戦略結婚【ネタバレ全話】1話から最終話まで一気読みしよう♪

人生どん底の地下アイドルが、ある人物との出会いによって運命が一転する!

芸能界に巣くうクズたちの醜く激しい生存競争を描いたエンタメ・サスペンスが幕を開ける・・・

著者:とらふぐ/黒沢明世

『戦略結婚 ~華麗なるクズな人々~

欲望に貪欲な芸能界に生きる華やかなクズたちが繰り広げる足の引っ張り合いストーリー♪

『戦略結婚』の見どころ

今回紹介する『戦略結婚』は、ヒットメーカーのとらふぐさんと黒沢明世さんがタッグを組んで新連載がスタートした

芸能界舞台に繰り広げられる極上のドロドロ系サスペンスです♪

サイト主のまるしーは、『夫は私の夫じゃない』・『妊娠してすみません』を読んでから とらふぐ さんのファンになり、

黒沢さんの作品は『にぶんのいち夫婦』が大好きでした♪

好きな原作者さんのシナリオで、好みの絵を描く漫画家さんの作品を読めるという喜び♪

「買わないはずがない!」

しかも・・・

その内容が芸能界という魑魅魍魎が暗躍する世界でのドロドロなサスペンス・ストーリーとあらば、

「それはまさに まるしー の大好物な分野なのです♪」

オープニングから主人公の地下アイドル・草野芽衣(クサノメイ)が飛び降り自殺をしようとしているシーンで幕を開け、

その後はもうジェットコースター・サスペンスのスピード感あふれる芸能界の足の引っ張り合いです♪

「やっぱり人間の妬み嫉みを描いたドラマは面白い♪」

そう・・・

何といっても『戦略結婚』の見どころは、芸能界における足の引っ張り合いです!

これから『戦略結婚』で繰り広げられる整形、枕営業、ドラッグ、一攫千金、政略結婚など、

芸能界の裏側で巻き起こる様々な人間ドラマを1話から最終話まで最速でネタバレしてゆきますね~♪

 

『戦略結婚』の立ち読み♪

↓↓↓コチラ↓↓↓
>>>まんが王国
サイト内で『せんりゃくけっこん』と検索してください♪

 

戦略結婚【ネタバレ全話】1話から最終話まで一気読みしよう♪

1話:もう死ぬしかない

主人公の地下アイドル・草野芽衣(クサノメイ)は、

この夜、飛び降り自殺をするつもりで東京タワーの展望台に立っていました。

田舎から親の反対を押し切ってトップアイドルになる夢を叶えるためにこれまで必死に活動してきたメイですが、

悪徳芸能事務所で地下アイドルとしての絶望的な日々が続き、

おまけに日々の暮らしでドンドンと借金もかさんでいった(汗)

そんなある日のこと、所属事務所の社長がいつまでも売れない地下アイドルのメイに見切りをつけ、

メイの卑猥な隠し撮りプライベート動画を販売されることとなった。

そのことを知ったメイは、

{もう死ぬしかない…}

と…人生を諦めた。

この日、最後にネットの生配信で自分の歌声を届けようと考えたメイは、

展望台でその様子を配信しながら人生最後の大好きな歌を歌った。

涙ながらに・・・

やがてその歌も終わり、いよいよメイがその場から飛び降りようとしたその時、

1人の女性がメイの自殺を止めにやってきたのです!

