美醜のリベンジ【ネタバレ】努力してキレイになった女の復讐劇!

「可愛くはないよな〜」

このたった一言が、あづ紗のその後の人生を大きく変えてしまった!

そして…今、

35歳となった彼女の前に現れたかつての同級生に復讐の時がきた・・・


努力してキレイになった女の復讐劇!

著者:白湯

『美醜のリベンジ』

心の琴線に触れてくる鋭いヒューマン・コミックを見つけました!

ブスだった昔の自分に縛られ続けた女の切ない復讐劇が胸に突き刺さる!

『美醜のリベンジ』の見どころ

今回紹介する『美醜のリベンジ』という作品は、一言でいうと男性に対してトラウマを抱えた女性の生きづらい人生を描いたお話で、

一見すると単純なリベンジ系ストーリーに思えるが、実はすごく深い人間ドラマが物語の中に滞在しております。

ただ・・・

「これは読む人を選ぶ作品かもしれませんね(汗)」

それはテーマが”復讐”という後ろ向きな暗いイメージを抱きかねないものだという事と、

”美醜”というブサイクな女性が主人公という夢のなさそうな言葉がタイトルについていることに作風のジメっとした胃もたれ感がありますから…(汗)

もちろんそんな作品が大好物の読者もいるでしょうが。

でも・・・

読んでみるとタイトルと表紙からイメージする印象とは少し違った内容が浮き出てきました。

確かに復讐が大きなテーマにはなっているモノの決して暴力を使ったりするタイプのモノではなく、

さらに…

復讐という言葉を使うには、その理由となるきっかけが常識的に考えて些細すぎるからです(汗)

なので…もしかしたらこの作品の『美醜のリベンジ』というタイトルの意味は、

努力をしないで自分のルックスを嘆いていた昔の自分へのリベンジ。

つまり、一人の女性の心の成長を描いたストーリーなのではないかとも受け取れる。

「とうぜんこれも的外れかもしれないんですけども…(汗)」

人の感想はあくまでもそれぞれという事でお許しください。

さてそこで・・・

『美醜のリベンジ』の見どころは、男性不信の原因になった小学校時代の同級生に再会したヒロインが、

どれほど自分が相手にとってはほんの些細なことで傷つき苦しんでいたかに唖然としてしまうところからの行動ですね。

これがこの作品のキモです。

「イジメる側の人間はまったくその言葉の凶暴性と殺傷能力に気づかないという典型的のお話だ!」

ただ・・・

サイト主のまるしーは、主人公・あづ紗の気持ちはすごく理解できました。

でも…

本作のレビューなんかを見てみると、あんな些細なことで復讐を考えるなんておかしいという意見もあるようです。

「しかし私はそうは思わない。」

人がどんな言葉に傷つき苦しむかなんて人それぞれなわけで、

あづ紗の考えを否定する人たちって恐らく自分がそういう立場に立ったことがないか、

自分が他人を傷つけるような言葉を無意識に投げつける人種なんだと思う(汗)

なので…

この作品を読んでいく上において、主人公のあづ紗が抱えるトラウマに寄り添えるかどうかが、

この『美醜のリベンジ』を楽しめるか否かの境目になると思います。

そういうわけでまずは、まるしーが書いたちょっとしたネタバレを読んでみてくださいね♪

 

『美醜のリベンジ』の立ち読み♪

↓↓↓コチラ↓↓↓
>>>まんが王国
サイト内で『びしゅうのりべんじ』と検索してください♪

 

