ピュアホワイトアウト【ネタバレ】1話から結末まで一気に紹介します♪

「相変わらずサイテーですね  清澄くん♪」

なんと…

合コンで持ち帰ったちょっと可愛い女の子は元カノだった・・・

ピュアホワイトアウトは2021年01月22日に新たな内容を更新しました♪

1話から結末まで一気に紹介します♪

著者:9℃

『ピュアホワイトアウト』

これは新しくて面白い♪

すべてが計画されたものだったのか、偶然なのか?

世の中ナメてる系の元カレと一途系策略家な元カノのゾクゾクする心理戦が非常に良いです♪

『ピュアホワイトアウト』の見どころ

『BookLive』発の電子雑誌『NINO』からまたまた面白そうなコミックが登場してきました♪

今回サイト主のまるしーが紹介する『ピュアホワイトアウト』という作品は、

一途に元カレの復縁に静かな炎を燃やす元カノが、

あの手この手を使って元カレの心をつかもうと奮闘するラブコメディなのですが、

その方法に新しさと面白さが詰まったお笑いキュンキュンなリベンジラブストーリーなのです♪

とりあえずまるしーは、第1話を読んだだけでヒロインの元カノ・真白(マシロ)ちゃんに早くもハマってしまいました♪

恐らく私がもし男だったら彼女の作戦にまんまと落とされてしまうことでしょう(汗)

彼女の上品な美しさと嫌味のないキツめのツッコミは、容赦なく私のM心を刺激してきますし、

そんなマシロちゃんの魅力に人生ナメてる系の元カレ・清澄(キヨスミ)も、さすがに心を揺さぶられっぱなしです(笑)

最初こそ仕事も女も思い通りの独身生活を謳歌している彼はマシロちゃんとの復縁などまったく考えていなかったけれど、

時間が経つごとに昔とはまったく別人となって現れた元カノに心を奪われっぱなしになります。

果たして・・・

一途にキヨスミのことを追い続けるマシロちゃんは、

「大好きな元カレとのリベンジラブを手に入れることができるのか?」

この少しナナメな視点から描かれたラブコメに今は夢中のまるしーでございます♪

そこで…

『ピュアホワイトアウト』の見どころですが、

それは掴みどころのないマシロちゃんの艷やかで上品だけど、かなりしたたかな女の魅力と、

そんな彼女に人生ナメてる系男子のキヨスミが翻弄されまくっている姿ですね♪

ちょっと他の漫画では見たことがない切り口のラブコメなので、コアな漫画ファンには喜ばれる作品だと思いますよ♪

とにかく謎多きヒロインのマシロちゃんに注目の一冊です♪

 

『ピュアホワイトアウト』の立ち読み♪

↓↓↓コチラ↓↓↓

>>>BookLive!
サイト内で『ピュアホワイトアウト』と検索してください♪

 

ピュアホワイトアウト【ネタバレ】1話から結末まで一気に紹介します♪

1話:「相変わらずサイテーですね」

主人公は、そこそこ仕事もできて女性にも不自由しないくらいモテていて、

人生チョロいもんだと思いながら毎日を過ごしている土居清澄(ドイキヨスミ)というややイケメンの男だ。

ある日のこと…彼は同僚から合コンに誘われ、特に気合を入れることなくその合コンに参加した。

だがそこでとんでもない人物と再会することとなるのです!

しかし・・・

それを彼が知ることとなるのはその合コンから数時間後のことでした(汗)

それでは時を戻そう!

合コンの店に到着したキヨスミは何も考えずにまだ誰も座っていなさそうな席につき、

「隣失礼します」

と…隣りに座っていた女性に声をかけました。

すると・・・

キヨスミが声をかけたその女性は彼の顔を見てじっと固まっていました。

そして一言。

「かっこよくてビックリしちゃって…」

出会って早々に今日の持ち帰り候補を見つけた気分になったキヨスミはご満悦でその日の合コンを楽しんだ♪

キヨスミに見とれていた清潔で可愛い感じの真白(マシロ)というこの女性は厳しい目で見ても十分合格点な女子だった。

{今日の飲み代の元はとれそうだ}

爽やかな笑顔の裏でそういう目算を立てていたキヨスミだったが、

実は、目算を立てていたのはマシロの方だったということを彼はこのあと知ることになるのです(汗)

合コン終わりで「明日はお休みなんです」と…ほろ酔いで頬を赤く染めたマシロから言われたキヨスミは、

お持ち帰り大成功とばかりに喜び勇んで真白を誘ってホテルへと直行した。

一時が立ち…

楽しいラブタイムを終えた彼がシャワーから出て来たところでマシロの種明かしが始まります。

「ふふふっ」

「相変わらずサイテーですね」

上品に微笑みながらキヨスミを罵倒するマシロの姿はすごく魅力的だ。

なんと・・・

彼女は以前少しだけキヨスミが付き合っていたことがある黒髪メガネの地味系女子だったのです。

元カノだ!