「あなたのその命…私がもらうわ」

その女性は、メイの歌声を聞いて彼女をスターにしようと考えた芸能プロダクションの社長・田口恵美(タグチエミ)という人物だった・・・

戦略結婚

メイが田口社長と出会ってから数年後、

メイは”MEI”という芸名で今では誰もが知る芸能界の歌姫としてスターダムにのし上がっていました。

そしてこの日、彼女は有名なイケメンIT社長・桜木翔(サクラギショウ)との結婚披露宴の真っ最中だった。

MEIは田口社長と出会ったあの日以降、血の滲むような努力を重ねてココまでの地位にたどり着いたのです。

最初に田口と交わした約束は、

”黙って田口社長の指示に従う”というモノで、

MEIはその約束通りに田口から出されたどんな指示にも従ってきました。

そして今があるのです。

だからもちろん桜木との結婚もこの田口の指示による”戦略結婚”である。

MEIとしては、一度は死んだ自分がこの華やかな世界で活躍できるのならば細かいことはどうでもよかったのだ。

ただ・・・

芸能界というのは魑魅魍魎がたくさん暗躍する恐ろしい世界であり、

一見、幸せをつかんだように見える今のMEIに、

早くも彼女をその地位から引きずり落とそうとする芸能記者や、芸能界の同僚たちが牙を剥いてきます。

そのうちの一人、現在売り出し中の若手女優・星野彩華(ホシノアヤカ)は、

MEIの結婚相手である桜木と過去に熱愛報道があった女優で、

結婚披露宴の式場であからさまにMEIを挑発するような態度をとってきたのです(汗)

だが・・・

その時…ほんの一瞬だけカッとなったMEIだったが、

すぐに冷静さを取り戻した彼女は人気絶頂の歌姫としてパーフェクトな対応で鮮やかにアヤカを圧倒したのです。

すると・・

MEIから公衆の面前で格の違いを見せつけられたアヤカは・・・

2話:反撃

盛大な結婚式会場でMEIの圧倒意的なパフォーマンスと、

新婦という絶対的なポジションの余裕で軽くあしらわれてしまった彩華は、

プライドをズタズタにされた報いを受けさせようと、すぐさまMEIに反撃を開始します。

自分がよく知る半グレ集団ブラックのボス・浜田竜二(ハマダリュウジ)に声をかけ、

MEIを芸能界から追放するための工作を依頼するのです。

ただ・・・

実はこの男、第1話でMEIが歌手になるために東京行きを決意した時に、

「俺は何があっても芽衣を応援するから」

と言って芽衣の背中を押した彼女が唯一心を許せる故郷の同級生であり、

今後、MEIとは深く関わってゆくことになりそうあな存在なのである。

さて・・・

見た目はカワイイ天真爛漫な若手新人女優のイメージで売っているが、

彩華はヤクザでも恐れる半グレ集団のボスと付き合いがあったり、

夜な夜なクラブのVIPルームでコカインパーティーでぶっ飛んでいるようなクズ女でした(汗)

そんな危ない半グレ女優が本気でMEIに攻撃を仕掛けてきたわけです。

一方、彩華のそんな動きを全く知らないMEIは、

その朝、結婚したばかりのイケメンIT社長・桜木翔の豪華なマンションのベット朝を迎えていました。

表面的には実に仲睦まじい新婚夫婦そのものの2人でしたが、

MEIの中では偽りの結婚であり、お芝居の新婚生活である。

おそらく翔もそんな気持ちだとMEIは思っている。

しかも・・・

そのお芝居結婚の効果はすぐにMEIに新しい大きな仕事をもたらすこととなった。

なんと・・・

MEIが次にリリースする新曲が大手ブライダル企業のCM出演とセットで舞い込んできたのだ。

あの結婚式が大成功したのだ♪

新婚気分を味わう暇もなく新妻にやってきた朗報を聞き、

「スターを妻にすると自由な時間が多くていいな」

と…余裕の笑顔で見送ってくれた翔を残して、CMの撮影地であるハワイへと向かったMEIでした。

だが・・・

このハワイで待ち受けていたのはCMの撮影以外に彩華からの刺客であった。

MEIの身に起こった絶体絶命のピンチとは・・・?

3話:絶対に許さない!

