好きになるまで傷つけて【ネタバレ全話】私は恋に絶望したいんだ!

「どうか私を弄んで!」

几帳面で恋愛オンチなヒロインがとった驚愕のキャラ変!

でも・・・

相変わらずその純真で真面目な恋愛体質があちこちに垣間見れて・・・


私は恋に絶望したいんだ!

著者:深海魚

『好きになるまで傷つけて』

恋に暴走したい純粋キッチリ女子と、女好きクズ社長と評判な男が妙な化学反応を起こしたら、

とんでもなく切なくて心揺さぶられる素敵なラブストーリーになってしまった♪

「これぞ深海魚 先生の真骨頂だ!!」

『好きになるまで傷つけて』の見どころ

『恥ずかしいので、また今夜』『ない嫁シリーズ』で大ブレイクした深海魚 先生の新連載が安定の面白さを発揮しています!

サイト主のまるしーは、『ない嫁シリーズ』でズバッと心を射抜かれてしまった人間の一人なのですが、

今回紹介する『好きになるまで傷つけて』を読んで、2本目の矢を射抜かれてしまいました(汗)

ストーリー構成は実に読者を惹きつけるよくできた設計で、

さらに登場人物のキャラが相変わらず秀逸であり、その特性ごとにバランスよく配置されています。

それに…何といっても深海魚 先生と言えば、

イケメンを描かれたら右に出るものがいないくらい今回も素敵なメンズを描かれます♪

『ストーリー×キャラ×絵柄』その全てにおいて高水準の作品は、

世の中に数多あるコミックの中でそう多くはありません!

「その1作がこの作品だと思って頂いていいでしょう♪」

こういう本当に面白い作品は、ごちゃごちゃ細かいことを言わず、

「読んでみろ!!」

とだけ人に伝えるのが一番なんですが、

しいて『好きになるまで傷つけて』の見どころを上げるとしたら、

ヒロインとクズ社長との心をくすぐられるギリギリで悩ましいやり取りですね。

お互いすでに惹かれ合っているのに、スタートの出会いが異質過ぎて、

なかなか通常の恋愛モードに入ってゆけないもどかしさがなんともじれったくて口惜しいのです(汗)

そしてその展開こそがこの作品の見どころであり”見せ場”でもあるわけで、

なんか・・・

面白い作品に出合うとどんどん文章が先走ってしまって、ストーリーの全部をネタバレしちゃいそうになるので、

ここまでで『見どころ』の案内は終わらせていただきます。

なんとか自分のはやる気持ちを抑えて素敵な作品はなるべくそのニュアンスだけを伝えるだけにして、

このブログを読んでくださったユーザーさんに思う存分本編を楽しんで欲しいので、

いくつになってもコミックばっかり読んでるオバサンの余計なキモい解説はここまでにしておきます・・・(笑)

 

『好きになるまで傷つけて』の立ち読み♪

↓↓↓コチラ↓↓↓

>>>BookLive!
サイト内で『すきになるまで』と検索してください♪

 

好きになるまで傷つけて【ネタバレ全話】

1話:理想と現実

ドラマチックなじゃなくても、穏やかに一生添い遂げられる男性と恋愛したいという理想を持っている主人公の原田栞里(はらだしおり)は、

その真面目でキッチリとした性格ゆえか、特にルックスは悪くないのに、

なぜか社会人になってからも恋愛経験ゼロで異性との関係をこじらせまくっている(汗)

ただ・・・

「そんなに男性への理想は高くないはずなのに~」

と思っている栞里の理想は、今の時代ではかなり難しいものになっているのだ。

”年を取るまで穏やかに添い遂げたい”という大正ロマンのような考え方では、

この令和の時代ではなかなか難しい恋愛と言えるだろう(汗)

そんなちょっと古臭い理想の男性を求めていまだにバージンを守り続けている栞里は、

ある日、会社で奥さん一筋だと社内でも評判だった愛妻家の男性社員の不倫現場を目の当たりにしてしまい、

男性の”理想と現実を”まざまざと見せつけられてしまったのです!!

