ファザーシッター【無料】ママさん支持率が異常に高い秘密に迫ります!

いま、世の中のママさん達から、

尋常じゃない支持を受けているコミックが存在することをご存知ですか?

著者:メカわんこ

『ファザーシッター ~問題パパのしつけ承ります~

内容は、ワンオペ状態の育児に苦しむママさんたちを救うヒューマン・ストーリーで、

伝説のベビーシッターが登場して、その家族ごと問題を解決する”スカッと系”のコミックです♪

育児に参加しない問題のあるパパさんに、

子育ての苦労や大変さを言葉で理解させながら、根底にある意識を変えてゆくストーリーで、

世の中の育児に困窮してるママさんから絶大な指示と共感を受けているんです!

ファザーシッター【無料】ママさん支持率が異常に高い秘密に迫ります!

今回紹介するのは、電子コミックサイトの『まんが王国』で連載がスタートした

『ファザーシッター ~問題パパのしつけ承ります~』という作品です。

このコミックにはちょっとした”事件”が発生しておるのです(汗)

その事件とは、2021年8月の初旬に、『まんが王国』先行配信の形でリリースしたのですが、

なんと…配信がスタートするやいなや、

凄まじい勢いで読者の共感を呼び、瞬く間に同サイトの”人気ランキングの1位”を獲得してしまったのです(汗)

しかも…

その著者は、まったくネームバリューもない無名の”新人漫画家”さんでした!

「これは大事件です!」

本編の内容としては、主人公となる伝説のベビーシッターが、

ワンオペ状態で、育児に苦しんでいる母親から依頼を受けて、

育児の手伝いはおろか、子育てに参加しない問題のアル父親の意識改革をほどこして、

りっぱなイクメンに作り替えるというストーリーになっているのが、

確かに…

簡単なあらすじを聞いただけで、まず、世の中の子育てママさんからの指示はたくさん得られそうですよね♪

ただ・・・

それだけの理由では、『まんが王国』のコミック総合ランキングで1位にはなれません(汗)

そこには、聞いた人が「なるほど!」とスッキリ納得できる大ヒットの要因があったのですよ♪

それを今から、サイト主のベテラン主婦・まるしーが詳しく解説させていただきますね♪

著者が現役の育児ママさん

始めにこの『ファザーシッター』の著者が、無名の新人さんと紹介しましたが、

実は、本作が初めての連載作品という新人というか、デューホヤホヤな素人同然の漫画家さんなのです(汗)

ただ、それも驚くべき事実なのですが、

もっとすごいのが、著者であるメカわんこ先生は、

ご本人が運営されているTwitterアカウントですでに公開されておりますが、

現在、4歳児のお子さんを子育て中のママさんで、

なおかつ、今年の9月にお二人目のお子さんの出産を控えた現役の妊婦さんなのです(驚)

そうです!

著者は、漫画家という肩書に加え、まさに子育て真っただ中の育児プレイヤーでもあったわけです。

しかも…

「今は臨月を迎えた妊婦さんでもある!」

そんな方が、自らの苦労や経験をもとに描いた育児ストーリーに、

リアリティがないわけないし、同じ立場の子育てママさんから共感を得ないわけがない!

ある意味で実録モノの子育てストーリーなわけです。

でも・・・

それを淡々と漫画にして描いているわけではなく、

ちゃんと個性的なキャラ付けをした主人公を設定し、

リアルな子育ての現場をベースにしたエンタメ育児コミックに仕上げているわけです♪

「どうでしょう♪」

どうしてこの『ファザーシッター』という作品が、

連載後、わずかな期間でランキングの1位を獲得した理由が少し分ってもらえましたか?

大きな理由は、著者が現役の育児ママさんだったからです。

さらに・・・

人気の理由はまだあるんです。

ドラマ化しやすい作品

作品のタイトル絵を見てもらえると分かりますが、

ふざけたキャラが描かれたエプロンを身につけて立っている若い茶髪の男性がいますよね。

彼が本作の主人公である伝説のベビーシッター・柏木陽向(かしわぎひなた)という人物なのですが、

作中で彼を見た読者は、すぐにドラマ化を想像したケースが多いのです。

連載後、早くも50件以上も寄せられている作品に対するレビューの中には、

「ドラマ化された時に柏木を演じる俳優は誰だろう?」

という口コミが多く見られます。

そうなんです。

本作の内容や登場人物を考えると、非常に”ドラマ化しやすい作品”だということが分かるんです。

まるしーも、なんとなく、今をトキメク人気俳優の菅田将暉さん当たりが演じると面白そうな雰囲気が・・・

あと・・・

ストーリーが1話完結のオムニバス形式というフォーマットもすごくドラマに向いてると思いますね♪

そうなんです。

本作が大ヒットしてるもう一つの理由は、

”ドラマ化しやすい作品”だという事だったのです。

作品のコンセプトが、世の中のワンオペ状態にある子育て中のママさんを救う内容なので、

ドラマ化に際しては一定の社会的意義もあるし、視聴者からクレームも受けにくい内容でもあります。

{描き方によってはクレームが多くなるかもしれないけど・・・(汗)}

本編の内容も、日常のリアルな育児風景の中に、

主人公のエンタメ感がふんだんに織り込まれた特異なキャラクターが、

作品自体の空気感をハートウォーミングなものにしています。

だから見ていて気が滅入るような内容になっていないのです。

あくまでもちょっとした笑いを交えつつ、

最後には読者をホロっとさせる感動で締めくくられているエピソードなので、

老若男女が楽しめるエンターテイメント作品だと言えると思います♪

それに・・・

世の中の育児しないパパさんやママさんたちの啓蒙活動の一環にもなりそうなので、

「結果…いいことだらけなのです♪」

どうでしょう!

ここまで『ファザーシッター』という作品に、ママさん支持率が異常に高い秘密に迫ってきましたが、

なんとなく分かって頂けましたでしょうか?

最後に…

長々と『ファザーシッター』に関する個人的な解説を綴ってきましたが、

最後に…

もしこの記事を読んで、本作に興味を持たれた方は、

別のところに本編の内容を詳しく解説したページがありますので、よければそちらをご一読ください♪

↓↓↓コチラです↓↓↓

あと、

本作を先行配信している『まんが王国』では、

平成21年10月1日まで、

本編の1話を無料で立ち読みさせてもらえるサービスが実施中です♪

この機会をぜひ利用して、未来の大ヒットドラマの原作漫画を読んでみてください(笑)

まるしーは、冗談ではなく本気でそう思ってるんです♪

それでは、

最後まで記事を読んできただき、ありがとうございました。

なお、

今回紹介した『ファザーシッター』は、

現在のところ、『まんが王国』だけで配信されている作品です。

もし興味のある方は、コチラからサイトに進んでください♪

>>>まんが王国
サイト検索窓に『ふぁざーしったー』と打ち込んで頂くと、

作品の紹介ページが表示されて、無料試し読みができますよ♪

『ファザーシッター』のネタバレはコチラで全部読めます♪