ファザーシッター【ネタバレ2話】父親としての自覚!

とうとう娘から”知らないおじさん”と認識されてしまう鷹史!

家族から目を背け続けてきたダメ夫に訪れた最大の試練。

果たして…鷹史は最愛の娘から再び父親として認めてもらえるのか?


父親としての自覚!

『ファザーシッター ~問題パパのしつけ承ります~

2話のネタバレ♪

春美&鷹史夫婦のエピソード後編です!

陽向が家にやって来たことで、ほんの少しだけ育児を手伝うようになった夫の鷹史だったが、

根本的な面では、まだまだ父親としての自覚は生まれていませんでした(汗)

そんな彼に対して、伝説のベビーシッター・柏木陽向は、

彼が父親でいるための最後通告を突きつけます!

幼い我が子から、いつのまにか”知らないおじさん”に見られていた鷹史は、

生後8か月のカワイイ娘から、ちゃんと父親として認めてもらえるのか・・・?


1話のネタバレはコチラ♪
↓↓↓↓↓

 

『ファザーシッター』の立ち読み♪

↓↓↓コチラ↓↓↓
>>>まんが王国
サイト内で『ふぁざーしったー』と検索してください♪

 

ファザーシッター【ネタバレ2話】父親としての自覚!

伝説のベビーシッター・柏木陽向から父親としての責任を説かれたことで、

以前に比べるとほんの少しだけ育児や家事の手伝いをするようになった夫の鷹史でしたが、

相変わらず気づけばゲームをしているという状態は変わっていませんでした(汗)

例えば、春美が美由のために幼児用の室内遊具を買いたいと鷹史に相談すると、

どこか焦ったような態度で「もうちょっと考えよう」と、購入を渋るのです(汗)

{どこまで娘のことを真剣に考えているのやら…}

その日、

夫にモヤモヤした気持で春美は、まだ幼い美由の面倒を夫に任せて、

1人で銀行とスーパーへ買い物に出かけました。

すると…

春美は銀行で衝撃の事実を知ることになったのです(汗)

なんと!

鷹史は勝手にここ最近で5万円もの大金をスマホゲームに課金していたのです!

夫は、娘のために使うお金は渋るくせに、自分はくだらないゲームに家族の大切なお金を散財していたのだ!

あまりにも父親としての自覚に欠ける行動に、

とうとうブチキレた春美は、

{もう限界だ!}と…怒りを露わにするのですが、

彼女が買い物から自宅に戻ってみると、

家では狂ったように美由が泣き叫んでいたのです!

鷹史に「どうしたの!?」と尋ねてみると、

彼が目を放している隙に美由がバウンサー(赤ちゃんを寝かしつける遊具)から落っこちたと言ったのです(汗)

自分の不注意で娘を危険な目に遭わせた鷹史は、オロオロしながら何やら言い訳をしていたが、

そんな夫を一喝した春美は、すぐに鷹史に車を運転させて病院へ向かいました。

結果的に美由の体には致命的な傷は見つからなかったのですが、

改めて春美は鷹史に父親としての自覚を持つように訴えたところ、

妻に痛いところを突かれた夫は、こともあろうに逆ギレしたのです!

「俺も精一杯やってるんだ!」

もちろんそんな鷹史の言い分が春美に通るわけもなく、

ここで春美は鷹史が無断で散財した5万円の件を追求してゆきます!

当然だ!

しかし・・・

またもや痛いところを突かれてバツが悪くなった鷹史は、再び春美にキレ出したのです!

「俺のこと何も信用してないのか?」

もう言ってることが無茶苦茶だ。

陽向が来たことで、鷹史がわずかでも変わったと思っていたが、

結局…彼は何ひとつ変わっていなかったのです(汗)

{もうこの人に何を言っても無駄なのだろうか?}

この日…

夫婦の間に決定的な溝が生まれてしまいました。

このまま自分たち夫婦はダメになってしまうのかと、春美の心に暗い影が差しこんでくる。

だがそんな時でした!

ある日、春美が実家の母親から父が入院するという連絡を受けて・・・

目覚め

名古屋に住んでいる春美の父が入院。

しかも…

春美の母親は足が悪いので入院の準備は娘の春美がしなければならない!

