恋するほろ酔いうさぎ【ネタバレ全話】イケメン二人にイジリ構われて!

気合が入るとウサギみたいに”ピョン”と跳ねちゃう天然系OL!

女性なら誰でも一度は憧れる癒し系キャラが、

その無自覚なモテっぷりを縦横無尽に発揮しちゃうトライアングルなお仕事系ラブストーリー♪


イケメン二人にイジリ構われて!

国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】
著者:晴日青/なかはら・ももた

『恋するほろ酔いうさぎ』

見てるとイライラしちゃうけどすごく気になる(汗)

あざとくて腹が立つけど羨ましくてついつい見ちゃう!

世の女子たちが一番大好きなストーリーが実はこんなやつなんです(笑)

『恋するほろ酔いうさぎ』の見どころ

今回紹介する『恋するほろ酔いうさぎ』は、

28歳の天然系ふんわりあざとOLが主人公のトライアングル・ラブストーリーです♪

いわゆる”三角関係”のオフィスラブ漫画ですね(汗)

世の中には男女の三角関係を描いた作品は山ほどありますが、

この作品もそのうちの一作だと思っていただいて結構です。

イケメンの上司と少し先輩のイケメン男性二人からモーレツに求愛されるOLのよくあるシンデレラ設定なので、

ハッキリ言ってまったく珍しい要素や新しいシュチュエーションは今のところ見当たりません(汗)

もっと言えば、最近サイト主のまるしーが、色々と文句を言いながら読み続けている、

秋風きのこ 先生の『ショート・キス・ケーキ』という作品にフォーマットがよく似てる(汗)

でも・・・

まるしーはこういうベタで現実にはあり得ないトライアングル・ラブな作品が大好物なようです(笑)

作品を読みながら「ありえない~!」とか、

「ウソ臭い!!」とか、文句ばっかり言ってるわりには、気づいたら最終回までキッチリ課金しちゃってるんです!

「本質の部分でこんなストーリーが好きなんだろうな~」

今回もやっぱり作品紹介文を読んですぐに買っちゃいました(汗)

読んでみたらやっぱりよくあるオフィスの三角関係ラブな話で、

取り立てて”ここがスゴイ”という設定や、見たこともないキャラの登場とかもない!

ただただ普通にあざとキャラのしOLがイケメンにモテまくるオフィス・シンデレラストーリーだ(汗)

なので…

この『恋するほろ酔いうさぎ』の見どころは、

そのやりつくされた”王道設定”の安心感と気持ちよさ感ですね♪

単純にイケメン二人から求愛されている普通の女子を見てるのが、癪ではあるが”気持ちいい”という感覚だ。

「これって…ある種類の女性にしか分からない感覚なのだろうか?」

妬ましいけど憧れちゃう!

羨ましいけど毒づいちゃう!

そして・・・

毎回のようにヒロインをけなしまくるけど、気づいたら次の更新日にはしっかり課金しちゃってる(笑)

「簡単に説明するとそんなラブコメですね♪」

なので…

見たこともないようなドロ沼トライアングル・ラブを所望の読者様には決して無理にとはお勧めしません(汗)

お好きな方だけ楽しんでくださいという作品です。

「これ…本音です♪」

 

『恋するほろ酔いうさぎ』の立ち読み♪

↓↓↓コチラ↓↓↓

>>>コミックシーモア

 

恋するほろ酔いうさぎ【ネタバレ全話】イケメン二人にイジリ構われて!

1話:”ぴょんっ”

この物語の主人公は、ヒロインであるOL・石神紗也(いしがみさや)28歳が、

ラブホテルのベットで目覚めるシーンからスタートします。

これまで家族の愛情を一身に受けて大切に育てられた紗也は、

28歳という立派な結婚適齢期になった今でもどこか子供っぽくて頼りない。

しかも…この歳に至るまでちゃんとした大人の恋も経験したことがなくまるで中身は女子高生のようにピュアだ。

いや…女子高生の方が擦れているはずだ(笑)

そんな彼女がある朝目覚めたら、イケメンだけどクールで会社の部下から恐れられている(すが)課長と、

なぜかホテルのベットで一緒に寝ていたのです!

一体なにが起こったというのか?

まず…結論から言うとその日、紗也が菅課長と外回りの営業に出かけた際に、

紗也が酒が弱いという会話となり、それならば今後は接待で取引先とお酒を飲む機会があるだろうと、

菅課長が紗也にお酒を飲む訓練をしてくれたわけです。

以前から菅課長が行ってみたかった雰囲気のイイお店で、

自分で選んだ日本酒を飲んだ紗也は、他の社員たちは「怖い」と恐れているが、

紗也からするとまったく怖くない上司である菅に全面的な信頼を抱いており、

大いにリラックスしてお酒を飲んだわけです。

その後…弱いお酒を限界まで飲んだあげく、キッチリと酔いつぶれてしまった紗也(汗)

「大丈夫か~?」

と…菅が心配して紗也に声をかけるが、

「はい~だいじょうぶですよ~♪」

という絶対に大丈夫ではない紗也が、

その瞬間…路上に食べたものを全部吐いてその場に動かなくなった(汗)

そして…現在に至るという分かりやすい展開だ!

