蜜月同棲【ネタバレ6話】克己の爆弾発言!

スポンサーリンク




「柚香は俺から口説きました!」

克己が形だけのお見合いの席でブッ込んだ一言に全員が驚愕!

いったい克己の真意とは?


克己の爆弾発言!

『蜜月同棲』

6話のネタバレ♪

克己に自分のことが好きなら好きと言って欲しい柚香と、

どうしてもまだ最後の言葉をはぐらかす克己。

ココまでくるともう何かあるとしか思えない(汗)

6話の見どころ

今回6話の見どころは、前回の後半で持ち上がったお見合いの席で飛び出した克己の衝撃発言です!

克己と柚香が同居生活を送っていることをまだ知らない二人の母親同士が、

仲良く盛り上がったあげくに決まった軽い両家のお見合い話である。

もちろん柚香はバカげたこととして取り合わなかったが、克己の方が独断で引き受けてしまったわけです。

その段階から、克己がこのお見合いの席で何らかの意思表示をするのではないかと推測していましたが、

いざフタを開けてみると、

「克己は確かに重大発言をしました」

ですが、その内容と行動がどこかちぐはぐで、なにか奥歯にものの挟まった結果に終わってしまったのです(汗)

そして・・・

ものすごくショッキングな克己の発言で柚香はこれまで以上に克己のことが分からなくなります。

「確かに!」

もし、サイト主のまるしーが柚香の立場だったらさすがにキレてると思います。

ただ・・・

ここまで克己から柚香に対して決定的な言葉が出てこないと言う事は、

もしかすると克己は言わないのではなくて言えないのかもしれません!

なぜか?

「それは彼が御曹司だから!」

自身の置かれた特殊な立場ゆえに、今はその道筋を整えている時期なのかもしれませんね!

 


5話のネタバレはコチラ♪
↓↓↓↓↓

蜜月同棲【ネタバレ5話】まるで恋人のような!

 

『蜜月同棲』の立ち読み♪

↓↓↓コチラ↓↓↓

>>>BookLive!
サイト内で『みつげつどうせい』と検索してください♪

 

 蜜月同棲【ネタバレ6話】

初恋の人

この日、柚香はお互いの母親同士で盛り上がって決まった厄介な ”お見合い話” を、

なぜか克己が勝手にOKしてしまったことで克己と連れ立って指定された料亭にやってきました。

柚香としては結婚が破談になって以来 実家には帰っていなかったので非常に気まずい思いを抱いていたのです。

しかも・・・

お互いの母親はまだ二人が同居している事実を知らないはずである。

その事を考えると余計に気がめいりました。

{どこかで克己と同居していることを報告しなければいけない}

そんな思いもあったので柚香としてはもういつその事を切り出せばいいのか気が気でなかったのです(汗)

その一方で、

克己はというと相変わらずいつもと同じ俺に任せておけばいいという調子で、

淡々と二人の母親の前で数年ぶりに柚香と再会したという設定の演技を楽しんでいたのです。

だがそんな中、柚香は自分の母親から克己は柚香の”初恋の人”だったとバラされて、

すでに克己から”妹認定”を受けている柚香としてはたまらない気持ちになっていました。

克己の爆弾発言

この日、克己の爆弾発言が飛び出したのは、ちょうど和食のコース料理が終わり、

「これからは若い者同士で…」

というお見合いでよくあるタイミングの瞬間でした。

突然自分が座っていた座布団を横にスライドさせて畳に正座した克己は、

簡潔に柚香と同居している事実と、そこに至るまでの経緯を説明し、

いかにも二人がすでに付き合っているかのように報告をしたのです。

さらに…

「俺から柚香を口説きました」

と…ハッキリと二人の母親の前で自分が柚香を好きになったのだと言い切ったのです。

まったく想像していなかった克己の行動にただうろたえるばかりの柚香でしたが、

その時、克己が柚香の手をグッと握りしめ、

「この場は何も言うな!」

と…言わんばかりに無言の圧力をかけてきたので、柚香は何も言わず克己に任せました。

すると・・・

呆気ないくらいに二人の母親から同棲OKの許しが出て拍子抜けする柚香であった。

しかし・・・

彼女の中では克己の発言にたくさんの期待と疑問が残りました。

たとえお互いの母親を騙すためとはいえ、克己が自分を口説いているなんてことをなぜ言ったのか?