MEIに仕掛けられた罠が発動したのは、ハワイでのCM撮影を無事に終えて日本に帰国した成田空港でのことでした。

誰かの手によってMEIのスーツケースの中にコカインが仕込まれていたのです(汗)

あえなくMEIは御用となった。

しかも・・・

MEIが空港警察に連行される様子をスクープ雑誌の記者がベストポジションで写真を撮っていました。

その瞬間…

自分は完全にハメられたんだと察したMEIですが時すでに遅しで、

そのあと彼女はガラの悪い九条(くじょう)という刑事から厳しい尋問を受けます。

しかし・・・

「弁護士をよんでください」

と…ひたすら言い続けて黙秘を貫いたMEIは、いったん留置所に拘留されることになります。

だが・・・

彼女が独房でついウトウトしている隙に先ほどの九条刑事が中に入って来て、

なんと…寝ているMEIを襲おうとしてきたのです(汗)

絶体絶命のピンチを迎えたMEIでしたが、咄嗟に持前の声量をフルに活かし、

尋常ではない大きさの悲鳴を上げてなんとか事なきを得ました。

その後・・・

田口社長がある筋の大物に大金を支払ってMEIを留置場から出すのですが、

この時点ではすでにMEIのコカイン事件は大スクープとなって世の中を賑やかしていました。

幸せの絶頂からドン底へ叩き落されたMEI。

ワイドショーではMEIを心配しているような態度でインタビューを受けている黒幕の彩華。

「尊敬していたMEIさんがコカインをやっていたんなて~」

吹き出しそうな笑いを必死で堪えながらMEIを庇うようなコメントに終始している彩華だった。

内心ではMEIにしてやったりの彩華ではあったが、

実は彼女には一つものすごく悔しいことがあったのです。

それは・・・

MEIを追い落とすことには成功したものの、本来の目的であった元カレの翔を奪い返すことはできなかったことです。

MEIがハワイにいる間に翔を誘惑したのですが、彼は彩華からの誘惑をあっさりと一蹴したのです。

さらに・・・

都内のビジネスホテルに身を隠しているMEIのことを心配してすぐに駆け付けてきた翔。

本来はお互いのメリットのために結婚したビジネスライクな関係のMEIと翔でしたが、

ここへきて本当の夫婦のような信頼関係が芽生え始めていることに少し驚いている田口社長がいました。

さらに・・・

翔はMEIがいいない時に彩華が「二度とMEIには会えないような気がする」と言っていたことを告げて、

犯人の黒幕は彩華に違いないと言い放ったのです。

「絶対に許さない!」

このとき同時に恐ろしい形相で彩華への復讐を誓うMEIと翔であった・・・

4話:Nリスト

まんまとMEIに犯罪者の汚名を着せるこに成功した彩華は、

当初の約束通りそのミッションを請け負ってくれた竜二に対して、

彼の父親でもあり、大手芸能界事務所グレイトキングの会長、そして闇社会のボス・天堂玄十郎(てんどうげんじゅうろう)の秘密を語りました。

その内容とは『Nリスト』という恐ろしい名簿の存在のことで、

Necessary(必然)のNという意味で名付けられたそのリストは、

後に性奴隷や臓器売買に利用される用済みになった人間を記した闇の名簿だったのです。

グレイトキング所属の彩華は、たまたま同じ事務所のレナから『Nリスト』の存在を聞いてその存在を知った。

本当ならばとんでもない極秘情報ではあるが、

これまで天堂玄十郎の裏の顔があることをまったく知らなかった竜二は、

にわかに彩華の情報を信じることができませんでした。

一方その頃、

彩華によって芸能人生最大の危機に直面していたMEIは、

夫である翔とともに一世一代の大博打を打つ計画を進めていました。

その計画とは、MEIが翔との離婚を発表する記者会見を開き、

その席上において彩華の薄汚れた本性を生配信するという非常に難しいミッションでした。

実働部隊として彩華に接触を図るのは夫である翔本人が担当します。

もし…失敗するとMEIの芸能人生はおろか、翔のビジネスにおいても壊滅的ダメージを負ってしまう重大ミッションだ!

そう…この計画は全て夫である翔の肩にかかっていたのです!