それでついに栞里はこの歳でグレてしまう(汗)

「もう幻想なんか抱かない!」

「まずは男の数をこなして恋愛経験値を上げるんだ!」

明らかに間違った思考に走った栞里は、今のお堅い系の会社を退職し、

ストレートだった黒髪を金髪で毛先クルクルに変え、

いかにも”遊んでますオーラ”全開のギャルに大変身しちゃうんです(汗)

さらに…

彼女は現在急成長している若いイケメンの社長が経営する会社の面接を受け、

その席で、いかにも世の中の汚いものは全部知ってます的な表現で、

社長以下他の面接官を引かせるくらいの堂々とした態度で演説ぶちかましたのです。

傍目にはキャバクラの姉ちゃんが勘違いして面接を受けに来たという感じに映ったそんな栞里の面接だったが、

なんと・・・

そんな暴走した栞里にイケメン社長の冴島遙樹(さえじまはるき)が面接終わりで自ら声をかけてきて、

「原田さん…オレを救ってくれないか?」

と救いを求めてきた。

えっ!?…どういうこと?

予想外の展開に気が動転してしまった栞里でしたが、

そのあと社長室で冴島の話をよく聞いてみると、

彼いわく、女にもてたいという一心で会社を興したのはいいが、

会社が成長してゆくほど遊ぶ時間もなく忙しく働いて、

本来の目的だった女性と楽しく過ごせる夢がまったくかなっていないんだと愚痴をこぼしまくりで、

なぜ栞里に声をかけたかというと、見るからにやさぐれている栞里なら、

そんな冴島の不純でクズなストレスを理解してもらえると思ったからだ。

そしてその時、

栞里もまた、このクズエロな社長ならば自分を弄んでボロボロにしてくれるに違いないと考えたのです。

恐らくどちらもケースは違えど、かなりメンタルがヤバい方向に向いているのだろう。

二人はお互いに救世主と出会ったかのように見つめ合い、

そのあとガッシリと握手を交わしてお互いの目的を共有したのです(汗)

翌日から栞里は冴島の秘書として、殺人的スケジュールに追い回される彼の欲望のはけ口として、

さらに…他の場所でも溜まりに溜まっ冴島の性欲を発散できるマネージングをしてゆくことになったのですが・・・

2話:お手並み拝見

見た目はギャルだけど、中身は真面目でいまだに処女だということを冴島に気づかれた栞里は、

冴島から仕事のスキルは高いから秘書としてのポジションではなく、

総務の人間としてちゃんと働いて欲しいと打診される。

しかし・・・

男へ期待することを諦め、冴島に弄ばれたいと願う栞里は、

「私はボロボロになりたいんです!!」

「セフレでも秘書でも何でもやります!!」

と…やけっぱちな表現で冴島に訴えかけます(汗)

そんな栞里の迫力にさすがの冴島もたじろでしまうのですが、

その時でした。

「冴島っ!!」

二人が明らかにおかしなやり取りをしているところへ割って入ってきた男が!!

彼は冴島にとって重要なパートナーである執行役員の東堂 総務係長である。

その東堂が自分の知らない間に”ヤリ目的”のギャル秘書を採用したと聞いて怒鳴り込んできたのです(汗)

この会社は冴島と東堂の両輪で回っているような会社だから、東堂は絶大な権限を持っているのです。

さらに…

キャバ嬢のような恰好をした栞里を見て「対外的に見栄えが悪すぎる」と苦言を呈する東堂。

だが・・・

それまで冴島と東堂のやり取りをだまって聞いていた栞里は、

東堂に向かって、

「私に試用期間を与えてください!!」

と…言って冴島のエロ系問題をみごと解決してみせると言ってのけたのです。

すると・・・

どうせおバカなギャルが冴島の秘書なんて務まるわけがないと考えた東堂は、

お手並み拝見とばかりに栞里へ一週間の猶予を与えました。

翌日から栞里は殺人的スケジュールのもとで仕事をする冴島の秘書として、

慌ただしくも取引先からのエロ誘惑が多い現場に同行することとなるのですが、

なんせそこは処女の栞里が対応しにくいレベルな際どい会話や設定が乱発していて、

とても処女で恋愛耐性ゼロの栞里が対応できる現場ではありませんでした。

見た目は派手なギャル秘書だけど、中身は処女で純粋なマジメ秘書なのです(汗)

だが・・・

意外なことにそんな栞里をいちいち冴島がフォローしてくれたのです。

そして・・・

なんとか秘書として一週間の使用期間を終えた栞里は、

栞里をやめさせようとする東堂に対し、「社長命令だ!」と言い放って、

あの日、冴島が栞里に提案していた通り、彼女を総務部に所属させるのです。

この時、

東堂は会社を興してから初めて自分の言い分を通した冴島に驚きの表情を見せた・・・

3話:油断大敵

妹に転職デビューとからかわれながらも、

なんとか女好きなロクデナシ社長のもとで恋愛武者修行に励むチャンスに恵まれた栞里でしたが、

肝心の冴島から栞里はエロの対象外だと言われてしまう(汗)

