娘が初めて「ママ」と呼んだのは、夫の不倫相手でした【ネタバレ全話】これはもやは立派なホラーだ!

読み始めはよくあるクズ夫のゲス不倫モノ。

だけど中盤からは鳥肌もののホラー!

そして…後半からエンディングに至っては、涙なしでは読めないサスペンス・ヒューマンだった…

国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】

著者:リナ / 釈氏とおる

『娘が初めて「ママ」と呼んだのは、夫の不倫相手でした』

こんな理不尽が許されていいものだろうか?

Instagramから火がつき、文春オンラインでも特集されたサレ妻の復讐劇がついに解禁!!

「怖い!切ない!そして…実に腹立たしい!」

『娘が初めて「ママ」と呼んだのは、夫の不倫相手でした』の見どころ

今回紹介する作品は、昨今では当たり前になったSNSから人気が出た実録モノの女性マンガで、

まず、『娘が初めて「ママ」と呼んだのは、夫の不倫相手でした』というタイトルがかなりパンチが利いてますが、

さらに内容を読むともっと衝撃的なストーリーが描かれております。

年間数百種類の電子コミックを読んでいるサイト主のまるしーでも、

ここまで鳥肌が立って心が震えた作品は珍しいです。

「とりあえず衝撃具合では間違いなく今年№1の作品でした!」

冒頭はよくある夫の不倫発覚からスタートする物語なんですけど、

途中から実話でないとウソ臭くて描けないほどのホラーで信じられない展開に入ってゆきます(汗)

これがフィクションだったら被害者であり夫に不倫された妻以外のキャストがモンスター過ぎるのです!

それほど常識では考えられない理不尽な出来事が満載で、

途中からほんとホラー漫画を読んでいるような感覚に陥ってしまう衝撃度フルパワーなエッセイ漫画なのです。

さて・・・

そこで本作『娘が初めて「ママ」と呼んだのは、夫の不倫相手でした』の見どころですが、

本音を言えば物語の全てが見どころと言いたくなるほど衝撃的な内容ですが、

特に凄いところは、妻に降りかかった信じられない災難の数々です(汗)

それは読んでいる途中何度も「えっ!?」という驚きの声を上げたほどのビックリ展開だ。

それが全145ページ14話からなる物語の中にちりばめられております(汗)

そして・・・

この作品を読み終えた後にまるしーが思ったことは、

「奥さんが生きてて本当によかった」ということだ・・・

 

『娘が初めて「ママ」と呼んだのは、夫の不倫相手でした』の立ち読み♪

↓↓↓コチラ↓↓↓

>>>コミックシーモア

 

娘が初めて「ママ」と呼んだのは、夫の不倫相手でした【ネタバレ全話】これはもやは立派なホラーだ!

1話:「えっ!?どういうこと?」

主人公は、辛い不妊治療を経てようやくリンという一人娘を授かった専業主婦のリナという28歳の主婦です。

この物語は、会社員の夫であるナオキが不倫していることにリナが気づいたところからスタートします。

ある日、夫がベットの下に隠していたタブレットから不倫の証拠を見つけてしまったリナ(汗)

しかもである。

ヒナという名前の不倫相手の女は、最愛の娘であるリンを母親のように抱いていたのです!

「えっ!?どういうこと?」

その画像を見つけたリナはガタガタと体が震え、

幸せな家族の暮らしが壊れてゆく悲しみで涙が止まりませんでした・・・

2話:不貞の証拠

夫の浮気に泣いてばかりはいられないと気持ちを奮い立たせ、

夫と不倫相手の決定的な証拠を集めることを決意したリナは、

あくまでもナオキの前では平静を装い、夫を泳がして注意深く観察したのです。

なぜならば、リナが弁護士について調べたところ、かなり費用が高くつくことが分かったし、

夫と相手方からちゃんと慰謝料を取るためには動かざる不貞の証拠を集めなければならないと思ったからだ。

ここからリナの長く険しい孤独な闘いが始まる!

