悪役令嬢は無邪気に笑う(漫画)ネタバレ|華麗なる論破の末に訪れた幸運!

スポンサーリンク




気持ちのいいラストがたまらない!

これぞ”悪役令嬢シリーズ”の真骨頂というべきスカッと展開が見れます♪


華麗なる論破の末に訪れた幸運!

著者:尾羊英 / 夜流

『悪役令嬢は無邪気に笑う。』

学園を牛耳る生徒会のサラブレットたちを敵に回して、

主人公のティアはあくまでも涼しい表情で自分にかけられた疑惑を次々に論破してゆくのだ・・・

『悪役令嬢は無邪気に笑う』の見どころ

今回紹介する『悪役令嬢は無邪気に笑う』という作品は、

投稿型小説サイト『小説家になろう』で掲載されたわずか12000文字強で書き下ろされた短編小説をコミカライズされた漫画であり、

2019年09月25日に一迅社から発売された『悪役令嬢ですが、幸せになってみせますわ!2』の中で、

本編2話目に収録されている内容を単話版としてリリースされた作品なのです。

そして・・・

そのコミカライズ版は、わずか全23ページという短い読み切りストーリーながら、

電子書籍サイト BookLive の 【女性マンガ】部門においてランキング1位を獲得しているのです(汗)

「す・すごい!!」

なぜそこまでこの短い作品が支持されているのか?

『悪役令嬢シリーズ』の大ファンであるサイト主のまるしーが勝手ながら推察するところ…

やはり気持ちいい悪役への巨大ブーメランな展開と、

ヒロインの悪役令嬢・ティアがかもし出す知的で品格溢れる公爵令嬢としての魅力ですね♪

しかも・・・

小説の文章からそのまま飛び出てきたかのように忠実にコミカライズされた各キャラクターたち。

小説+コミック という横展開がとてもうまくいった成功ケースではないでしょうか。

さらにもう一つ成功の理由として、原作小説の内容に”会話文”が非常に多く出てきたことも、

コミカライズ化作品とするにはうってつけのフォーマットだったと思いますし、

まさしくその部分が『悪役令嬢は無邪気に笑う』の見どころであり感じて欲しい部分なんです。

そもそも、原作小説が短い短編ストーリーだったということで、

本作がコミカライズ化されるにあたり、シナリオを短く編集したりする必要がなく、

コミックの状態で小説そのままの内容が全部網羅できるという利点がありました♪

これもコミカライズ化されてよかった点の一つですね。

「ポイントは物語の短さです♪」

もし…

今の説明で原作版小説を読んでみたいと思われた方は、

>>>コチラで読めますよ♪

原作小説といっても12000文字なのであっという間に読み終えてしまいますし、

わずかながらコミカライズ版では描き入れていないシーンもありますので、

より『悪役令嬢は無邪気に笑う』の世界観を堪能したい方はぜひ原作も読んでみると面白いですよ♪

 

さて・・・

ここまで長々と私の無駄話にお付き合い頂きましたが、

いよいよココから『悪役令嬢は無邪気に笑う』の内容を まるしー の感想を交えながらネタバレしてゆきたいと思います~♪

ただ…ココまでの見どころを読んで、

「いや…もう直接マンガを立ち読みしたい」

と…思われた方は下の立ち読みページの案内からコミックサイトに飛んでくださいね♪

 

『悪役令嬢は無邪気に笑う』の立ち読み♪

↓↓↓コチラ↓↓↓

>>>BookLive!
サイト内で『あくやくれいじょうはむじゃきに』と検索してください♪

 

 悪役令嬢は無邪気に笑う(漫画)ネタバレ

この物語は貴族の氏族たちが多く通う事で知られる寄宿学校が舞台として描かれています。

もちろん架空の学校で架空のお話です(笑)

国中のエリートたちが通うそのルシアーノ校では、今まさに一人のうら若き可憐な女子生徒が、

悪役令嬢の汚名を着せられて、王太子を含む5人の生徒会役員の男子生徒たちから断罪されていました!