ただ・・・

この物語は主人公の紗也をめぐる三角関係の恋愛バトルなお話なので、

もう一人、営業部で常にトップの成績を上げている社内一のモテ男、

イケメン井之川翔太(いのかわしょうた)からも紗也は想いを寄せられていることを紹介しておきましょう♪

井之川はオラオラ男子系なので、紗也を自分のオモチャみたいにイジリ倒して絡んでいるが、

明らかに紗也をに気があることは明白なのだ。

今後はこの菅課長と井之川が激しい愛バトルを繰り広げることになるのですが、

まぁ~第一ラウンドは、菅課長の作戦勝ちといったところでしょうか!

ちなみに、本作タイトルの『恋するほろ酔いうさぎ』の意味は、

このストーリーにはお酒が多く絡んでくることと、

主人公の紗也が気合の入った時に、なぜかウサギのように”ぴょんっ”と軽く跳ねる珍しい習性があるからです。

ここまで1話のダイジェストをお伝えしてきましたが、

本作の内容をかいつまんで表現すると、

かなりあざとくてモテ要素たっぷりな天然系ゆるふわOLの紗也が、

会社で1・2を争うイケメン男性二人から溺愛される現実味ゼロなOLシンデレラストーリーなのです♪

2話:恋のバトル勃発

{ここは…どこ?}

ラブホテルのベットで目覚めた紗也が寝ぼけまなこで当たりを見渡していると、

「どこだと思う?」

「おはよう♪」

と声がかかる。

なんと…!!

隣には上半身裸の菅課長が興味深そうにキャミソール姿の紗也を観察していた…(汗)

「キャ――ッ」

ぴょ――んっ!

天敵に見つかったウサギのように大きく跳ねながら一目散にシャワー室へと駆け込んだ紗也!

彼女は必死で昨夜の記憶を取り戻そうとする。

「まぁ~そうなるだろうな」

紗也が慌てふためいて混乱してる様子を落ち着いて見守っていた菅課長は、

今にも死にそうな表情でガクガク震えている紗也に対して、

昨夜からの状況をかいつまんで説明したあと、二人の間には何もなかったことを伝えます。

菅の話を聞いて”ホッ”と胸をなでおろした紗也でしたが、

その時…少しだけ”モヤッ”とする気持ちを覚えた。

{何もなくて少し残念!}

紗也の菅課長に抱いている信頼と尊敬の気持ちを考えるとそんなところだろう。

色々と状況を把握した紗也が、何とか落ち着きを取り戻した頃、

あまりにも酒に弱い紗也を心配した菅は、今後、誰かと酒を飲むときは「俺を呼べ!」と紗也に命令します。

「紗也は俺とだけ飲めよ!」

{名前呼び!?}

かなりドキッ!!

なんだか口説かれてるような菅課長の言葉に顔を赤らめる紗也。

二人の約束は成立する。

その後、会社で井之川から飲みに誘われた紗也は、断り切れずに誘いに応じそうになるのですが、

そこへ菅か助け舟を出して、その日は取引先との会食があるとウソをついて紗也を守ってくれるのですが、

後にその事が紗也をめぐる激しい恋バトルのきっかけとなってしまうのです(汗)

なぜならば、その日、井之川に取引先との会食だと言った手前、

二人でまた例のお酒の訓練へ行ったのですが、

運悪くその帰りに菅と紗也が二人でいるところを井之川に目撃されてしまうのです(汗)

「くそっ!」

「はじめに紗也に目をつけたのは俺だぞ!」

ほろ酔い気分で楽しそうにしている紗也と菅の姿を見てムラムラと闘志を燃やす井之川がいた。

これは…

恋のバトル勃発の狼煙が上がった瞬間だった!

3話:井之川の巻き返し

菅としっぽり飲んだ夜からの週明け、

あきらかに意味深な素振りで井之川が紗也をジッと見つめている(汗)

彼の態度がどこかおかしい!

ただ・・・

すでに2回のお酒タイムで菅の大人な魅力にハマりかけている紗也は、

もはや菅の声を聞くだけで顔があかくなってしまうほどだ(汗)

そんな紗也の様子に危機感を覚えた井之川は、すぐに行動を起こしました!