3話:姿を現したヒナ

この日、娘のリンを実家の母親に預けたリナは、

予め夫のタブレットで交わされたLINEのやり取りを確認し、

ナオキとヒナがデートをする事を知った上で、2人を尾行することにしたのです。

そして・・・

ついに姿を現したヒナ!

な…なんと…ヒナは若くてカワイイ女性だったのです(汗)

なぜ…このレベルの女性が妻子持ちのナオキと不倫なんか・・・?

今すぐにでも二人の前に飛び出してぶん殴ってやりたい衝動を必死で押し殺して尾行を続けるリナ。

結果…二人はちゃっかりラブホテルへと入ってゆきました。

証拠取り完了である。

その後…

明け方過ぎに帰宅したナオキは何食わぬ顔をしてリナに話しかけてきましたが、

すでに怒りが頂点に達しているリナは、思わずナオキとヒナのデートコースに自分もいたことをほのめかしてしまうのです(汗)

4話:トラップ

ちょっと怒りが先走り過ぎて危うくナオキに尾行してたことを気づかれそうになったが、

夫と不倫相手がリナのことを鈍い女だと思っていたことで、

なんとか夫にはリナが不倫に気づいていることを悟られずに済みました。

その後、そろそろ決定的な浮気の証拠を掴みたいと考えたリナは、

ナオキとヒナにあるトラップを仕掛けます。

それは…

”実家に泊まってきますトラップだ!”

そうするればバカな夫ならホテル代をケチって家にヒナを連れてくるだろうと推測したのです。

その結果・・・

まんまとナオキとヒナは家でことに及びました。

タンスに隠れてその光景をスマホで撮影していたリナは、

二人が一通りの行為を終えたところで、

「どうも嫁デース!」

と…怒りモードで飛び出してゆきます。

まさに決定的な場面を抑えられてしまったナオキとヒナは・・・?

5話:ホラーな展開

「お願いです離婚はしたくないです!」

決定的瞬間をリナに押さえられたことでナオキはあっさりと降伏宣言したのですが、

不倫相手のヒナからは、

「娘さんと旦那さんは私が引き受けます」

と…とんでもない異次元発言が飛び出してきたのです(汗)

この期に及んでこの発言にはさすがのナオキも恐怖を覚えたらしく、

いつしか3人の構図はリナとナオキ VS ヒナという形になっており、

事態はわけのわからないホラーな展開へ突入してゆくのです・・・

6話:ヒナの正体

ヒナがとんでもないモンスターだったことが発覚し、

さらに不貞の動かざる証拠を掴んだリナはついに弁護士事務所を探し始めました。

だけど…なかなかリナの意向に沿う弁護士が見つからず困っていたところ、

ある時、学生時代からの友人・ハルナに相談したところ、

なんと…

信じられない人の繋がりが発覚するのです!

偶然にもハルナの友人がヒナのことを知っていて、

しかも・・・

そのカナというハルナの知人は、過去にヒナから夫を奪われた被害者だったのです!!

とんでもないヒナの正体に衝撃を受けるリナは・・・

7話:和解したフリ

ヒナがまさかこれほどサイコパスなモンスター女だったとは・・・!

ヒナの恐るべき正体を知ったリナは、彼女から慰謝料を請求するのはかなり困難だと推測し、

ひとまずナオキとの離婚交渉は後に回し、リナを追い詰めるための行動に着手したのです。

その方法とは…

夫婦が円満であることを証明することでした。

リナは悔しさと怒りを押し殺して夫のナオキと表面上で和解したフリを演じたのです。

なんと…

その際には一度だけこのクズ夫にリナは抱かれたのです(汗)

そうまでして録音した円満な夫婦の様子は、なんとかヒナを追い詰める有力な武器となりました。

それはまさにリナの女として、母親としての執念でした。

8話:強力な証拠

自らの心と体を犠牲にして夫との円満夫婦を演じたリナだったが、

弁護士からはサイコパスなヒナを追い詰めるにはもう少しヒナの悪質性を証明しなければならないと助言される。

すると次にリナは、過去に夫をヒナに寝取られたカナに連絡を取り、

カナからヒナの悪質極まる過去の証言を教えてもらうことに成功するのです。

それは・・・わざと精神科の医師にうつ病の診断をしてもらったというヒナのメールコメントでした。

こうして新たに強力な証拠を掴んだリナは、弁護士にヒナへの慰謝料請求の通知を送ってもらい、

家に帰って夫のナオキに離婚を突きつけました。

9話:義母もモンスター

妻との関係は修復されたものと安心していたナオキは、トツゼンのリナからの離婚請求に腰を抜かした!

