復讐の未亡人【ネタバレ10巻】蜜に巻き込まれた人々。

スポンサーリンク




幸せに恐怖を感じ、不幸に安堵する。

泥沼に生きる3人の関係性が悲しいくらい密接で愛おしい・・・


蜜に巻き込まれた人々。

『復讐の未亡人』

10巻のネタバレ♪

ついに今までなんとなくぼかされてきた蜜と陽史の関係が明らかに!

蜜に寄り添う人々はどんな思いで彼女を見守っているのか・・・?

10巻の見どころ

真言(まこと)に恋心を抱いてストーキングしている山下晴菜(やましたはるな)のバトルが予想されていた10巻の内容でしたが、

どうやらその勝負は次巻以降となりそうです(汗)

今回紹介する10巻の見どころは、今まで明かされてこなかった蜜と陽史の禁断関係が明らかになったことですね。

亡き夫である優吾の知らないところで密かに育まれていた親密で濃厚な関係性。

しかも・・・

その関係性は真言と暮らし始めた今でも続いている。

独特な人生観を持つ母親・(かおる)に多大なる影響を受けて育った蜜は、

そのバイオレンスな日常から平穏な生活送ったことで、

自分は幸せで平穏な日常の中に恐怖を感じ、不幸の真っただ中にいることで幸せを感じる人間だと自覚する。

誰かに復讐を考えている時が一番輝いている自分がいる。

そんな彼女に寄り添う人物が真言であり陽史と凛なのだだ。

いわば蜜に巻き込まれた人々。

この10巻では陽史と蜜の特殊な関係性と、蜜と凛のちょっとしたお遊びのエピソードが描かれております。

なんだかドンドンと人間関係が複雑になってきてます(汗)


前回9巻のネタバレはコチラ♪
↓↓↓↓↓

『復讐の未亡人』ネタバレ 9巻|シリアルキラーな女!


『復讐の未亡人』の立ち読み♪

↓↓↓コチラ↓↓↓
>>>まんが王国
サイト内で『ふくしゅうの』と検索してください♪

復讐の未亡人【ネタバレ10巻】

41話:泥沼

山下晴菜(やましたはるな)が落としたペンを拾って手渡す(りん)。

その時にまじまじと山下を観察した凜は山下の中にある危険な妖気を感じ取り、

今後より一層の警戒心を抱いて山下を監視することを決意します。

一方・・・

その頃、蜜のマンションでは妊娠7か月を迎えて大きなお腹の蜜と陽史がベットで体を重ねていました。

衝撃映像だ!

二人の会話から受け取れるのは、蜜の亡き夫である優吾がまだ生きていた頃から二人の関係が続いていたことだ。

むしろ物事の考え方において同じ感覚をもつ陽史は、

蜜にとって優吾よりも信頼できて愛すべき男性なんだと言えるでしょう。

お互いに幸せな日常を恐怖に感じ、不幸な境遇に安堵するかなり歪んだ感性を持っている人間だった。

それは人として正常ではないのかもしれない。

だけど・・・

蜜はこの泥沼の人生にいつまでも沈んでいたいと願うのです。

そして・・・

蜜のお腹にいる子供の父親であろう真言はそんな蜜と陽史の関係性を知らない・・・

ちなみに蜜と真言がを入れていないことがこのエピソードで明らかになりました。

そう…

二人はただの恋人関係だったのです。

42話:契約

ベットで大きなお腹の蜜が陽史に絡みつくシーンから始まる。

今まで何度も体を重ねてきたであろう雰囲気が二人の濃密なベットシーンからは想像できる。

恐らく真言が仕事でいない時間にこの二人は幾度となく体を重ねてきたのだろう・・・

ひとしきり蜜と陽史が愛し合ったあと、凜が学校から帰ってきました。

目ざとく誰かが家にいたことに感ずく凜の洞察力は凄まじいものがある(汗)

凜は秘密裏に真言のストーカーである山下から身重の蜜を守ろうとしている。

しかし・・・

凜よりもすぐれた洞察力と第六感をもつ蜜にその真意を感ずかれてしまうのです。

「あなた今…隠し事をしているわね?」

怒っているわけではないが鋭すぎる蜜の指摘に動揺する凜。

実際のところ凜には美花と陽史のことや、山下のことなど蜜に話したいことは山ほどあるけど、

全てを打ち明けてしまうと自分の前から蜜がいなくなってしまうのではという不安があった。

今となっては凜にとって蜜は母親同然の存在である。

蜜を失いたくないという思いが凜の口を固く閉ざす。

たが・・・

凜が頭の中で考えていることをズバズバ言い当ててゆく蜜(汗)

