『これも全部あの夏のせい』のネタバレ 32話|冴えない俺を好きな冴えない女!

スポンサーリンク




大吾の恋愛はいつもそうだった…。

とにかく最初の間だけの期間限定のラブラブ・タイムを終えると・・・


冴えない俺を好きな冴えない女!

『これも全部あの夏のせい』

32話【女神と冴えない女】ネタバレ

32話の見どころ

31話で怒涛のようにやってきた大吾のモテ期

そして、そのラストで彼が選んだのは晴香でした。

可愛くて、プロポーションも良くて人懐っこい晴香は大吾にとって最高の女神だった・・・

最初のうちだけは…。

そう…いつものように交際期間が数カ月になると、飽きがきてしまうのです。

大吾の病気だ!

というか男全般に言える病気。

最初、大吾の目に写っていた美しい女神は、数か月後には冴えない女になっている。

 

さて…

32話見どころは、相変わらず相手のせいにして盛り上がる恋愛の火を消してしまう懲りない大吾の行動ですね。

最初のうちはとにかく好きになった彼女の心を掴むために色々と無理をして尽くす大吾だが、

いざ彼女が自分に振り向いて尽くし始めた途端、コロッと冷めてしまう!

確かに・・・

よく考えると若い頃の恋愛では、誰もがこういう側面があるのかもしれない。

ただ・・・

それをしているのがあの大吾だから腹が立つのだ!

あのポテンシャルでって…

 

なんとなく分かってきた。

大吾が今ぶち当たっている恋愛に関する悩みは、普通に誰もが持っている悩みだったんだ。

恋愛の”倦怠期”はどんなカップルにだってやってくる。

そして・・・

今回もまた、付き合って数か月後にやってきた倦怠期にモヤモヤしてる大吾がいるだけなのだ・・・


31話のネタバレはコチラ♪
↓↓↓↓↓

『これも全部あの夏のせい』のネタバレ 31話|大阪でやってきたモテ期!


『これも全部あの夏のせい』の立ち読み♪

↓↓↓コチラ↓↓↓
>>>まんが王国
サイト内で『これもぜんぶ』と検索してください♪

『これも全部あの夏のせい』 ネタバレ 32話

女神は大吾の彼女

前回31話のラストで泥酔した晴香とエッチの最中に告白して、付き合う事となった大吾。

ずっと大吾の手の届かなかったカワイイ女神・晴香

とうとう女神は大吾の彼女になった♪

最初、晴香は友人である怜司のセフレとして紹介された女性だったが、

ついに大吾が怜司から奪った形で付き合いが始まったのです。

まぁ~

最初からセフレとしてはウザい系だった晴香を怜司が大吾に押し付けたのだろうけど・・・

ただ・・・

どういう経緯があろうと大吾と晴香は付き合い始めてラブラブで肉欲的な日々が始まります。

お互いに肉食系な性欲の持ち主だったため、昼夜を問わず会うたびに獣のようなセックスで時間を忘れる二人。

もしかすると大吾にとって晴香は過去最高に相性がいい相手なのかも知れない!

もしかすると読者も大吾もそう思ったかもしれない。

しかし・・・

二人が付き合い始めて数カ月が過ぎた頃、いつものように魔の倦怠期がやってくるのです。

手の届かない女神と付き合えたはずだったのに・・・

冴えない俺を好きな冴えない女!

日が経つにつれて自分に依存してゆく晴香のことを疎ましく思うようになる大吾。

{この女は冴えない俺のどこが良くて一緒にいるんだ?}

よく分からない自虐意識で晴香のことをいぶかしむ大吾。

晴香と交わしたピロートークの中で、家族との関係がうまくいっていないことを聞いていた大吾は、

自分だけはどんな時も晴香の味方でいようと心に誓ったはずだった・・・

なのに・・・

いつしか、人生の目標も持たず、ただいたずらに大吾と自堕落な生活を送る晴香にイラ立ちを覚え、

そんな彼女の行動に嫌悪感を抱くようにまでなってくる大吾。

勝手なものだ!