しかも・・・

二度とヒナに会わないと言っていたにも関わらず、その後も関係が続いていたことをリナに指摘されたナオキは、

そこから無茶苦茶な言い訳を繰り返すばかりでらちがあかない。

すると・・・

今度はとんでもない方向からリナを攻撃する人物が現れたのです(汗)

それは・・・

ナオキの母親・義母である!

義母はトツゼン家にやって来ると、

「浮気ぐらい目をつむりなさい!」

と…まさか一家の主婦とは思えない言葉でリナを口撃してきたのです(汗)

そう・・・

この義母もモンスターだった…

10話:ヒナからの手紙

義母からの執拗な説得を何とか交わし、ナオキとの離婚話を前に進めていたリナでしたが、

そんなある日、家のポストに差出人も宛名も書いていない封筒が届きます。

中身を見て見ると、

なんと…

ヒナからの手紙でした!

そこにはリナから慰謝料請求の通知が届いたことと、

ナオキには自分以外につき合っている女がいるという衝撃の言葉が書いてあったのです(汗)

しかもです。

そのあとリナが意を決してヒナに電話をかけてみたところ、

ヒナが手紙に書いてあった自分以外につき合っている女とは、

ヒナから慰謝料請求するための材料を提供してくれたカナだったのです!!

11話:もう一人のサイコパス登場

リナがカナと会って真偽を確かめてみると、カナはあっさりとナオキとの関係を認めました。

もう一人のサイコパス登場である。

すでにヒナと同じようなふてぶてしい態度になっているカナは、

ヒナに負けず劣らずなモンスターっぷりを爆発させ、

結局…このあとは何を言ってもらちがあかず、最後はナオキも入れて3人で話し合いをするも、

カナがヒナと全く同じ手が付けられないサイコパス状態となった(汗)

その結果…リナはヒナ・カナ・夫のナオキ・ナオキの母親の4人を相手に孤独な闘いを強いられることとなったのです(汗)

そして・・・

その大きな疲労は次第にリナの心と体を蝕んでゆき・・・

12話:離婚後の親権

大量の睡眠薬を飲んで自殺をはかったリナは、寸前のところで実の母親に発見されて一命をとりとめました(汗)

4人のモンスターたちによって命まで奪われそうになったリナでしたが、

その後なんとか気力を回復して、リナから100万円の慰謝料を取り、

離婚後の親権を夫に渡さないために仕事を見つけるのです。

しかし・・・

せっかく働き出した職場でリナの容姿が問題となって会社に居づらくなってしまうのです(汗)

なぜか?

リナは一連の離婚騒動が原因でミイラのようにやせ細っていたのです。

そして・・・

そんなリナの容姿を気持ち悪がった周りの社員たちが、リナに仕事を教えるのを嫌がったわけで、・・・(汗)

13話:シングルマザー

結局…会社に退職届を叩きつけて仕事を辞めたリナでしたが、

幸いすぐに次の仕事を見つけて、次の職場では優しく迎えられました。

これでなんとかナオキとの離婚準備が整ったリナは、

最後の大仕事となるナオキとの対決に挑みます。

案の定まだ離婚届を書いていなかったナオキに力ずくでサインをさせると、

すぐに役所へ提出して晴れてシングルマザーとなりました。

その後、一時的に身を寄せていた実家からボロアパートに引っ越したリナは、

ついに新たな娘との生活をスタートさせたのです。

最終話:もう一波乱

ナオキとの離婚から数年がたち、娘のリンが保育園に通い始めた頃、

あのクズ夫がリンの保育園に突然現れたのです!

