敵に恋する月曜日【ネタバレ】全話まとめて一気読み♪

ライバルに恋をした!

人材紹介会社に勤務する営業部のエースが、鳴り物入りで転職してきたイケメン君に心を奪われて・・・


全話まとめて一気読み♪

著者:菱山恵巳子/永井グミ

『敵に恋する月曜日』

コンプレックスを抱えながらも仕事で結果を出し続けてきたヒロインのかなえ!

しかし…仕事への気合が入り過ぎて癒し系のカレシに愛想を尽かされて・・・

『敵に恋する月曜日』の見どころ

今回紹介する『敵に恋する月曜日』は、電子コミックサイトのまんが王国で先行配信されている作品で、

自分探し系な恋と仕事をからめたハートフォーミング・ストーリーです。

特にこれといった斬新な設定やストーリー展開はないものの、

27歳という恋にも仕事にも人生の岐路に立たされた悩み多き年代の沁みるメンタル系ラブストーリーです。

通常ならこういう作品は読み進めてゆくごとに主人公である(まき)かなえに共感しつつ入り込んでゆくパターンですが、

彼女の考え方や行動原理にどれだけ読者が共感を抱くかで本作品の価値が決まると思います。

学生時代からキラキラ女子たちの引き立て役みたいなポジションにあり、ブスではないけどキレイではないルックス。

特に他人より優れた才能はなく、人の何倍も努力することで人から必要とされる人間となったヒロイン・かなえ。

そんな彼女のポジションがかつて自分が一番コンプレックスを感じていた”キラキラ組”の人間に脅かされることになった時、

かなえは何としても自分がこれまでに築き上げたそのポジションを死守しようとしますが・・・

「不覚にもそんな敵に恋心を抱いてしまった・・・」

そんなスタートから始まります。

さて・・・

『敵に恋する月曜日』の見どころは、

27歳のワーキング女子がライバルの男性社員に恋をして七転八倒する様子です。

コンプレックスを最大の武器にして営業部のエースとなったヒロインが、

そのポジションを脅かす転職組のイケメン新人に恋をしてしまうというごくありがちな王道ストーリーですが、

やっぱりこういう定番のオトナ恋は読んでいくに従って引き込まれます♪

そんな安定感抜群の自分探し系ラブストーリーを、

このページでは1話からその結末まで紹介してゆきたいと思ってます。

よければ最後までお付き合いの程よろしくお願いいたします♪

 

『敵に恋する月曜日』の立ち読み♪

↓↓↓コチラ↓↓↓
>>>まんが王国
サイト内で『あいつにこいする』と検索してください♪

 

敵に恋する月曜日【ネタバレ】全話まとめて一気読み♪

1話:強敵現る!

主人公は人材紹介会社に勤める27歳のOL・る(まき)かなえです。

特に可愛くも美人でもない彼女は学生時代からキラキラ組のクラスメイトを盛り立てるために存在するモブキャラの一人だった。

そんな自分のことがイヤで社会人となってからは他人の何倍も努力した結果…

今では営業部のエースと呼ばれる存在感のある女性となったのです。

仕事での成功がこれまで冴えなかったかなえの人生を大きく変えました。

しかし・・・

そこには悲しいことに大きな弊害もありました(汗)

3年前に合コンで知り合って付き合い始めた吉井との関係だ。

現在の吉井がまだ学生の身分ということもあり、

バリバリのキャリアウーマンとして忙しく働いているかなえとはなかなか生活のリズムが合わなくなっていたのです(汗)

しかも・・・

社会に出て働いていない吉井のことをかなえはどこか自分より下に見ていた傾向がありました。

癒し系でやさしい吉井もさすがにそんなかなえの態度には傷ついていたのです。

そんなある日のこと、

かなえの会社に大手銀行で働いていた山本悠(やまもとはるか)というイケメンのエリートが転職してくるのです。

彼の出現は営業部でエースと呼ばれているかなえの地位を脅かすものだった。

「強敵現る!」だ(汗)

しかも・・・

経歴は申し分なく、イケメンで性格も爽やかで温厚な山本は、

すぐに上司からも信頼され、一瞬で社内の女性社員を虜にしてしまうほど完璧な男性だったのです。

そんな山本の存在に自分の立場を奪われるのではないかと戦々恐々とするかなえだったが、

なんとこのタイミングで、これまで仕事の忙しさを理由にないがしろにしていた吉井から別れを切り出されたのだ・・・

2話:文句のつけようがない

仕事では強力なライバルが出現し、プライベートでは彼氏にフラれるという最悪な状況のかなえ。

しかも・・・

悲しいことに吉井とは3年も付き合っていたのにもかかわらず、

別れを告げられたその日に涙一つ流すことがなかった(汗)

それは…

これまでかなえがキッチリと彼氏である吉井と向き合っていなかった証拠だ。

だが・・・

落ち込んでばかりもいられないかなえは、仕事で失恋の辛さを紛らわせようと、

今まで以上に力を入れて仕事に没頭してゆきます。

そんな中、予想通り期待の新人・山本はメキメキと社内で頭角を現してきます。

イケメンなのにそれを鼻にかけることもなく、老若男女すべての人たちに好かれる山本は、

今や新しい社内のヒーローとして扱われていました。

悔しいかなかなえも彼の非の打ちどころのなさは認めざるを得なかった(汗)

しかも・・・

山本に秘めたる敵対心を抱いているかなえに対しても山本はあくまでも低姿勢で接していた。

かなえとしては文句のつけようがないのである(汗)