しかも…

その真意を克己に尋ねてもはぐらかすような言葉で聞きたい真意を語ってくれない。

どういうことなのか?

しかもである。

柚香が克己と再会した当初、彼は自分の口から「気になっている女がいる」と言っていた。

なのに今では柚香のことをまるで自分の恋人のように扱い始めている。

結果・・・

克己の真意がわからなくてモヤモヤするばかりの柚香であった・・・

 

『蜜月同棲』の立ち読み♪

↓↓↓コチラ↓↓↓

>>>BookLive!
サイト内で『みつげつどうせい』と検索してください♪

6話の感想

克己のじらしもココまでくるとホント柚香にとっては拷問状態ですね(汗)

「今の克己の行動は柚香を救っているように見えて実は苦しめているだけである!」

しかも・・・

柚香が克己をドンドン好きになってゆくにつれてその苦しみは何倍にも膨らんでゆく、

「無限ループ地獄である。」

これは残酷だ!

どんなに好きな人から優しさや思いやりをかけられても、

その気持ちの出どころが ”Love” ではなく “Like” ならばまったく意味がないのです(汗)

もっと言えばただの嫌がらせ!

なのに・・・

この期に及んでも克己は決定的な言葉を柚香に言わない。

「なぜなのか?」

やはりそれは一流企業を運営する御曹司の立場がそうさせているとしか今は考えられない。

ただ・・・

それが理由ならば克己の母親が柚香と克己のお見合いを計画することなんてありえないし、

それは自動的に克己が自由に結婚相手を選択できる立場にあると言う事だ。

親に決められた政略結婚の相手がいないとなると、

あとは克己の気持ち次第というう事になるんだが、

克己はすでに柚香の自分に対する気持ちはわかっているはずなのに、

「どうしてココまで頑なに告白しないのだろうか?」

このムズムズ感が『蜜月同棲』の醍醐味だと言われたらそれまでなんだけど、

さすがに事ここに及んでまだ克己が柚香のことを妹としか見ていない設定はバカバカしすぎるし、

柚香もこのあと克己とどう接していいか分からないだろう!

サイト主のまるしーとしてもいい加減二人の距離を縮めようとしない克己に腹が立ってきた(汗)

「柚香にマジ告白できないちゃんとした理由があるなら早く聞かせて欲しい!」

そろそろ柚香的にも読者的にも限界が近づいている。

 

>>>『蜜月同棲』7話のネタバレはコチラ♪

 

無料試し読み

今、紹介した

『蜜月同棲』は、

電子コミックサイトの
ブックライブ(BookLive!)絶賛配信中漫画なんです~♪

このコミックサイトはサイト主のまるしーもよく利用するお店で、

何と言っても面倒な会員登録なしで、いろんな漫画が立ち読みできちゃうのが最大の魅力です♪

たくさん試し読みをして気に入ったコミックが見つかったら、

その時に初めて無料の会員登録をして買っちゃえばいいんです♪

最新のコミックから名作までいろんな作品が無料試し読みできるので、

漫画好きならヘビロテで利用すべきだと思います♪

 

『蜜月同棲』の試し読み♪

↓↓↓コチラ↓↓↓
>>>BookLive!
サイト検索窓に『みつげつどうせい』と打ち込んでください♪

『蜜月同棲』の全ネタバレ記事はコチラ♪

蜜月同棲【ネタバレ】1話から最終話まで紹介♪

スポンサーリンク