それに…栞里が冴島の秘書として働くことを渋々受け入れた東堂からは、

冴島が暮らしている豪華なホテルの部屋を教えられ、

今後はプライベートな部分も含め、本腰を入れて冴島の暴走を止めなければいけなくなった。

要するに”見張り役”だ。

当初は冴島から身も心もボロボロにされたくて彼の秘書になったわけが、

結果的にちゃんとした有能な秘書としての役割を背負わされることになってしまったのだ(汗)

しかし・・・

本来は真面目で仕事熱心な性格の栞里は、まさに殺人的スケジュールで仕事をこなしてゆく冴島の秘書として、

数日後にはメキメキと秘書の能力を開花させ、

周りのスタッフからキャバクラ秘書とバカにされていた状況から一変して、

見た目は派手だけど実はちゃんと仕事ができる秘書なんだという評価を受け始めるのです。

さらに・・・

そんな栞里の働きっぷりに、「どうせすぐに音を上げるだろう」と予想していた東堂さえも驚いていた!

ただ・・・

中身は優秀な秘書でも、見た目は派手なキャバクラ嬢スタイルの栞里は、

冴島が仕事をする取引先のスタッフからは軽い女だと思われて露骨に口説かれてしまう(汗)

そしてそんな誘いをうまく対応できないでいるのだ。

だがそんな時は、す~っと冴島が現れて栞里をガードしてくれるのですが、

彼からは「油断大敵!」だと注意される始末で、

なんだかここ数日間のうちに栞里が思い描いていた最初の目的とはまったく異なる状況になってしました。

しかも・・・

この頃になると栞里の気持ちにも少し変化が表れ始め、

なにかと自分を気遣ってくれる冴島に対してほのかな恋心のような感情も芽生えてくるのです。

そして・・・

そんな感情を同じように冴島も抱き始めていた・・・

4話:警戒せよ

ついに殺人的スケジュールで働く冴島に、ほぼ丸一日の休みを確保することに成功した栞里だったが、

その達成感とは裏腹に心の中はモヤモヤした気持ちでいっぱいでした。

その結果…会社で残業中に寝落ちしてしまった栞里は、

休日に冴島が何をしているのか気になってしょうがない(汗)

かたや冴島も栞里に女遊びをする時間が欲しいと訴えていながら、

いざ…栞里からその時間を確保してもらったら、

結果・・・

女遊びをするわけではなく、愛車で一晩中ドライブしていただけだった。

そう・・・

冴島も今や栞里のことが気になってしょうがないのだ。

さらに冴島は今度また休みを取ってくれたらドライブに連れて行ってやると、

栞里にデートへ誘う始末でした。

あれだけ女遊びがしたいと言っていたのに・・・

冴島の口から飛び出したまさかのセリフに、栞里は思わず胸をドキドキさせてしまう・・・

そんな中、栞里の仕事スキルを高く評価した東堂から、

冴島の秘書として正式に仕事を引き継ぎたいと言われ、

東堂が管理していた重要な仕事の一部も連携することを望まれた栞里。

{あの厳しい東堂さんが私を認めてくれた♪}

当初の会社に入った目的とはだいぶかけ離れている現状だったが、

厳しい上司から自分の仕事を認められたことに大きな喜びを感じる栞里でした。

だけど・・・

仕事の能力を評価させて喜んでいる栞里に対し、

まだまだ冴島に対して甘い対応の栞里に「警戒せよ」と釘を刺す東堂でした。

その後、正式に冴島の秘書となった栞里はこれまで以上に全力で冴島のスケジュール管理に励み、

オマケに東堂が管理していた仕事までカバーするようになってゆきました。

そんなある日のこと、東堂から福岡出張に同行して欲しいと頼まれた栞里は、

「いーんじゃね?」

と…ふてくされ顔の冴島を残して東堂と出張に向かう事となったが・・・

5話:ドライブデート

「出張には行かせない…仕事でトラブったんだよ」

そう言って、

東堂と栞里が搭乗ゲートを通過する目前で空港までやって来た冴島が栞里をかっさらった(汗)

東堂は冴島と栞里が去ってゆく後姿を苦々しい表情で見送って福岡へは一人で向かったのだが、

あとで分ったことだが、冴島のトラブったという口実はウソの理由で、

わざと栞里を東堂との出張へ行かせなかったのです(汗)

さらに・・・

冴島はこの前は行けなかった栞里とのドライブデートをこの機会に実行したのです。

すると…

なんだかんだ言って自分をかまってくる冴島に栞里はますます心が惹かれてゆくのです。

その後、

冴島とのドライブデートを終え、会社に戻って来た栞里は、

プロジェクトリーダーの江川に中途採用のメンバーばかりで集まる飲み会に誘われます。

ただ・・・

栞里は冴島の秘書で非常に忙しく、かつ冴島のお気に入り秘書でもあると分かっているので、

江川は栞里はとうぜん参加しないだろうという前提で声をかけてくれたのですが、

「ぜひ…参加させてください!」

と…意外にも栞里は超前向きな様子で飲み会への参加を熱望してきたのです!

