『悪の華道を行きましょう』漫画と小説の違い!

今注目の悪役令嬢シリーズに新たな新星が現る!

それは・・・

誰もが羨む美貌を持った伯爵令嬢と、

悪いうわさが絶えない禿げデブ中年の宰相(さいしょう)のことでした♪


著者:やましろ梅太 / 真冬日

『悪の華道を行きましょう』

子供じみた悪事が露呈したことで無理やりに親子ほど年の差がある禿げデブオヤジのもとへ嫁がされた悪役令嬢!

彼女の人生はむはや絶望の一途をたどるはずだった・・・

 

『悪の華道を行きましょう』とは?

コミックであれ、ライトノベルであれ、いま世の中の女性たちから一番熱い指示を受けている分野があります。

それが・・・

『悪役令嬢シリーズ』です♪

テーマはほとんど架空の国が舞台の貴族恋愛モノなのですが、

物語に出てくる主人公がすべてヒール(悪役)のお嬢様であり、

大体が男性側からの ”婚約破棄” の言葉からストーリーが始まってゆくという定型フォーマットがあります。

そして今ではその原型からいろんな角度の設定やシュチュエーションが出てくるようになり、

今やこの悪役令嬢カテゴリーは、群雄割拠する戦国時代の様相を示しております。

これまでたくさんの大ヒット作品が生み出され、

今なお毎月たくさんの『悪役令嬢シリーズ』の新作や続巻がリリースされ続けています。

しかし・・・

それだけ多くの作品が世に出てくるとなると、さすがに面白くない作品も結構でてきます(汗)

人気カテゴリーの宿命です。

サイト主のまるしーもこの『悪役令嬢シリーズ』が大好きで、

現在までにいろんな作品を読んできましたが、最近では一通りの物語を読破して、

ほぼ悪役令嬢系ストーリーのアイデアは出し尽くされたという感触を持っていました(汗)

そんな時に見つけたのが今回紹介する『悪の華道を行きましょう』という作品だったのでです!

まるしーはこの『悪の華道を行きましょう』を読んで新しい悪役令嬢シリーズの形を見たような気がしました。

それは・・・

いわゆるセット売りです!

今までの悪役令嬢シリーズでは、あくまでも主役の女性を前面に押し出したストーリーがほとんどだったのですが、

本作の場合は悪役令嬢とその夫となる男性にも大きくスポットが当たって、

夫婦という単位での面白ストーリーが描かれているのです♪

差し当たりこの『悪の華道を行きましょう』とは?

悪役夫婦が主役となって大活躍する新たなる分野の貴族ラブストーリーなのです。

というかまるしーは勝手にそう解釈しております(笑)

まぁ簡単に言うとある意味まだ開拓されてなかった夫婦セットの悪役ストーリーを描いたといううわけです♪

そして…

それが見ごとに大当たりです!

先日、WEBコミックサイトのBookLive!で先行配信されたコミカライズ作品が、

あっというまに人気作品の仲間入りを果たし、今現在も順調に売り上げを伸ばしています。

『悪の華道を行きましょう』とはそういう作品です♪

 

『悪の華道を行きましょう』漫画と小説の違い!

さて…

ここまでまるしーが大好きな『悪の華道を行きましょう』とはどういう作品なのかをねちっこく語ってきましたが、

次に現在リリースされている漫画と小説の違いについての解説をしたいと思います♪

もちろんサイト主のまるしーは、原作小説も漫画版もその両方を読破済みでございます。

”文章と絵”

それぞれの特徴や良さがあると思いますが、

今回まるしーがその両方を読んでみて感じたことは、

「珍しく小説・漫画の両方にちゃんとした価値がある作品だと思ったことです。」

元来、まるしーとしては原作が小説である作品は、映画にしろ、舞台にしろ、漫画にしろ、

その原作を超える作品はほとんど出てこないのが常識だと思っていた人間です。

現に今まではそうでしたし!