そして・・・

やってきた運命の記者会見の当日。

当初の予定通りにMEIは大勢のマスコミ関係者の前で翔との離婚を発表し、

さらにもう一つ、例のコカイン事で自分にかけられている疑惑を真っ向から否定したのです。

そのMEIが発した言葉をきっかけにしてMEIの隣に座っていた田口社長の携帯に翔から連絡が入った。

緊迫した空気が会場を包み込む・・・

5話:後戻りできない立場

翔との見事な連係プレイを展開したことで、彩華のどす黒い”裏の顔”を世間に晒すことに成功したMEIは、

再び世間や芸能界からの信頼を回復して華々しい舞台へと返り咲きました。

一方…

MEIの追い落としに失敗した彩華には、芸能界を始めとする闇社会のドン・天堂玄十郎からのきつ過ぎるお仕置きが待っていたのです(汗)

すでに警察からの事情聴取を終え、世間から犯罪者女優としてバッシングに晒された彩華だったが、

皮肉にも自分が一番恐れていた「Nリスト」の名簿に載ってしまう事となったのだ(汗)

そして…恐らくこれから存在を消されることになるであろう場所への案内役を務めたのが、

天堂に命を拾われて父と付き従うようになった浜田竜二でした。

彼は彩華が引き起こした一連の騒動をきっけに、天堂の口から「Nリスト」の存在を聞かされ、

後戻りできない立場へと深い闇の世界に足を踏み入れることになったのです。

その頃…

無事に歌姫のポジションに返り咲いたMEIは、この日、自らのコンサートに、

あのハワイでのホテル滞在時にポーターを務めてくれていた女性を招いていました。

なぜ?

実はハワイでいろいろと揉めた時の九条刑事が、彼なりのお詫びのつもりで、

あのときコカインをMEIのバックに入れたのは私だと自首してきたポーターの女性がいた情報を教えてくれたのです。

とっさにそれが歌手を目指している肌の黒い笑顔が素敵なあの時のポーターだと気づいたMEIは、

田口社長に頼んでそのポーターの女性を日本に招いて自分のコンサートに招待したわけです。

{彼女の絶望感が私には痛いほどよくわかる!}

そんな共感する思いを抱いてMEIは、ポーターの女性が見守るコンサートでこれまでにない素晴らしい出来栄えのステージを披露したのです。

だが・・・

そんな中、MEIの存在をつけ狙う天堂の魔の手が、新しい刺客を彼女に放っていたのいです。

そして・・・

まだMEIも田口社長もそのことにはまったく気づいてはいなかった・・・

6話:亡霊

翔と共に絶対絶命のピンチを切り抜けたMEIだったが、

過去の醜い自分だった頃の亡霊は、どこまでも彼女の心を不安にさせるのです(汗)

今の翔はまるで本当の夫婦のようにMEIを大切に想ってくれているが、

もし…”芽衣(めい)”だった頃の自分を知った時に、彼はどういう反応をみせるのか?

それは分からない(汗)

ぬぐいきれない不安がMEIのメンタルを削りに来る・・・

そんな中、MEIがテレビの歌番組に出演した際に、

同じ出演者で、”ドリーム”という人気男性アイドルグループのメンバーである桐生レンが、

オンエア中のトークの現場で、

「僕…MEIさんが大好きなんです♪」

と…人気爆発中の男性アイドルにもかかわらず、大胆すぎる告白をしてきのです(汗)

このレンの発言には、MEIを始めとして、彼のマネージャーや番組の司会者も大いに動揺させられた!

彼は今をトキメク国民的アイドルグループの超人気メンバーの一人であり、

彼のファンが炎上するかもしれないのだ(汗)

その時はとっさの対応力で、

「お互い頑張りましょう♪」

という当たり障りのいない返答で、なんとかその場を切り抜けたMEIだったが、

その時にレンの目の奥にあった怪しい雰囲気を彼女は感じ取っていた(汗)

{なにを企んでるの?}

彼への警戒心を一気にMAXまで上げたMEIでした。

そして…そんな彼女の判断は正しかった。

実はこのレンという男は、

例の闇社会のドン・天堂玄十郎から指示を受けてMEIに近づいてきた男だったのです(汗)

レンにとっての天堂は、MEIにとっての田口社長みたいなもので、

地下のクズアイドルとして活動していた彼を、全身整形も含めて今のポジションまで導いてくれた恩人であり、

絶対服従の存在だ。

もちろんそこには竜二も絡んでい来ることにもなるし、

MEIとしては絶対に油断できない状況がまだまだ続いているのです(汗)

そんなある日のこと、テレビ局の廊下でMEIはレンとすれ違い、

再び彼と少し会話すこととなったのですが、その時に彼からとんでもない言葉をかけられるのです(汗)

「…昔どこかで会ったことある?」

そう…

なぜかMEIは気づかれてしまったのです!