ヒロインは、煌めく淡い金色の髪に透き通るような白い肌でサファイアの瞳を持つティアという華憐で美しい公爵令嬢だ。

彼女は生徒会長にして王太子でもあるラファエルのれっきとした婚約者なのですが、

いままさに、ティアは身に覚えのない”イジメの罪”で彼らに学園から追放されようとしていたのです(汗)

その理由は、男ったらしで有名な男爵令嬢・ソフィアに嫌がらせを働いていたからというものでした。

もちろんそれは事実無根の真っ赤なウソなのですが、

王太子を含む他4人の生徒会役員の男子生徒たち全員が、

ティアを陥れようとするゲス女・ソフィア色仕掛けによって骨抜きにされてしまったからです。

要するにみんな誑し込まれたわだ(汗)

だが・・・

ヒロインのティアはそんなおバカで無能揃いな男子生徒たちに対して、

至極まっとうな理由付けと論理だてたディベート力で彼らの主張するイジメの疑惑を一つ一つ打ち崩してゆくわけです。

そもそもが無理がありすぎるティアが仕組んだとされるイジメ疑惑だったため、

生徒会から発信されているティアのイジメに関する疑惑はことごとくひっくり返され、

王太子を含む生徒会の男子たち全員が出生の卑しいソフィアに翻弄されていたことが見事に露呈してしまうのです(汗)

要するに男子みんながソフィアは自分のことが好きだと思っていたパターン(笑)

屈辱的な構図だ。

ただ…そこで決して声を荒げることなく、あくまでも品のある涼やかな口調で理路整然と自身の潔白を証明するティアがいた。

5人の男たちは顔を真っ赤にして怒りを噛みしめている。

そんな中、

王太子ラファエルはいきなりティアに婚約破棄を告げて浮気相手のソフィアを”愛している”と宣言してしまうのです。

公衆の面前で…(汗)

自分がどれほど愚かな行動をとっているのかも全く自覚せずに・・・

堂々と婚約者の前で他の女性を愛してると言ってしまったバカなラファエルに対し、

「そういうことは私との婚約を正式に破棄してからおっしゃいませ」

と…冷静な態度で王太子をたしなめたティアは、そのままラファエルに背中を向けて立ち去っていったのです。

「望むところだ!」

ラファエルが応じた。

さて・・・

ここからティアには人生最大の幸運が訪れて、

逆にラファエルにはとんでもなく巨大なブーメランが自身の身に跳ね返ってきます(汗)

華麗なる論破の末に訪れた幸運!

王太子から一方的な形で婚約破棄を言い渡されたティアは、

その後、隣国のイケメン王太子・アルジャーノンにあるパーティーの席で見初められ、

そのまま隣国の妃として迎えられることとなります。

なんと・・・

彼女が華麗なる論破の末に訪れた幸運は、大陸随一の貿易港を持つ大国の王太子との運命の出会いと結婚だった。

急転直下の大逆転劇である。

一方、

あの日、威勢よくティアに婚約破棄を言い放ったラファエルには、なんとも悲惨な未来が待っていました。

まず・・・

彼がみんなの前で声高らかに”愛してる”と宣言したソフィアとの結婚ですが、

その後あっさりと国王から退けられて、すぐに他の令嬢の婚約者が彼にあてがわれてしまうのです(汗)

本人にはなんの権限もない。

しかもです・・・

その後、ラファエルが愛してやまないソフィア本人が、

こともあろうにティアが結婚することになった王太子・アルジャーノンに近づくための道具としてラファエルを利用していたことを暴露し、

ラファエルはあまりのショックで抜け殻のような状態になってしまいます(汗)

と…

こんな感じでまさにラファエルの因果応報なスッキリ展開で幕を閉じるストーリーなのですが、

中でもラスト付近でやっと本性をさらけ出すソフィアの恐ろしい鬼の表情は一見の価値ありです!

それまでずっと気弱な令嬢を装ってきた彼女がティアに対して汚い言葉をぶつけながら襲いかかってゆくのです(汗)

「怖い怖い(汗)」

結果・・・

当然のことながらソフィアにはラファエルよりも悲惨な結末が待っていたわけですが、

彼女のイチバン醜い部分を惜しげもなく晒したあのものすごいクライマックスシーンは圧巻でした♪

悪役の最後としては・・・

 

