちからの要求は、どんなことでもさせるつもりでいた。

スタート前のあいさつでは、雷人の自分アピールが続く。

今はまだ、刑事事件を起こした雷人への風当たりは強かったが、

ココから雷人の起死回生パフォーマンスはどんどんボルテージを上げてゆくことに・・・

 

『天才子役、誘拐される』の試し読みはコチラ♪

↓↓↓↓↓
>>>まんが王国
サイトTOPから『てんさいこやく』と検索してください♪

2巻の感想

実際に天才子役の有名人が誘拐されて、その事件が公開捜査をしたらこんな感じになるんだろうな~

今のネット炎上騒ぎの状況を考えたら容易にその混乱具合も想像できますよね。

善意と正義を背景にして様々なメディア関係者が、被害者の家族を丸裸にしてゆくんだろうな~。

その後広がってゆくのが、事件をエンタメ化してしまう傍観者たちによる無言の圧力と、

なんの根拠もないコメントによる勝手な誹謗中傷。

本作の主人公・シズマの父親は、息子の誘拐事件を使って金儲けに走りましたが、

本当に子供のことを心配している親ならば、こんな展開はたまんないだろうな~

芸能人とはいえまだ11歳の息子が誘拐されて暴行され、今まさに凌辱されそうになっている。

しかもその模様を映像で全国民のまえで放送されてしまうのだ。

耐えられない苦しみだ。

だって・・・

実際のところ家族以外のだれも息子の心配なんてしていないと思うから・・・

なんだろう・・・

特に最近のTVメディアは国民から信用を失っている気がする。

昔から変わらず意図的な偏向報道を続けているんだろうけど、

今はネット社会になったことでメディア側の本性が公にさらされてしまい、

「結局…お金儲けなんでしょう?」

とか・・・

「結局…政治なんででょ?」

という本質的な部分が全部バレてしまったのです!

そういうメディアの裏の種明かしがほぼ終わって、生まれてきたのがこの漫画だ!

『天才子役、誘拐される』は、まさに今の世の中を映し出すリアルなストーリーです。

まぁ~

この作品の内容にリアリティーがあるのはかなり問題あるけど・・・

しかし・・・

高校生探偵ポポロこと佐倉雷人くん。君は気持ちがいいほど薄っぺらい芸能人の代表だ!

実に面白い♪

とりあえず頑張れ~♪

上がって上がって…

そして地獄に堕ちろ!

 

>>>『天才子役、誘拐される』3巻のネタバレはコチラ♪

 

無料試し読み

今、紹介した

『天才子役、誘拐される』は、

『まんが王国』で絶賛配信中のコミックです~♪

このお店は、電子コミックサイトでは老舗のコミックサイトで、

サイト管理人のまるしーがいつも利用してるお店なんですよ~♪

 

特に、スマホユーザーをターゲットにした

『まんが王国』さんなら

会員登録なしで、

たくさんのコミックが試し読みできちゃうスゴくありがたいお店なんで、

実際のところまるし―は、かなりのヘビロテでお世話になってるんです~♪

 

『天才子役、誘拐される』の試し読みはコチラから♪

↓↓↓↓↓
>>>まんが王国
サイト検索窓に『てんさいこやく』と打ち込んで下さい♪

『天才子役、誘拐される』の関連記事はコチラ♪

『天才子役、誘拐される』のネタバレ 3巻|警察との追いかけっこ!

『天才子役、誘拐される』のネタバレ|過激な犯罪エンタメがココに!

スポンサーリンク