そんなある日のこと、

かなえが1人で残業をしていると、急に吉井との幸せな日々が頭によぎり、思わず瞳から涙がこぼれ落ちました。

{彼はいつも優しく私をフォローしてくれた}

失恋の感傷に浸るというやつだ。

今頃になって元カレがどれだけ自分の癒しになっていたかを痛感するかなえだった。

だがその時・・・

「槙さん…残業ですか?」

と…背後からかなえに呼びかけてくる人物が・・・

3話:ブレブレな人生

かなえに声をかけてきたのは、今の自分を一番見られたくない山本だった・・・(汗)

彼はデスクに家の鍵を忘れて取りに帰ってきたのです。

そのまますぐに帰ってくれたらよかったのだが、

彼はたった今泣いていたばかりの顔を見られたくなくて素っ気ない態度をするかなえにドンドンと話しかけてきたのです。

非常に厄介なパターン(汗)

最初のうちはなんとか山本からの質問にそつなく返していたかなえだったが、

山本のある言葉がきっかけで、かなえは男と別れたばかりだと言わんばかりの態度をとってしまったのです(汗)

その後はもう収拾がつかなくなるほど取り乱してしまったかなえ。

しかし…山本はその事にはあえて触れずに、自分もかなえの仕事を手伝うと言って強引にかなえを手伝い出したのです。

そんな山本の好意をむげに断ることができなかったかなえは、

そのまま山本に仕事を手伝ってもらい、その夜は終電間近まで仕事をして家に帰りました。

結局…その夜、かなえは山本にお礼も言えずにそのまま別れてしまいました(汗)

翌朝…山本に昨日言えなかったお礼を伝えようと機会を窺うのですが、

なかなか言い出すタイミングがつかめなくてそのままスルーしてしまう。

それは・・・

山本のことを意識しないようにしてすごく意識している証拠だった。

そんな中、かなえは可愛がっている職場の後輩・鳥越(とりごえ)の知らなかった一面に触れる。

まだまだ社会人として未熟だと思っていた彼女が、

意外にもしっかりした考えのもとで仕事をしている事を知り、

自分の方がブレブレな人生を送っていることに気づく。

さらに…

そこから自分自身の仕事に対するスタンスを見つめ直すかなえだったが・・・

 

『敵に恋する月曜日』の試し読みは♪

↓↓↓コチラ↓↓↓
>>>まんが王国
サイトTOPから『あいつにこいする』と検索してください♪

『敵に恋する月曜日』の感想まとめ

27歳のワーキングガールにはさまざな悩みや葛藤があるでしょう。

恋愛や結婚・仕事や家族との関係など、人生で大きな岐路に立たされる時期です。

令和になった今でも社会や会社は女性にとって優しくはない(汗)

まだまだ結婚は女性にとってキャリアロスなものだし、

出産はほぼそのキャリアをなくす選択となっています。

女性にとって仕事と結婚は相反するもので、男性とはまったく違う。

男性は結婚しても有利にこそなれ決して不利にはならない。

でも・・・

「働く女性にとって結婚は不利にしかならない(汗)」

これは男女雇用均等法が成立してからもまったく変わることなくく、

2015年に女性活躍推進法が施行されてもまだ変わりない。

国は女性に社会で活躍するように呼び掛けておきながら、必要な制度はまったく整えない。

だから…

「やっぱり女性が結婚すると、社会でいろんな壁にぶつかります(汗)」

実際…サイト主のまるしーも結婚してから仕事のことではかなり色んな壁にぶち当たりました。

まずは会社での働き方や、夫との家庭生活や両親・自治会との関係性など、

そもそも女性が社会でなんのストレスを感じることなく、

子供を産んでレギュラーで働くなんてことは物理的にありえないと思ってます。

それは・・・

「いろんなルールや法律がまだ全然整っていないから!」

まるしーの場合はちょうど本作のヒロイン・かなえと同じ27歳の時に結婚をして、

それまで積み上げたキャリアを捨てました。

「その頃の社会ではそれしか道はなかった(汗)」

でも…

今でも大してその実情は変わらないだろう・・・

昨今のコロナ対策を講じている政府の動きを見ていればそれが手に取るほどわかる。

そりゃそうだ。

「何一つ決められない国家を作り上げたのは私たち国民なのだから(汗)」

ふわっとした民意の怖さ!

他人からの悪意なき傷つく言動や態度。

これはもう自分だけでは乗り越えようがない(汗)

だからまるしーは国に文句を言わず粛々と今できる働き方で収入を得る!

だって・・・

この資本主義社会には、自分で探せばあらゆる働き方があるんだから・・・

ふと…

この作品の中で仕事に頑張っているかなえを見てるとそんなことを考えてしまった・・・

「頑張れ…かなえ!」

無料試し読み

今、紹介した

『敵に恋する月曜日』は、

『まんが王国』で先行配信中のコミックです~♪

このお店は、電子コミックサイトでは老舗のコミックサイトで、

サイト管理人のまるしーがいつも利用してるお店の一つです♪

特に、会員登録なしで、たくさんのコミックが無料試し読みできるのはすごくありがたい!

他のコミックサイトでは読めないレアな作品も数多く扱っているし、

こういうサイトは押さえておいたほうがイイですよ~♪

 

『敵に恋する月曜日』の試し読み♪

↓↓↓コチラ↓↓↓

>>>まんが王国
サイト検索窓に『あいつにこいする』と打ち込んで下さい♪

スポンサーリンク