まるでいたずらが見つかった子供のような表情でドギマギする凜に

「あなたが選んだのよ…私を」

と…天使のような笑顔で凜を抱擁する蜜。

その時、凜は改めて自分がとんでもない魔女契約したのだということを思い知る。

まだまだ蜜にはかなわない(汗)

そして…どこまでも愛おしい。

43話:先生

この章では、蜜が凜の授業参観へいくエピソードが描かれています。

なぜそうなったかというと、42話の中で蜜に隠し事をしていると指摘された凜が、

思わず苦し紛れにだした言い訳が授業参観だったのです。

すると・・・

いたずら心を掻き立てられた蜜は、凜の ”いとこおば” という設定で、

凜の授業参観を楽しむこととなったわけです♪

ロングヘアーのウィッグで少し変装した美人すぎるいとこおばの蜜は、

学校に行くと勝手に校舎をうろついて、さっそく凜のクラス担任である遠州(えんしゅう)先生に目を付けられ、

凜をドギマギさせる。

凜のクラスを担任するショートカットで気の強そうな女性教師の遠州先生は、

もしかすると蜜や凜と同じ感覚を持つ女性かもしれないのだ。

独特な教育方針をもつ遠州先生には凜も一目置いているし、

たぶん蜜が凜のいとこおばでないこともすでに見抜いている。

授業参観のあとに行われる個人面談では蜜と遠州先生がどんなやり取りをみせるのかすごく楽しみだ・・・

 

『復讐の未亡人』の試し読みは♪

↓↓↓コチラ↓↓↓
>>>まんが王国
サイトTOPから『ふくしゅうの』と検索してくださいね♪

10巻の感想

今回は山下と蜜のバトルはお預けでしたね(汗)

そのかわりにスゴイ事実が発覚しました!

それは…

蜜と陽史との関係性です。

まさか学生の頃から3角関係だったなんて・・・(驚)

この10巻で蜜という女性が持っている猟奇的な一面がまた一つ明らかになりました。

そしてさらに驚いたのは蜜が抱いている真言への愛情ですね。

てっきり純粋に二人は愛し合っているのかなと思っていましたが、

どうやら蜜はそこまで真言を男性として愛していないみたいだし、

二人が籍を入れていないことも初めてわかった。

サイト主のまるしーはてっきり結婚しているモノだと勘違いしていました(汗)

なんか・・・

この10巻では今まで表に出てなかった蜜の闇深い人間性がかなり描かれていました。

決して天使ではない悪魔な部分をもった蜜の正体。

復讐を考えている時がなにより楽しいひとときだと言ってのける蜜の歪んだ感性。

そしてそんな蜜と同じ感性をもっている陽史。

確かに切っても切れない二人の絆なのだろう・・・

ちょと真言が可哀想に感じた。

あと・・・

いまや蜜を母親と慕い、人生の道しるべとしている凜。

彼女もまたこれまでの生い立ちを考えると蜜や陽史と同じ感覚を持った人間なんでしょう。

ベタベタするわけではないけれど、心の芯の部分で結びついた3人の絆は固い。

恐らく次の11巻では山下が本格的に蜜を狙って動き出すんだと思う。

その時、すでにたっぷりと山下のことを調べ上げた凜はどうやって蜜を守り対応するのか?

今回は衝撃ニュースの他にほのぼのとしたエピソードが描かれて実に平和な1冊でした♪

 

>>>『復讐の未亡人』11巻のネタバレはコチラ♪

 

無料試し読み

今、紹介した

『復讐の未亡人』は、

『まんが王国』絶賛配信中のコミックです~♪

このお店は、電子コミックサイトでは老舗のコミックサイトで、

サイト管理人のまるしーがいつも利用してるお店の一つです♪

特に、会員登録なしで、たくさんのコミックが無料試し読みできるのはすごくありがたい!

他のコミックサイトでは読めないレアな作品も数多く扱っているし、

こういうサイトは押さえておいたほうがイイですよ~♪

 

『復讐の未亡人』の試し読み♪

↓↓↓コチラ↓↓↓
>>>まんが王国
サイト検索窓に『ふくしゅうの』と打ち込んで下さい♪

『復讐の未亡人』のネタバレは全部ココで読めます♪

『復讐の未亡人』のネタバレ|1巻から最終回まで!

スポンサーリンク