最後にもう一波乱が待っていたのです!

平穏だった母娘の生活はまたクズ夫に脅かされることに・・・(汗)

リナはまだ幼い娘との平穏な暮らしを守るために再びクズ夫と一戦を交えることとなりました。

そして・・・

最後の結末はなんとかハッピーエンドの形で幕が閉じます。

 

『娘が初めて「ママ」と呼んだのは、夫の不倫相手でした』の立ち読み♪

↓↓↓コチラ↓↓↓

>>>コミックシーモア

国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】

『娘が初めて「ママ」と呼んだのは、夫の不倫相手でした』の感想

最初はキャッチーなタイトルに惹かれて、発売前の無料試し読みを読んでみた本作ですが、

どうしても無料試し読み以降の展開が気になって、

本作が配信スタートしたと同時に課金して読んだのですが、

結果…最初に想像していた内容を遥かに超えた衝撃のストーリーでした。

「これ…実話なんですよね!」

もう~とにかく主人公の奥さんが気の毒で気の毒でしょうがなかった(泣)

どうしてココまで理不尽な思いをしなければならないのか!?

「この世に神様はいないのか!?」

途中からずっとそんなことを考えながら読んでいました。

サイト主のまるしーも主婦の立場なので、

ヒナやカナみたいなモンスター女たちへの苛立ちと怒りが爆発しまくりです!

なんたって一度は奥さんが自殺まではかってるんです(汗)

「ある意味で殺人未遂です。」

こんな酷い話はない。

特に後半で今まで協力してくれたカナがもう一人の不倫相手だと分かった時、

実話の凄さを思い知りました。

「こんな異次元の展開はフィクションではまず考えられない!」

あんなことが発覚したらまず普通の人は正常でいられるはずがない。

だから…

思わずリナさんが睡眠薬を大量に服用した気持がよく判ります。

自分以外はみんなサイコパスな人間ばかりで、まったく常識や理屈が通じないんだもの(汗)

ただ・・・

もう少し早くリナさんも母親を頼っていたら、救急車で運ばれることはなかったろうに・・・

こういう人は身内にもなかなか頼らずに一人で頑張ろうとするんですよね~(汗)

そこに付け込むクズ夫のナオキが殺したいほど憎らしい!

あの4人は絶対に地獄へ落ちろ!

二度と生まれ変わるな!

ホントに腹立たしい!

ただ・・・

救いは、

リナさんの命が助かってよかったということだ。

これから可愛いリンちゃんと平穏で幸せな人生を送って欲しいな~♪

「この作品には2回も号泣させられました」

無料試し読み

今、紹介した

『娘が初めて「ママ」と呼んだのは、夫の不倫相手でした』は、

テレビCMでもお馴染みの電子書籍のコミックシーモア絶賛配信中コミックでございます♪

コチラのお店はサイト主のまるしーもよく利用するお店で、

何と言っても面倒な会員登録しなくても、いろんな漫画が立ち読みできちゃうのがありがたいです♪

ひとしきり興味があるコミックを試し読みしたあとに続きが読みたい作品に出合ったら、

その時に初めて無料の会員登録をして課金すればいいだけです♪

会員種別も月額ポイント制その都度購入の嬉しい2コースが用意されています。

商品のラインナップは最新のコミックから不朽の名作までバランスよく取り扱っていますし、

漫画以外にも小説、雑誌など広範囲に商品が取り揃えられています♪

なので・・・

漫画や雑誌をスマホやタブレットで読んでいる方なら会員になっていて損はないお店だと思いますよ~♪

 

『娘が初めて「ママ」と呼んだのは、夫の不倫相手でした』の試し読み♪

↓↓↓コチラ↓↓↓

>>>コミックシーモア

この作品を読んだ人におススメの作品♪

夫が娘の名前で不倫していました【ネタバレ全話】やり切った妻に拍手喝采!

旦那がマッチングアプリでやりとりしてる相手は嫁です【ネタバレ】切なくも笑える究極ドキュメント!