まったくキヨスミは彼女から告白されるまで気づかなかった(汗)

だって…今の彼女は明るい髪色にメガネ無しの可愛い今ドキ女性に大変身していたから・・・

ただ彼は、再会して誘われるままホテルに付いてきた彼女の真意がわからなくて、

{何を企んでる?}

と…マシロに対して大きな疑念を抱きます(汗)

しかし・・・

そんなキヨスミの不安を見透かしたようにマシロは熱っぽくキヨスミとの再会に感動してることを伝えてきた。

そしてさらに・・・

せっかくなので私たちもう一度やり直そうとキヨスミに復縁を提案するマシロ。

思いもよらないマシロからの告白にいろんな思いをよぎらせたキヨスミは、

かなり答えに苦しむ。

さて…

本気なのか美人局なのか、復讐なのかわからないマシロの告白に対してキヨスミが返した返事とは…?

2話:警戒心

{頭が痛い…}

会社で深いため息をつくキヨスミは、数年ぶりに再会した元カノからの告白にかなり戸惑っていた。

昨夜はなんとかマシロからの告白を”保留”という返事でかわしたものの、

以前つき合っていた頃とはまったく別人のイイ女になって現れたマシロにキヨスミは珍しく心を揺り動かされているのだ(汗)

しかも…

あの日から以降、マシロは毎週のようにキヨスミをデートに誘って、彼に求愛し続けてくるのです!

あまりにも魅力的でチャーミングな態度で熱っぽくアプローチしてくるマシロに気づけば体を重ねてしまうキヨスミ(汗)

今や二人のイニシアチブは完全にマシロが握っている状態だ!

だけど・・・

それでもマシロへの警戒心は依然として払しょくできていないキヨスミがいました(汗)

マシロと付き合っていた頃の記憶をまったく思い出せない彼は、

どうしてもマシロが本気で自分と復縁したいと願っているとは思えないのだ。

しかし・・・

そんな疑心暗鬼になっているキヨスミに対してマシロはさらにあらゆる言葉と態度を尽くして、

キヨスミのことが好きだということを表現しまくるのです。

すると…

そこまで真っすぐに自分への愛をぶつけてくるマシロにだんだんと気持ちを動かされ始めたキヨスミは・・・

3話:俺はマシロことが好きなのか?

夢の中にまでマシロが現れてくるほど彼女のことで頭を悩ませることとなったキヨスミは、

仕事で柄にもなく簡単なミスをしてしまいさらに落ち込む(汗)

{俺はマシロことが好きなのか?}

どれだけキヨスミが警戒心を持ってマシロに接していようと、律義に毎週デートへ誘ってくる彼女。

正直な気持ちを言うとマシロに対して好きかと聞かれれば「好きだ」と答えるくらいの感情はすでに芽生えている。

なんせ見た目のルックスは問題ないし、体の相性も悪くない。

本来ならなんの問題もなく相手の告白を受け入れて付き合えばいいだけの存在なのに…

どういうわけかキヨスミの中でマシロにどうしようもない居心地の悪さを感じてしまうのだ(汗)

それは昔と変わり過ぎた元カノだからなのか?

まるで雲をつかむようにいつもフワフワと大事なことをはぐらかされているような感じだからか?

ハッキリとした理由はキヨスミ自身にもよく分からない(汗)

ただ・・・

マシロはキヨスミと再会してからずっと警戒心を崩していないキヨスミに余裕の笑顔と甘い言葉で彼に接しつづけてきた。

だが・・・

マシロはこの夜、初めてキヨスミに対していつもと違う行動をとりました!

それは・・・

毎回デートの終わりにはどこかのラブホテルで濃厚な時間を過ごしていたのに、

この日に限っては食事をしたあとに「用事があるので」と言ってさらっと帰ってしまったのです(汗)

すると・・・

あまりにあっさりとしたマシロの行動に、まるで捨てられた犬のごとく呆然とその場で立ち尽くすキヨスミがいました。

{こんな夜から用事ってなんだよ?}

そのあと家に帰る途中もマシロのことが気になってしょうがないキヨスミは、

まるで中学生みたいに好きな女子のことで頭がいっぱいの自分に呆れてしまうのだ(汗)

4話:寂しかったですか

この日、2週間ぶりの金曜日デートをしたキヨスミとマシロ。

驚くべきことに、この夜はキヨスミから誘ったデートだったのです!