レンに絶対知られてはいけない過去の自分を・・・

7話:MEIとレンの過去

皮肉な巡り合わせがMEIを絶体絶命のピンチにおいやってしまった!

MEIとレンの過去。

それは互いに絶対知られてはいけない二人にとっての思い出したくもない”黒歴史”だったのです。

なんと…遡ること数年前、

まだ地下アイドルとして活動していた頃にこの二人は面識があったのです(汗)

お互いにどん底の時代だった。

しかも・・・

当時、レイが所属していた男性グループの一人が、

地下アイドルの”めいたん”だった頃のMEIのバージンを半ば強制的に奪い、

しかも…

その様子を動画に収めるという暴挙に出ていた!

MEIとめいたんが同一人物だと察知したレンは、さっそくその事実を竜二に伝え、

過去に裏ルートで出回ったであろうめいたんのハメ撮りDVDを見つけ出して欲しいと竜二に頼んだのです。

そして・・・

それが人気絶頂の歌姫・MEIを、天堂が代表を務めるグレイトキングに引き抜く絶好の武器になると説明しました。

そう…

レンが天堂から与えられていた指示は、MEIの引き抜きだったのです(汗)

しかし・・・

MEIのことを昔からよく知っている竜二は、まさかMEIがそんなことをしてるはずがないと、

最初のうちはレンの話を信じなかったが、レンが”めいたん”だった頃のMEIの写真を差し出した瞬間、

{芽衣…!}

竜二の顔色が明らかに変わった!

一方その頃…MEIは、

売り出し中の女性アイドル・花咲ののみが次にリリースする曲の作詞を引き受けることとなり、

この日、本人と初めて会って打ち合わせをしていました。

ただこの時、

挨拶の際に花咲と握手を交わしたMEIは、差し出された花咲の手首にある無数の傷に気づき、

気になったMEIは、打ち合わせのあと花咲を食事に誘って二人きりで話をする時間を作ったのです。

すると・・・

最初のうちは打ち解けた感じでMEIと楽しく食事をしていた花咲でしたが、

彼女のスマホに着信した誰かからメールを見た途端、顔色を変えて店を飛び出していったのです・・・(汗)

一体、花咲に何が起こったのか・・・?

8話:異常な情事

その夜…あるホテルの一室では、レンによる花咲への虐待SMプレイが始まっていた。

そう…

いま花咲の体と心を支配しているカレシとは、レンだったのです(汗)

彼は手に持ったムチで、花咲を傷つけながらいつものようにエクスタシーへと上り詰めてゆく!

レンになすがままの花咲は、彼にどんな酷いことをされても逆らう事ができないように、きっちりと洗脳されてしまっているのです(汗)

{これがレンの愛し方なら…}

この歪んだ二人の関係性が普通でないことは分かっていつつも、

花咲はレンとの異常な情事を拒否することができないでいたのです(汗)

そんな中、MEIの夫である翔は、次回リリースするアプリゲームの宣伝CMに、

レンが所属するアイドルグループである”ドリーム”の起用するために、メンバー全員の身元調査を開始しました。

一方、MEIはというと、自宅で自分が地下アイドル”めいたん”だった頃の衣装や思い出の品を見ているときに、

あの人気アイドルのレンが、地下アイドル時代に仲良くしていた”れんたろう”ではないかと思い始めるのです(汗)

さらに・・・

レンから芽衣のハメ撮り動画の存在を聞かされた竜二は、

自分のネットワークを通じて大量の地下アイドルたちが映っている裏動画を集めさせ、

一本づつすべての動画を自分の目で観て確認していったのです。

すると・・・

まぎれもなく芽衣だと思われる少女が画面に映し出されて・・・

9話:芽衣はMEI?