美醜のリベンジ【ネタバレ】

1話:見た目が全て

現在35歳で独身、彼氏ナシの弓川あづ紗(以下アヅサと表記します)は、男性に対する不信感に苦しんでいるOLです。

なぜ、彼女が全ての男性に対して「気持ち悪い!」というトラウマを抱くようになったのかというと、

それは小学校時代に経験したある苦い思い出が原因でした。

当時 彼女は淡い恋心を抱いていた同級生の男子から自分のいないところで、

「可愛くはないようなぁ」

という表現で自分を評価されたことで、心をスゴク傷つけられた過去があるのです。

それはもしかすると人によっては軽い心の傷としてすぐに完治したモノだったかもしれないが、

その時のアヅサが受けた心の傷は、回りの同級生たちとの関係性とも相まって、

とても大きな傷となり、彼女が35歳となった今でも男性不信を患っている原因となっていたのです。

小学生時代のアヅサが気になっていた男子から下された評価が、

「可愛くはない」

という評価であり、相当なショックを受け、そこでアヅサが学んだことは、

”人は見た目が全て”という偏った考え方だった。

その後、アヅサは懸命に自分のルックスを磨き上げる努力を続けて、

誰からもそれなりの美人という評価をしてもらえる女性となりました。

しかし・・・

選ばれない女性から選ばれる女子となったことで、彼女にもたらしたものは、

やはり男性が女性に求めるモノは”見た目が全て”という考えの確信であった。

そんな悲しい悟りを開いてしまったアヅサに幸せな恋愛や結婚ができるわけがなく、

今の彼女は恋愛感情というモノを一切排除した一夜限りの関係を男性に求める荒んだ生活を送ってるのです。

そんなある日のこと、

映画館で働くアヅサのもとに小学校時代の同級生・廣田智一(ひろたともかず)が偶然お客さんとして現れたのです。

実に数十年ぶりの再会でした。

しかも・・・

この廣田というクラスメートは、アヅサのことを「可愛くはない」と言い放った張本人だったのです(汗)

そう・・・

彼こそがアヅサに強烈なトラウマを植え付けた最大の加害者なのだ!

この時、アヅサは結婚して子供にも恵まれて、良き夫、良き父親として幸せそうな今を生きている彼を目の当たりにしたことで、

言いようのない怒りと憎しみの気持ちが体中をかけまわり、

どんな手段を使ってもこの男を傷つけてやりたいという感情に支配されてしまうのです(汗)

要するに復讐だ!

アヅサは自分の心の動揺を必死で抑えながら、呑気にアヅサとの再会を喜んでいる廣田を飲みに誘った・・・

2話:不出来

廣田との飲みの席で色仕掛けのハニートラップを仕掛けたアヅサだったが、

意外にも廣田の反応は紳士的なもので、再会したその日にアヅサをホテルに連れ込むようなことはしなかった。

{私は一体なにを!}

家に帰ったアヅサは、今さら小学生時代の怨みを晴らそうとした自分に強い憤りを感じる(汗)

もう廣田とはこれっきりにしよう・・・

そう自分自身に反省を促して荒んだ気持ちを新たにした瞬間でした。

少し前に別れた廣田からLINEにメッセージが飛び込んできたのです!

アヅサが内容を確認して見ると、

なんと・・・

それは廣田の幼い娘が勝手にスマホをいじったことで起こった誤送信メールだったのです(汗)

しかも…

ご丁寧に画像付きで!

さらに樹里の心をイラつかせたのは、その後に廣田から送られてきた謝罪のメッセージと、

いかにも上から目線なアドバイスだった!

このメッセージを読んだことで、吹っ切れかけていた廣田への復讐心を再燃させる樹里。

「俺が弓川のケッコン相談のるよ!!」

幸せな結婚生活を送っている余裕からくる廣田の人を蔑むような物言いに体中の血液が燃え滾った!

{やってもらおうじゃない!}

この不出来な私にとても幸福そうなアナタの結婚相談を!

アヅサは改めて廣田への復讐を行うべく、彼から提案された結婚相談をしてもらうことに決めた。

そして後日、

アヅサは何とか平静を装いながら、最高の笑顔を浮かべて廣田との待ち合わせ場所へと向かった・・・

そしてこの後、またしても予想外な反応を見せた廣田のな対応に心をかき乱された樹里は・・・

3話:再び

「あんたのせいで男が信じられなくなって…」

激しく感情が高ぶったアズサは廣田を突き飛ばしながら、

気づいたら彼に積年の恨みをぶつけていました!

顔をくしゃくしゃにして自分に怒りをぶちまけてくるアヅサに驚きすぎてに何も言い返せない廣田。

ただ・・・

一体アヅサが何をそこまで怒っているのかよく理由が分からない廣田は、

「ごめん…よく分からないんだけど…」

と…まるでピント外れな言い訳と謝罪でその場の険悪なムードをさらに悪くしました。

そんな廣田の慌てふためいた様子と、おざなりに彼が謝罪した言葉が、

余計にアヅサの怒りに油を注ぐことになるのです(汗)

{私の20年にも及ぶ苦悩は一体なんだったの?}

ただその時でした。

「あれ…?ひろたん?」

と…いかにも親し気な感じで廣田声をかけてきた人物が・・・

なんとその声の主は、小学校時代に廣田と共にアヅサを傷つけた三村という同級生だったのです。

三村は小学校時代のアヅサとは想像もできないくらい綺麗になったアヅサを見て驚きつつも、

アヅサがまだ独身だと知ると小学生時代のように二人で再び無神経な会話を始めたので、

いたたまれなくなったアヅサはその場から立ち去りました(汗)