これまで二人が会うときは必ずマシロからキヨスミに連絡をして会っていた二人でしたが、

マシロから用事があるからと少し二人の連絡が途絶えたことで、

普段は自分から女性を誘うなんてことをしなかったキヨスミが自ら連絡してマシロを誘ったのです。

これは完全にキヨスミがマシロに惹かれだした証拠なんですが、

彼はそんな自分に起こっている気持ちの変化を決して認めようとはしませんでした(汗)

だけど・・・

キヨスミからデートに誘ってもらったことを素直に喜んでいるマシロに深くにもキュンとしてしまうキヨスミ。

さらに、

「なにしてたんだよ?」

と…自分と会っていなかった期間の行動をマシロに問いかけるキヨスミ。

それに対し、マシロはいたずらっぽい表情を浮かべながら、

「寂しかったですか?」

と…嬉しそうにキヨスミに問い返しました。

その様子はまるで付き合って間もないラブラブなカップルのようでした♪

あの日の再会からドンドンと魔性の魅力でキヨスミを自分のペースに巻き込んでゆくマシロ。

その夜、いつものようにホテルで一夜を過ごす二人でしたが、

この日のキヨスミはどういうわけか、まるで初めて女性と体を重ねるようなあたふたした態度でマシロを抱きました。

そんなキヨスミの様子を嬉しそうに見つめているマシロであった・・・

5話:別れから再会まで

この5話では、ついにマシロの視点からキヨスミとマシロが付き合っていた大学生時代の様子が描かれます。

「付き合おっか俺たち」

というキヨスミの軽い告白から始まった大学生時代のマシロとキヨスミのカップル誕生。

この頃のマシロはまだ黒髪メガネのちょっと地味系な女子大生でした。

性格は穏やかであまり自己主張することもなく、全てはキヨスミに引っ張られる形で付き合いが続いていました。

それでもキヨスミの彼女になった自分のことが大好きだったマシロ。

毎日が幸せで次第に彼女の日常はキヨスミ一色で埋め尽くされてゆく。

ちょっと強引で、どこか上から目線で突っ込んでくるキヨスミにメロメロだったマシロ。

しかし・・・

そんな幸せな日々はそう長くは続かず、ある時マシロに突然悲劇がやってきます(汗)

それはちょうどマシロが最近キヨスミくんと会ってないな〜と思っていた時のことでした。

その日、あまりの寂しさについキヨスミに用事もなく連絡をとってみると、

自分は仲間とやっているバンドの活動が忙しいからという理由で、

「一旦キッパリやめにするか」

と…まるで週末のデートをキャンセルするかのように別れ話を切り出してきたのです。

しかも・・・

マシロの返事を聞くこともなく、

「今までありがとな、お前にはもっといい奴いると思うよ」

というわけのわからないサイテーな言葉を残してさっさと電話を切ってしまったのです(汗)

一瞬のことで何が起こったのか理解できないほどあっさりとしたキヨスミとの別れでした。

これがマシロとキヨスミが大学時代に付き合って別れた経緯である。

このあとマシロはずっとキヨスミのことを想い続けながらいろんな人生経験を重ねてゆきます。

髪を染め、メガネからコンタクトに変えてファツションも髪の色に映えるオシャレな洋服を着こなせるようになった。

そして…

社会人となったマシロはキヨスミ以外の男性たちとそれなりの恋をしてきた。

その後、ある日の合コンでばったりキヨスミと再会して、やっぱり自分はキヨスミのことが大好きなんだと確信するのです。

そこから本編ストーリーの1話へと物語はつながってゆくわけです♪

以上がこの5話で描かれていたマシロとキヨスミの別れから再会までのエピソードでした。

6話:ピュアホワイトな愛

今回は現在の二人の関係に話は戻ります。

いつものように週末の夜、ラブホテルでまったりとした時間を過ごすマシロとキヨスミ。

ただ・・・

以前までとちがうのはキヨスミとマシロにあった心の距離だ。

マシロからキヨスミに対する熱烈な愛情はなに一つ変わらないが、

キヨスミからマシロへの態度がここへきてかなり変化してきたのです。

素直に大好きな気持ちをぶつけてくるマシロに対して、そっけない態度をとりながらも内心ではキュンキュンに照れまくるキヨスミ(汗)

今のキヨスミにとってマシロと過ごす週末は何事にも代えられない癒しの時間だった!

