長男の妻【ネタバレ】玉の輿から一転して…

スポンサーリンク




その結婚は誰もが羨む玉の輿そのものだった…!

なのに…

日を追うごとに削られてゆく心と体に限界が・・・


玉の輿から一転して…

著者:星野正美

長男の妻~玉の輿には裏がある~

玉の輿で地方の名家に嫁いだ女性が味わう屈辱と闘いの日々を描いたオトナ女子漫画です♪

【内容紹介】

田舎の名家・如月家の長男・貴文と結婚した杏彩(あずさ)。
優しい彼と幸せな結婚生活のはずだったが、結婚から3年経っても子供ができないことに、義母の態度がどんどん変化していって…!?

『長男の妻』の見どころ

サイト主のまるしーが、『略奪はループする』を読んでファンになった星野先生の最新作を紹介します~♪

前作の『略奪はループする』では、主に男女の愛憎劇がテーマになっていましたが、

今回は ”名家とその嫁” がテーマになった内容で、

ベテラン主婦のまるしーがより感情移入できるストーリーです♪

なにせまるしーも ”長男の妻” という立場で、

これまで姑とは何度もバトルを交わしてきた妻の一人です(汗)

ただ・・・

今回紹介させていただく『長男の妻』の見どころは、

玉の輿で名家に嫁(とつ)いだ嫁と姑のバトルだけでなく、

地方の名家として脈々とその地域における権力を行使し続けてきた驚くべき歴史や、

名家として存続するために課せられた過酷な義務も描かれており、

なかなか奥の深い家族&人間ドラマが非常にミステリックでいてドロ臭いです(汗)

そこが実に良い♪

すでにまるしーは現在『まんが王国』で配信されている第4話まで読了しておりますが、

その不思議で恐ろしい名家の内情に心躍らされている次第でございます(笑)

さぁ~世の中のゴシップ好きはここへ寄っといで~♪

 

『長男の妻』の立ち読み♪

↓↓↓コチラ↓↓↓

>>>まんが王国
サイト内で『ちょうなんのつま』と検索してください♪

長男の妻【ネタバレ】

玉の輿から一転して…

物語は主人公の杏彩(あずさ)26歳が、

地方の名家の跡取り息子である如月貴文(きさらぎたかふみ)33歳と玉の輿結婚をしたシーンから始まります。

その瞬間、杏彩は誰の目から見ても幸せな花嫁だったことは間違いなく、

まさに杏彩の前に広がっている未来は、バラ色に光り輝いていたことでしょう。

しかし・・・

結婚生活も3年を過ぎた頃、

あの結婚式の日に体中で感じていた幸せはまるで幻だったかのように過ごしている杏彩がいました。

その理由の一つにかなり厳しい嫁姑問題がありました(汗)

名家の家に嫁ぐという大変さは頭で理解していたよりも過酷なことで、

とにかく姑の杏彩に対する当たりは強かった。

そもそも夫の貴文とは、失恋の一人旅の先で知り合った縁だったのですが、

むしろ杏彩を如月家の嫁として迎えたいと言いいだしたのはこの姑の方でした。

なのに・・・

どうしてそこまで望んだ嫁に姑は強く当たるのか?

その理由として一番大きな原因は、結婚して3年にもなるのに杏彩に子供ができなかったからです(汗)

そう!

跡継ぎ問題です!

この問題は多かれ少なかれ名家といわれる家には切っても切り離せない重大な問題です。

資産家の家を継ぐべき子供を産むことは杏彩に課せられた重要な使命である。

ただ・・・

杏彩としてはまったく子作りをおろそかにしてきたつもりはありませんでした。

夫婦の関係はいたって良好で、ちゃんと子供を産むための活動も頻繁に行っていたのです(汗)

なのにできなかった…

こればっかりは神様からの授かりものなので杏彩にもどうすることもできませんでした(汗)

だから余計に辛い!