竜二が最後で手にとったハメ撮りDVDが、芽衣のモノだった(汗)

竜二はガックリと肩を落とし、

{まさか芽衣ががこんなことに…}と…彼女を守ってやれなかった自分を責めた。

だが…

{本当に芽衣があのMEIなのか?}

芽衣はMEI?

受け入れたくない事実に彼の心が葛藤する。

どう見ての別人な二人に、まだ若干の疑問が残る竜二がいたのです。

同時に…

なんとしてもこのDVDはレンの手に渡せない(汗)

と…判断した竜二は、芽衣のDVDを手で二つに割ると、ライターの火で燃やしました。

{芽衣がMEI…?これは直接会って確かめるしかねーな!}

竜二はそう決意を固め、その後、レンには芽衣のDVDは見つからなかったと告げた。

しかし・・・

そんなはずはないとレンは納得しないばかりか、彼から竜二と芽衣の関係を怪しまれる事態に・・・(汗)

そんな中、MEIは明らかに様子がおかしい花咲に、出来上がった新曲の歌詞を見せに行くのですが、

その際、MEIが書いたラブソングの歌詞を見た花咲は、

「こんな風に彼を愛せたら苦しくないのに…」

と…切なそうに呟いて大粒の涙を流しました。

そこからMEIは花咲から、レンと付き合っていることと、彼から暴力で支配されていることを打ち明けられ、

大きな怒りを感じたMEIは、花咲を救うために、単独で直接レンに花咲への暴力をやめるよう忠告しに行くのです。

お互いに変装した状態で顔をつき合わせた二人は、最初から緊迫したムードだった。

MEIが花咲への虐待をレンに咎めると、レンはMEIの過去をほのめかして彼女の動揺を誘います(汗)

「久しぶり”めいたん”」

レンのその言葉に一瞬、脳天を貫かれたような衝撃を受けたMEIだったが、

なんとかその動揺をレンに悟られないように、

「あんまりふざけたことを言ってると訴えるわよ!」

と…冷静な態度でレンからの揺さぶりをはねつけました!

しかし・・・

自信たっぷりにMEIを天堂会長が代表を務めるグレイトキングに引き抜くと宣言したレンは、

その瞬間…「ピコンッ」と、鳴った自分の携帯を見て、

芽衣のハメ撮り動画を入手したという仲間のメールを見るやいなや、

芽衣はMEIである証拠を手に入れたと喜び勇んで立ち去って行ったのです(汗)

{えっ!?証拠なんてあるとは思えないけど…}

MEIは何ともいえない不安な気持ちでレンの背中を見送った。

ただ…

このあと、意気揚々と車で高速をぶ飛ばしていたレンに、とんでもない悲劇が待っていました・・・

10話:残酷な末路

首都高で何者かに襲撃されたレンは、生死をさまよう交通事故を起こしてしまった。

この時、犯人の顔は明かされていなかったが、恐らくMEIを守ろうとしたの竜二のしわざではないでしょうか・・・

(これは推測でありサイト主の希望です♪)

その頃…

自宅で花咲から半狂乱の状態で、レンが交通事故を起こしたと連絡を受けたMEIは、

激しく動揺する花咲をなだめて、マスコミの餌食になるので、

くれぐれもレンが入院する病院へ行かないように忠告したのです。

花咲との電話を終えたMEIは、これまでにあったレンとのやり取りをすべて正直に田口社長へ報告しました。

すると…最初は驚いていた田口社長は、

「ちょうどよかったじゃない♪」

と…まもなくレンが芸能界からいなくなることを予見して、

芸能界に選ばれたのはMEIだと言って、気持ちを強く持つようアドバイスするのです。

確かに!