でも・・・

そんな本心はマシロには絶対に伝えられない意地っ張りなキヨスミ。

ただ・・・マシロに対する申し訳ないという気持ちはあるのです。

週末になると、飲んだあとラブホテルに連れ込んでそのまま朝帰りの繰り返しにマシロを付き合わせている罪悪感だ(汗)

なのに・・・

それでもマシロはキヨスミと一緒に過ごせることが嬉しいと言ってくれる。

本当はもうわかっているのです。

自分はマシロにハートを鷲づかみにされていることを♪

ただ・・・

彼はこの期に及んでどんな顔をしてマシロに自分も”大好き”だと告白していいかわからない(汗)

今までもしたことがないし・・・

そんな時である。

キヨスミは翌朝ラブホテルからの別れ際にマシロへこれからどこへ行くのかを尋ねました。

すると・・・

買い物をしてから家に帰ると答えたマシロを食事に誘ったのです(汗)

しかも・・・

そのあとマシロが予定している買い物に自分が付き合うとも・・・

なんと・・・

キヨスミのマシロへの想いがこの日、とうとう行動に現れたのです!!

恐らく彼の気持ちをここまで変化させたのは、マシロの真っすぐで純粋なキヨスミに対するピュアホワイトな愛が伝わったからだろう・・・

「いよいよスタートするのかな?」

二人の恋が・・・

7話:調子が狂う!

再会した当初はマシロが一方的にキヨスミにモーションをかける形で始まった二人のセフレな関係性でしたが、

今やキヨスミの方が完全にマシロのミステリアスかつ小悪魔的な魅力にメロメロとなっています(汗)

マシロから発信される控えめでありながら大胆でキュンとくる言動の数々や、

キヨスミになら何をされてもかまわないという体の預け方とか…

そんなマシロの健気で可愛げのある行動のひとつひとつが積み重なって、

キヨスミは今まで感じたことのない女性への執着心が芽生えてくるのです。

「調子が狂う!」

とはまさにこのことで、

女性に自分が振り回されるという初めての経験に戸惑うばかりであった(汗)

そんなある日のこと、いつもは食事をしてすぐにホテルへ直行するというスケジュールで過ごしてきた毎週末でしたが、

この夜、めずらしく酔っぱらったキヨスミは、いつものホテルではなくマシロの家で過ごしたいと言い出したのです。

一瞬…戸惑った表情を浮かべたマシロでしたが、

「まぁ…いいですけど」

と…キヨスミを玄関前で5分ほど待たせたあと、すんなりと部屋に招き入れました。

初めて入ったマシロの部屋に緊張するキヨスミの酔いは急速に覚めてゆく・・・

{何やってんだオレは!}

だが…頭とは裏腹にマシロの匂いが充満した部屋で一気にキヨスミの欲情が高まってゆくのです。

そして…

自分でもコントロール不可能な強い衝動に襲われたキヨスミがマシロをベットに押し倒したその瞬間!

「ピンポーン!」

と…インターホンの音が部屋中に響き渡った!

なんと・・・

こんな夜更けにマシロの部屋を訪ねてきたのはマシロの妹でした。

マシロの妹・藍佳(アイカ)は、普段は実家暮らしなのだが、

ライブに行った帰りなどによくマシロの部屋に泊まるようで、

この日もちょうどそんな感じで突然マシロの部屋へやってきたのです(汗)

ただ・・・

サイト主のまるしーとしては、何やらマシロがわざとアイカを家に呼んだような気がしています。

それは…

姉妹での会話がどこかキヨスミを意識したわざとらしいものだったからです。

結局…

アイカにいい雰囲気だったムードをぶち壊しにされたキヨスミは、

この数十分後にマシロの家から退散することとなるのです。

最終回

マシロの家に行ったあの日から、彼女からの誘いをずっと断り続けていたキヨスミ。

その理由は自分がマシロに振り回されていると感じたからだ。

彼のプライドとしてそんなことは認めたくなかったのです。

そして・・・

マシロと会わない期間が1カ月も続いていたある日、

キヨスミは会社の同僚(女子社員)と二人で焼き肉を食べに行くこととなり、

たまたまマシロとよく会っていた駅の繁華街にやってきました。

すると…

たまたまそこを通りかかったマシロとばったり出くわしてしまいます(汗)

しかし・・・

その時にバツの悪い顔をしたのはキヨスミだけであって、

マシロはキヨスミとその同僚とのツーショットを目の当たりにしても意味深な笑顔でクスっと笑っただけで、

キヨスミに声をかけてくることもなく背中を向けて歩き出してしまったのです(汗)

この時にキヨスミの中で今まで抑え込んでいた感情の糸がプツリと切れました!