なのに…

今の鷹史に美由を任せて家を空けるのはすごく不安だ(汗)

途方に暮れる春美。

すると…

偶然にも仕事中の陽向が春美の前に現れて、

「僕にいい考えがあるよ…」

と…春美にいつもの調子で声をかけてくれたのです。

翌日…

春美は一人で名古屋へと向かい、陽向は夫の鷹史と共に美由の面倒をみることになりました。

ここでもやはり自分は妻にまったく信用されていないとふてくされた鷹史は、

陽向に美由の面倒や家事を全て押し付けて、

自分はソファーに寝転がってゲーム三昧の時間を過ごしていました。

その間、陽向は家事と育児をテキパキとこなし、ドンドンと家の用事を終わらせてゆくのです。

やがて…家事が大体かたずいた時点で、陽向は鷹史の意識改革を始めます。

まず…

陽向は、長い間、鷹史が父親としての役目をはたしていなかったことで、

娘の美由から”知らないおじさん”として認識されていることを鷹史に伝え、

どれだけ自分の娘の成長を見てこなかったのかを自覚させます。

さらに・・・

もし…鷹史がちゃんと美由の父親になりたいのであれば、

今の段階でちゃんと自分の家族を大切にしなければ、やがて家族は完全に鷹史から離れてしまうと諭します。

真剣な表情で鷹史は陽向の話を聞いています。

ここでやっと鷹史が父親としての自覚に目覚めます!

さて・・・

かなりの時間と言葉を尽くしましたが、陽向が熱く鷹史を説得したおかげで、

このあと完全に父親としての自覚に目覚めた鷹史は、

数日後には、以前とは見違えるような良いパパさんになっていったのです♪

ハッピーエンドで幕引きです。

 

『ファザーシッター』の試し読みは♪

↓↓↓コチラ↓↓↓
>>>まんが王国
サイトTOPから『ふぁざーしったー』と検索してください♪

2話の感想

普段はボーっとしてる無気力そうな表情の陽向が、

ひとたび”説教タイム”に入った時の鋭い目つきと説得力がすごいですね。

彼の鷹史に対する、

「知らないおじさんになりたいのか、”父親”になりたいのかどっちですか?」

という詰め方がすごく理にかなっていて納得でした。

その後もとうとうと育児の大切さを鷹史に語り聞かせる陽向のセリフは、

育児本で勉強するのとは違った響き方で頭の中にすぅ~っと入ってきます。

こうして、漫画のストーリーの中で、”育児”というリアルな現実を知れるのは素晴らしいことだと思います。

それに…

陽向の口から発せられる言葉の一つ一つに真実味がこもっており、

”親の責任”とは、どれほど重いものなのかがよく理解できます。

陽向の言葉を尽くした助言を受けて、それでも父親としての自覚に目覚めなければ、

この先なにがあっても鷹史が美由ちゃんの”父親”になることは不可能だったでしょう!

ただ・・・

前回の1話で、まるしーは、鷹史が一瞬だけ反省しても、人間性までは変わらないだろうと申しましたが、

素直に自分の非を認めて、ちゃんと春美に謝罪した鷹史の行動には見直しました。

あそこまで自分の愚かさをさらけ出した上に、頭を下げて春美に許しを請うた鷹史ならば、

「本当に変われるかもしれませんね♪」

春美の気弱に映る態度にしても、やはり一度は好きになって結婚までした夫です。

安易に離婚を口にする方が逆に無責任なのかもしれません!

「まるしーがちょっと間違っていたのかな…(汗)」

結果的に鷹史はちゃんと父親としての自覚が芽生えて、更生したのだから。

やはり春美の考えは間違っていなかったのでしょう。

男女の関係はそのカップルの数だけ幸せになる方法があり、

一概にこれが”正解”という答えはないのかもしれませんね!

「実に読みごたえがある春美&鷹史のエピソードでした♪」

こういう感じのオムニバス形式で作品が続いてゆくのであれば、

これからも様々な種類のエピソードが楽しめそうですね。

この先…一体どんな”ダメパパ”が登場してくるのか?

そして…改めてこの漫画は為になるな~ということが分かりました。

「素晴らしい♪」

 

>>>『ファザーシッター』3話のネタバレはコチラ♪

 

無料試し読み

今、紹介した

『ファザーシッター ~問題パパのしつけ承ります~』は、

『まんが王国』で、先行配信中のコミックです~♪

このお店は、電子コミックサイトでは老舗のコミックサイトで、

サイト管理人のまるしーがいつも利用してるお店の一つです♪

特に、会員登録なしで、たくさんのコミックが無料試し読みできるのはすごくありがたい!

他のコミックサイトでは読めないレアな作品も数多く扱っているし、

こういうサイトは押さえておいたほうがイイですよ~♪

 

『ファザーシッター』の試し読み♪

↓↓↓コチラ↓↓↓
>>>まんが王国
サイト検索窓に『ふぁざーしったー』と打ち込んで下さい♪

なお、

無料試し読みのことや『まんが王国』について詳しい説明が知りたい方はこちらのページでご案内しております♪

↓↓↓

『ファザーシッター』のネタバレはコチラで全部読めます♪