『悪役令嬢は無邪気に笑う』の立ち読み♪

↓↓↓コチラ↓↓↓

>>>BookLive!
サイト内で『あくやくれいじょうはむじゃきに』と検索してください♪

『悪役令嬢は無邪気に笑う』の感想

原作小説をコミカライズした作品でこれほど内容に違いがない作品はホント珍しいです。

原作小説に会話文が多かったという点がコミカライズ化成功の大きなポイントではあるんでしょうが、

サイト主のまるしーとしては、なんといっても短いストーリーながらスカッとさせてくれるシナリオが秀逸だと思いました♪

ヒロイン・ティアの気品あふれる美しさの中にある力強くて知性溢れる人格がとても魅力的でしたし、

隣国のイケメン王子との婚約が決まってはしゃいでる様子も可愛かった♪

あと・・・

本作の中で本当の悪役令嬢として活躍した男爵令嬢・ソフィアのゲスっぷりも最高でした♪

この善悪両極端な令嬢2人の対比と、おバカな男子生徒たちの無能ぶりがよりあのスッキリとした結末を際立たせてくれましたね。

なかでも・・・

ティアにおバカな追及をしてゆく生徒会の面々がことごとくティア本人に論破されてゆく様は圧巻でした♪

冷静な視点でバカな男たちの化けの皮を剥いで追い込んでゆくティア。

しかも・・・

彼女はいっさい声を荒げるわけでもなく、怒りをあらわにするわけでもない。

ただただ涼しいにこやかな表情で次々と自分にかけられた疑惑を淡々と晴らしてゆくのです。

「その様子が実にカッコよかった♪」

いつの時代もバカな男たちは本当にイイ女を見極められず、

色に溺れてゲス女の魔の手に引っかかり、やがて身を滅ぼしてゆくわけです・・・

色にのぼせ上った男たちの愚かな行動はいつの世でも変わらないものだ。

そして…女性から見てこれほど情けないものはない(汗)

騒動のあと、自身が国王になることを頑なに拒んで王位継承権を返上したラファエルですが、

「なんかそれがすごい意外でした(汗)」

もしや彼はまだ人としての良心を持っていたというのか?

あのバカ王太子ならまたどこぞのゲス女に誘惑されて相変わらず腐った人生を突き進んでいると思ったのに・・・

でも違った!

ということは…よっぽどあのソフィアという悪役令嬢がやり手だったんだな~(汗)

なんせ・・・

王太子を含む5人の生徒会役員を全員骨抜きにして洗脳しちゃったんだから・・・

最後はとても悲惨な結末を迎えたソフィアだけど・・・

結果的に彼女は 分不相応な大物を狙いすぎましたね。

手を出すのならラファエルまでだけにしておけばよかったんだな~

ただ・・・

もちろんラファエルとの結婚さえ到底無理な話だったんだろうけど、

「これもすべて自業自得だ」

さて・・・

本作は原作小説からのコミカライズされたわずか全23ページという短いストーリ―でしたが、

すごく良くできた悪役令嬢ストーリーであり、サクセスストーリーでした♪

 

『悪役令嬢は無邪気に笑う。』を読んだ人におススメのコミックはコチラ♪

『悪役令嬢は無邪気に笑う。』を読んだ人におススメのコミックがあります♪

本作と同じように小説からのコミカライズで大ヒットを飛ばした『悪の華道を行きましょう』という作品です♪

内容は、転生モノの悪役令嬢ストーリーなのですが、

よくある恋愛モノとは一線を隔す夫婦モノの恋愛ストーリーになってます。

身に覚えのあるイジメで婚約していた王太子から婚約破棄を言い渡された悪役令嬢に転生したゲーム好きな女子が、

とんでもなく悪党でルックスが醜い宰相のもとへ嫁ぐことになるのですが、

なんと転生した女子が極めつけのブス選で…という内容です♪

この作品ももすごく面白い内容なのでぜひ一度読んでみてください~♪

↓↓↓↓

悪の華道を行きましょう(漫画)ネタバレ|悪役令嬢の逆転人生にキュン!

無料試し読み

今、紹介した

『悪役令嬢は無邪気に笑う。』は、

電子コミックサイトの
ブックライブ(BookLive!)絶賛配信中の短編漫画なんです~♪

しかも今回紹介したコミックサイトはサイト主のまるしーがよく利用させてもらってる電子書籍サイトで、

まず何と言っても面倒な会員登録なしで、いろんな漫画が立ち読みできちゃうのが最大の魅力です♪

いろんな作品を試し読みをしたあとに、

もし気に入ったコミックが見つかったら、

その時に初めて無料の会員登録をして買っちゃえばいいんです♪

会員登録も簡単です。

とにかく最新のコミックから懐かしの名作までいろんな作品が無料で試し読みできるので、

漫画好きの方ならヘビロテで利用すべきだと思いますよ~♪

 

『悪役令嬢は無邪気に笑う』の試し読み♪

↓↓↓コチラ↓↓↓
>>>BookLive!
サイト検索窓に『あくやくれいじょうはむじゃきに』と打ち込んでください♪

『悪役令嬢は無邪気に笑う』の関連作品はコチラ♪

悪役令嬢ですが、幸せになってみせますわ!【ネタバレ2巻】逆境の女たちは勇ましく闘う!

スポンサーリンク