彼は同僚の女性を置き去りにしてマシロの後を追いかけたのです。

このあと、二人はマシロの提案でいつも利用するラブホテルに入り、

今まで交わしたことのない真剣な恋愛トークを繰り広げます。

そしてついにこれまでマシロがどういう思いでキヨスミと微妙な関係を続けていたのか?

彼女にどういう想いでキヨスミにセフレのような関係で抱かれていたのかその胸の内を語ります。

すると・・・

マシロのキヨスミに対する予想外な熱い想いを聞いたキヨスミは、

いろんな意味で彼女に”完敗”したことを認め、

初めてキヨスミの口から○○○という言葉引き出すのです。

ちょっとミステリアスで小悪魔的な魅力を持つマシロと、

恋に打算的だったチョイモテ男子・キヨスミの心理戦ラブゲームの結末はほのぼのとしたハッピーエンドで終了しました♪

 

『ピュアホワイトアウト』の立ち読み♪

↓↓↓コチラ↓↓↓

>>>BookLive!
サイト内で『ピュアホワイトアウト』と検索してください♪

『ピュアホワイトアウト』の感想

とにかくマシロちゃんのキャラがいいですね♪

実際の彼女がどういう人間性なのかはまだ当然わからないけれど、

黒髪メガネっ娘時代のマシロちゃんを見ると大体どういう性格の女の子だったのかは想像できる。

「イイ子だったんだろう♪」

たとえ少しの期間だったとはいえ、付き合っていた自分のことをまったく覚えていないキヨスミへの態度とか、

もっと怒りの表情が出てもおかしくないのに、まったくそんな態度をおくびにも出さず、

ただただ愛情一杯の無邪気な笑顔でキヨスミを見つめる顔はすごく魅力的で可愛いかった♪

普通の男ならとっくにノックダウンだ。

彼女がどういう目的をもって再びキヨスミの前に現れたのかはまだ明かされていないけど、

「いまのところキヨスミに復讐するつもりでいるようには見えませんね。」

二人の馴れ初めとどういう別れ方をしたのかが分からないから今はどうとも言えないけど、

ただ・・・

掴みどころなくふわふわとキヨスミの心にすぅーっと入り込んできたマシロの行動に、

あの仕事も女もナメきっているキヨスミがどんどん惑わされてゆく様子が面白くてしょうがない(笑)

ミステリーとは言わないまでも確かにマシロノの劇的なキャラ変と行動の裏にはきっと何か理由が隠されているはずです。

その謎と共にこれから少しづつ解明されてゆくマシロという女性の真実。

彼女の本心やその目的などが分かるともっと面白くなってゆくんだろうな~♪

結末を迎えて…

全9話で綴られたキヨスミとマシロの不思議なラブストーリの結末を迎えて、

サイト主のまるしーが思う率直な感想は、

「えっ!?そのまま?」

という感想でした。

ずっと意味ありげなセリフと行動でキヨスミの心を翻弄していたマシロは、

結局のところただただキヨスミのことが好きなだけだったわけで(汗)

それが分かった途端、なんとも拍子抜けな気分でした。

もっとマシロの背景に入り組んだ人間関係があるのかな~と予想していたのですが、

フタを開けてみるとそんなものは全くありませんでした(笑)

結果…

特になんの盛り上がりや事件もなく二人の恋愛は成就してしまい、

「ある意味でそれが大きな事件となりました!」

確かに・・・

たまにはこういうスカしのストーリーもあっていいと思う。

だからだろうか、

まるしーとしては、この結末を知ったうえでもう一度最初から読みたくなりました♪

無料試し読み

今、紹介した

『ピュアホワイトアウト』は、

電子コミックサイトのブックライブ(BookLive!)絶賛配信中漫画なんです~♪

 

このコミックサイトはサイト主のまるしーもよく利用するお店で、

何と言っても面倒な会員登録なしで、いろんな漫画が試し読みできちゃうのが最大の魅力です♪

 

たくさん立ち読みをして気に入ったコミックが見つかったら、

その時に初めて無料の会員登録をして買っちゃえばいいんです♪

最新のコミックから名作までいろんな作品が無料試し読みできるので、

漫画好きならヘビロテで利用すべきだと思います♪

 

『ピュアホワイトアウト』の試し読み♪

↓↓↓コチラ↓↓↓

>>>BookLive!
サイト検索窓に『ピュアホワイトアウト』と打ち込んでください♪