その反応に驚く江川(汗)

ただ・・・

栞里としては、なんとか冴島に惹かれてゆく自分の気持ちをよそへかわそうという目的だったのだ・・・

それから後日…

出張から戻ってきた東堂と冴島が栞里の存在を巡って口論となりました。

栞里への態度が明らかに秘書に対するモノではなくなってきた冴島に、

彼女を好きになったのなら、秘書という会社の重要なポジションではなく、

ちゃんとカノジョとして付き合える気楽な仕事をさせて、仕事に恋愛を持ち込むなと忠告するのです。

さらに…

「結局…一時のもんだろ?」

と…すぐに栞里には飽きてしまうだろう指摘する東堂に、

ムカッときた冴島は、

「ふざけんなよえらそーに!」

と…珍しく本気で東堂に反論して「何が悪い」と怒りを露わにしたのです(汗)

ここまで二人の仲が険悪になるのは非常に珍しい現象でした。

そしてその頃…

栞里は江川に声をかけ、飲み会の日程はいつになったのかを必死の形相で聞いているのでした・・・

 

『好きになるまで傷つけて』の立ち読み♪

↓↓↓コチラ↓↓↓

>>>BookLive!
サイト内で『すきになるまで』と検索してください♪

『好きになるまで傷つけて』の感想

なんか…

クズ社長設定の冴島が全然クズではないではないか!!

彼はすごく優しいし仕事にも忠実で今のところ人としてクズな部分が見つからない(汗)

「ちょっとキャラ設定に妙な手心が加わっているのか?」

それとももし秘書が栞里ではなかったら、宣言通りに秘書を自分の欲望のオモチャにしていたのか?

今となってはその真偽はなぞのままだな・・・

もともとそこまでクズ社長じゃなさそうだけど、この後の展開で彼のクズ行動が現れるのだろうか?

期待して待っていよう♪

あと・・・

ヒロインの栞里のグレっぷりがグダグダで実に笑えますね。

想像でギャルになってみたのはいいけれど、ピアスの穴をあけてないし、

ネイルもナチュラルなままだからちゃんと見たらまったく本物のギャルには見えない(笑)

そもそも面接後の立ち振る舞いが普通に有能なOLにしか思えないのだ。

そりゃ~勘の鋭い冴島が見たらすぐにウソのギャルだとバレてしまうだろう(笑)

でも・・・

その無理してる感が冴島にとってはかなりのツボなわけで、この作品の大きな”見どころ”でもある。

現にそんな純粋できちっとした性格の栞里にまるしーは好感を抱いているし、

冴島が自分の宝物のように外部の男たちから栞里を守ろうとする気持ちがよくわかる。

恐らく今後は、冴島と正反対な性格のパートナーである東堂(とうどう)とトライアングルな展開になってゆくんだろうけど、

ストーリーの持ってゆきかたや、登場人物のキャラ設定が万全な形なので、

ほぼ確実に最終話まで楽しく読み進めてゆけそうです。

「面白い作品に出会った♪」

三度の飯よりマンガ好きなまるしーにとってこれほど嬉しい瞬間はない!

ありがとう『好きになるまで傷つけて』

ありがとう深海魚 先生…♪

なにか書きたいことができたら随時追記させて頂きます。

無料試し読み

今、紹介した

『好きになるまで傷つけて』は、

電子コミックサイトの
ブックライブ(BookLive!)先行配信中漫画なんです~♪

このコミックサイトはサイト主のまるしーもよく利用するお店で、

何と言っても面倒な会員登録なしで、いろんな漫画が立ち読みできちゃうのが最大の魅力です♪

たくさん試し読みをして気に入ったコミックが見つかったら、

その時に初めて無料の会員登録をして買っちゃえばいいんです♪

最新のコミックから名作までいろんな作品が無料試し読みできるので、

漫画好きならヘビロテで利用すべきだと思います♪

 

『好きになるまで傷つけて』の試し読み♪

↓↓↓コチラ↓↓↓
>>>BookLive!
サイト検索窓に『タイトル』と打ち込んでください♪