アヅサが最悪な気分で家に帰ると、廣田にLINEのIDを聞いた三村からメールが入っていました。

内容はアヅサにまんざらでもないという感情を抱いている三村のイラつくメッセージだ(汗)

もう何もかもバカらしくなったアヅサ。

そんな辛い夜が明けた翌日、アヅサは職場の映画館で、

小学校時代の自分とそっくりな境遇にある少女を見つけたのです。

しかも・・・

その少女は信じられないことにあの人物の娘さんだったのです・・・

4話:因果は巡る

「私は間違っていなかった」

目の前で苦悩する少女の姿を見てアヅサは確信した。

クラスの友達の中で一人だけ告白されなかった純粋な少女の心はボロボロに傷ついていたのです。

しかも・・・

その少女は小学生時代に自分の心を傷つけた廣田の一人娘だった。

「因果は巡る!」

だが・・・

そのことをまだアヅサと廣田は知らない。

そんな中、昨夜からしつこくLINEでメッセージを送ってきていた三村がアヅサの職場まで会いに来たのです。

「悪いけど急いでるから」

仕事終わりのアヅサはそっけない態度で三村とのかかわりを避けようとしました。

すると・・・

今までの取り作ったにやけ顔が一瞬のうちに険しい表情となった三村は、

「お前も俺と廣田なら廣田を選ぶんだな!」

と…これまで鬱屈させていた感情をアヅサにぶつけてきたのです(汗)

さすがにそんな三村の訴えを聞いて思わず立ち止まったアヅサ。

そこから三村は小学校時代の思い出を引き合いに出し、

なぜ…アヅサはクラスメイトの男子たちから告白されなかったのかを語りだしたのです。

「見た目で好きになって何が悪い!」

これが三村の言い分だった。

そして・・・

三村からどうしてクラスメイトの山瀬愛美に人気があったのかを聞かされたアヅサは、その理由に大きなショックを受けます(汗)

一方その頃、

廣田は、

「パパ教えて…」

「私は可愛くないの?」

と…小学校時代のアヅサとまったく同じ悩みで苦しんでいる娘の話を聞いていた・・・

5話:お門違い

三村から辛い過去の記憶を再び蒸し返され、

さらに追い打ちをかけられるような言葉で傷口に塩を塗られてしまった形のアヅサ。

しかも・・・

思ってもみなかった角度から切り込まれた三村のアヅサに対する指摘は、

自分が被害者だと思っていた過去の出来事を根本的に見直さなければいけない事態となったのです(汗)

{私は昔も今もたいしたことない女…}

三村の自分をバカにしたあの言葉がアヅサの頭の中でグルグルと回る。

{私が今まで悩んできたことはお門違いだったってことなの・・・}

その時…

顔のことで傷つけたれたと思いこんでいた廣田に復讐を果たそうとしている自分がスゴク滑稽に思えたアヅサだった・・・

その頃…

自分の娘の言葉がきっかけで、過去に犯したアヅサへのひどい暴言に気が付いた廣田は、

傷ついた娘にどんな言葉をかけてよいか分からず妻から激しく叱責されていた。

だがこの時、

いま自分の娘の気持ちが理解できるのはアヅサではないかと思い始めるのです。

そして…

次の日の夜、アヅサの職場へと向かった廣田は、そこで三村と遭遇し、

三村からアヅサと口論した日の話を聞きました。

すると…

三村のあまりにも酷いアズサへの絡み方に逆上した廣田は、思わず拳で三村を殴り飛ばした・・・

6話:余計に苦しい…

三村を口論の末に殴り飛ばした廣田は、そのあとアヅサの職場へゆき、

スタッフにアヅサの住所を聞き出し、その足で彼女が住んでいるマンションへ向かいました。

すると・・・

トツゼン現れた廣田に大きく動揺するアヅサだった。

ただ…彼女は彼を追い返したいわけではないく、なんともしがたい状況だったのです(汗)

なぜなら廣田を部屋に上げたくても、部屋は散らかってゴミ屋敷みたいに荒れ放題になっているし、

すでにメイクも落としてすっぴん状態であり、完全に終わってる状態なのだ(汗)