魑魅魍魎とした芸能界という世界をいく抜いてゆくには、

田口社長の言ってることはごもっともだと感じ、

ついつい甘いことを考えてしまう自分の弱い心に喝を入れ直すMEIでした。

その後…

レンにはとても残酷な末路が待っていました(汗)

数時間にも及ぶ大手術を経て、なんとか命を取りとめたレンでしたが、

入院中にレンと半グレ界隈で有名な竜二との親密な関係がスクープされるなどして、

田口社長の予言通りにレンはあっさりと、天堂会長から切られ、

芸能界から追放されてしまうのです(汗)

レンの悲惨な結果を知ったMEIは、改めて芸能界で生きてゆく過酷さを思い知ったのです。

そんなある日のこと、レンと竜二がスクープされた週刊誌を見たMEIは、

モザイクで隠された竜二の顔に「はっ!」とさせられるのです(汗)

{もしかして…竜ちゃん?…似てる}

しかし…

昔から正義感の強い竜二が、半グレ組織の人間であるわけがないと思い直すMEIだった。

その後、レンとの一件を糧にして、自分の過去は誰にも知られてはいけないのだと悟ったMEIは、

自ら、過去の自分に通ずる痕跡を消し去るために、

”めいたん”として活動していた地下アイドル時代に、よく出演していた秋葉原にある小さなライブハウスへと向かいました。

すると…

すでにシャッターが閉められ、閉店していた店の中に、ある人物の姿が・・・!

 

『戦略結婚』の試し読みは♪

↓↓↓コチラ↓↓↓
>>>まんが王国
サイトTOPから『せんりゃくけっこん』と検索してください♪

『戦略結婚』の感想

さすが”とらふぐ先生”の原作という感じの痺れるサスペンスです♪

1話からフルスロットル全開なドロドロ展開で目がまったく目が離せません(汗)

”ザ・芸能界”という仁義なき足の引っ張り合いなドラマをスリリングに描いてらっしゃいます。

近年では芸能界もかなり制度改革が進んで、昔のなんでもありな風潮はなくなってきましたが、

恐らくその裏側では本質的なモノは何も変わっていないでしょう。

それはどんな業界も同じです。

だって…

ルールは力のある既得権益者が作るんだから、これまでの体質が変わるはずもない。

「力のある者が支配する資本主義社会だ!」

だから・・・

今も昔も芸能界では純情無垢なアイドルを目指す少女たちを欲にまみれた大人たちが金儲けに利用するんです。

そしていつしか純真だった少女たちも汚い大人たちの毒が蔓延してクズな大人になってゆく・・・

その繰り返しが芸能界だ。

なんて・・・

これは、昔ちょっとだけアルバイトをしていた芸能事務所の社長に聞いた話だ(汗)

そこの事務所の社長は事務員として働いていた まるしー に色んな芸能人のスキャンダラスなエピソードを話してくれました。

といってもローカルな地方プロダクションだったので、

その芸能人もローカルタレントさんばっかりですが・・・(汗)

全国区のテレビで活躍される芸能人の話は聞いたことがないのですが、

その社長いわく、

「東京のエグさはけた違いだ」

と言っていたので、たぶん東京ではもっと恐ろしいドロドロが繰り広げられているんだろうな~と思ってます(汗)

だって・・・

まるしー が聞いたローカルタレントの話でさえかなりすごかったですから・・・

もしかすると、本当の芸能界は『戦略結婚』のストーリーなんかよりもっとエグイのかもしれませんね(汗)

でも…

だからこそ物語として面白くなるのです♪

無料試し読み

今、紹介した

『戦略結婚 ~華麗なるクズな人々~』は、

『まんが王国』絶賛配信中のコミックです~♪

このお店は、電子コミックサイトでは老舗のコミックサイトで、

サイト管理人のまるしーがいつも利用してるお店の一つです♪

特に、会員登録なしで、たくさんのコミックが無料試し読みできるのはすごくありがたい!

他のコミックサイトでは読めないレアな作品も数多く扱っているし、

こういうサイトは押さえておいたほうがイイですよ~♪

 

『戦略結婚』の試し読み♪

↓↓↓コチラ↓↓↓
>>>まんが王国
サイト検索窓に『せんりゃくけっこん』と打ち込んで下さい♪