ただ・・・

この『悪の華道を行きましょう』に関しては、

その圧倒的な ”絵力” によって本作の魅力をよりリアルに読者へ伝えられていると思いました。

原作小説を読んで頭の中で作り上げていた人物像のその上をゆく魅力的なキャラを、

作画を担当されたやましろ梅太 先生は作り上げたのです♪

「これはもう拍手喝采と共に感謝でしかない!」

なんたって大好きな物語を小説と漫画の両方で楽しめるのだから♪

もちろん原作小説が好きで漫画版を買ったわけだから、原作小説の方は説明するまでもなく面白いです。

漫画版との違いはやはり物語の背景が詳しく描かれていることと、

より多くの主人公たちの心の声が発進されているところですね。

あくまでも漫画版はわずか31ページの短編ストーリーなので、内容的にはすごく薄いです(汗)

ちなみに漫画版のネタバレ記事はコチラ♪

↓↓↓↓↓

悪の華道を行きましょう(漫画)ネタバレ|悪役令嬢の逆転人生にキュン!

 

そこで・・・

もし、順番的に読むならば、まずは小説版を読んで、

物語の全貌を理解したうえで漫画版を読むとより楽しめるのではないかと思います♪

ストーリーの中身は漫画と小説の違いはほとんどなく、忠実な形で漫画版は原作を再現していますので、

読んでいて「あれっ!?」というシーンはございません。

そして・・・

特に漫画版を見てまるしーが気に入ったのは、

この作品の評価を大きく上げた最大の功労者である悪代官みたいな宰相(さいしょう)の何とも魅力的なキャラクターだ!

私はこれまであれほど魅力的な悪代官を見たことがない(笑)

禿げでデブで、悪人だけど魅力的なクソオヤジ!

是非とも一目見て欲しい♪

 

さてさて・・・

なんだかんだと余計な話を色々と書き綴って参りましたが、

結論として、漫画と小説の違いはそれぞれにちゃんとその良さがあるという事です。

特にあまり期待していなかった漫画版の出来は最高でした♪

できうるならば全100ページぐらいのボリュームで読みたかった。

漫画版での不満な点はそこくらいでしょうか。

とにかく面白い作品でした♪

 

『悪の華道を行きましょう』はココで読めます♪

今ご紹介した『悪の華道を行きましょう』ですが、

どこで読めるのか?

これから本作を楽しむことができる場所を紹介します♪

まず・・・

原作の小説の方ですが、この作品は国内最大級の投稿型小説サイト『小説家になろう』に投稿された作品で、

コチラで全ページを無料で読むことができます♪

>>>『悪の華道を行きましょう』の原作小説を読む♪

 

そして…漫画版の方ですが、

現在は、電子書籍サイトのBookLive!で先行配信されている状況です。

のちのち様々な電子書籍サイトで配信される予定ですが、

今のところ漫画版の『悪の華道を行きましょう』を読めるのは、

このBookLive!さんだけですね!

 

読み方としてはBookLive!のトップページにある検索スペースに、

”悪の華道を行きましょう” と打ち込んで商品ページに飛べばOKです。

そこでは現在6ページほどの試し読みサービスも用意されています♪

 

この電子書籍サイトはサイト主のまるしーもよく利用させてもらっているお店で、

何と言っても面倒な会員登録なしをしないで様々なコミックや小説を立ち読みできるのが魅力です♪

いろんな作品を立ち読みをしてお気に入りのタイトルが見つかったら、

その時に初めて無料の会員登録をして課金すればよいのです♪

最新の電子書籍から往年の名作まで、いろんなジャンルの作品が無料で立ち読みできるので、

今まで利用したことがない方にはおススメの電子書籍サイトです♪

 

漫画版『悪の華道を行きましょう』の試し読み♪

↓↓↓コチラ↓↓↓
>>>BookLive!
サイト検索窓に『あくのはなみち』と打ち込んでください♪

 

『悪の華道シリーズ』の関連記事はコチラ♪

悪の華道を行きましょう【ネタバレ】全シリーズをココで紹介♪

スポンサーリンク