だが・・・

すでに廣田には本当の自分をカミングアウト済みで、

今さら見た目や生活を取り繕う必要はないと判断したアヅサは、

自分に昔のことを心から詫びたいと言ってきた廣田を家に上げました。

もちろん廣田はアヅサのすっぴんやゴミ屋敷と化した部屋のことなど見向きもすることなく、

小学生時代にあまり深く考えもせずアヅサを傷つけてしまったことを心から謝罪したのです。

だが・・・

廣田が本心から必死でアヅサに懺悔すればするほど、自分のことが惨めに思えてくるアヅサがいました。

{今さら…本気で謝られたって・・・}

{余計に苦しい…}

やがて・・・

またしても廣田に対する激しい怒りが再燃し、

すでに振り上げた拳を下げることができなくなってしまったアヅサは・・・

7話:廣田の醜態

”悪いと男うなら自分を好きになれ!”というアヅサの無茶な言い分に従ってキスをしようとする廣田。

だが・・・

二人の唇が触れ合う寸前になってアヅサは自分から廣田を跳ね除けた(汗)

自分が惨めになったからだ。

すると廣田はホッとしたような表情で、

「俺の知っている弓川はこうするような気がしてた」と言いました。

さらに彼はアヅサに対して小学校時代から持ち続けている自分のコンプレックスと、

どこまでも周りの空気を読んで要領よく立ち回る自分のあざとさを告白したのです。

そして・・・

そんな自分の一貫性のない卑怯な生き方をしてきたツケが自分の娘に回ってきたと打ち明け、

愛する娘が当時のアヅサと同じような境遇に苦しんでいるのに、

自分は救いの言葉一つかけてやることができないと泣き崩れたのです(汗)

それは…

恐らくこれまで誰にも晒したことのない廣田の醜態だったのだろう。

その姿はすごく憐れでした。

アヅサは小学校時代にあれほど自信満々でキラキラしていた廣田が、

まさか自分と同じようにコンプレックスを抱え、それを隠すために必死で自分を取り繕っていたことを知り、

一気に自分がこれまで抱えてきた重い荷物を下ろすことができたような気がしたのです。

 

『美醜のリベンジ』の試し読みは♪

↓↓↓コチラ↓↓↓
>>>まんが王国
サイトTOPから『びしゅうのりべんじ』と検索してください♪

『美醜のリベンジ』の感想

アヅサの気持ちに寄り添ってこの作品を読むと、廣田という男はなんてデリカシーのない最低男なんだと思うかもしれないが、

逆に廣田側の視点でアヅサを見てみると、なんて些細なことを根に持っているメンヘラ女なんだという意見となるだろう。

「この作品は自分がどの立場に立って読むかで作品の印象がガラっと変わるストーリーだと思います。」

もちろん誰の視点で読むかの正解はないですし、

アヅサの気持ちが理解できる人もいれば全く分からない人もいるだろう。

廣田が酷い男だと思う人もいれば、普通にイイ奴だと感じる人も大勢いるはずだ。

人それぞれに持っている感覚や考え方は違うわけで、

「大事なのはこの作品をどう楽しむかという事だと思います。」

せっかく1話100ポイントも使った買った作品なのですからどうせなら自分に良い効果をもたらせたい。

無駄金は使いたくないですもんね。

まるしーはこの『美醜のリベンジ』についてネタバレ記事を書く上で、そのタイトル付けとして、

『努力してキレイになった女の復讐劇!』という物々しい題名をつけましたが、

もしかしたら今後、物語が進んでゆく中でその題名が内容とそぐわないものになってゆくかもしれません(汗)

ある意味でこの作品はどんなカテゴリーに入るかまだ未知な物語であり、

それはそれでスゴク魅力的なストーリーなんだと思います。

今後の展開に期待です♪

無料試し読み

今、紹介した

『美醜のリベンジ』は、

『まんが王国』で絶賛配信中のコミックです~♪

このお店は、電子コミックサイトでは老舗のコミックサイトで、

サイト管理人のまるしーがいつも利用してるお店の一つです♪

特に、会員登録なしで、たくさんのコミックが無料試し読みできるのはすごくありがたい!

他のコミックサイトでは読めないレアな作品も数多く扱っているし、

こういうサイトは押さえておいたほうがイイですよ~♪

 

『美醜のリベンジ』の試し読み♪

↓↓↓コチラ↓↓↓
>>>まんが王国
サイト検索窓に『びしゅうのりべんじ』と打ち込んで下さい♪