その日…会社の昼休憩で紗也をランチに誘い、食事中にいろいろと尋問したあとに、

まだ紗也と菅がつき合ってないことを知るや、速攻で告りました。

「好きだ!」

「紗也も俺を好きになってよ!」

思いもよらぬ井之川のマジ告白を受けて、紗也の顔は真っ赤に染めあがる。

この井之川の巻き返しはどうやら成功したようだ。

告白のあと、紗也がハッキリとした返事をしなかったことで、

自分にはまだ十分にチャンスがあると判断して紗也への意気込みを新たにした井之川がいました。

一方、

偶然にも同じタイミングで社内のイケメン二人から同時に言い寄られる形となった紗也は、

もう心の中は仕事どころの騒ぎではない状態だった(汗)

ただ・・・

菅と一緒に二人で飲みに行ったことが井之川にバレていたことで、

このまま菅に何度も飲みトレーニングにつき合ってもらっていたら、

いつか他の社員たちにもそれが見つかって菅に迷惑がかかると考えた紗也でした。

なので…

紗也はこの日の残業終わりに、

菅に対して、今後はもう二人きりで飲みに行くのはやめた方がいいのではと持ちかけたのです。

すると…

菅はまずなぜそんなことをいきなり言いだしたのかを紗也に尋ねました。

すぐに、井之川があの日の二人のことを目撃していたからだと答えた紗也。

その紗也の返答に一旦は納得した菅だったが、

そこから菅がこだわったのは、井之川に見つかったから二人の飲み会をやめようとしたのかという事でした。

菅からそんな質問をされて、さまざまな感情が錯綜した紗也でしたが、

結果的に「ちがう」と答えた。

安心する菅。

それならばと、彼は他の社員の目が気にならない場所という提案として、

「俺の家で飲むか?」

と…とんでもなく刺激的な言葉を紗也に投げかけたのです(汗)

そんな菅に対して紗也は・・・

 

『恋するほろ酔いうさぎ』の立ち読み♪

↓↓↓コチラ↓↓↓

>>>コミックシーモア

国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】

『恋するほろ酔いうさぎ』の感想まとめ

「まず第一にこの作品の絵柄が好みです♪」

あと…本作の原作を担当しているのが、WEB小説サイトではお馴染みの晴日青先生なんですよね。

晴日青先生と聞いてパッと思い浮かぶのは悪役令嬢シリーズなどの異世界ファンタジーモノや、

TL系の溺愛じゅくじゅくのラブコメディーなのですが、

今回はこれまた手堅い”王道路線”に挑戦されたもんです…(汗)

いつもはその奇想天外な世界観と分りやすいキャッチーなタイトルで、

ユーザーの関心を引き寄せてそこから晴日青ワールドに引きずる込んでゆくスタイルの先生が、

これまで見たこともないような『恋するほろ酔いうさぎ』という短いタイトルを付け、

ほぼそのタイトルからは内容のわからない作品をリリースしたわけです。

だからだろうか?

「逆に興味が湧いてくる♪」

今のところ、まるしーが一番苦手なタイプの女子が主人公で、

さらに…この世で一番苦手なタイプのイケメン先輩が三角関係の相手だということが分ってる(汗)

正直、ヒロインの紗也みたいな女は虫唾が走るほど大嫌いだ(汗)

リアルで出会っていたら口もききたくない相手なんだけど・・・

こうして漫画の主人公になっていたら妙に気になって読んでしまう不思議(汗)

結局…

「本心では紗也みたいな女子に憧れてるんだろうな~」

だって…

どんな男だって紗也みたいな女子は好きになるでしょ?

体が少し小さくて、目が大きくて、ちょっと天然で、あざとくて、ゆるふわ・・・

女としてこれ以上ない武器を全身に纏っているわけだから(汗)

まるしーみたいな女にはまるっきり太刀打ちできない”神女子”だよ!

「羨ましい!」

「妬ましい!」

読んでるだけで腹が立ってくるんだけど、その感情が一週まわってついつい楽しんじゃうこの複雑な感情(笑)

それに…

「イケメン好きだし!」

たぶん…この作品も文句ばっかり言いながら最後まで読んじゃうんだろうな~(汗)

では…

ヒロインのあざとい言動や行動に文句が言いたくなったらこのページで追記させてもらいます♪

無料試し読み

今、紹介した

『恋するほろ酔いうさぎ』は、

テレビCMでもお馴染みの電子書籍のコミックシーモア絶賛配信中コミックでございます♪

コチラのお店はサイト主のまるしーもよく利用するお店で、

何と言っても面倒な会員登録しなくても、いろんな漫画が立ち読みできちゃうのがありがたいです♪

ひとしきり興味があるコミックを試し読みしたあとに続きが読みたい作品に出合ったら、

その時に初めて無料の会員登録をして課金すればいいだけです♪

会員種別も月額ポイント制その都度購入の嬉しい2コースが用意されています。

商品のラインナップは最新のコミックから不朽の名作までバランスよく取り扱っていますし、

漫画以外にも小説、雑誌など広範囲に商品が取り揃えられています♪

なので・・・

漫画や雑誌をスマホやタブレットで読んでいる方なら会員になっていて損はないお店だと思いますよ~♪

 

『恋するほろ酔いうさぎ』の試し読み♪

↓↓↓コチラ↓↓↓

>>>コミックシーモア

この作品を読んだ人におススメな作品♪