自分の事は冴えない男だと自覚しつつも、そんな自分を好きでいてくれる晴香のことが気に入らない。

どういう意味か?

つまり、大吾の中では、あれほど高値の花の存在だった晴香は今、

『冴えない俺を好きな冴えない女』

というとんでもない低評価な女になり下がっていたのだ。

どんな理屈でそうなるのかは分からないがそれが晴香に対する大吾の思いだった。

だから、今の大吾にはかつて晴香にときめいていたドキドキな気持ちなんて一切ない。

数カ月前の女神は、冴えない女に格落ちしてしまったのです。

ただ・・・

それでも今のところ大吾に晴香と別れる気持ちはなく、

スミレと付き合ってきた頃のように惰性の関係が続いていたのです・・・

 

『これも全部あの夏のせい』の試し読みは♪

↓↓↓コチラ↓↓↓
>>>まんが王国
サイトTOPから『これもぜんぶ』と検索してくださいね♪

32話の感想

もう『あの夏』ファンならお決まりの大吾アルアルな展開です。

追いかけまくった女性が自分のものとなって、エッチを飽きるほどヤったらあからさまに冷めてゆく大吾。

性欲モンスターならではのセックス飽き状態というやつだ。

そう・・・

今のところ大吾にとって女性は”性”の対象でしかない。

自分の中の言い訳として、人生の目標を持たない女はイヤだとか、

自分に依存してくる女は魅力がないとか言ってますが、

それは全部彼の単なる言い訳でしかない。

結局のところ晴香とのセックスに飽きただけなんだコイツは!

だから・・・

また新しく好きになった女性を前にすると、その女性がどんな性格で、どんな考え方を持っていても好きになる。

だって・・・

セックスがしたいだけだから。

基本的に今、大吾の行動や思考をつかさどっているのは下半身であり、

女性を見て勃起したらもう終わり、冷静にものごとを考える事なんてできない。

大吾がまだ若すぎるそうなのか、大吾だからそうなのかは、彼がもう少し年齢を重ねないとハッキリしないのだが、

サイト主のまるしーは大吾だからそうなんだと思っている・・・

ただ・・・

今回の大吾を見ていてふと思ったんだけど、若い頃の男女の付き合いって、

大体こんな感じじゃなかったかな~?

高校時代や、大学、社会人となって3年目くらいまでのまるしーは、

男の人って付き合っていても、恋人の体に飽きたら冷たくなる生き物だと認識していました。

その当時…

『すぐにヤらせない!』

『彼氏のコントロール法』

みたいな恋愛HOW TO特集が女性向けのファッション雑誌の見出しによく出ていた気がする。

よく考えると大吾ってそこかしこに存在する性欲モンスター男子そのものだったんですよね。

特別じゃなくて、ある意味普通の性欲旺盛な若者なのだ。

やっとそれに気づいた!

でも…だからどうだというわけではないけれども・・・

 

>>>『これも全部あの夏のせい』33話のネタバレはコチラ♪

 

無料試し読み

今、紹介した

『これも全部あの夏のせい』は、

『まんが王国』絶賛配信中のコミックです~♪

このお店は、電子コミックサイトでは老舗のコミックサイトで、

サイト管理人のまるしーがいつも利用してるお店の一つです♪

特に、会員登録なしで、たくさんのコミックが無料試し読みできるのはすごくありがたい!

他のコミックサイトでは読めないレアな作品も数多く扱っているし、

こういうサイトは押さえておいたほうがイイですよ~♪

 

『これも全部あの夏のせい』の試し読み♪

↓↓↓コチラ↓↓↓
>>>まんが王国
サイト検索窓に『これもぜんぶ』と打ち込んで下さい♪

『これも全部あの夏のせい』はココで全部読めます♪

『これも全部あの夏のせい』のネタバレ |1巻から結末まで♪

スポンサーリンク