誰もが羨む玉の輿から一転して辛い立場へと追い詰められてしまった杏彩。

しかも・・・

姑との関係の他にもう一つ杏彩にはどこか解せない悩みどころがありました。

もう一つの悩み

杏彩が抱えるもう一つの悩みとは、夫・貴文との夫婦関係においてです。

確かに貴文は高級公務員であり、ルックスも良く性格も穏やかで優しい完ぺきな夫でしたが、

名家の家ではよくある従順なマザコン体質だったのです。

今思えば杏彩に貴文の想いを伝えたのは姑の口からでした(汗)

確かに夫は常に優しくて杏彩に横柄な態度をとらない代わりに、

母親にもまったく反論することなく、何を言われても従順に従う人だったのです。

なので…

現在、舅(しゅうと)が存在しないこの如月家で一番偉いのは姑でした。

姑が家の全権限を握っている存在であり、姑の言葉は絶対的なのです(汗)

しかも・・・

姑はまるで人質でも取るかのように杏彩の実家へ経済的な援助も行っており、

杏彩としては逃げ場のない結婚生活を強いられている状態でした。

そんな中、

あまりに子供ができないのは、もしかしたら自分の体に問題があるのでは?

と…不安になった杏彩は、夫の貴文に相談して夫婦ともに産婦人科で検査してみることを提案したのです。

幸い貴文も杏彩の辛い境遇を理解していたらしく、一緒に検査を受けてくれました。

ただ…安心したのも束の間、

その検査ではとんでもない事実が発覚したのです(汗)

そして…その驚愕の検査結果とは・・・?

 

『長男の妻』の立ち読み♪

↓↓↓コチラ↓↓↓

>>>まんが王国
サイト内で『ちょうなんのつま』と検索してくださいね♪

『長男の妻』の感想

資産家の家ではないけれどかくいうサイト主のまるしー長男の妻である(汗)

なので長男ではない男性と結婚した女性たちと微妙に立ち位置が違う事はよく理解しています。

そして・・・

長男の妻という役割に違和感を感じてきた妻の一人なのです(笑)

親族関連で行う行事ごとや、今回のコロナショックのような災害時には、

”長男の嫁” という立場はそこそこ理不尽な思いをすることが多いのである。

もちろん本作の杏彩ほど過酷なものではないけれど、

やはり長男の嫁であるがゆえに夫家族にまつわる雑仕事は多い!

しかも…

そこに夫はいない(汗)

普段そこまで姑と友好関係を作っていないまるしーは、ほとんど姑の要望を聞き入れるしかないのが現状です。

夫に相談しようにも基本的にとりとめもない用事の数々なのでなかなか愚痴も言いにくい(汗)

ホントはなんでも言えばいいんだろうけど・・・

しかしまぁ~

玲和の時代になっても日本における ”家” の慣習はなくならないもんです。

しかも、そんな中でもやはり跡継ぎ問題は、嫁いだ家が資産家であろうとなかろうと重要な問題です!

子供がいない長男の妻は常にプレッシャーにさらされた生活を送ることになる。

今の時代なら完全にモラハラなんだけど、現実にはなにもそんなルールは機能していない(汗)

さらに・・・

夫婦どちらかの体に問題があって子供ができないなんてことがあれば、

かなり精神的に辛い思いをすることでしょう。

そんな時、やっぱり旦那さんの存在がすごく重要です。

まるしーの旦那さんはたまたま夫の家族との折り合いが悪く、

普段はほとんど交流しないのでまるしーはスゴク救われているんですが、

それでもなんやかんやと理不尽な雑用はさせられています。

もし…夫がこの作品に登場する貴文のようなマザコンタイプだった場合かなり大変なことになると思う(汗)

基本的に嫁の立場で舅・姑に意見することはできないですから・・・

相変わらず星野先生はまるしーの琴線に触れる物語をリリースしてくるな~(笑)

今回もドロドロでグチョグチョな愛憎劇が期待できそうです♪

無料試し読み

今、紹介した

『長男の妻~玉の輿には裏がある~』は、

『まんが王国』絶賛配信中のコミックです~♪

このお店は、電子コミックサイトでは老舗のコミックサイトで、

サイト管理人のまるしーがいつも利用してるお店の一つです♪

特に、会員登録なしで、たくさんのコミックが無料試し読みできるのはすごくありがたい!

他のコミックサイトでは読めないレアな作品も数多く扱っているし、

こういうサイトは押さえておいたほうがイイですよ~♪

 

『長男の妻』の試し読み♪

↓↓↓コチラ↓↓↓
>>>まんが王国
サイト検索窓に『ちょうなんのつま』と打ち込んでください♪

星野先生の他作品はコチラ♪

略奪はループする(漫画)ネタバレ|奪った私への罰なのか?

スポンサーリンク